FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

6/5公開!映画『泣きたい私は猫をかぶる』特報映像

過去記事でもチラッとふれましたが、先週の金曜の会社帰りに
ミュージカル映画『キャッツ』の初日上映を観に行ったねこねーさんは、
人体とモフ毛の組み合わせの悪さに唖然としてしまったのですが、
いつもスマホでチェックしている「映画.com」の全国週末興行ランキングでは、
無事に1位を獲得したようです。

評価の平均値は、今のところ星3つの「並」評価。
舞台版も見事なまでに「ねこ人間」なので、劇団四季の『キャッツ』を
ご存知の方は、その意味では、違和感なく鑑賞できたのかもしれませんね。

じつは、ねこねーさんも劇団四季の『キャッツ』を3月に観に行く予定なんですよ。
舞台版の方を先に観ておけば良かったかな。。と今さらながらに思っていたり
するのですが、今日はそんな賛否両論の「ねこ人間」映画、『キャッツ』とは
ある意味、真逆の、ねこと人間の合体映画作品をご紹介♪

国内のニュース配信サイトで昨日、一斉に取り上げられていたので、目にした方も
多いと思いますが、新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が
手がける新作アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の公開日が、
今年の6月5日(金)に決定しました!↓

5e2eda210b5b9_c93cf1dc3e4e47a10cb5417ae7dcbbae
出典:アニメイトタイムズ

「スタジオコロリド」は、2018年に公開された長編アニメーション第1弾
『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞と
ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞した
アニメ界の大注目スタジオ。

彼らが手がける待望の長編作品の第2弾が、
本日ご紹介する『泣きたい私は猫をかぶる』なのです。

個人的には、ねこねーさんの心の故郷である秩父が舞台の名作アニメ
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本を手掛けた
岡田麿里氏がスタッフリストに名を連ねているところが見逃せません。

物語は、ねこになって好きな男の子に会いに行く女の子のお話です。
ビジュアル的に『キャッツ』が不気味な「ねこ人間」だったのに対して、
こちらは「人間ねこ」。
でも、人間が完全にお猫さまに変身してしまうので、見ため的には
なんの無理もありません。心の中は恋する乙女の人間女子のままの、
愛らしい猫耳つきのモフ毛の美ニャンになれるのです。

主人公の恋する乙女、笹木美代(ムゲ)役の声を担当するのは、
志田未来さん↓


未来さんは、変身した後のにゃんこの声も担当しているのかな?
ムゲが変身するお猫さまの姿は、志田未来さんがそのままにゃんこになったかのような、
ブルーアイズぱっちりのビボーの白猫ちゃんです↓

5e2ed9fbb40e9_581bc953ee1c4830e0740f08bb54bc8a
出典:アニメイトタイムズ

でもって、こちらがムゲの意中の男子、日之出賢人くん↓
声を担当するのは、声優の花江夏樹さんです。

5e2ed9faf39a6_239ce5fdccd78748ef9944071a6a23a0
出典:アニメイトタイムズ

まだ特報映像しか公開されていないので、詳しいストーリー展開は不明なのですが、
にゃんこになることで、賢人くんに可愛がられることにハマってしまった
ムゲちゃんは、お猫さまの立場を利用しまくって、こんな親密なポジションから
意中の男子を見つめまくったりしてしまいます↓

5e2ed9fd06170_e4f200f5da2bf959f0e207ddcba9b42a
出典:アニメイトタイムズ

にゃんこになったムゲちゃんのおしりの描写もバッチリです♪↓
アニメファンだけでなく、ねこ好きさんのツボも押さえた作品作りと言えそうです。

5e2ed9fe1e8d7_d4ade18997d31c36bc1d7fa59f08f4ac
出典:アニメイトタイムズ

不思議なお面を手にしたことから、にゃんこに変身できるようになったムゲちゃん。
キャラデザインも背景も、かなりクオリティが高そうなので、
これはかなり期待できそうですよ!↓

5e2ed9f7ae28e_fdeeec8380c10fde93ca981e47a5c88d
出典:アニメイトタイムズ

公開ホヤホヤの特報映像はこちらです↓



まだ公開は4カ月以上先ということもあって、声優陣の収録はこれからの模様。
SNSでは、現在ふたつのサブキャラオーディションの告知が展開されています↓
興味のある方は、ぜひ応募してみてください。




公式サイトの内容は、まだこれから充実する感じですが、
すでにSNSアカウントもバッチリ準備されています。

映画『泣きたい私は猫をかぶる』 : 公式サイト | Twitter Instagram

「ねこねこNEWS」でも、公開間近になったら、
またリマインドさせていただきますね!

関連記事はこちら↓
アニメイトタイムズ(1月28日):スタジオコロリド最新作『泣きたい私は猫をかぶる』6月5日(金)公開! 志田未来さん&花江夏樹さんのW主演

映画ナタリー(1月28日):猫になって好きな人に会いに行く…志田未来と花江夏樹のW主演アニメが6月公開

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこむーびー | 14:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

発掘!名作ねこ映画・1『オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり』

米国と英国で今月20日から公開が開始された名作ミュージカルの
映画バージョン『Cats』。日本での公開は年明けの1月24日なので、
その全貌は、まだなんとも言えないのですが、過去記事でもお伝えしたように
かなりの問題作であることは、間違いなさそうです。。

過去記事はこちら↓
7月22日:名作ミュージカルが、まさかの展開に。。新作映画『Cats』
11月20日:恐怖!? ねこフィルターな飼い主、映画『キャッツ』最新情報

ねこねーさんは、まだ海外の口コミや評論家のレビューをチェックできて
いないのですが、ブログ用のねこネタ探しのネット検索をしていると、
映画『Cats』の関連記事と思われるものも、ちらほら目につき…

その中には「映画『Cats』の代わりに観るべき、ねこ映画ベスト10」という
皮肉っぽいタイトルの記事も。他にも、お猫さまテーマの過去作品を24本も
取り上げている別の記事があったりして、なにげに「ねこ映画」ブームが
起こりつつあるのです。しかも、どちらの記事の中身も知らない作品ばかり!

クリスマス&年末のホリデーシーズンで、ご自宅で映画を観られれる方も多そうだし、
ねこねーさんも年末でバタバタだったりするので、ブログ更新は手抜きモードに
切り替えて、その中の未紹介作品を何回かに分けて、時間がない時に
お届けしようと思います。

今回は「ねこ映画ベスト10」のほうの記事の中のベスト1映画をご紹介♪

古き良きディズニー映画の『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』です↓




  オリバー
  ニューヨーク
  子猫ものがたり


  ブエナ・ビスタ・ホーム・
  エンターテイメント
  (2004/06/04)
  [DVD]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

ねこねーさんは、この作品のことはまったく知らなかったのですが、
日本では1990年に公開されていたんですね。

文豪チャールズ・ディケンズの小説『オリバー・ツイスト』を原作にしているものの、
人間の孤児を主役にしていた原作とは違って、こちらの主役は萌えカワイイ子猫、
オリバー君↓

Oliver&Company
出典:YouTube

海外メディアの記事でナンバー1ねこ映画に選ばれるだけあって、
Amazonの商品ページの評価も極めて高く、
1,063個の評価の平均値は五つ星です!
評価から判断しても、観る価値はありそうですね♪

YouTubeにも、日本語字幕付きの動画がいくつか上がっています。
こちらは2分ほどの高画質トレイラー映像↓

(埋め込み画面では再生できないので、画像をクリックして表示されるリンク先でご覧ください)



クラシックなタッチの、いかにもなディズニー映画ですね。
個人的に、かなり好きなテイストです。

ねこねーさんが興味をそそられてならなかったのは、こちらのオープニング映像。
捨て猫仲間のきょうだいたちが次々ともらわれていく中、
1匹だけ取り残されてしまうオリバー君がニャンとも切ない。。↓



レンタルDVDの在庫があれば、冬休みに観てみようかな。
冬休みは時間があったら、自宅で「真冬のホラー映画大会」を
開催する予定なので(笑)、その箸休めとかに、ちょうど良さそうです♪

その他のお猫さま映画の名作についても、近日ブログでご紹介予定。
映画好きの方は、お楽しみに〜!

関連記事はこちら↓
Screen Rant(12月25日):10 Cat-Themed Movies To Watch Instead Of Cats (2019)

thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 14:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【英国発】映画『ボブという名の猫』続編の撮影スタート!

もうすぐ12月ということで、冬休みターゲットの映画の公開が
始まってきましたね。ねこねーさんはまだ観に行けていませんが、
映画『アナと雪の女王2』も、すでにスタートしているんですよね。

大ヒット映画の続編は、ガッカリな仕上がりになることが多いのですが、
「アナ雪」の場合は、どうなのでしょうか?ねこねーさんにしてはめずらしく、
まだ口コミ情報を調べていないので気になるところです。

人気映画の続編ということでは、日本でも一昨年公開されて人気を博した
こちらの1人と1匹の名コンビの作品が、どうやら来年の今頃、
スクリーンに戻ってくるようですよ!↓

street-cat-named-bob-Film Stories
出典:Film Stories

このお顔、「ねこねこNEWS」の読者のみなさんには、おなじみですよね?
元ホームレスのバスカーで現在は作家活動を行なっている英国人男性、
ジェームズ・ボーエンさんと彼の愛猫ボブ君です。

ジェームズさんとボブ君の自伝的作品「ボブという名のストリート・キャット」が
原作の映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、一昨年、
俳優のルーク・トラッダウェイさんと実際のボブ君主演で映画化されて、
ジェームズ&ボブの名コンビは、来日も果たしたのでした。

過去記事はこちら↓
2017年5月4日:今夏、待望の日本公開!映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
2017年8月4日:ボブ君&ジェームズさん、来日中!映画『ボブという名の猫』

ジェームズさんは、「ボブという名のストリート・キャット」の後も、
ボブ君関連の本を何冊も出版されていて、その中の「A Gift from Bob」という
タイトル本が、このたびに、映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の続編として
映画化されることになったのです。

ホームレス時代にボブ君と過ごしたクリスマスについて描かれている本作の映画化も、
やっぱり主役は前作同様、ルーク兄さんと実際のボブ君。
すでに撮影は開始されていて、そのスチール写真が初公開されました↓

1313423_1249840_streetcat_101996
出典:Screen International

関連記事にアップされていたこちらの画像は、前作からの映像でしょうか?↓
上の写真を見ると、ボブ君の肩乗りスタイルは今作でも健在のようですね。

a-gift-from-bob-1536x1023
出典:THN Photo Credit: Andreas Lambis

ジェームズさんの著書は、英語版のWikipediaによると、
これまでに9冊ほどあるようですが、日本語に翻訳されているのは、そのうちの3冊。
続編映画の原作となる「A Gift from Bob」は、まだ訳されていない模様。





  A Gift from Bob:
   How a Street Cat Helped
  One Man Learn
  the Meaning of Christmas

  James Bowen (著)

  Hodder Paperback (2015/10/22)
  [ペーパーバック]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


とはいえ、翻訳本の3冊目は、今年の夏に出版されたばかりなので、
「A Gift from Bob」の翻訳も、これから出てくるのかな?↓







  ボブが教えてくれたこと


  ジェームズ・ボーエン (著), 服部 京子 (翻訳)

  辰巳出版 (2019/7/31)
  [単行本](ソフトカバー)





(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

このところ、ねこネタ検索をしてもジェームズ&ボブのニュースは
これといってヒットしなかったので、「ねこねこNEWS」での近況報告は
ひさびさになってしまいましたが、一躍時のねことなったボブ君は、
今でもジェームズさんといっしょに元気にしているようです。

こちらは3週間ほど前におふたりのFacebookページにアップされたボブ君のお写真。
トレードマークの手編みマフラーも相変わらずステキです↓



1週間ほど前には、続編映画の撮影風景もアップされました↓
キャリーケースの中のボブ君、湯たんぽの上に鎮座していますね。
お外での撮影で寒かったのかな?



映画公開は、来年のクリスマス時期と、まだまだ先ですが、
人気者&猫のおふたりですから、今後はしばしば映画の制作状況が
ニュースとしてメディアで取り上げられるんじゃないかな?

「ねこねこNEWS」でも、もちろんリポートさせていただきますよ!
来年の年末映画には「アナ雪」も「スター・ウォーズ」もありませんから、
手強いライバルが減った分『ボブという名の猫』続編の注目も高まるんじゃないかな?
前作は、なかなか見ごたえのある作品でしたからね、続編も期待しちゃいますよー♪

関連記事はこちら↓
Film Stories(10月9日):Filming will begin on A Gift From Bob before the year is out.
Screen International(11月8日):Luke Treadaway reprises role in The Exchange’s ‘A Gift From Bob’ (exclusive)
THN(11月27日):A Sequel To ‘A Street Cat Named Bob’ Has Started Shooting

thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこむーびー | 14:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>