FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

>> EDIT

【英国発】保護猫マクシマス君を記念した保護施設、開設へ!

本日は、過去に「ねこねこNEWS」にご登場いただいたお猫さまの再登場です。

それは、昨年11月に保護され、インターネット界でセンセーショナルを巻き起こした
保護猫、マクシマス君。保護施設のスタッフさんや担当獣医さんの献身的な
治療・介護、世の中の皆さまからの多大な寄付金サポートを受けたものの、
残念ながら、今年の1月に虹の橋を渡ったにゃんこです↓

_110274397_b2172e15-e06d-4c99-a36b-a2e5f2d8aacf
出典:BBC

「ねこねこNEWS」では、2回にわたって取り上げさせていただいたのですが、
覚えていらっしゃいますでしょうか?

過去記事はこちら↓
2019年12月7日:【英国発】治療費の寄付金が殺到!「Smelly Cat」ことマクシマス君
2020年1月28日:【追悼】満身創痍のマクシマス君、愛されながら天国へ

このたび、このマクシマス君のメモリアル的な意味で、彼の名前を冠する
新しい保護施設がウォルバーハンプトンに立ち上げられることになりました。
その名も「マクシマス・メドウズ」、日本語に訳すと「マクシマスの牧草地」ですね♪

_110274396_823e1e56-244a-4574-aa55-49cbeab14f40
出典:BBC

具体的には、7,500ポンド(約100万円)の資金を調達して、最大20匹までの
保護ねこを収容できる施設を想定。マクシマス君のお世話をしていた
保護ねこチームは現在、協力してくれている里親さん宅で100匹以上の
にゃんこをケアしているため、この施設の開設は、より多くのお猫さまたちが
窮状から救われることを意味します。

マクシマス君のお世話を2カ月間担当した保護チームの設立者、
ルーシー・ストリックランドさんは、マクシマス君の存在が
「野良ねこに対する多くの人々の認識を変えた」と語っています。

こちらは、生前のマクシマス君とルーシーさんのお写真です↓

_110232498_maxandlucy
出典:BBC

彼女は、保護当時、肉球に刺さるほど爪が伸びていてちゃんと歩くことができず、
お猫さまバージョンのHIVにあたるFIVに感染しいたマクシマス君のことを
今でも「もっとも素晴らしい猫」だったと振り返っています。

マクシマス君の治療費のためにチームに寄付された金額は、
総額10,000ポンド(約130万円)以上にのぼりました。

メディアでも取り上げられて、保護ねこ意識を高めてくれたお猫さまでしたね。
BBCも、このたび、こんなまとめ動画をアップしています↓



新型コロナの外出規制期間に突入してから、
保護ねこチームは毎日たいへん忙しい日々を送っているそうです。
理由は、おうち時間が増えたことで、にゃんこをお迎えしたいと願う人が増えたから。
スタッフのみなさまは、里親募集中のホームレスにゃんこたちに対する
問い合わせ対応に追われているようです。

「マクシマス・メドウズ」が開設されたら、里親募集にゃんこに
直接会える場所も増えるし、おうちデビューする野良ねこちゃんたちが
増加することは間違いありません。

すでに新施設開設のための寄付金は6,000ポンド(約80万円)集まっているようです。
ルーシーさんは、7月上旬までに目標金額まで調達したいと語っています。

「マクシマス・メドウズ」開設の暁には、マクシマス君のお写真も
飾られることでしょう。生きている間におうちデビューは果たせませんでしたが、
これはお猫さま的にもかなり名誉なことですよね。

お空の上で元気を取り戻したマクシマス君も、
きっと今頃よろこんでいるんじゃないかなぁ♪

関連記事はこちら↓
BBC News(5月26日):Maximus Meadows: Memorial cattery for rescue cat internet star

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 12:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【英国発】名物ねこパブ、営業自粛中のお猫さまたちは…

ついに日本では緊急事態宣言が全面解除されましたね!
とはいえ、まだまだ油断は禁物。新型コロナウイルスによる死者数が
世界で2番目に多い国となった海の向こうの英国でも、外出緩和政策に
踏み切っているようですが、いつもどおりの日常が復活するのは、
まだまだ先のようです。

そんな中、営業自粛中の英国のパブで暮らすお猫さまたちの近況が
海外メディアで報じられました。それは、猫カフェ並みにお猫さまが徘徊する
大衆酒場、ブリストルにある「Bag of Nails」です。

1_Philomena_0_DR_BRI_20200512-Weather002
Image: Dan Regan/BristolLive

カウンターの上もお猫さまたスペースになっている、ただならぬ
にゃんこ優先状態のお写真を見て、これはもしかすると過去に「ねこねこNEWS」で
取り上げたことがあるパブかも…と思ったら、やっぱりそうでした。

4年半ほど前にご紹介させていただいた、RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)から
ダメ出しをくらっていたお店ですね(笑)

過去記事はこちら↓
2015年11月13日:ねこカフェ…じゃなくて、ねこパブ in 英ブリストル

営業自粛中の今でも、お猫さまパラダイスになっていることを考えると、
その後も、店内にゃんこ支持派の得意客に支えられて、お猫さまパラダイス状態のまま
経営を続けてきたのでしょう。ところが、ここにきて、まさかの営業自粛。。。

お店暮らしのねこ店員たちは大丈夫なの?と心配になりますが、
ねこ好き店主のルーク・ダニエルズさんとスタッフさんたちが毎日お店に通って、
お猫さまたちのお世話をしており、お店の経営のほうもビールのテイクアウトが
順調で、この困難をなんとか乗り切っているそうです。

本日は、そんな自粛中の店内で撮影された「Bag of Nails」のねこ定員たちを
ご紹介したいと思います。お猫さまたちの血縁関係が少々ややこしくて、
記事を読みながら、ねこねーさんは家系図をメモってしまったほどでした(笑)

まずは、冒頭のお写真の説明から。
カウンターの上のつぶれかけのボックスの中で浮かない顔をしているのは、
フィロメーナちゃん。パブの裏手にある公園で生まれて保護された子です。

その息子が、こちらのイケニャン、ウォルフガング君。
生まれた時は、アルビノなんじゃないかと思えるほど白かったようですが、
だんだんモフ毛の色が濃くなってきたのだとか。
店内きっての「かまってちゃん」です↓

2_Wolfgang_0_DR_BRI_20200512-Weather010
Image: Dan Regan/BristolLive

そのウォルフガング君のいとこが、ラスプーチン君。
ご近所には彼のことを可愛がってくれているおうちがあり、定期的に通って
ブラッシングまでしてもらっているとのこと。ときどき、ものすごく毛並みが
手入れされた状態で、お店に戻ってくるようです↓

3_Rasputin_0_DR_BRI_20200512-Weather003
Image: Dan Regan/BristolLive

こちらのモルドールちゃんは、同じママ猫から生まれた三姉妹のうちの1匹。
3ニャンとも、全員名前は「モルドール」なのだとか(笑)
お店にいるより、お外が好きなアウトドア派のにゃんこです↓

4_Mordor_0_DR_BRI_20200512-Weather009
Image: Dan Regan/BristolLive

モルドール三姉妹のうち、特別に別名をつけてもらえたのが、こちらのお嬢さん。
さすがに3匹同じ名前だと混乱するので、モフ毛の模様が写真のソラリゼーション
みたいだったので、「ソラライズ」と命名してもらえた模様↓

5_Solarise_0_DR_BRI_20200512-Weather007
Image: Dan Regan/BristolLive

カウンターに置かれた有り余るほどのカリカリとおミスを前にして、きょとんと
しているのはジョーヴ君。お名前は木星の「ジュピター」から名付けられました。
同時に生まれた4きょうだいも、全員、惑星系のお名前なのだそうな↓

6_Jove_0_DR_BRI_20200512-Weather011
Image: Dan Regan/BristolLive

こちらが、その4きょうだいのうちの1匹、ルナちゃんです。
もちろん、お名前のもとになっているのは「ムーン」のお月さま↓

7_Luna_0_DR_BRI_20200512-Weather005
Image: Dan Regan/BristolLive

子猫のときに左目を負傷したルナちゃんは、何度も手術を受けたものの、
ご覧のとおり、今でも、おめめは白濁したままです。でも、ムーンストーンって、
ちょうどこんな感じの色ですよね。お名前どおりのすてきな個性だと思うなぁ♪

最後にご登場いただくのは、ルナちゃんの息子のモンキーフェイス君です↓

8_MonkeyFace_0_DR_BRI_20200512-Weather008
Image: Dan Regan/BristolLive

かなりインパクト強めのお名前ですが、店主のルークさん曰く、
「いい名前は使い果たした」からなのだとか(笑)
たしかに、これだけたくさんにゃんこがいれば、名前をつけるのも一苦労ですよね、

今回ご紹介したお猫さまたち以外にも、お店にはまだ数匹、
他のにゃんこが勤務しているようです。

早く自粛期間が終わって、お客さまたちに愛でてもらえる日がくるといいですね。
それとも、みニャさん、にゃんこ天国の今のままのほうがいいと思っているのかな?

なにはともあれ、英国も日本も、世界中のどの国でも、
1日も早くいつもどおりの毎日が戻ってくるといいですね。
今日から出社を再開したみなさん、手洗い&マスクを忘れずに!

関連記事はこちら↓
Bristol Live(5月24日):Meet the cats living in a Bristol pub during lockdown

thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【米国発】お顔がふたつ!結合双生にゃんこ、ビスケット&グレイヴィ

ねこねーさんの活動本拠地である埼玉・東京エリアでも、ついに今日にでも
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が解除される模様ですが、
在宅ワークのお許しが取り消された後には、会社行きたくないMAXの「五月病」は
必至ですよねぇ。。

当面は、テレワークの選択肢も許可されるようなので、
ひとまず安心しているのですが、今の忙しさのまま通勤状態になったら、
帰宅時間が遅くなるのは間違いないし、そもそも、長時間通勤がダルすぎる。。と
想像しただけでテンションだだ下がりです(苦笑)

せめてブログだけでも、テンションあげあげでいきたい今日の頃。
本日は、ひさびさにお顔がふたつある「ヤヌスにゃんこ」の登場です!

こちらのお写真は合成ではありません。
米オレゴン州在住のBJ・キングさんの農場のママ猫が産んだ6匹の子猫のうち、
1匹のベビーちゃんがふたつのお顔の持ち猫だったのです↓

Screenshot_2020-05-24-Biscuitsandgravy(-biscuits_andgravy)-•-Instagram写真と動画
Photo:Instagram

「ねこねこNEWS」では過去に何匹かのヤヌスにゃんこをご紹介したことがあります。
なかでも有名なのが、2014年に15歳で虹の橋を渡ったブルーアイズの美ニャン、
フランク&ルイです。

過去記事はこちら↓
2013年6月14日:ヤヌスにゃんこ、デューシーちゃん
2014年12月8日:【追悼】世界最年長ヤヌス猫、フランク&ルイ
2019年12月20日:【タイ・米国発】シュールな見た目の奇跡な存在、二双面ヤヌスねこ

今回誕生したヤヌスにゃんこは、男の子で「ビスケット&グレイヴィ」と
名付けられました。過去にご紹介したヤヌスにゃんこの中だと、
同じオレゴン州生まれのデューシーちゃんの見た目が近い感じかな?

こちらのお写真を見ると、頭全体の大きさは、きょうだいにゃんことほぼ同じ。
顔面部分に通常よりかなり小顔なお顔がふたつ並んでついていることがわかります↓


飼い主のキング氏は、愛猫が産んだ子猫の中に結合双生児の子猫がいることを知って
かなり驚いたとコメントしていますが、ママ猫のキーンリーちゃんにとっては、
どの子も愛しい我が子です。ビスケット&グレイヴィ君を抱っこして、
世にもしあわせそうな表情を浮かべています↓


飼い主さんが子猫用のミルクをあげる様子も動画でアップされていますが、
ビスケット君とグレイヴィ君、それぞれに哺乳瓶をあてがわなくてはならないので、
なかなか大変そうです↓


参考にした記事にも書かれていますが、通常、ヤヌス状態で生まれた子猫は、
生後1日ほどしか生きることができず、長生きする子はかなりのレアケース。
なかには、フランク&ルイのように健康体のお猫さまと同じくらいの寿命を
まっとうするにゃんこもおりますが、先週の水曜日に生まれたばかりの
ビスケット&グレイヴィ君はまだまだ油断がならない状況です。

彼らのために立ち上げたインスタの投稿で、飼い主さんもそのことにふれています↓


おうちには、同居わんこもいるのかな?ふたつの顔のチビちゃんが、
無事に大きくなって、わんこと戯れ合う姿が見られるように、ねこねーさんも
ビスケット&グレイヴィ君の健やかな成長を祈って、念を送りたいと思います↓


米国メディアのみならず、
BBCも愛らしいヤヌス子猫の動画をアップしています↓



が、しかし…

ブログを投稿する前に、念のため、確認しておこうと思って、
再度インスタ投稿をチェックしてみると、悲しいお知らせが。。

昨日の夜にブログの下書きをした時には投稿されていなかったのですが、
残念なことにビスケット&グレイヴィ君は、昨日、4日に満たない猫生の
幕を閉じたとのこと。

たくさん食べてたくさん出すものも出していたけれども、
成長スピードが遅かったというビスケット&グレイヴィ。
やはりヤヌスにゃんこならではの、難しさがあったのでしょう。

専用に準備されたインスタの成長記録は、この先更新されることはありません。
でも、この世に生を受けて懸命に生きようとしたビスケット&グレイヴィ君の
小さな命は貴重な記録写真として、キラキラと輝いています。

最新の投稿には、インスタを更新していたと思われるBJ・キング氏の奥さまの
ものと思われる英文メッセージも添えられているので、Google先生に
翻訳してもらうなどして、ぜひお読みいただければと思います。

Instagrambiscuits_andgravy


関連記事はこちら↓
CNN(5月23日):Meet Biscuits and Gravy, the kitten born with two faces
CBS News(5月23日):Two-faced kitten named Biscuits and Gravy born in Oregon
Independent(5月23日):'Both mouths move whenever I feed it': Kitten born with two faces


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 14:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>