ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

>> EDIT

撮影現場でプロ根性!? 黒猫ちゃんの「クロンコメンバーズ」CM

このところ国内外ともに、めぼしいねこ関連ニュースが少なめで、
めずらしくブログネタに困っているねこねーさんです。

なので、本日は、苦し紛れのちょい古ネタを。
ここしばらく、ねこCMを取り上げていなかったので、
いつのまにか公開されていたヤマト運輸のクロネコCMを
遅ればせながら、ご紹介させていただきます。

kuronekomembers_04_2018
出典:ヤマト運輸

前回「ねこねこNEWS」でクロネコCMを取り上げたのは、1年前くらいかなぁ?
と思ったら、あらやだ、結構昔ですね。
2016年の9月に宅急便40周年のPVをご紹介したのが直近でした。

過去記事はこちら↓
2016年9月16日:祝・宅急便40周年!クロネコ・ダンスミュージックPV

その時は、かなり手の込んだダンスミュージック風の映像を制作していましたが、
今回ご紹介する「クロネコメンバーズ」のCMは、基本に返って
リアルな黒猫ちゃんの日常風景と「クロネコメンバーズ」のサービス内容の
ナレーションを組み合わせた、じつにシンプルな構成。

YouTubeにアップされた日付は今年の2月下旬なのですが、
その頃、テレビでも放映されていたのかなぁ?
ねこねーさんはまったく記憶にありません。。

可愛らし黒猫ちゃんのCM、実際に観ていたら覚えているはずなんだけどなぁ↓



このシリーズは、「クロネコメンバーズ」の3つのサービスについて
お知らせするもので、CMも全部で3本あります。

先ほどのが「事前通知」篇で、こちらが「場所変更」篇↓



最後にもうひとつ、「My カレンダー」篇もあります↓



うん、どのCMも単純明快。
リアルな黒猫ちゃんの日常とシンプルなメッセージを組み合わせていて
わかりやすいですね。宅急便40周年記念の凝ったつくりのPVよりも
個人的には、こういうCMのほうが好きだなぁ♪

ねこねーさんも、いちおう「クロネコメンバーズ」には登録していますが
最後の「My カレンダー」篇の内容は知らなかったし、
改めてサービス内容を見直すには、いいきっかけになりますね。

じつにシンプルな構成のCMですが、お猫さまが主役ということで
それなりに撮影は大変だったようです。
というか、主演の黒猫ちゃんのプロ意識がすごい!

撮影慣れしているモデルにゃんこの仕事ぶりは、
こちらのメイキング映像でご確認ください↓



メイキング映像の最後のほうに映っている合成用のグリーンバックを
使った撮影シーンは、おそらくHPに使うためのスチール素材の撮影ですね。

WEBサイトのデザインも、シンプルでわかりやすい構成です。
宅急便をよく使う方は、黒猫ちゃん満載のこちらのHPで
あらためてサービス内容を確認してみてください↓

ヤマト運輸クロネコメンバーズ

わが家の場合は、庭の奥まったところに家があるので、
不在時でも荷物は玄関先に置いていってもらうシステムを勝手に構築。
そのため、配達の日時指定はほとんど気にしないで済んでいるのですが、
アフリカワシミミズクのガボちゃんのごはん用の冷凍エサの受け取りだけは
クール便で届くので、在宅していないといけないんですよねぇ。

週末も家の雑用に追われがちなねこねーさんは、
荷物の受け取りは、お昼時がいちばん都合がいいのですが、
クロネコさんは、お昼の時間帯の配達を中止してしまったのが
個人的にちょっと残念。。

とはいえ、やはり黒猫ちゃんが企業マスコットのヤマト運輸さんは
応援したくなりますね。

今ならクロネコメンバーズの方に222万ポイントのTポイントが山分けされる
キャンペーンを実施中!ちょっとでもお得に利用したい方は、
そちらのほうも、あわせてHPでご確認ください♪


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこしーえむ・ねこあど | 13:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【オーストラリア発】天性の子猫のお世話係犬、ムーン君

昨日は、お馬さんとにゃんこの異種動物間のラブラブぶりに
焦点を当てさせていただきましたが、そういえば、今年は戌年!
わんことにゃんこの仲良しストーリーを例年以上に積極的に
取り上げようと思っていたのでした。

というわけで、本日の「ねこねこNEWS」は、
思い切ってブログタイトルに、まさかのお犬さまのお名前を採用!

いや、本当はどうにか工夫して、にゃんこメインのタイトルにしたかったのですが、
どう考えても、今回の主役はわんこ。でも、お猫さまたちも、
いつも以上にたくさん登場するお話ですよ♪

舞台は西オーストラリア州の州都、パースにある動物病院。
そこ勤務する看護士、ケイト・ヘイズさんの飼い犬、ムーン君は、天性の癒し上手。
動物病院を訪れる患者ならぬ患猫さんたちのそばに寄り添い、
安心させるお役目を務めているのです。

生まれたばかりのチビちゃんこも、もふもふボディのムーン君のそばにいれば
ママ猫のぬくもりを感じられますね↓

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens3
Photo:Kate Hayes / Love Meow

現在5歳のムーン君は、4年前、飼い主のケイトさんが引き取った3本足の子猫、
フェニックスちゃんと運命の出会いを果たします。
フェニックスちゃんが手術を受けた後は、常に彼女のそばに寄り添い、
術後のフェニックスちゃんを守っていたのだとか。

この写真のにゃんこが、ムーン君をにゃんこ好きにさせた立役者、
フェニックスちゃんなのかな?よく見ると、後ろ足が1本だけですね↓

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens_Phoenix
Photo:Kate Hayes / Love Meow

今でも2匹は大の仲良し。ムーン君はフェニックスちゃんのお兄ちゃんとして、
ケイトさんのおうちで3本足の妹をケアしているようです。

フェニックスちゃんを自宅にお迎えした後も、ケイトさんは里親募集中の
子猫ちゃんたちの一時預かりを続けています。

恥ずかしがり屋で人見知りの強いにゃんこでも、
モフモフ天使のムーン君の手にかかれば、どの子も良い子に大変身!
ムーン君は、不安そうにしている子猫たちのそばに寄り添って
あっというまに安心させてしまうのです。

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens
Photo:Kate Hayes / Love Meow

ケイトさん曰く、ムーン君は子猫の鳴き声がすると、
瞬時に耳をそばだてて、鳴き声の主を探しに行くのだそうです。
そうして、優しく鼻をすり寄せて子猫のそばに寝そべるのだとか。

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens1-1
Photo:Kate Hayes / Love Meow

ケイトさんがお世話をする子猫たちのほとんどは、みなしごにゃんこ。
ムーン君は持ち前のお世話上手の才能を発揮して、
子猫たちの代理父としての役割をバッチリ果たしているのです。

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens2
Photo:Kate Hayes / Love Meow

もちろん、ケイトさんの自宅だけでなく、
勤務先である動物病院でもムーン君は大活躍!

こちらの5連モフ毛まんじゅうのような物体は、
ケイトさんが勤務する動物病院で帝王切開によって生まれた子猫ちゃんたち↓

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens4
Photo:Kate Hayes / Love Meow

詳細は不明ですが、どうやら、
この帝王切開ベビーの誕生にもムーン君は貢献したようですよ。

ケイトさんが自宅に連れてきた一時預かりの子猫ちゃんたちを
里親さんたちが喜んでお迎えしてくれるお行儀のいい
紳士淑女に教育するのも、ムーン君のお役目です。

イチゴ農園で保護された茶トラ兄弟たちも、
ムーンパパの手ほどきを受けて立派な良い子に成長しました↓

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens5
Photo:Kate Hayes / Love Meow

こちらの黒白チビにゃんこ部隊も、
ムーン軍曹の教えを受けて、人間界で生き抜くマナーを習得。
新たに巡り合う里親さんのおうちで、甘え上手でしたたかな猫生を
送ってゆくことでしょう。↓

DogHelpsRaiseOver70FosterKittens6
Photo:Kate Hayes / Love Meow

すでに74匹もの子猫たちのお世話に従事したムーン君。
なかには肉球すべてにやけどを負って、歩き方がおぼつかない子猫もいたようです。

もちろんムーン君は、そんなにゃんこにも愛情豊かに根気よく接します。
勇気付けられた子猫ちゃんは前向きに歩き方を覚えて、
元気に遊べるようになったようです。

うーん、素晴らしい!
子猫のお世話係は、まさにムーン君の天職ですね♪

ねこ界にこれだけの功績を残しているムーン君ですから、
今回だけは「ねこねこNEWS」のタイトルにわんこ名を採用しても
お猫さまたちは許してくれるはず。

でも、今回だけは特別対応ですからね。
明日からも「ねこねこNEWS」は、にゃんこファーストでいきますよー!


関連記事はこちら↓
Love Meow(4月2日):Dog Helps Raise Over 70 Foster Kittens After He Fell in Love with a 3-legged Cat.


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:01 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

馬と猫・PART 3

本日は、ねこねーさん多忙につき、お手軽更新のYouTubet動画特集です。
これといったネタも見当たらなくて困ったなぁ…と思いながら
海外ネタを探っていたら、巨大なねこベッドの上でゴロニャン状態の
お猫さまの動画が目につきました。

でも、このねこベッド、たてがみがついているんです(笑)↓

CatRollsAroundonTopofPony
出典:YouTube

そう、このお猫さまが鎮座しているのは、お馬さんの背中の上!
意外にも、にゃんことお馬さんは相性がいいんですよね♪

にゃんこ的には、人間以上に体格差があるお馬さんを怖がっても
いい気がしますが、馬たちは気立てが優しい子が多いですからね。
彼らの前では悠々としているねこたちが多い印象です。

「ねこねこNEWS」でも過去に何度か、
「馬と猫」をテーマにした動画特集を組ませていただきました。

今年の1月には、シャム猫のルイ君とお馬のコメットちゃんという
凸凹名コンビも登場しています。

過去記事はこちら↓
2014年1月2日:馬と猫
2015年4月15日:馬と猫・PART 2
2018年1月5日: 【英国発】にゃんことお馬の仲良しコンビ、ルイ&コメット

本日ご紹介する動画のにゃんこも、かなりの馬フェチ。
詳細は不明ですが、どうやら米国の農場に暮らすお猫さまのようです。

きっとこのお馬さんの背中は、キジトラちゃんの指定席なんだろうなあ。
にゃんこが身悶えしている部分だけ、お馬のモフ毛がハゲかけて見えるのは
気のせいでしょうか(笑)↓



関連記事はこちら↓
Daily Mail(4月15日):Purrfect pony! Cat comfortably positions itself for a nap on a large horse in an adorable video


せっかくなので、最近投稿された馬&猫動画の中から、
個人的に気になったものをいくつかご紹介しておくと…

こちらは冬の日のワンシーン。
雪原の上をパカパカと進むのは、ずんぐりむっくり体型&短足が愛らしいポニーと
ピンクのスノーウェアがイケている女の子。よく見ると、ポニーの背中には
黒猫ちゃんが乗っかっていますよ!↓



結構激しく揺れていますが、黒猫ちゃんは落っこちないどころか、
むしろ乗馬を楽しんでいるように見えますね。

一方こちらは、にゃんこに夢中なお馬さんの映像。
お馬さんからのかなり濃厚な愛情表現に、思わずにゃんこもタジタジです(笑)↓



いや、それにしても、ねこちゃんたちはお馬さんキラーですね。
こちらの映像でも、お猫さまがお馬さんに猛烈に愛されまくっています↓



うーん、素晴らしい異種動物間の交流!

こういうのを見てしまうと、同じにゃんこ同士で仲が悪い
わが家のルビちゃんとトトちん(正しくは、ルビちゃんのトトちん嫌い
とトトちんのルビちゃんへの片想い)はどうにかならんものかと、
改めて思ってしまいます。

でも、同じ種族だからこそ、複雑な感情が芽生えるのかなぁ。
まぁ、人間もそうですからね。。

普段では、なかなかお馬さんにお目にかかれない生活を送っていますが、
一度でいいから、動画のにゃんこ並みにお馬さんの生暖かい鼻息を
顔面で感じてみたいと妄想するねこねーさんなのでした(笑)


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこちゅーぶ | 12:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>