FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【英国発】映画『ボブという名の猫』続編の撮影スタート!

もうすぐ12月ということで、冬休みターゲットの映画の公開が
始まってきましたね。ねこねーさんはまだ観に行けていませんが、
映画『アナと雪の女王2』も、すでにスタートしているんですよね。

大ヒット映画の続編は、ガッカリな仕上がりになることが多いのですが、
「アナ雪」の場合は、どうなのでしょうか?ねこねーさんにしてはめずらしく、
まだ口コミ情報を調べていないので気になるところです。

人気映画の続編ということでは、日本でも一昨年公開されて人気を博した
こちらの1人と1匹の名コンビの作品が、どうやら来年の今頃、
スクリーンに戻ってくるようですよ!↓

street-cat-named-bob-Film Stories
出典:Film Stories

このお顔、「ねこねこNEWS」の読者のみなさんには、おなじみですよね?
元ホームレスのバスカーで現在は作家活動を行なっている英国人男性、
ジェームズ・ボーエンさんと彼の愛猫ボブ君です。

ジェームズさんとボブ君の自伝的作品「ボブという名のストリート・キャット」が
原作の映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、一昨年、
俳優のルーク・トラッダウェイさんと実際のボブ君主演で映画化されて、
ジェームズ&ボブの名コンビは、来日も果たしたのでした。

過去記事はこちら↓
2017年5月4日:今夏、待望の日本公開!映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
2017年8月4日:ボブ君&ジェームズさん、来日中!映画『ボブという名の猫』

ジェームズさんは、「ボブという名のストリート・キャット」の後も、
ボブ君関連の本を何冊も出版されていて、その中の「A Gift from Bob」という
タイトル本が、このたびに、映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の続編として
映画化されることになったのです。

ホームレス時代にボブ君と過ごしたクリスマスについて描かれている本作の映画化も、
やっぱり主役は前作同様、ルーク兄さんと実際のボブ君。
すでに撮影は開始されていて、そのスチール写真が初公開されました↓

1313423_1249840_streetcat_101996
出典:Screen International

関連記事にアップされていたこちらの画像は、前作からの映像でしょうか?↓
上の写真を見ると、ボブ君の肩乗りスタイルは今作でも健在のようですね。

a-gift-from-bob-1536x1023
出典:THN Photo Credit: Andreas Lambis

ジェームズさんの著書は、英語版のWikipediaによると、
これまでに9冊ほどあるようですが、日本語に翻訳されているのは、そのうちの3冊。
続編映画の原作となる「A Gift from Bob」は、まだ訳されていない模様。





  A Gift from Bob:
   How a Street Cat Helped
  One Man Learn
  the Meaning of Christmas

  James Bowen (著)

  Hodder Paperback (2015/10/22)
  [ペーパーバック]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


とはいえ、翻訳本の3冊目は、今年の夏に出版されたばかりなので、
「A Gift from Bob」の翻訳も、これから出てくるのかな?↓







  ボブが教えてくれたこと


  ジェームズ・ボーエン (著), 服部 京子 (翻訳)

  辰巳出版 (2019/7/31)
  [単行本](ソフトカバー)





(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

このところ、ねこネタ検索をしてもジェームズ&ボブのニュースは
これといってヒットしなかったので、「ねこねこNEWS」での近況報告は
ひさびさになってしまいましたが、一躍時のねことなったボブ君は、
今でもジェームズさんといっしょに元気にしているようです。

こちらは3週間ほど前におふたりのFacebookページにアップされたボブ君のお写真。
トレードマークの手編みマフラーも相変わらずステキです↓



1週間ほど前には、続編映画の撮影風景もアップされました↓
キャリーケースの中のボブ君、湯たんぽの上に鎮座していますね。
お外での撮影で寒かったのかな?



映画公開は、来年のクリスマス時期と、まだまだ先ですが、
人気者&猫のおふたりですから、今後はしばしば映画の制作状況が
ニュースとしてメディアで取り上げられるんじゃないかな?

「ねこねこNEWS」でも、もちろんリポートさせていただきますよ!
来年の年末映画には「アナ雪」も「スター・ウォーズ」もありませんから、
手強いライバルが減った分『ボブという名の猫』続編の注目も高まるんじゃないかな?
前作は、なかなか見ごたえのある作品でしたからね、続編も期待しちゃいますよー♪

関連記事はこちら↓
Film Stories(10月9日):Filming will begin on A Gift From Bob before the year is out.
Screen International(11月8日):Luke Treadaway reprises role in The Exchange’s ‘A Gift From Bob’ (exclusive)
THN(11月27日):A Sequel To ‘A Street Cat Named Bob’ Has Started Shooting

thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこむーびー | 14:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

恐怖!? ねこフィルターな飼い主、映画『キャッツ』最新情報

昨日は、人間チックな笑顔が魅力のチビにゃんこ、
オランダ在住のナラちゃんをご紹介しましたが、今日はその逆。
ねこ面仕様の人間たちに関するニュースをふたつほど
詰め合わせでお届けします。

人間っぽいお顔のにゃんこは、とっても可愛らしいのに、
逆バージョンは、正直なところ、ろくなことになりません。
人間風情が高潔この上ないお猫さまになろうという思い上がった考えが、
そもそもいけないのですが、ショートムービー共有SNSとして定番化している
TikTokなどでは、加工フィルターを使った動画制作が大人気。

自らの顔面に、お猫さまのお顔のフィルターをかけて撮影する動画が
増えておりまして、中にはリアルなにゃんことのツーショット動画を
アップするツワモノも↓

Whencatsmeetcat filters
Photo:Twitter

上記の画像は、中国メディアのPeople's Dailyが先日Twitterにアップした
猫面フィルター動画をまとめた投稿のスクリーンショットなのですが、
いや、もう、怖いのなんのって!ホラー映画好きなねこねーさんも、
夢に見たらうなされそうなレベルです(苦笑)

これは、さすがに、リアルなにゃんこもビビりますよねぇ。。
実際のまとめ動画はこちら↓


「お猫さま化」願望は、こちらの動画のように萌えカワギャルの
猫耳+猫ひげフィルターレベルで止めておくべきだったのでは?
まぁ、これはこれでイラつきますけど(笑)↓



関連記事はこちら↓
News 18(11月19日):Watch: Pet-rified Felines React as Owners Use Cat Filters on TikTok


「お猫さま化」願望を個人で楽しむレベルに昇華させることに対して
つべこべ言うのは、大きなお世話なので、これ以上ツッコみませんが、
いろいろツッコミどころが多いのが、「ねこねこNEWS」でも
すでにご紹介済みのハリウッド映画版のミュージカル『キャッツ』です。

過去記事はこちら↓
7月22日:名作ミュージカルが、まさかの展開に。。新作映画『Cats』

そもそも、ミュージカル版の『キャッツ』は人間が演じているので、
あのままの感じで映画化されるのであれば、特に問題はなかったのですが、
12月20日にユニバーサル・ピクチャーズ配給で公開される
新作映画の『キャッツ』は、言ってみれば、全身ねこフィルター状態。。

これが本当にスクリーンに映し出されていいのかどうか、
別の意味で映倫に引っかかるのではないかと、心配してしまうほどの
ホラーな仕上がりになっているのです。

昨日、ついにその全貌を垣間見ることができる
オフィシャルトレイラーがアップされたので、「ねこねこNEWS」でも
とりあえず取り上げておこうと思うのですが…

うーん、やっぱりコレ、萌えかわいいリアルなにゃんことは程遠い
ブキミなねこ人間たちの映画ですね。。↓



日本では、年明けの1月24日に公開が予定されておりまして
すでに公式サイトがアップしています。

日本語字幕付きの動画も準備されていて、
こちらは映画の中でセクシーなにゃんこ役を披露している
テイラー・スウィフトさんのインタビュー動画。

テイラー嬢と大御所アンドリュー・ロイド=ウェバー卿のコラボ曲、
映画『キャッツ』の挿入曲の「Beautiful Ghosts」について語っています↓



文豪T・S エリオットとご自身のイニシャルをひっかける発言、
テイラー嬢、なんと強気な。。。

でも、実際、素敵な曲ですよね♪
英語の歌詞がメイン画面に表示される「Beautiful Ghosts」の動画も
アップされています↓



この曲、映画の映像付きでない方が、よく聞こえるような(笑)

ちなみに、日本語の吹き替え版情報も、ぼちぼちアップされ始め、
大竹しのぶさんほか、豪華な声の出演者が発表されています↓

『キャッツ』★メイン-1024x683
Photo:映画『キャッツ』

諸々の詳細は、公式サイトにアップされると思うので、
『キャッツ』好きの方は、年末にかけて要チェックですよ!↓

日本版公式サイト映画『キャッツ』

ここしばらく、気になる映画はちゃんと映画館で観るようにしている
ねこねーさんなのですが、この映画は、どうしようかなぁ。。
一応、ねこ関連映画なので、押さえておきたい気はするのですが。

リアルにゃんこバージョンのおまけ映像とかがついていたら
迷わず観に行っちゃうんだけどなぁ。悩ましいですねぇ(苦笑)

関連記事はこちら↓
BuzzFeed News(11月19日):Brace Yourselves, The Second "Cats" Movie Trailer Is Here
Vox(11月19日):Cats' new trailer is here. It's very Cats.


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

超実写版『ライオン・キング』のシンバのモデル、バハティちゃん

一昨日の夜は、ストーカーにゃんこ、トトちんに対するルビちゃんの逆襲で
家中マーキング祭りでエライことになっていた我が家。
昨日もお仕事で帰りが深夜近くになってしまったので、家の中の荒れ具合を
覚悟しながら帰宅したところ…、あら?気が抜けるほど、特に何ごともなく。。

が、しかし、今朝は朝っぱらから、トトちんに
お気に入りのキャットタワーの上まで追い詰められたルビちゃんの悲鳴が炸裂!
この感じでは、またもや派手なマーキング作戦が展開されてしまいそうな
気がしてならないのですが、ルビちゃんは日によって、おトイレをちゃんと
使ってくれることもあり、ツンデレ姫の乙女心はイマイチわかりません。

でも、確実に言えることは、長らくパトロール隊長として君臨した
アンチョ先生がシニア化して隠居の身になりつつある今、我が家は、
4ニャン中一番若くて体もデカいトトちんの天下になりつつあるということ。

トトちん、基本的には良い子なんですけど、
お外でサバイバルしてきた野良歴も長いので、遠慮を知らないんですよね。
師匠のアンチョ先生は、英国紳士だけあって、わが家のにゃんこ関係の
頂点に君臨するだけの品格があったのですが、トトちんはというと、
まだまだ修行が必要そうです(苦笑)

そんなトトちんにぜひ見ていただきたいのが、
まもなく公開されるディズニー映画の最新作、超実写版『ライオン・キング』です。

ライオンの王族の物語としては、ねこねーさん世代的には、
1994年公開のオリジナルアニメ版『ライオン・キング』よりも
手塚治虫先生の『ジャングル大帝』のほうが思い浮かんでしまうのですが、
今回公開されるのは、実写映画としての『ライオン・キング』!

ワイルドにゃんこ&野生動物好きのねこねーさんとしては、
ぜひとも映画館で見ておきたい作品のひとつです。

こちらは日本版の予告編。
BBCのドキュメンタリーチームもビックリの、
超絶リアルな動物映像(フル3D CG)てんこ盛りでストーリーは展開します↓



しかも、監督は映画「アイアンマン」シリーズの監督・製作総指揮、
ハッピー・ホーガン役としても大人気のジョン・ファヴロー監督。
いやー、もうこれは観ないといけません。

さらに、気になる点がもうひとつ。
主役シンバの赤ちゃん時代のモデルにゃんこ、じゃなかった、
モデルライオンに抜擢された実在の子ライオンが存在するのです。

それが、米テキサス州に位置するダラス動物園の赤ちゃんライオン、
バハティ(Bahati)ちゃん。うーん、キャワイイー!
物怖じせずカメラをじっと見つめるお顔には、
すでに百獣の王たる王族の威厳が漂っていますね↓

lion-king-live-action-baby-simba-bahati-dallas-zoo-2-5d37ffcae32f9__700
Photo:Dallas Zoo / Bored Panda

『ライオン・キング』に登場する若き王族シンバは男の子ですが、
このバハティちゃんは、女の子。

彼女が生後1カ月の頃、動物園スタッフはシンバの映像を担当している
ディズニーのアニメーションチームから依頼され、赤ちゃんライオンの
動きや行動の参考資料として、バハティちゃんのビデオを提供したのだとか。

資料として製作陣に送られたのは、バハティちゃんのよちよち歩きの様子から、
顔についたミルクを舐める様子まで、赤ちゃんライオンのありとあらゆる日常シーン。
実際の映画を観れば、バハティちゃんの動画を参考にして作られたと思われる
シンバのシーンがいくつも見つかるんじゃないかなぁ。

動物園のFacebookに投稿されたこちらの動画も、
おそらく資料として送られた動画のうちのワンシーンだと思われます。
10秒ほどの映像ですが、不安げに鳴き声を上げる赤ちゃんライオンの様子が
バッチリ記録されています↓



ワイルドにゃんこも、ねこネタのひとつとしてカウントしている
「ねこねこNEWS」ですが、純イエネコ派の方のために、
我らがお猫さまの関連ネタもアップしておこうかな♪

『ライオン・キング』といえば、シンバ誕生のシーンなど、
名シーンが目白押しですよね。超実写版の『ライオン・キング』のシーンを
早速、愛猫の茶トラちゃんと一緒にパロディ化しちゃったのがこちらの動画↓



ねこ飼いさんちのお宅では、おそらく必ずと言っていいほど
『ライオン・キング』を観た後は愛猫ちゃんを持ち上げて、
「シンバ誕生ごっこ」が展開されているんじゃないかなぁ(笑)

そしてこちらは、アニメ版の『ライオン・キング』鑑賞中に、
シンバの父親、ムファサが崖から落ちるシーンで感極まってモニター前まで
歩み寄ってしまったお猫さまの様子を収めた貴重な動画↓



リアルにゃんこも感動させる名作『ライオン・キング』。
そういえば、ねこねーさんは、長々と説明しておきながら、
アニメ版の『ライオン・キング』は今までちゃんと観たことがなかったような(苦笑)

今度の連休は、天気もイマイチみたいだし、帝王学を身につけてもらう意味でも、
我が家の食欲王、トトちんと一緒に『ライオン・キング』のレンタルアニメでも
鑑賞してみようかな♪ もちろん、超実写版のほうも観に行かなきゃですよ!

超実写版『ライオン・キング』は、8月9日(金)全国公開です!

ディズニー公式ライオン・キング|実写映画

関連記事はこちら↓
Bored Panda(7月24日):Meet Bahati The Cub, The Adorable Model For Simba In The Lion King Remake

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 13:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>