FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【カナダ発】フィーバーコートの銀毛に胸キュン!ジャニーちゃん

結局、昨日は、やろうと思っていた仕事に着手できず、別件対応に
時間をとられてしまったねこねーさんは、4連休2日目にして、プチブルー。。

今日はさすがに庭仕事に着手しないとヤバいし、連休中に車にも乗っとかないと
バッテリー上がりそうだし、時間がまったくないじゃーん!と思いながらも、
先ほど、在宅勤務になった直後に購入して、そのまま放置プレーにしていた
トランポリンを組み立ててしまいました(笑)

こういうときに限って、余計なことをしたくなっちゃうんですよねー。
でも、これ以上、庭仕事をサボると、真面目に雑草だらけで自転車の
出し入れにも支障が生じるので、頑張らねばっ!
落ち葉シーズンになる前に、庭木の剪定もしておかないと、
後で大変な思いをするのは自分ですから。(あと、ご近所さん。。。)

でも、ブログの時間も大事。今回も萌えカワにゃんこをご紹介しますよ♪
本日の癒しんぼは、アニメのヒーローの相棒にでもなっていそうな、
めずらしいモフ毛模様のおんニャの子。

カナダのオンタリオ州コーンウォールに位置する保護猫施設
「Tiny but Mighty Kitten Rescue」で2カ月前に保護されたママ猫、
ジューンちゃんを母親代わりにしながら、彼女が産んだ子猫たちと
仲良く暮らしている子猫のジャニーちゃんです↓

Screenshot_2020-09-21 Tiny but Mighty Kitten Rescue( tinybutmightykittenrescue) • Instagram写真と動画
Photo:Instagram

歩道の上にひとりでいるところを保護されたジャニーちゃんは、
体重がわずか82gしかない超軽量のチビにゃんこでした。
そのため、保護されたばかりの時は保育器の中で育てる必要がありました。

この投稿をInstagramで見る

The Janie purrito keeps growing 🌯💕

Tiny but Mighty Kitten Rescue(@tinybutmightykittenrescue)がシェアした投稿 -


参考にした記事によると、保育器の中で元気な泣き声をあげる
ジャニーちゃんのことをママ猫のジューンちゃんも気にし始め、
自ら進んでジャニーちゃんを我が子として育てることを申し出たようです。

大きくなるにつれ、ジャニーちゃんの白銀に近い色をしたモフ毛は、
黒みを増し、個性的な模様もくっきりと見え始めてきました↓


生後2週間になったジャニーちゃんは、ジューンちゃんの子猫たちといっしょに
新たなママ猫からお乳をもらえるようになり、すくすく元気に成長。
モフ毛の美しさも際立ってきました↓

この投稿をInstagramで見る

Baby Janie 💗

Tiny but Mighty Kitten Rescue(@tinybutmightykittenrescue)がシェアした投稿 -


ジャニーちゃんの銀色のモフ毛カラーは、黒毛と白毛が混ざって
グレーに見えているようですね。ベースは黒毛の短毛で、白くて長い毛が
一面に混ざっている感じでしょうか?

彼女のシルバーの毛色は、フィーバーコート(Fever coet)と呼ばれるもので、
ママ猫が妊娠中に高熱やストレスにさらされていた時に起こる現象のようです。
それにしても、美しいですね♪↓


フィーバーコートは、成長とともに、本来の色に戻るとのことなので、
これからどんどん黒毛の比率が増していきそうな気配ですが、
できれば、このままのモフ毛カラーで大人にゃんこになってほしいなぁ↓

この投稿をInstagramで見る

Good morning! 💖

Tiny but Mighty Kitten Rescue(@tinybutmightykittenrescue)がシェアした投稿 -


こちらは、ジャニーちゃんの新生児時代からの成長記録。
生まれたばかりのころは、お顔全体がかなり白っぽかったことがわかります↓

この投稿をInstagramで見る

Ever-changing Janie 💗

Tiny but Mighty Kitten Rescue(@tinybutmightykittenrescue)がシェアした投稿 -


ジューンちゃんの子猫ちゃんたちより2週間ほどヤングなジャニーちゃんは、
体格差にもめげずに、現在も保護施設で、おねえさん・おにいさんにゃんこと
いっしょに、楽しい毎日を過ごしています。なかでもこのおとぼけ顔の
サバトラにゃんこのジャスミンちゃんが一番の仲良しなんだとか↓

この投稿をInstagramで見る

Good morning! 🥱💗

Tiny but Mighty Kitten Rescue(@tinybutmightykittenrescue)がシェアした投稿 -


このお写真を見るだけでも、ジャスミンちゃんは相当頼りになりそうですよね(笑)

里親さんのもとへ旅立つまでは、ジャスミンちゃんやその他の子猫たちと遊んで
ジューンママにも思いっきり甘えて、子猫時代を満喫していただきたいですね。

そして、できればジャニーちゃんの里親さんになる方は、
インスタアカウントを立ち上げて、彼女のモフ毛の美しさを
ねこ好きさんたちにシェアし続けていただきたいなぁ♪

ジャニーちゃんと子猫たちのお写真が満載の
インスタアカウントはこちら↓

Instagramtinybutmightykittenrescue

関連記事はこちら↓
Love Meow(8月22日):Kitten with Unusual Coat is Taken in By Cat Family After Being Found on Sidewalk
Metro(9月20日):Abandoned kitten with unique coat finds new cat family at shelter

thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

脱水状態?水飲み場で待機中のにゃんこをニャイスサポート!

引き続き、ねこねーさんは業務多忙ということで、
本日もブログのほうは手抜きモードの海外動画1本勝負でお届けします。

ご紹介したいのは、掲示板型のSNS「Reddit」に投稿されたお猫さまの動画です。
こちらは、その動画のスクショ。公園の水飲み用の水栓からおいしそうに水を飲む
お猫さまの姿が映っていますが…↓

Hydratingthecat1
出典:reddit

じつは、この子、かなり喉が乾いていたらしく、
動画の撮影者さんが通りがかった時には水飲み用水栓の前にべったり貼り付いて
誰かが水を飲ませてくれるのを待っていたようなのです。

動画のスクショなので画像が荒くて恐縮ですが、冒頭部分では、
たしかに撮影者の方が近づく前から水飲み場の上にはにゃんこの姿が↓

Hydratingthecat2
出典:reddit

「水を出してニャー!」と言わんばかりの表情で、
撮影者さんに水を出すボタンを押してほしいと訴えかけるにゃんこ↓

Hydratingthecat3
出典:reddit

お猫さまが水を飲みたがっていることを理解した撮影者の方は、
プッシュ式の水栓ボタンを押してあげます↓

Hydratingthecat5
出典:reddit

勢いよく飛び出た水を「こりゃ、たまらん!」というような様子で
夢中になってペロペロと飲み続けるにゃんこ↓

Hydratingthecat6
出典:reddit

実際の動画はこちらです(自動再生されているかも?)↓

Hydrating the cat from r/HumansBeingBros

いつ撮影された動画なのかは不明ですが、夏に撮られた動画だとすると、
日陰にいるほうが体力を消耗しなさそうなのに、あえて日向の水飲み場で
スタンバッていたところを見ると、おそらく、この子は脱水状態に近いほど
喉が乾いていたんじゃないかなぁ。

通りすがりのこのお方が、にゃんこの様子に気づいてくれて、
水を飲ませてあげられて本当によかったですね。
お外暮らしのお猫さまは、飲み水の確保も大変ですよね。

百戦錬磨の野良ねこちゃんの中には、今回のお猫さまのように公園の水飲み場で
通りすがりの人にお水を飲ませてもらっている子も少なくないようです。
最近の日本の記事にも、こんなのがありました↓

Yahoo!ニュース(8月1日):「ここの水が飲みたいのニャ♪」 したたかで賢い野良猫に感心!

お外暮らしのお猫さまたちは、街中のねこ好きさんたちをいいように活用して、
厳しい野良ねこライフをたくましく生き抜いていただきたいですね♪

関連記事はこちら↓
Republic World(9月17日):Man Helps Cat Struggling To Drink Water, Video Wins Internet

thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【追悼】ヨーク大聖堂で愛されたベンガルにゃんこ、ジェラルド君

「ねこねこNEWS」でご紹介できていないうちに、英国のパブリックスペースで
愛されていた有名にゃんこが虹の橋を渡ってしまいました。

そのお猫さまの名前は、ジェラルド君。
彼は、英国のヨークに位置するイングランド国教会の大聖堂のひとつ、
ヨーク大聖堂(ヨーク・ミンスター)の通い猫でした↓

Screenshot_2020-09-16 Donald Gerald( yorkminstercats) • Instagram写真と動画
Photo:Instagram

BBCのニュース記事によると、6歳のベンガルにゃんこのジェラルド君は、
飼い主さんであるジャスティン・スペンサーさん一家に連れられて、
兄弟にゃんこのドナルド君といっしょに、2017年にロンドンからヨークへ
引っ越してきたようです。

それ以来、ジェラルド君はヨーク大聖堂の近くの路上に毎日のように出没し、
地元住民はもちろん、大聖堂を訪れる観光客のみなさまからも
可愛がられてきたのだとか。

こちらは、思いがけず虹の橋を渡ってしまったジェラルド君の追悼投稿として
Instagramにアップされたお写真です↓

この投稿をInstagramで見る

RIP Gerald. Photo credit Lewis Outing

Donald & Gerald(@yorkminstercats)がシェアした投稿 -


こんなにイケニャンで、しかも、高貴な佇まいのベンガルにゃんことあっては、
街中で彼のことを目にしたねこ好きさんは、立ち止まって写真を撮らずに
いられなかったことでしょう。

ジェラルド君は、今週の月曜日にヨーク大聖堂の隣にある教会
(St Michael le Belfrey church)の近くで亡くなっていることが確認されたと
報告されています。


交通事故に遭った形跡は特になく、ケガをしている様子も見られず、
飼い主さん曰く「何がジェラルドに起こったのか、わからない」とのこと。


記事に書かれていないことから、病気を患っていたわけでもないようなので、
原因不明の突然死としか言いようがありません。

「yorkminstercats」のタイトルで開設されているインスタには、
ジェラルド君の兄弟にゃんこのドナルド君のお写真も掲載されているのですが…↓


ドナルド君も、突然虹の橋を渡ってしまったジェラルド君のことを
理解できないんじゃないかなぁ。それともお猫さまの勘で、
彼だけは、ジェラルド君の突然死の真相を知っていたりするのでしょうか。

BBCの記事によると、ヨーク大聖堂は、ジェラルド君の死を悼むために
彼の名誉を称える鐘を鳴らし、ヨーク大聖堂のジョナサン・フロスト大司祭は、
ジェラルド君の亡骸を大聖堂に隣接する公園、ディーンズ・パークに
埋葬することを飼い主さんに許可したそうです。


ヨーク大聖堂にここまでの対応をしてもらえるなんて、
ジェラルド君は本当の意味で大聖堂の守護猫だったのでしょうね。

きっとこれからは、兄弟にゃんこのドナルド君が、そのお役目を
果たしてくれることと思います。だから、ジェラルド君、どうぞ安らかに。
そして、虹の橋の向こう側から、ヨーク大聖堂と大切な家族の方々を
見守り続けてくださいね。

Instagramyorkminstercats

関連記事はこちら↓
BBC News(9月15日):York Minster bells rung for cathedral cat Gerald

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>