ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

障がい猫と子豚の仲良しコンビ、シラチャーちゃん&バットマン君

昨日は、わが家のビボーの乙女、ビビ子さんのおなかのハゲについて
ご報告させていただいたのですが、健康体のにゃんこであれば、
ちょっとしたハゲは原因さえわかれば、そのうちモフ毛が回復しますからね。
ビビ子さんのケースも、2週間もすれば完治していると信じたいのですが…

世の中には、ハゲよりも何百倍も深刻な、
身体的な困難を運命付けられて生まれてくるにゃんこも少なくありません。

本日ご紹介する米ニュージャージー州ウッズタウンにある
動物保護農場「RANCHO RELAXO」で暮らす黒猫、
シラチャー(Sriracha)ちゃんもその1匹。

神経疾患の一種である小脳形成不全を患う彼女は、
体のバランスをうまく取ることができず、常に歩行困難な状態なのです。

発作を起こすことも多いという過酷なボディコンディションを日常として受け止めて
前向きに生きているわけなのですが、そんな彼女には体の辛さを忘れさせてくれる
大好きなお友達がいるのです。

それが生後2週間のみなしごの子豚、バットマン君です。

障がいにゃんこと子豚の黒白コンビは、ビジュアル的にも
かなりイケています♪↓

boochaces_piglet+kitten
Photo:Instagram

農場の創設者であるケイトリン・チミニ(Caitlin Cimini)さんのInstagramに
投稿されている、ふたりの仲良しぶりをご紹介させていただくと…

まずは、シラチャーちゃんが愛おしそうにバットマン君を毛繕いしている動画を↓


どうやら、シラチャーちゃんのバットマン君へのペロペロ攻撃は、
毎日のことのようですね。

こちらの動画でも、愛情表現の毛繕いが止まりません♪↓


かと思うと、お次の動画では、バットマン君がシラチャーちゃんに
ブヒブヒ攻撃をかましています↓

Sriracha is our special needs foster kitten. She has a neurological disorder called CH. Feline cerebellar hypoplasia is a non-progressive, non-contagious neurological condition that results in walking and balance problems. Sriracha has also experienced seizures due to her condition. The last two days have been HORRIBLE. She has had two seizures. Usually when this happens, she becomes slightly "off" for a few days. Batman is our rescued orphan piglet. He is less than two weeks old now. He has been extra attached to Sriracha today. I swear he knows she has had a bad couple of days and feels the need to comfort her. This is why I do what I do. This is why my entire life is dedicated to the animals. They are the most beautiful things on this planet.

Caitlin Ciminiさん(@boochaces)がシェアした投稿 -


インスタ投稿の説明を読むと、
この時シラチャーちゃんは、2日間にわたって2度の発作を起こし、
絶不調だった模様。おそらくバットマン君は、元気のない黒猫のお友達を
元気づけようと、いつも以上にベッタリ寄り添っていたみたいです。

米ニュースサイト「Inside Editon」もこの黒白コンビに注目し、
ふたりの仲良し映像をアップしています↓
シラチャーちゃんの歩く様子も盛り込まれていますよ。



にゃんこ仲間と同じようにスマートに歩けないシラチャーちゃんにとって、
ねこではない異種動物のバットマン君の存在は、単なる仲良しというだけでなく
カラダの違いを気にしないですむ大事な存在なのかもしれません。

普段ほとんど見かけませんが、シラチャーちゃんのように
生まれつきの疾患で歩行困難なにゃんこは少なくないのでしょうか。

シラチャーちゃん&バットマン君の保護主さんは、
最近インスタに別の障がいにゃんこの動画をアップしています↓


道の真ん中で保護されたこの子は、
脚が広がってしまう「スイマーズ・シンドローム」を発症しているとみられ、
脊椎を圧迫している腫瘍/のう胞も見つかったとのこと。

ケイトリンさんのおうちには、すでにお世話が大変な
シラチャーちゃんとバットマン君のコンビがいるので、
この子は保護農場のスタッフさんのおうちに引き取られるようです。

この愛らしいサビ猫ちゃんにも、保護先のおたくでバットマン君のような
仲良しのお友達ができるといいですね♪

今日は週のはじまり月曜日。
ねこねーさんは今週もちょっとだけお仕事が詰まり気味なのですが、
障がいにめげないお猫さまたちに元気をもらって、毎日前向きに頑張ろうっと!


関連記事はこちら↓
Inside Edition(8月18日):2-Week-Old Orphaned Piglet Comforts Kitten Friend as She Suffers Seizure


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

テロに負けるな!ねこ画像ツイートでバルセロナを応援

このところ、テレビのニュース番組では、世界に不穏な空気をもたらしている
北朝鮮の脅威が主に取り沙汰されていましたが、過激派組織IS系の動きも
未だに終息しておらず…

日本時間の本日未明、スペインの第2の都市、バルセロナの中心部にある
カタルーニャ広場にほど近いメインストリート、ランブラス通りで
テロリストが運転するクルマが暴走。
13人が死亡、100人以上が負傷するというテロ事件が起こりました。

ねこねーさんも朝のニュースを観て驚いたのですが、
海の向こうのねこ好きなTwitterユーザーの皆さまたちは、
早速バルセロナを応援する投稿を続々とアップしているようです。

もちろん、ねこ画像付きで…

DHclTAMXoAETgq-
Photo:Twitter

#Barcelonaのハッシュタグをつけて、主にスペイン人の方々が投稿している
ねこ画像ツイートは、悲惨なテロ事件発生直後にはふさわしくない、
空気が読めないおふさげ投稿ではありません。

投稿の狙いは、まさにその逆。

にゃんこの愛らしい萌え画像でTwitterのタイムラインを埋め尽くすことで、
バルセロナ襲撃の悲惨な動画やビデオの印象を薄め、
残虐な行為をよろこぶテロリストたちの思う壺にならないようにしよう!
という、平和を愛する強い意志のもとに行われている行為なのです。

使用されているハッシュタグは、投稿によってさまざまですが、
#Barcelona以外に、地元のサッカーチーム、FCバルセロナを応援するときに使う
#PrayForBarcelona、#TodosConBarcelona、#FuerzaBarcelonaなども
使われているようです。

今回のテロ事件を受けて投稿された
ねこ画像ツイートをいくつかご紹介させていただくと…


スペイン語の本文は、ねこねーさんには翻訳できないので、
代わりにGoogle先生に翻訳してもらったところ、
テロリストに屈しないで、かわいいねこ画像を投稿しよう!
と呼びかけている内容のようです。

最後に大文字で強調されている「FUERZA BARCELONA!!」は
サッカーの応援のときにもよく使われる「頑張れ バルセロナ!!」の意味ですね。

ほかにも「犠牲者や負傷、その家族に敬意を払う…」
というような内容のスペイン語の投稿や…↓


英語の投稿もたくさんアップされています。

「テロの写真ではなく、にゃんこの画像を投稿しよう!!!」と呼びかけるものや…↓


「警察の戦略をテロリストたちに気付かせないで!!!」と訴えかける投稿も…↓


警察の捜査などテロ関連のツイートを投稿することは、
テロリストたちに情報を与えるようなものですからね。
今回のねこ画像ツイートのもうひとつの意味は、
SNS上で検索可能な捜査情報を減らすためでもあるのです。

ベルギーのブリュッセルで起きたテロ事件のときのことを
例に挙げている投稿もありました↓


「ベルギーの時のように、
テロリストたちがシェアさせたがっていることは無視しよう」

もちろん、シリアスなメッセージだけではなく、
なかにはこんなジョークめいた投稿も…↓


「ニュース速報:ランブラス通りのテロリスト、ついに捕まる!」

テロの実行犯も、お猫さまの大群にはかなわない
…といったところでしょうか(笑)

テロのような恐怖を前にしてパニックに陥ったり、
怖気付いてしまうのは、簡単なこと。
こんなときこそ、ねこ画像を投稿するような心のゆとりが
必要なのかもしれません。

オリンピック開催が決定している日本も
いつテロリストの標的にされるかわかりませんから、
万一に備えて、癒しの権化であるお猫さまたちを味方につけて、
テロに屈しない姿勢を常に貫いていきたいですね。

FUERZA BARCELONA!!

関連記事はこちら↓
Daily Mail(8月17日):Spaniards flood Twitter with cute cat images to dilute gruesome videos and pictures of the Barcelona terror attack 'so the killers can't enjoy the blood spilled and pain caused'


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【英国発】自前の蝶ネクタイ付タキシードにゃんこ、バグジー君

ここしばらくブログ用のねこネタ探しをしても
世界の個性派にゃんこの話題が見当たらなかったのですが、
今日はひさびさにビジュアル的にインパクトのあるお猫さまの登場です。

イングランド南東部に位置する観光都市、ブライトンにお住まいのバグジー君は、
生後15カ月のヤングにゃんこでありながら、見た目はすでに立派な紳士。

それもそのはず、黒白にゃんこのバグジー君は、
いわゆる「タキシードキャット」なのですが、彼のタキシード姿を
より完璧なものにしているのが、生まれながらお鼻の下にある白毛の形。

頭部+顔面まっくろなバグジー君は、なぜか鼻の下にだけ
左右対称のリボン型の白毛が生えているのです↓

43451A2400000578-4791718-image-a-13_1502789265312.
Photo:Daily Mail

まるで、付ける位置を間違えてしまった蝶ネクタイ(ボウタイ)みたいですね(笑)

この鼻の下の白毛柄のおかげで、彼のタキシード姿が
ほかのタキシードキャットより洗練されて見えるのは
誰もが認めることでしょう。

鼻の頭にクリーム(?)を付けたお茶目な写真であっても、
バグジー君の場合、紳士然として見えてしまいます↓

4345195800000578-4791718-image-m-20_1502789413753
Photo:Daily Mail

気になる全身像はというと、
ボディ全体もかなり完成度の高いタキシード柄なのですが、
後ろ足はズボン丈が短めの半ズボン仕様になっているのかな?↓

434518DC00000578-4791718-image-a-16_1502789322795
Photo:Daily Mail

そもそもタキシードキャットのお顔の模様は、
ハチワレ状態になっている子が多いので、
鼻の下に左右対称の蝶ネクタイを身につけている子は、
世界広しといえども、バグジー君ぐらいなんじゃないかと思います。

こちらのお写真は、飼い主さんであるトム&ソフィ・ロバーツさんのうちの
ママさんのほうとのツーショットかな?↓

434513B500000578-4791718-image-a-17_1502789363257
Photo:Daily Mail

少々おどけたお顔のソフィさんとは対照的に、
バグジー君は、お札に描かれた偉人風とでもいいますか、
いつタキシードのポケットから懐中時計を取り出してもおかしくないくらいの
威厳に満ちたオーラに包まれています。

極めて紳士的なルックスのバグジー君ですが、
好きなことは、ストローで遊ぶこと&ビニール袋を盗むこと。
なにやらビンボーくさい趣味にはまっているようですね(笑)

わが家のトトちんも、パッと見、黒白にゃんこ風ですが、
実際のところはキジトラ白だっりするし、
ビビ子さんはサビ猫の印象が強い縞三毛だし、
にゃんこのモフ毛柄ほど複雑怪奇なものはないと、
ねこねーさんは常日頃から思っているのですが、バグジー君のようなユニークな
モフ毛柄のお猫さまは、探せばまだまだいるのでしょうね♪

関連記事はこちら↓
Daily Mail(8月15日):
Puss in suit! Suave moggy looks like he's wearing a tuxedo thanks to his perfect bow tie-shaped nose marking


【おまけ】 「ねこ検定」最新情報!

ねこねーさんも猫マニアを極めるには、
もっとモフ毛の勉強を深めるべきなんだろうなぁ。
「ねこ検定」の上級ができたら、このへん出題しそうで怪しいし。

と思って、いちおう「ねこ検定」の公式サイトをのぞいてみたら、
あら、やだ!いつのまにか上級が設定されていますよ!

公式サイトねこ検定

上級編の試験日は、第2回検定開催日と同じ来年の3月25日。
中上級編のガイドブックは、11月発売予定だそうです。
まさに今日から、インターネット早割予約受け付け開始です!

バグジー君のおかげで、おもいがけず、ねこねーさんは
「ねこ検定」の最新情報までゲットできました♪
虫が知らせた…じゃなくて、猫が知らせたんですね、きっと(笑)

モフ毛柄の問題がどこまで出題されるかは不明ですが、
蝶ネクタイ付タキシードにゃんこのご利益にあやかって、
前回の初級・中級に続いて、上級も無事にパスしたいところです。

前回は仕事が忙しいなか、試験直前に一気に暗記したため、
精神的にも体力的にもかなりつらかったので、
今回は早めに準備を進めなくっちゃ!

まずは取り急ぎ、忘れる前に申し込みをしちゃおうっと♪


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>