ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

10月26日公開・福士蒼汰さん主演映画『旅猫リポート』予告編!

明日から3連休ですね♪
腰の調子もこのところいい感じなので、ねこねーさんは、ひさびさに遠出して
登山でもしようかと思っていたのですが、山友達のみなさまは都合が悪く、
深夜バスを利用して単身弾丸登山をするかどうか、考えあぐねているうちに、
またもや映画『バーフバリ』にハマりたくなってしまい、あっさり予定を却下。
今週末は、再度映画館に足を運んで王を称えてしまいそうです(笑)

ねこネタでもなんでもないのに『バーフバリ』の絶叫上映のリポートを
6月30日の記事で無理やりアップさせていただいた時に、新作ねこ映画のチラシを
さりげなくご紹介していたのですが、覚えていらっしゃいますか?

それが、こちら。
10月26日から全国ロードショーされる映画『旅猫リポート』です↓

tabinekoreport_201807_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

このたび、晴れて予告編が解禁されたとのことで、本日あらためて
「ねこねこNEWS」でも特集させていただくことにいたしました♪

じつは、この映画の原作である有川浩さんの小説『旅猫リポート』が
「週刊文春」で連載され始めた時には、「ねこねこNEWS」でも
イチ早く取り上げていたんですよ。いまから7年も前の記事になります。

過去記事はこちら↓
2011年10月22日:旅猫リポート

あらヤダ!この頃の記事では、ビビ子さんとルビちゃんは
自分たちのことを「あたし」と呼んでたんですね!
「ねこねこNEWS」も7年の間にずいぶん進化したんだなぁ(笑)

有川浩さんの『旅猫リポート』も、その後、人気作家の話題作ならではの
順調な進化を遂げられまして、連載終了後の2012年11月には単行本発売。
2013年には舞台化、2014年にはラジオドラマ化、そして今秋、
ついに福士蒼汰さん主演の映画が公開されるというわけです。

「週刊文春」の連載開始号をバッチリ取り上げておきながら、
じつは、ねこねーさんは、いまだに『旅猫リポート』を読破していなくて(苦笑)
いつか読まなきゃ…と思いながら、ついに映画の公開が迫ってきてしまいました。。

人気作家さんの作品なので、すでに小説を読まれた方も多いことと思いますが、
念のため、映画のあらすじをざっくりご説明すると、
主役は「ナナ」という名前のねこを飼っている30代男性・悟。
ある事情で、ナナのことを飼い続けられなくなった悟が、ナナを連れて
新しい飼い主探しの旅をする…という1人と1匹のロードムービーです。

「ナナ」という名前は女の子っぽい印象ですが、主役にゃんこは男の子。
尻尾の形が、いわゆるカギシッポで、数字の「7」の字のように
曲がっていることから名付けられた名前です。

映画の中のナナ君のシッポも曲がっているのかなぁ?
こちらの写真からではシッポの様子はわかりませんが、お互い見つめ合っちゃって、
福士蒼汰さんとの相性はばっちりのようですね↓

tabinekoreport_201807_01_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

そしてこちらが、みなさまお待ちかねの公開ホヤホヤの予告編です↓



予告編を見て驚いたのですが、ナナ君は人間語をしゃべるんですね!

いや、ナナ君が人間の言葉を理解する設定であることは、
ねこねーさんもわかっていたのですが、実際に映画でその声を聞くと
少々ビミョーというか、なんというか、「あ、こういう映画だったのね…」と
思ってしまったことはたしかです。

ちなみに、ナナ君の声の主は女優の高畑充希さんです。

まだ原作を読んでいないので、気持ちが追いつかないというのもあるのですが、
アニメのにゃんこが人間語をしゃべるのはともかく、
実写にゃんこ+声優さんのアフレコという組み合わせは、個人的に苦手でして。。

NHKの朝ドラの『とと姉ちゃん』が大好きだったねこねーさんは、
高畑充希さんは好きな女優さんなのですが、オス猫君の声に彼女の声を
アテるっているのも…うーん、いまのところ、違和感しか感じません。

さらに言ってしまうと、ねこねーさんは主役を演じる福士蒼汰さんが、
それほど好きなタイプではなく…という、そもそもテンションが上がりにくい
キャスティングの中、頑張ってくれているのがナナ君役のお猫さまですね♪

まだ、主演にゃんこの詳細は明かされていないようですが、
講談社文庫の『旅猫リポート』は7月上旬から、ナナ君のアップのお顔が
レイアウトされたスペシャル猫帯付きで販売されているようです↓

tabinekoreport_201806_05_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

が、しかし…ここでもひとつ、つっこみどころが!

『旅猫リポート』の単行本の表紙と挿絵を手がけた巨匠・村上勉さんの
イラストがまるごと隠れてしまうのは、ニャンとももったいない!
村上先生が大好きなねこねーさんは、やはり映画公開中も
こちらのオリジナルの表紙で販売してほしかった…↓




    旅猫リポート
      (講談社文庫)


      有川 浩 (著)

      講談社 (2017/2/15)
    [文庫]





(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


原作も読んでなくて、映画も観ていないのに、
言いたい放題で申し訳ないのですが、上映まで3カ月もありますからね!

公式サイトの中身もこれから充実してくるだろうし、関連イベントも展開されて、
きっと公開までには、映画『旅猫リポート』を楽しみにしている人で
日本全国いっぱいになるはず。

ねこねーさんも、それまでにとにかく原作を読んでみなくちゃ!
公式サイトのチェックも欠かせませんよ↓

公式サイト映画「旅猫リポート」


しかしながら、最後の最後にもうひとつ、どうしても拭いきれない懸念点が。
史上最強のドハマり映画『バーフバリ』二部作に出会ってしまった今となっては、
この先、どの映画を見ても物足りなさを感じちゃうんだろうなぁ。

ちなみに最新情報によると、『バーフバリ』の制作チームによる過去作品
8月末に上映されちゃうんですよ!もうチラシのビジュアルを見ただけで
テンションダダ上がりです!こんなの観ちゃったら、ますます頭の中が
インド映画一色になってしうまうではないかーーーーーっ!

誰か、超絶マッチョのにゃんこ王が戦いまくる映画『ニャーフバリ』を
作ってくれないかなぁ。そしたら、タンバリンとまたたびキッカーを振り回しながら
絶叫上映に参加しちゃうんだけど(笑)


関連記事はこちら↓
映画ナタリー(7月2日):「旅猫リポート」ファンタジア国際映画祭に出品、福士蒼汰が喜びのコメント寄せる
映画ナタリー(7月12日):福士蒼汰と猫のナナが最後の旅へ「旅猫リポート」予告、木村多江ら追加キャストも解禁


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこむーびー | 13:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

愛猫と過ごす時間も素敵!映画『フジコ・ヘミングの時間』

お仕事ラッシュの荒波をひとまず乗り越えて、映画が観たい欲求が高まってきた
ねこねーさんは、昨日の帰り道、電車の中で映画館情報をスマホで検索。
1週間ほど前からピアニストのフジコ・ヘミングさんのドキュメンタリー映画が
公開されていたことに気付きました。

フジコ・ヘミングさんと言えば、ねこ好きさんとしても有名ですよね♪
もしかすると…と思って関連記事を調べてみたら、やっぱり映画の中に
フジコさんの愛猫ちゃんが登場しているみたいです。

こちらは、今回の映画のチラシに使われているキービジュアルです↓
個人的には、ソファの上のふくろう柄のクッションが気になります(笑)

fuziko_movie_201805_1_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

フジコさん、6月14日の『徹子の部屋』にも出演されていたんですね。
遅ればせながら、ネットにあがっていた映像を拝見させていただくと、
『徹子の部屋』にも愛猫のうちの1匹を連れてきていたようです。

東京と京都とパリとサンタモニカに自宅を持つフジコさん。
世田谷の家には、現在25匹のねこたちがいるそうです。
街中をうろついていたところを保護した子たちばかりとのことですが、
『徹子の部屋』の収録に連れてきていたノエルちゃんも、
お寺の境内でうろうろしていた子のようです。

ピアニストとしての才能はもちろんですが、そんな動物好きの一面や
我が道をゆく人生スタイルも、人気のフジコさん。
このたび晴れて公開されることになった映画『フジコ・ヘミングの時間』は、
公開直後から大反響のようです。

ピアニストとしてのフジコさんの日常に密着したドキュメンタリー映画なので、
にゃんこ全開のねこ映画ではないのですが、以前から、彼女のことを
取り上げたかったので、これは絶好のチャンス!「ねこねこNEWS」では、
ねこ関連の映画のひとつとして、ご紹介させていただきますね。

映画のチラシのほうも、先ほどご紹介したキービジュアルのほかに、
タイトルのそばにバッチリにゃんこがアクセントとして
レイアウトされているんですよ↓

fuziko_movie_poster_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

フジコさんは、動物全般がお好きなようで、わんこも飼われているのですが、
個人的には、ねこ好きの印象が強いかなぁ?

おしゃれなフジコさんとこだわり満載のインテリアには、
やっぱり、わんこよりも、にゃんこが似合います♪↓

fuziko_movie_201805_6_fixw_640_hq
出典:映画ナタリー

映画の内容については、こちらの予告編でチラ見できますよ↓



英語字幕付きの予告編はこちら↓
Fuzjko: A Pianist of Silence & Solitude" Eng-subbed Official Trailer

限定公開の本編映像では、フジコさんが演奏するドビュッシーの「月の光」が
じっくり聴けます(映像の後半は、上記にリンクした予告編です)↓



かなり前にテレビ番組で、フジコ・ヘミングさんのドキュメンタリーを観たことが
ありますが、その時もかなり興味深い内容でした。

今回2時間近くの長尺映画で、じっくりその世界観を堪能できるのは、
とっても楽しみです。封切り直後で、映画館は混み合っているようですが、
ねこねーさんも近いうちに観に行かなくちゃ!

全国の映画館で順次公開されるようなので、興味がある方は、
ぜひ公式サイトで公開予定をチェックしてみてください↓

公式サイト映画「フジコ・ヘミングの時間」

関連記事はこちら↓
映画ナタリー(6月16日):パリの自宅でドビュッシー「月の光」演奏、「フジコ・ヘミングの時間」本編映像


ねこねーさんはロンドン留学中に、バレエ&オペラからクラシック音楽まで、
とにかく学割&ロンドン価格でお得に観れる公演は、ジャンルを問わず
行きまくっていたのですが、残念ながら、フジコ・ヘミングさんの公演は、
何度かチャンスがあったのに、見逃しているんですよ。。

今思えば、行っておくべきだった…とかなり後悔しています。
今年開催される日本公演、ちょっと気になりますね。

ああ、でも今年はジュリーの古希ライブに少なくとも3回は行く予定だし、
ポール・マッカートニー卿も新譜をリリースするとかで、
またもや来日しちゃいそうな気配が高まっているし…

でも、フジコさんは、そんなシニアスターの彼らの年齢を余裕で上回る85歳!
やっぱり、お元気なうちに、コンサートに行っておくべきでしょうか?

ねこネタから、脱線しつつありますが、
ピアノ好きの方は、フジコさんのコンサート情報も要チェックですよ!
チケットの競争率、高そうだなぁ。。


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

沢尻エリカ主演・映画「猫は抱くもの」、特報ムービー公開!

去年は、『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き』やトルコ映画『猫が教えてくれたこと』
のようなドキュメンタリー作品や、ベストセラー本が原作の映画
『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』などなど、ねこ関連映画の
公開ラッシュでしたね。

その余波は、戌年である今年もまだ続いているのでしょうか?
現在、新たなお猫さま関連ムービーの新作公開の準備が着々と進められています。
それが、6月23日公開予定の映画『猫は抱くもの』↓

nekohadakumono_201802
Photo: 映画ナタリー

6年ぶりに沢尻エリカさんが主演を務める映画ということで、
関連ニュースはすでに去年の年末にメディアで取り上げられていたのですが、
このたび、待望の特報映像がアップされました。

沢尻さんが演じるのは、元アイドルで現在はスーパーの店員、沙織↓

nekohadakumono_201712_01
Photo: 映画ナタリー

自宅でこっそり飼っているロシアンブルーにゃんこの良男にだけ心を開いている
妄想癖のあるアラサー女子です。一方、沙織の愛猫、良男くんも
飼い主同様、相当ぶっ飛んだ妄想を抱いておりまして、
「自分は人間で、沙織さんの恋人だ」と思い込んでいたりします。

そんなわけで、この映画には、
擬人化されたにゃんこたちの人間役がたくさん登場するのです。

下の写真の銀髪イケメンが、良男役を演じる吉沢亮さん。
右上は、売れない画家・ゴッホ役として登場する峯田和伸さん。
そして右下が、ゴッホを慕うにゃんこ・キイロ役のコムアイさん↓

nekohadakumono_201801_01
Photo: 映画ナタリー

ほかにも、こんなにたくさん、擬人化にゃんこ役の俳優陣が登場します↓

nekohadakumono_201802_02
Photo: 映画ナタリー

今回メガホンを握ったのは、小泉今日子さん主演の映画「グーグーだって猫である」
を手がけた犬童一心監督。宮沢りえさん主演のドラマ「グーグーだって猫である2」
監督も務めているので、猫ものヒューマンドラマは、まさにお得意分野です。

特報映像からも、犬童監督らしさが滲み出ていますよー!↓



正直なところ、ねこねーさんは、岩合さんの映画や『猫が教えてくれたこと』のような
にゃんこそのものに密着したドキュメンタリー映画のほうが好きなので、
この手の映画は苦手なんですよねぇ。

個人的には、お猫さまは下手に擬人化なんかしないで、
モフ毛まみれのそのままの状態で出演させていただきたいのですが、
今回の映画のように、ねこ役の俳優さんたちが勢ぞろいするのは、
ねこ関連映画としては、新しい試みです。

「水曜日のカンパネラ」のコムアイちゃん初出演ということでも注目されているし、
ねこねーさんも大好きだったNHK朝ドラ「ひよっこ」の変なおじさん・宗男役を演じた
峯田和伸さんも出演しているので、ちょっと観てみたい気もします。

まだ公開までに時間がありますが、気になる方は
公式サイトもチェックしてみてください。
この先、関連情報や予告編も続々とアップされるはずですよー!


公式サイト映画「猫は抱くもの」


関連記事はこちら↓
映画ナタリー(3月8日):沢尻エリカ×吉沢亮「猫は抱くもの」特報公開、こじらせアラサーと勘違い猫が涙


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 14:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>