FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

茶トラにゃんこ、グースのファン続出!映画『キャプテン・マーベル』

去年から映画づいているねこねーさんは、そろそろ、スクリーン欠乏症に。
先週末は確定申告の準備に追われて映画が観れなかったので、
今日は残業もそこそこに映画館に向かってしまおうと思っています。

金曜はユナイテッド・シネマグループの会員割引デーなので、
今年のアカデミー賞で作品賞を受賞した『グリーンブック』を鑑賞しようかと。
できれば、週末には映画の舞台にもなっている地元・所沢で
魔夜峰央先生原作の『翔んで埼玉』も観ちゃいたいなぁ。

最近は現実世界でムカつくことが多いので、
いい感じに映画の世界に逃避行しておかないと、
本気で顔面が仁王像のようになってしまいますからね(苦笑)

今の気分的には、悪をこらしめるために戦いまくるアクション映画が
観たいのですが、SFアクションといえば、アメリカではマーベル映画の最新作
『キャプテンマーベル』が今日から公開!日本でも来週の金曜日から
公開されるので、封切られたら早速観に行かなくっちゃ!

もちろん、『キャプテン・マーベル』といえば、このお方の存在を
忘れることはできません。すでに「ねこねこNEWS」でもご紹介済みですが、
原作&映画の中に登場するこちらの茶トラにゃんこのお名前は、
もうお分かりですよね?

D0_axwUV4AEoNbz.
出典:Twitter

正解は、グースちゃん!

過去記事はこちら↓
1月19日:映画『キャプテン・マーベル』出演の茶トラにゃんこに注目!

前回ブログで取り上げてから、たいしてリサーチが進んでいないのですが、
お名前は「グース」で間違いなさそうです。

映画の日本の公式サイトにもキャラクターページに
「キャプテン・マーベルたちの失われた記憶を追う旅に、いつの間にか
付いてきていたキュートな仲間」という説明文付きで紹介されているんですよ♪

前回ブログでご紹介した時は、映画の中のグース君の重要度がいまいち
分かりかねたのですが、公式サイトのキャラクター紹介にも取り上げられると
いうことは、けっこうなキーパーソンならぬキーキャットなのでは?

海外のニュースやSNSでも、すでにグースちゃんは大人気です。

「SNSを沸かせるのは、やっぱりニャンコだよね」的な内容のツイッター投稿にも
グース君の公式ポスター画像が添えられています↓


こちらのGIFアニメは、おそらく映画の中のワンシーンだと思うのですが、
グースちゃんは、ばっちりカメラ目線!かなりの演技派です↓


3月4日にマーベルの公式YouTubeチャンネルに投稿された動画は、
ニャンと、グースちゃんの独占インタビュー!

襟付きネクタイのコスプレもサマになるイケにゃん、インタビュアーはグースちゃんに
マーベルヒーローの中で一番のお気に入りは誰なのか、質問をしていますが、
もちろん、答えは決まっていますよね。

喉を鳴らした100点満点の回答ぶりははお見事です↓



でも、たしか、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンさんは猫アレルギーで、
グースちゃん役のにゃんこといっしょに演技することはなかった…というような
英語の記事を数日前にチラ見したような??

あ、日本語の記事もありました!↓

関連記事はこちら↓
シネマトゥデイ(3月3日):『キャプテン・マーベル』主演のブリー・ラーソン、猫アレルギーを告白

うーん、できればブリー嬢には、ねこ好きさんであってほしかった。。
でも、アレルギーでは仕方ないですね。映画の中では良き相棒ということで、
この際、現実のほうには目を瞑りましょう。

もちろん、巷の映画好き&にゃんこ好きは、
新作映画の中で愛らしいお姿を拝ませてくれるグースちゃんに大興奮!

ロンドンの試写会でも、肉球スタンプ入りのサインをするほどの
スターにゃんこなんですよ↓


すでに映画を観られたこちらの方は、リピート視聴したいと
ツイートしておりますが、キャラクターの中でもグースちゃんが
とりわけお気に入りなのだとか。

グースちゃんシーンの抜粋がGIFアニメ化されていますが、
登場シーンは思ったよりも多そうですね↓


マーベル公式サイトでも、公開に向けて連日『キャプテン・マーベル』関連の
投稿がアップされていますが、中にはこんな謎解きのような画像投稿も。

それぞれの登場人物のキーカラーにあわせたモザイク風の画像が
投稿されているのですが、こちらはグースちゃんバージョン。
モザイク部分を見続けると、何かの絵が浮かび上がってくるようなのですが…↓


ねこねーさんは、いまだに何の絵が隠されているのか、わからなくて。。

Twitterの返信をのぞくと、答えらしきメッセージが寄せられているのですが、
ネタバレしてから画像を見ても、さっぱりわかりません(苦笑)
グースちゃんのにゃんこ千里眼なら、一発で隠された絵柄を見抜けたりするのかなぁ?

ねこねーさん同様、今までマーベル映画を見始めるきっかけがなかった
ねこ好きさんは、今回がマーベルデビューを果たすチャンスかもしれません。
来週末の日本公開がいまから楽しみです♪

マーベル公式映画『キャプテン・マーベル』

関連記事はこちら↓
Smithsonian.com(3月4日):Genome Sequencing Offers Clues About Celebrity Cat Lil Bub’s Unusual Appearance


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこむーびー | 14:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人気漫画家さんたちがイラスト書き下ろし!映画『ねことじいちゃん』

今日から2月ですね。
2月22日(ニャン・ニャン・ニャン)の「猫の日」がある今月は
日本でねこ関連イベントが頻発するお猫さま月間!
今年のハイライトは、ニャンといっても「猫の日」に公開がスタートする、
岩合光昭監督の映画『ねことじいちゃん』です。

1月18日の記事で『ねことじいちゃん』の写真展と特別映像をご紹介した段階で
すでに「ねこねこNEWS」では、この映画を6回も取り上げていたのですが、
本日は、まさかの7回目!

この調子だと、公開までに10回の大台に乗ってしまうのではないかと
思われるほどの贔屓ぶりですが、ねこ好きさんたちにとっては神に等しい存在の
岩合さんの初監督作品ですからね。「ねこねこNEWS」の読者のみなさまも、
飽きずについてきてくれることと信じています(笑)

今回お届けしたいのは、映画『ねことじいちゃん』について書き下ろした
9名の漫画家さんたちのイラストです。ねこ好きさんたちにおなじみの
人気作品を手掛ける方々が、それぞれ映画の感想を素敵なイラストで
表現してくれています。

以下、9名の方々の作品をアップさせていただきます。

「俺、つしま」が大人気の漫画家コンビ、おぷうのきょうだいさん↓

tsushima_201901
出典:映画ナタリー


「世にも不思議な猫世界」のKORIRIさん↓

koriri_201901
出典:映画ナタリー


「ねこびたし」の新久千映さん↓

shinkyu_201901
出典:映画ナタリー


「うちの猫がまた変なことしてる。」の卵山玉子さん↓

tamagoyama_201901
出典:映画ナタリー


「重版出来!」の松田奈緒子さん↓

matsuda_201901_edited-1
出典:映画ナタリー


「夜明け告げるルーのうた」のキャラクターデザイン担当のねむようこさん↓

nemu_201901
出典:映画ナタリー


猫ライフエッセイ「もふっ♡とさせて」の桜沢エリカさん↓

sakurazawa_201901
出典:映画ナタリー


「くるねこ」でおなじみのくるねこ大和さん↓

kuruneko_201901
出典:映画ナタリー


「女いっぴき猫ふたり」の伊藤理佐さん↓

ito_201901
出典:映画ナタリー

映画『ねことじいちゃん』は、原作がそもそも、ねこまきさんによるコミック作品
なので、漫画家さんたちとの相性は抜群ですね。

参考にした記事によると、
これらのイラストと著名人のコメントが掲載されたチラシが
本日から一部を除く上映劇場で配布されるようです。
ねこ好きさんなら手に入れたいスペシャルな1枚ですよ!

上映劇場は、映画の公式サイトをご確認ください↓

公式サイト映画「ねことじいちゃん」

公式サイトを見て気づいたのですが、2月5日には新宿で完成披露上映会が
開催されるんですね!もう少し早く気付けばよかったなぁ。。
すでにチケットは売り切れのようです。

ねこねーさんは、できれば公開初日の「猫の日」当日に観に行きたいのですが、
会社帰りに立ち寄れる時間に上映されるか、どうか。。

とりあえず、まだ前売りのムビチケカードを入手できていないので、
早いとこ購入ないと。今回ご紹介したイラストのスペシャルチラシも
いっしょにゲットできるといいなぁ。


関連記事はこちら↓
映画ナタリー(1月31日):猫いっぱい!「ねことじいちゃん」猫好き9名がイラスト描き下ろし


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヒマラヤンのサシーも大活躍!93年製作の名作映画『奇跡の旅』

先週の金曜日にヒグチユウコさんが手がけたルカ・グァダニーノ監督のホラー映画
『サスペリア』
のポスターを買いに走ってしまったねこねーさんは、ついでに
売り切れ必至と思われた大島依提亜氏デザインのパンフレットも購入。
しかも、ヒグチユウコさんの2枚組ポスターと並べて貼ることを想定して、
通常版ポスターまで買うという、勢い余った行動に出てしまったのでした(笑)

77年製作のダリオ・アルジェント監督バージョン
もレンタルDVDで
観ていることもあり、ここまでして新作映画を観ないのもなんだかなーと思い、
日曜日に劇場まで足を運んだのでした。

が、しかし、ルカ版『サスペリア』は、あまりに謎映画すぎて、その後、
ストーリーを読み解くためのネタバレ解説記事をネット検索しまくることに。
昨日やっと詳しい解説を読んで腹落ちしました。

そんなこんなで、ねこねーさんの頭の中は、現状、悪魔的な要素でいっぱいに(笑)
ねこブログを書くのにふさわしくない心理状態なので、モフモフが画面を埋め尽くす
心が洗われるような映画でも観て気持ちをリセットしたいかも…と思っていたら、
ねこネタ探しの途中で往年の名作映画をとりあげている動画に遭遇。
さっそく本日の記事として取り上げることにいたしました♪

その映画は、93年製作の子供向けディズニー映画『奇跡の旅』↓

615eAj+8YCL
Photo:Amazon

ねこねーさんは、まったく知らないでいたのですが、
動物が主役の映画としては有名なのかな?
続編も96年に公開されている人気作です。

原作は、2匹の犬と1匹の猫を主人公にしたシーラ・バーンフォードの
ベストセラー児童書『三匹荒野を行く』。この本のタイトルは、有名ですよね。

今回ご紹介するデュウェイン・ダンハム監督の作品は、
63年に製作された実写映画のリメイクとのことですが、
Yahoo!映画Filmarksの評価もなかなか良さげな感動作のようです。

主役は、ゴールデン・レトリバーのシャドウ(声: ドン・アメチー)、
アメリカン・ブルドッグのチャンス(声: マイクル・J・フォックス)
ヒマラヤンのサシー(声: サリー・フィールド)の異種混合凸凹3匹組。

あらすじは、いかにもディズニーが得意そうな動物アドベンチャー。
3人兄弟の母親が再婚することになり、引っ越し先ではペットが飼えないため、
シャドウ、チャンス、サシーの3匹は、シェラネヴァダの麓に住む女性のもとに
預けられることに。家族のことが心配になった3匹は、女性の留守中に荒野へ旅立ち、
愛しい家族の元へ向かいます。それまでたいして仲良くなかった3匹は、
冒険の旅を続けるうちにお互いに絆を強め…最後はお約束の再開シーン!

まさに絵に描いたような癒し系感動作!
血みどろマインドの今のねこねーさんには、この手の映画が必要です(笑)

こちらは、海外のビデオ販促用の動画なのでしょうか?
少々レトロちっくな映像も味があっていい感じです↓



動物が主人公の映画のスタイルはいろいろありますが、
この『奇跡の旅』の主役のわんにゃんは、人間語をしゃべります。

63年製作のオリジナル版もかなりの秀作のようですが、
このリメイク版のラストシーンも、「ベストムービーエンディング」のタイトルで
動画がアップされるほどファンが多い名シーンです↓



最後に戻ってくる1匹、ゴールデン・レトリバーのシャドウは老犬です。
年齢を取りすぎて、遠すぎて、戻ってこれない…と諦めかけた時に
ヨボヨボと姿を現すシャドウ。。うーん、早くDVDを借りて泣きまくりたい(笑)

もちろん、今回この映画を「ねこねこNEWS」で取り上げたのは、
主役の3匹の中にお猫さまがいたからです。
それが、このヒマラヤンにゃんこのサシーちゃん↓

134d1e797534e448f2b128773f536253
Photo:Pintarest

ネット検索をしていると、どうやら、わが家のビビ子さん並みに美意識の高い
お方であることがわかるのですが、そんな彼女の見せ場は、なんといっても
激流下り!といっても、優雅にボートに乗っての川下りではありません。
旅の途中で滝から落ちて急流に流されてしまうようなのです↓

f5f6fe940977b1e67ce3957387e1cf67
Photo:Pintarest

ねこねーさんがこの映画の存在に気づくきっかけになった動画というのも、
このサシーの激流下りに焦点を当てたもの。滝から落ちたサシーがサバイバルに
成功した理由を科学的に検証する、と銘打ったパロディ動画なのですが、内容的には、
おやじギャグを散りばめたシラけ気味の動画で、かなりビミョーです(苦笑)。

英語でしゃべりまくるので言葉の壁も高いのですが、
映画の抜粋動画もチラ見できるので、リンクしておきますね↓



よくよく調べてみると、『奇跡の旅』は、動物映画関連の記事の中に
おすすめ作品として、ちらほら名前が出てきます。
すでにご存知の方も、きっと少なくないんだろうなぁ。

地元のTSUTAYAでもレンタルしているようなので、
ねこねーさんも週末にでも鑑賞して心を洗われてみようかな♪
とかなんとか言いながら、合わせて『サスペリア』のオリジナル版を
またレンタルしてしまいそうな気もしていたりして。
しばらくホラーにハマりそうです(笑)

関連記事はこちら↓
ELLE girl(2018年2月22日):猫好きがキュンキュンする映画10選
Vulture(1月25日):How Did the Cat From Homeward Bound Survive? An Investigation

thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>