FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

>> EDIT

【米国発】不要なクーラーボックス77個で冬越しシェルターづくり!

今日は時間もネタもないので、ウルトラスーパーかんたん更新で失礼します。
しかも、お猫さまの出演も、ほぼなしです(笑)

わが家の玄関先に、庭猫テンちゃんのための冬越しハウスを設置した件については、
12月3日の記事でご報告済みですが、その後もテンちゃんは毎日ハウスにINして
くれておりまして、寒さが厳しくなった今日この頃も、ねこねーさんは安心して
毎日ごはんをあげられています。

テンちゃん用の冬越しハウスは、無印用品の頑丈収納ボックスの中に
発泡スチロール板を入れて防寒対策したものなのですが、本当はできれば
クーラーボックスを使いたかったのです。冷たさをキープできるクーラーボックスは
暑さだけでなく、寒さもシャットダウンしてくれますからね。

でも、大きさ的に手頃なものがなく、お値段的にもかなり高くなっていしまうので、
無印の収納ボックスで代用したのでした。

でも、海外の猫好きさんたちが外猫ちゃんたちのために活用しているのは、
たいていこんな感じのクーラーボックスを利用してDIYした冬越しシェルターです↓

Discarded CoolersWinterShelter1-6
Photo:Boredpanda

このたび、いらないクーラーボックスを集めて、野良ねこちゃんたちのために
冬越しシェルターを作り続けている男性がメディアに取り上げられて
話題になりました。

お猫さまたちのために、ドリルを使ってクラーボックスに穴をあけて、
じゃんじゃんシェルターを量産しているのは、フィリップ・ロジックさん。
ユタ州オグデン在住の彼は、Facebookの投稿で野良ねこ用のシェルターづくり
のことを知り、不要なクーラーボックスを譲り受けて、これまでに77個もの
シェルターを自作したのだとか。

Discarded CoolersWinterShelter3-5
Photo:Boredpanda

まだ手元には15個のクーラーボックスがあるので、それもお猫さまの越冬のために
ドリルで穴を開ける予定とのこと。アメリカは、日本以上にキャンプが盛んそうだし、
何よりいろんな意味でスケールがデカいので、クーラーボックスも大型のものが
多いのでしょう。

フィリップさんが作ったシェルターも、にゃんこ2、3匹でシェアできそうな
大きなものが多そうです。

Discarded CoolersWinterShelter2-4
Photo:Boredpanda

ドリルで穴を開けた部分には黒いパイプをグルッとはめて、
ふちの部分でにゃんこが傷つかないように配慮されているのもいいですね。
もちろん、クーラーボックスの中には、快適な寝床になるように
藁も敷き詰められています。

テンちゃんもクーラーボックスを利用してたら、もっと快適だったのかなぁ。
いちおう、ボックスの底の部分と上の部分は発泡スチロールの板が2枚重ねに
なっているので、それなりに防寒できていると思うのですが、底冷えすると
いけないので、もしかしたらボックスそのものを発泡スチロールの台の上に
置いたほうがいいのかも。

週末にもう少し工夫してみましょうかね?
みなさまもおうちにも不要なクーラーボックスがあったら、ぜひ外猫ちゃん用に
活用してあげてみてください。きっと思った以上に「猫ホイホイ」効果を
発揮すると思いますよ!

関連記事はこちら↓
Boredpanda(11月28日):Man Makes Winter Shelters For Stray Cats Out Of Discarded Coolers

thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 13:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ノルウェー】神々しさMAX!雪原に映えるメインクーン乙女3匹組

このところ連日仕事がパツパツで、さすがに疲れがたまってきたねこねーさんです。
今週もあっという間に木曜日だし。なんなんだ、この早さは。。
このまま、年末までバタバタと突っ走ってしまうのでしょうか。
例年以上に冬休みが待ち遠しい今日この頃です(苦笑)

こんな疲労度MAXの時こそ、束の間のお猫さまワールドへ妄想逃避行!
本日のブログは、ロン毛好き巨猫好きのねこねーさんにはたまらない、
メインクーンにゃんこのビューティーショットをお届けします。
しかも、モフ毛カラー違いで3ニャンもいるんですよ♪

ご紹介したいのは、mainecoonqueensのユーザーネームで運営されている
ノルウェー在住のメインクーンの乙女たち3匹組のインスタです。
3ニャンのお名前は、左から、ティアラちゃん、リジーちゃん、ルナちゃんです↓

Screenshot_2019-12-12-Tiara,-Luna-Lizzie(-mainecoonqueens)-•-Instagram写真と動画
Photo:Instagram

3ニャンの存在は、ねとらぼさんのところの記事で
リジーちゃんの最近の動画が取り上げられていて気づいたのですが、
銀世界とモフモフ巨猫のメインクーンの相性がこれほどいいとは思いませんでした。

こちらが、話題になっているリジーちゃんの動画です。
どうやら先月末にアップされたもののようですね。
粉雪のパウダーが振り掛けられたリジーちゃんの様子を俯瞰からとらえた
ハイスピード映像は、短いながらも童話の中のワンシーンのように神秘的です↓


他にも、彼女たちのインスタには、降り積もった一面の銀世界の中で
遊びたわむれる3ニャンの素敵ショットが盛りだくさん!

メインクーンならではの大きなおててを思いっきり突き出した
ティアラちゃんのドアップとか…↓


躍動感あふれるルナちゃんの走行シーン↓


ルナちゃんのおしっぽ、ロン毛の毛並みが素敵だなぁ♪
まるでモフモフバージョンのサラブレッドですね!

3ニャンの中では、おとぼけ顔のリジーちゃんは、木登りがお得意です。
木の上からリジーちゃんが降ってくる迫力満点の動画はこちら↓


いやー、それにしても、みニャさん、雪遊びが大好きなんですね。
モフ毛の密度とボディのデカさが相まって、寒さを感じないのでしょうか?

あたかも、わんこ並みのはしゃぎっぷりを披露している
ルナちゃんとリジーちゃんの動画はこちら↓


ああ、ねこねーさんも2ニャンのボディアタックの標的になりたい!
でも、こんな雪まみれのところにいたら、冷え性なので
一瞬で凍えてしまいそう(苦笑)

メインクーンにゃんこのティアラちゃんは、
こたつで丸くなる日本の家ねこちゃんたちと同族とは思えない神々しさで
雪原を駆け巡り…↓


ルナちゃんは、見事なイカ耳で、遠くの獲物に目を光らし…↓


リジーちゃんは、トトロと化す(笑)↓


雪の中で戯れるリジーちゃんとルナちゃんは、
神話の国に暮らすおキツネ様のようにも見えますね↓


今回は、12月ということで雪原の上での3ニャンのお写真に限定してご紹介しましたが、
緑を背景にした夏バージョンも素敵です♪ロン毛にゃこ好きの方は、ぜひ3ニャンの
インスタをチェックしてみてください♪↓

Instagrammainecoonqueens


関連記事はこちら↓
ねとらぼ(12月10日):降り積もる雪の中に佇むメインクーンのネコちゃん 雪を振り払う姿が神秘的で美しい (1/2)


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

温度調節が可能!お猫さま用「スマート・ペットハウス・コージー2」

12月になって、さすがに寒くなったので、わが家でもシニアにゃんこのアンチョ先生が
常駐しているダイニングルームに人間用のミニホカペを設置したのですが、
案の定、今年もほぼトトちんが独占(苦笑)

巨体の弟子に遠慮して、アンチョ師匠はお気に入りの肘掛け椅子の上で
丸まっていることが多いので、先日、新たにホカペを追加購入いたしました。
残業続きでAmazonから届いたダンボール箱をまだ開封できていないのですが、
近々肘掛け椅子の座面に設置する予定です。

でも、トトちんが毎年春先におなかのハゲ全開になるのは、もしかしたら
ホカペの上に鎮座しすぎているせいなのじゃないかと思っているので、
今回新たに追加購入したホカペは温度の切り替えが可能なタイプを選択。

今回はとりあえず、金額的にお求めやすい商品をポチってみたのですが、
人間用の安物ホカペではなく、お猫さま用に開発された暖房器具なら、
もっと快適に使ってもらえるのかも。しかも、それが、ねこベッドとか
ねこドームに搭載されていたら最高なのに…と思っていたら、
まさしくそんな理想の商品がプラススタイル株式会社から爆誕しておりました。

それがこちらの見た目もおしゃれなねこドーム、
「スマート・ペットハウス・コージー2」です↓

smartpethousecozy2_1
出典:YouTube

白を基調にしたおしゃれなお部屋に完璧にマッチするこのペットハウスは、
デザイン性に優れているだけではありません↓

smartpethousecozy2_main
出典:PR Times

専用のスマホアプリ「PETKIT」を使って、
ペットハウス内の温度を調整できるのです。

smartpethousecozy2_sub1
出典:PR Times

しかも、アプリを使って手動で温度調節ができるだけでなく、温度と湿度を感知する
センサーにより、ペットハウス内部の室温を自動調整することも可能。
しかも、ペットハウスには赤外線センサーが搭載されているので、
お猫さまがペットハウスを利用していること感知でき、
愛猫ちゃんがペットハウスに滞在している時間をアプリで確認できる
という優れもの。

前モデルの「スマート・ペットハウス・コージー」からドーム本体も改良されて、
ハウスの形状も、お猫さま想いのよりやさしいデザインに進化している模様。

smartpethousecozy2_sub2
出典:PR Times

ハードタイプなので、ビビ子さん愛用のわが家の布製ペットドームみたいに
愛猫ちゃんに上からのっかられてぺっちゃんこになる恐れもありませんから、
末長くきれいなままお使いいただけそうですね。

ベース部分は、温暖差により発生しやすい結露の水も受け止めるため、
ペットハウス内の環境も清潔に保てるようです。もちろん、内部のマットも
水洗い可能。本体上部のカバーも取り外せるので、お掃除もらくちんです。

お猫さまの夢のスマート家電とも言えるこちらの商品、
お値段のほうは、さすがにプレミアム価格で、おひとつ36,300円(税込)!

smartpethousecozy2_2
出典:YouTube

でも、愛猫ちゃんの快適そうな寝顔が拝めるのなら、
そして、白いグッズが似合うおしゃれなお部屋にお住まいなら、
高い買い物ではないかもしれませんね。

商品の説明動画もあるので、気になる方は
こちらも参考にしてみてください↓



個人的には、冬のポカポカ度は想像できるのですが、
夏のひんやり度が気になるところ。通販サイトの説明によると、
冷房機能もあるようですが、お猫さまは暑い時にはなかなかドームのような
クローズド空間には入ろうとしませんから、ひんやりしたまま放置される可能性も。
日本の酷暑な夏にクーラーなしの部屋でどれだけ効き目があるのか、
実際のにゃんこにモニターしていただきたいですね。

通販サイトには、「よくある質問」も掲載されているので、
そちらのほうもご確認ください↓

+style :スマート・ペットハウス・コージー2

とりあえず、わが家はお金もないし、もう買っちゃったので、
アンチョ先生には人間用のホカペで我慢していただくことにしようと思います。

ちなみにビボーの乙女のビビ子嬢は、最近また寒くなったので、
ぺったんこのにゃんこドームの入り口を自らこじ開け、
いびつな形のドームの中にINしています(笑)

関連記事はこちら↓
PR Times(12月9日):+Style、犬や猫にさらに優しくなって帰ってきた「スマート・ペットハウス・コージー2」を発売


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこもの | 12:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>