FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

英官庁街も働き方改革!? 大蔵省のグラッドストン君、在宅勤務に

このところ、わが家の庭ねこ、テンちゃんの姿が見えず。。
冬休み中はずっとテンちゃんお気に入りのハーブが植えてある場所の近くで
香箱を組んでいたのですが、お天気がイマイチだった今月8日の水曜日に
ひさびさに玄関先の冬越しハウスにIN。その時は写真を撮ったので、
記録が残っているのですが、たしかその前後から
毎日お給仕しているカリカリの減る量も少なくなったような?

寒そうな顔はしているものの、テンちゃん自身は、
特に調子が悪そうな気配もないので、姿が見えなくても、
毎日カリカリを補充していたのですが、昨日の帰宅時に
ごはん皿を確認すると、カリカリは微動だにせず。
そして、今朝も。。

この寒い最中にテンちゃんは、また旅に出てしまったのでしょうか?
過去にも、何ヶ月も姿を見かけなくなってから、
ひょっこり舞い戻ってきたことがあるので、
また「旅猫モード」が発動してしまっただけなのかもしれませんが、
やっぱり姿が見えないと心配ですね。
今日は雨だし、寒くないところで、元気にしていて欲しいなぁ。

ワイルドな外ねこライフを満喫しているテンちゃんと同様に
海の向こうの有名にゃんこも、最近ライフスタイルを変えたようです。

先月の「ねこねこNEWS」の記事で、英国の外務省に勤務しているネズミ捕獲係の
パーマストン君が、職場復帰を果たしたニュースをお伝えしましたよね?

過去記事はこちら↓
2019年12月6日:【英国発】外務省復帰のパーマストン君の「働き方改革」

その際、パーマストン君の職場でのストレスを緩和するべく、
外務省で、お勤めにゃんこにやさしいガイドラインが
設置されたのですが、どうやら英国の官庁街の他の部署にも
「働き方改革」の取り組みが広がりつつあるようです。

パーマストン君に続けとばかりに、フレキシブルな働き方を採用したのが、
こちらの黒猫ちゃん。「ねこねこNEWS」ひさびさの登場となる
英国大蔵省のネズミ捕り捕獲長、グラッドストン君です↓

Screenshot_2020-01-15-Gladstone(-treasury_cat)-•-Instagram写真と動画
Photo:Instagram

グラッドストン君についての過去記事はこちら↓
2016年7月30日:ラリー君に新たなライバル!? 財務省のグラッドストン君
2016年9月15日:ラリー君のNew首輪+グラッドストン君の財務省ツアー
2018年9月19日: 【英国発】大蔵省のグラッドストン君、行方不明に??

ねこねーさんがチェックをサボっていたために、1年半近く
近郊報告ができなかったクラッドストン君ですが、去年の7月に
英国首相に就任したボリス・ジョンソン氏から任命された現在のボス、
ジャビド財務相とも仲良くやっているようです↓


インスタ更新も定期的に行っており、
昨年の10月27日の「黒猫の日」には、「ミニ・ミー」的な黒猫の
貯金箱(?)といっしょに、はい、ポーズ!↓


ご自身のファンのために、クリスマス直後にもホリデーシーズンで
閑散としているオフィスで、例の赤いカバン(毎年、財務相が予算案を
国会へ運ぶのに使われる伝統的なアイテム)とのツーショットを撮影↓


大晦日には、2019年のグラッドストン君イチ押しのベストショットを
まとめてアップしてくれていたのでした↓


インスタ投稿の頻度と内容からしても、
大蔵省勤務を楽しんでいるようにみえたグラッドストン君ですが、
2020年のインスタ初投稿は、まさかの冬休み延長宣言!?↓


大蔵省のスタッフの家でのんびりした休暇を過ごしたよ。
そんなわけで、しばらく新しい家で在宅勤務する予定。
これまでにネズミ捕獲長のキャリアを順調に積むことができたので、
しばらくの間リラックスしてリモートワークを試してみようかと。
でも、すぐに戻ってきてSNSを更新するからね!


インスタ本文を読むと、「五月病」ならぬ「クリスマス休暇病」なのかと
思いきや、お世話係の大蔵省スタッフの家で在宅勤務をするつもりの
ようなので、とりあえず働く気力はあるのかな?

でも、彼の仕事は、ネズミを捕ることでしたよね?
お世話係のおうちのネズミ退治が、果たして財務省の在宅勤務と
言えるのかどうかは、かなり謎ですが、勤労歴の長いグラッドストン君も
きっとパーマストン君と同様に、ここらでひとつ、仕事のことを忘れて
リフレッシュする必要があるのかもしれませんね。

すぐに戻ってくると書かれているので、
グラッドストン君のファンの一人としては、彼が心身ともに
健やかであることを願いつつ、気長にインスタが更新されることを
待ちたいと思います。

グラッドストン君のインスタはこちら↓
Instagramtreasury_cat

関連記事はこちら↓
Daily Mail(1月14日):Even cats can over-do it over New Year! Big-bellied pet Sphynx lounges at home with its tummy on full display in hilariously relatable video

それにしても、英国の官庁街に勤務するお猫さまたちにも「働き方改革」の波が
押し寄せているというのに、ねこねーさんは相変わらず、お仕事詰まり気味。。
もう少しゆとりのある働き方をしたいと願う今日この頃なのでした(苦笑)

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 13:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【オーストリア発】瞑想する布袋さま!アムステルダム君の巨猫ボディ

今日はオフィスで比較的余裕があるはずだったのですが、
思い掛けず、いきなりお仕事パツパツに(苦笑)
連休明けは、やっぱりダメですね。。

ブログ更新の時間もあまり取れそうにないので、
大急ぎのクイック更新です。

ご登場いただくのは、E.T.…じゃなかった、
年末最後のブログでも取り上げたにゃんこ界の異端児、
無毛種として有名なスフィンクスにゃんこです↓

23335310-7881323-image-a-108_1578913247924
出典:Daily Mail

迫力のドアップのこちらのお方は、オーストリアの首都ウィーン在住の
アムステルダム君、6歳。うさ耳コスプレもいけちゃう、
適応力の高いお猫さまなのですが、注目すべきはうさ耳ではなく、
ボリューミーな下半身↓

23334800-7881323-image-a-101_1578912521265.
出典:Daily Mail

そのヌード全開のメタボなボディと瞑想しているかのような表情が
絶妙と、ちょっと前からアムステルダム君の動画がSNSで話題に
なっているのです。

23334796-7881323-image-a-112_1578913468750
出典:Daily Mail

こちらが現在、メディアでも取り上げられているその動画。
目の前で寝そべる同居にゃんこのネイティリちゃん3歳の右手が
おなかにちょこんと添えられた状態で、アムステルダム君は深く瞑想。。
布袋さまを彷彿させるニャンとも神々しいお姿です↓


別のインスタ投稿では、圧倒的な肉肉しさを誇るこんなお写真も。
アムステルダム君とネイティリちゃんの抱擁ショットは、
ヌードなだけあって、妙に艶かしいですねぇ(笑)↓


参考にした記事によるとアムステルダム君の体重は、7.5kg。
10kgぐらいありそうに見えますが、わが家のトトちんが8kgオーバーなので、
見た目より意外と重くないかも?(ってか、トトちんがデカいのか。。)

モフ毛がない分、おなか周りのタプタプ感が
強調されてしまうのかもしれませんね↓


かなりのおデブさんではありますが、
ファッショニスタでもあるアムステルダム君は、かなりのオシャレさん♪
どうせなら、上半身より下半身を隠した方が「細見え」できるかも?↓


アムステルダム君の飼い主さんは、
ブリーダー業を営んでいるのでしょうか?

インスタには、スフィンクス以上に珍しいねこ種、ライコイの子猫の写真も↓


アムステルダム君の人気動画に共演していたスフィンクス仲間の
ネイティリちゃんは、やたらと他のにゃんこの顔に触るのが好きな
マニアックな子のようですが、こちらの投稿では、あろうことか
ライコイにゃんこの首元にガブリ!

モフ毛がない分、痛そうに見えますね(苦笑)↓


アムステルダム君の布袋さまボディと貴重なライコイにゃんこ、
ネイティリちゃんのフェチぶりも楽しめるインスタグラムはこちらです↓

Instagrammy_nakedbeauties_2002

関連記事はこちら↓
Daily Mail(1月14日):Even cats can over-do it over New Year! Big-bellied pet Sphynx lounges at home with its tummy on full display in hilariously relatable video
Tyla(1月14日):This Chonky Sphynx Cat Is Basically All Of Us In January


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 12:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長距離トラック運転手の飼い主さんと全米を巡る日々!トラちゃん

仕事始めから連日バタバタしているうちに、あっという間に金曜日。
まだ年明け1週間しか働いていないのに、妙に仕事疲れしている今日この頃。
残業続きで帰宅も遅くなりがちなので、おうちのみニャさんには申し訳ない
気持ちでいっぱいなのですが、ねこねーさんはまだ毎日自宅に帰れるだけ
いいのかもしれませんね。

出張に行くことが多かったり、遠征して何日も家に帰れない仕事だと
そもそもお猫さまとの暮らしを諦めなければなりませんから。

でも、そんな仕事の代名詞とも言えそうな長距離トラックの運転手さんでも、
にゃんこといっしょの癒しライフを送ることが可能なんですよ。

そのことを証明してくれているのが、こちらのスコティッシュストレート
(耳折れニャンコのスコティッシュフォールドと同じ先祖を持つ
耳が折れていない純血種)の1歳のおんニャのこ、トラちゃんです↓

Screenshot_2020-01-10 Tora the Trucker Cat( toratravels) • Instagram写真と動画
Photo:Instagram

大きなステアリングホイールの上に陣取っている姿は、
見るからにトラック野郎のにゃんこって感じですよね!
いや、むしろ、トラちゃん自身が自ら車を運転する
トラック野郎(ニャろう)って感じかな(笑)

トラちゃんは、生後8週間の時に長距離トラック運転手の飼い主さん、
デイヴィッド・ダーストさんと出会ってから、トラックに乗ってこれまでに
50州ある米国の州のうち、43州を訪問。アメリカ合衆国をほぼ全土に渡って
制覇したと言っても過言でないほどの移動距離を誇るのです。

ご自身の職業を顧みず「ねこを飼いたい!」と願い続けていた
デイヴィッドさんのお猫さま探しは、当然のごとく難航。
諦めかけていた時に、あるブリーダーから写真を見せられたのが、
このトラちゃんだったのです。

デイヴィッドさんちの子になってから、わずか3日後に
トラックデビューを果たしたトラちゃん。チビちゃんこの頃から、
ステアリングホイールがお気に入りだったのかな?↓


雪が降る日も、トラックの中でデイヴィッドさんといっしょです♪
なかなか帰宅しない飼い主さんをおうちの中で待ち続けるより、
この方がずっと楽しくて、安心できるのかもしれませんね↓


もちろん、トラちゃんがいるのは、トラックの中だけではありません。
デイヴィッドさんが行くところには、どこへでも連れて行ってもらえます。
これはペットショップに買い出しをしに行っている時のお写真のようです↓


テキサス州クワナの野原で、青空のもと、
ブルーボネット(ハウチワマメ)の青いお花を堪能したと思ったら↓


同じくテキサス州のダラスでは、
飼い主さんのリュックの中からダウンタウンを見学↓


ユタ州エメリーでは荒野をさまよい…↓


バージニア州エンポリアでは、紫色に染まった夜空を見上げ…↓


インディアナ州ニューキャッスルの道路を
デイヴィッドさんが運転するトラックでひた走るトラちゃん↓


車内にあるトラちゃん用のねこトイレは、1日2回お掃除されるので
衛生面でも心配なし。デイヴィッドさん曰く、ねこ連れでトラックを
運転していると、トイレに関する質問を受けることが一番多いそうです。

こちらの動画には、デイヴィッドさんとトラちゃんのラブラブ路上ライフの
様子がコンパクトにまとめられています。
デイビッドさんのインタビューも英語字幕付きでご覧いただけます↓


「ねこを飼いたい!」という強い意志と情熱があれば、
どんなライフスタイルを送っていても、デイヴィッドさんのように
願いを叶えることは可能なのかもしれませんね。

もちろん、お猫さまに無理強いするようではいけませんが、
彼のように自宅以外の場所で適正飼養される方が
もっと増えてきてもいいのかもしれません。

トラックに揺られながら大きくなったトラちゃんは、
きっとこれからも、楽しい路上生活を続けるのでしょう。

米国版トラックニャろうの成長記録は、
以下のインスタグラムで確認できますよ↓

Instagramtoratravels

近年は「働き方改革」で在宅勤務OKの会社も増えているようですし、
中にはペット同伴出勤可の会社もありますしね。
世の中的にも、わんにゃんと暮らすハードルは、
低くなってきているような気がします。

とは言え、お仕事ラッシュで多忙を極めていると、
どうしようもないこともあり(苦笑)
ねこねーさんも、おうちのみニャさんとの時間を増やすべく、
今年は、ライフスタイルの改善を考えたいなぁ。。

関連記事はこちら↓
METRO(1月9日):Tora the explorer cat has visited nearly all the American states in a truck


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこにゅーす | 13:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>