ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

後脚フェチ垂涎!ねこのパーツ写真集『ねこのおみあし』

存在そのものが愛らしいお猫さまですが、熱烈なねこ好きさんたちの中には、
にゃんこのある特定のボディパーツをこよなく愛する方々もいらっしゃいます。

猫耳とか、肉球とか、お口まわりのマズルとか、全身萌え神様である
お猫さまのボディは、部位ごとに見ても、それぞれ魅力的なのですが、
来月、にゃんこのある部位のショットばかりを集めた写真集が
株式会社パイ インターナショナルから発売されます。

その名もズバリ『ねこのおみあし』!!!↓

d12505-317-771738-0
Photo: PR Times

はじめ、この表紙の写真を見た時、「おてて(前脚)にしては、なんか変?」
と思って改めて見直してみたところ、タイトルの「おみあし」表現に気づいて、
なるほど、ナットク!よく見ると、写真には、しっぽもいっしょに写っています。
完璧にこれは、おみあし、つまり後脚ですね。

ねこのボディパーツとしては、おてて信仰者のほうが多そうなのに、
あんよのほうで攻めてくるなんて、なんてマニアック!
と思ったら、これ、すでに同じ出版社が発売している
『ねこのおてて』写真集に続く、シリーズ第2弾なんですね!

うんうん、ねこねーさんもこの写真集は知っていますよ!
本屋さんで手にとって、かなり心惹かれた1冊なのですが、
巷のねこ好きさんたちも同じように感じていたようで、
この『ねこのおてて』は大好評につき、最近、重版されたようですね♪






   ねこのおてて

    パイ インターナショナル (編集)

    パイ インターナショナル
    (2017/2/9)
  [単行本](ソフトカバー)




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


そして、11月10日に出版される新刊本が、こちらの『ねこのおみあし』です↓
おしゃれな正方形フォーマットなのも、『ねこのおてて』同様、いい感じ。






   ねこのおみあし

    パイ インターナショナル (編集)

    パイ インターナショナル
    (2017/11/10)
  [単行本](ソフトカバー)




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


ねこねーさんも、かなりのねこのおてて好きなのですが、
おみあしのほうは、今まであまり意識したことがなかったかも?

あ、でも、わが家のビボーの乙女のビビ子さんが、おトイレ中のねこねーさんの
お膝の上に抱っこされると、かならず後脚をピーンと伸ばして、両足指を
全開にさせるのですが、その光景を見るのは至福の悦びです(笑)

ということは、やはり世の中的にも、ねこねーさんみたいに
無意識のうちににゃんこのおみあしを愛でまくっているねこ好きさんたちは
少なくないんだろうなぁ。

これからご紹介する『ねこのおみあし』収録写真にキュンとしてしまったら、
あなたも立派なおみあしフェチです♪ 「おみあし教」の踏み絵的な萌えまくり写真を
写真集の見開きレイアウトのまま、いくつか掲載させていただくと…

あえて後脚を上にしてレイアウトした絶妙は下半身ショット↓
おしっぽの立派さにも注目したい、ロン毛フェチにもたまらない2作品です。

omiashi_sub1
Photo: PR Times

そして、出ました、おねこさまお得意のおまたパッカン・ショット!↓

omiashi_sub2
Photo: PR Times

大事なところが丸見えの前からのショットも良いのですが、
哀愁の背中越しにV字に広がるおみあしの角度を愛でるのも、
これまた、たまりません♪

そして、後脚フェチを唸らせる正統派なおみあしショットがこちら↓

omiashi_sub3
Photo: PR Times

短足系の白猫ちゃんと、脚長系の靴下グレーにゃんこ。
甲乙つけがたい2画面構成、あなたはどちらがお好みですか?

あんよ以外にも見どころ満載なのが、こちらの床の上でのごろにゃんショット群↓

omiashi_sub4
Photo: PR Times

こうして見ると、なんだかロン毛にゃんこが多い印象ですが、
やっぱりロン毛のほうがフォトジェニックなのでしょうか?
写真集全体では、どういうモフ毛バランスになっているんだろ?
個人的にちょっと気になります。

とどめの見開きショットは…おみあしフェチというよりも、
完璧におしりフェチ風なお写真が並んでいます↓

omiashi_sub5
Photo: PR Times

左側の黒白にゃんこなんて、奇跡のモフ毛柄としか言えない
素晴らしいおしりをしています。「バックシャン」という言葉は、
この子のために存在しているとしか思えません。

はぁぁ、どうやら、ねこねーさんも重度のおみあしフェチみたいです(笑)
でも、告白してしまうと、おみあしはおみあしでも、ねこねーさんは、
にゃんこの内股(内腿)フェチ度が高いので、先ほどご説明した
お膝の上のビビ子さんの後脚を伸ばした時の内股とか(特にうす茶色のモフ毛部分)、
おしゃれなトラ模様がついているトトちんの内股とか、太ももの付け根付近の内側が
大好物だったりします♪

なので、『ねこのおてて』、『ねこのおみあし』に続くシリーズ第3弾は、
『ねこのおまた』がいいなぁ♪と勝手に想像しているのですが、ダメでしょうか。

すでに別の出版社から発売されているにゃんこのタマタマ写真集『にゃんたま』は、
行き過ぎな気がしてあまり好きではないので、『ねこのおてて』シリーズ路線の
おまたバージョンがあるとうれしいんだけどなぁ♪

あ、でもマズル好きでもあるので、第3弾は『ねこのおくち』でも良いかも♪

おねこさまのボディパーツをあれこれと想像しているだけでも、
こんなに幸せになれるだなんて。にゃんこは、やっぱり、全身萌え神様ですね!


関連記事はこちら↓
PR Times(10月16日):TV、SNSで話題沸騰!大好評の「おてて」に続く、ねこのパーツ写真集シリーズ『ねこのおみあし』発売!


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこほん | 13:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ねこマンガで片付け上手に!「ネコちゃんのスパルタおそうじ塾」

来週は月曜日が「体育の日」で祝日なので、明日からは三連休ですね♪
先週末にテレビを買い替えたり、ポスターを張り替えたりして、
ひとりで「生活環境向上委員会」を立ち上げてみたねこねーさんは、
今週末も引き続き、おうちで奮闘する予定。

まずは、長らく極悪犯風の二重カゴ生活を送っていたキバタンのキバちゃん
オウムかごを新調したので、キバちゃんのお引越しを完了させて、それから、
先週末に本屋さんで見かけて気になっていた「おそうじ本」も入手したので、
そいつをバッチリ読み込んで、やる気UP!を図ろうと思っているのです。

その「おそうじ本」というのが、
じつは「ねこ本」でもあるのです↓




 ネコちゃんの
 スパルタおそうじ塾


 卵山 玉子 (著)
 伊藤 勇司 (監修)

 WAVE出版 (2017/3/22)
  [単行本](ソフトカバー)




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

可愛らしい三角巾姿のにゃんこのイラストと
「スパルタ」というS度MAXな言葉の組み合わせが妙に気になる1冊です。

書店で平積みされて売られていることが多い売れ筋商品なので、
本屋さんで見かけたことがある方も多いんじゃないかなぁ。

イラストを手がけたのは、アメブロの大人気ねこマンガブログ
うちの猫がまた変なことしてる。」を運営している卵山玉子さん。
ブログの内容は本として出版もされていて、大人気なんですよね♪

同ブログにマンガとあわせて掲載されている卵山家のお写真は、
どれも素敵にキレイに片付いているお部屋の写真ばかりなのですが、
実際には、片付けに苦労されていたりするのでしょうか?

Amazonの「ネコちゃんのスパルタおそうじ塾」紹介ページでは、
「なか見!検索」で本の中身がチラ見できるのですが…
71Mua4ukJ3L
出典:Amazon

「かわいい飼い猫を写真に撮っても 背景が汚くて他人に見せられない」
っていうのは、まさに「猫ブロガーあるある」といっても過言ではないでしょう。
ねこねーさんちも、写真に写せない無法地帯が各所に展開されているので、
ブログに載せる写真を撮れる場所が限られてしまうんですよねぇ。。

巷の人気ねこブロガーさんの、おうちにチリひとつ、モフ毛1本落ちていない、
スッキリさっぱり広々空間+しかも、インテリアが超オシャレ!っていうのは、
どうやったら現実的に可能になるのか。

まったくもう、ねこねーさんは、素敵空間にお住まいのブロガーさんの
爪の垢でも煎じて飲ませていただきたいくらいです。
71GPU7vqB5L
出典:Amazon

ねこねーさんも、この本の主人公のように「出しっぱなし星人」なりがちなので、
片付けても片付けても、いつのまにか気づくとデスク周りは物だらけ。
ホコリがたまっているのはわかっているんだけど、物が多いから
いちいちどかしてお掃除するのが面倒くさくて、結局、そのまま見て見ぬふりをして
チリも積もれば汚部屋になる、という、わかりきった結果に、
毎度毎度、陥ってしまうのでした。

そんなわけで、早速手に入れた「ネコちゃんのスパルタおそうじ塾」。
登場人物は、1ニャン+若夫妻のシンプル構成みたいですね↓

61DtektPOsL
出典:Amazon

Amazonのカスタマレビューも高評価ばかりなので、
読む前から期待が高まります♪
ねこねーさんもネコちゃんにビシバシしごいていただいて、
おそうじマスターに変貌したいところですが、
二世帯住宅+4ニャン+7鳥+お魚+ベランダ&お庭ジャングルという、
かなり過酷なワイルド環境に立ち向かうお掃除要員は、ねこねーさんただひとり。
圧倒的な人手と時間のなさを、はたして、この本1冊でどこまでカバーできるのか。

うーん、でも、ちょっとでもやる気がUPしている今みたいな時に
とにかく始めてみるのが、大切ですからね。
キバちゃんのオウムかごも新しくなることだし、心機一転で
素敵おうちライフを目指して頑張ろうっと!


関連記事はこちら↓
ウーマンエキサイト(9月7日):ネコちゃんがおそうじ術をスパルタ指導! リバウンドしない片づけのコツ<リビング編>
ウーマンエキサイト(9月8日):キッチン&トイレ掃除、習慣化のコツは●●●だった! 忙しくてもできるネコちゃんのおそうじ術


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たま駅長の物語、ついに中国で映画化!

今週の木曜日に、たま駅長が活躍したことで知られる貴志川線貴志駅で
中国語の本のサイン会が行われました。

「なんで、いきなり、中国語本のサイン会が??」と思われる方が
ほとんどだと思いますが、このたび、たま駅長の生涯を描く映画の製作が
中国で決まりまして、たま駅長が生前活躍した貴志駅で、その原作本の
サイン会が行われたというわけなのです。

サイン会当日には、たま駅長の意思を受け継いだ現駅長、
ニタマちゃんも、駅長帽をかぶって来場者をお出迎え♪↓

DKPn56gV4AEeXJ7
Photo:Twitter

今回行われた中国語本の原作を手がけたのは、上の写真でニタマちゃんの背後に
隠れてしまっている両備グループ代表・CEOである小嶋光信氏。

貴志川線の路線廃止の危機を救うべく、たま駅長に白羽の矢を立てた
張本人である小嶋氏が自らペンをとった児童書とあって、
原作本はすこぶる評判がいいようです。

去年の夏に刊行された原作本は、Amazonでの評価も上々。
累計発行部数は5万4000部、ねこねーさんも機会があれば読んでみたい1冊です。



 
  ねこの駅長たま
   びんぼう電車をすくったねこ
   (角川つばさ文庫)


   小嶋 光信 (著)
   永地(挿絵)

   KADOKAWA/角川書店 (2016/7/15)
  [単行本]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

発売から1ヶ月ほど経った頃に掲載された昨夏のダ・ヴィンチニュースの書評には、
挿絵と思われるイラストが掲載されていたのですが、挿絵のほうも
かなり萌えまくりな出来栄えになっているようです↓

nekonoekichou_nekoimg01

             出典:ダ・ヴィンチ ニュース


今回サイン会が行われた中国語版の表紙にも、
このイラストが採用されているみたいですね。
たま駅長の公式ツイッターにはこんな投稿が…↓


「日本海も一緒に書いてあるので…」??
これって、「日本語も一緒に書いてあるので」の意味かな?
お空の上のたま駅長、相変わらず肉球暴走が止まらないみたいですね(笑)

でも、たま駅長の本だからといって、中国語の本をこんなにたくさん
売られても…と思ったのですが、日本語併記ということなら、もしかしたら
中国語バージョンのほうがもしかしたらお得なのかも?

中国語の勉強をされている方は少なくないと思うので、たまちゃんファンの方は
教科書がわりに1冊、手に入れてみるといいかもしれません。

ちなみに、こちらがサイン済みの本の写真です↓


参考にした記事によると、中国での映画化を発案したのは、
在日中国人作家で神戸国際大学教授の毛丹青(マオタンチン)氏。
先ほどの写真の左側に座ってらっしゃる方ですね。

同氏の企画・編集の中国語版が今年の8月に出版され、
上海のブックフェアに出展したところ、複数の映画化の打診があったのだとか。

監督や出演者の詳細はこれから決められるようですが、
たまちゃん役のにゃんこキャストも気になります♪

というか、近年ねこ映画が続々とリリースされているのに、
今まで、たま駅長のお話が映画化されなかったことのほうが意外です。

原作本は、子ども向けに書かれた本のようですが、映画のほうは、
おとなが観ても十分楽しめる見応えのある作りにしていただきたいなぁ。
もちろん、日本での公開も期待しちゃいますよー!


関連記事はこちら↓
読売新聞(9月21日):三毛猫駅長「たま」の一生、中国で映画化へ
ダ・ヴィンチ ニュース(2016年8月11日):びんぼう電車をすくった「ねこの駅長たま」の感動物語


thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>