FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

香港の店先にかくれたにゃんこを探せ!「Spot the Shop Cat」

昨日は、漫画家・矢口高雄さんの追悼特集ということで、
『釣りキチ三平』の生みの親のねこエッセイという、かなりマニアックな本を
ご紹介させていただいたのですが、今日お届けするお猫さま関連の新刊本も
まだ日本のみなさまはご存知ないと思われるレアものです。

というのも、この本は、香港の出版社から今週発売になったばかり。
香港を拠点に活躍している異国出身のふたりのアーティストが
タッグを組んだ新刊本、「Spot the Shop Cat」というタイトルの本です。
日本語に訳してみるなら「お店のにゃんこを探せ」って感じですかね。

内容は、オランダ人写真家のマルセル・ヘイジネンさんが香港の店先で出会った
お猫さまたちの姿を撮りためた写真と、オーストラリア人イラストレーターの
スティーブン・ケースさんのにゃんこイラストによるお猫さまの歴史と文化に
ついてのうんちくページのコンビネーション。

こちらのお写真の向かって右側がマルセルさん、左側がスティーブンさん。
おふたりともにゃんこと暮らしている大のねこ好きさんです↓

6eba8088-2d59-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

この本の楽しみ方は、そのタイトル「Spot the Shop Cat」からもお分かりのように、
写真の中に潜んでいるにゃんこを探すこと。店先の風景に溶け込んでいて
パッと見ただけでは見逃してしまうお店の看板にゃんこたちを、
ベストセラー絵本シリーズ「ウォーリーをさがせ!」のように
ゲーム感覚でみつけることができる本ニャのです。

ねこねーさんは、まだ参考にした記事に添付されている写真しか
試せていないのですが、かなり難易度は高そうです。

例えば、こちらの写真。にゃんこがどこにいるかお分かりですか?
ヒントは、かなり高いところが好きな子だということです↓

4d1c03b6-2d59-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

続きまして、小さな画像で見ると難易度MAXとしか思えないこちらの画像。
ヒントは、陳列棚の中…写真を4分割した右上パートの中央寄りにいますよね↓

5179710a-2d59-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

さらに、ど真ん中にかなり大きく写っているのに、何度見ても探してしまうのが
こちらのお写真。香港の店先は、ごちゃごちゃと物が多いので、
お猫さまのかくれんぼにはもってこいですね!↓

4e3f8218-2d59-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

なかには、ご本ニャンはかくれている気満々なのに、
じつは丸見え…なんていう、こんな写真もあります↓

4fd887f0-2d59-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

ちなみにマルセルさんとスティーブンさんのツーショット撮影の時に
マルセルさんが抱っこしていたお猫さま(マルセルさんの愛猫ちゃん?)は
おそらく写真に撮られるのが好きなのでしょう。カメラに寄りすぎてしまったにゃんこを
見守るふたりのねこ好きおじさまのやさしい笑顔が印象的なお写真です↓

7da1f258-2d58-11eb-be20-200ca6256645
Photo: Marcel Heijnen 出典:South Chinese Morning Post

日本のAmazonでも「Spot the Shop Cat」が入手可能か調べてみたところ、
残念ながら、まだ商品ページはできていなかったのですが、その代わりに
来年4月末に発売予定のマルセルさんの写真集がヒットしました。

これもどうやら、香港の店先のお猫さまたちをテーマにした写真集のようですね。
かくれんぼショットばかりではなさそうですが、これはこれで気になる写真集です↓





  Shop Cats of Hong Kong


   Marcel Heijnen (著)
   Catharine Nicol (序論)
   Ian Row (寄稿)


   Thames & Hudson Ltd (2021/4/29)
 [ペーパーバック]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

かくれんぼショット満載の「Spot the Shop Cat」は、今のところ、
香港の出版社の通販サイトでのみ販売されている感じなのでしょうか?
以下の出版社のWEBサイトでは、マルセルさんのお写真のほかにも、
スティーブンさんのイラストページも確認できます。
本の中のテキストは、英語と中国語のバイリンガル仕様になっていますね↓

Goods of Desire:Spot The Shop Cat

マルセルさんのインスタページにも、香港のお猫さまの写真が
たくさんアップされていますので、興味がある方はこちらのほうも
チェックしてみてください↓

Instagramchinesewhiskers

マルセルさんの最近の作品は、コロナ禍の香港を撮影したもの。
マスクをしているお店の人や買い物客の写真は、いかにもの2020年!
といった感じです。マスク姿の街の人と、いつもどおりのナチュラル仕様の
お猫さまの組み合わせは、これはこれで、時代を映すいい作品になりそうですね。

関連記事はこちら↓
South Chinese Morning Post(11月25日):Where’s Waldo for cat lovers: photo book of shop and market scenes in Hong Kong and mainland China invites readers to find furtive felines


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこほん | 15:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【追悼】漫画家・矢口高雄さんのエッセイ 『三毛猫がくれた幸福』

伝説的なアルゼンチンのサッカー選手、マラドーナ氏が他界するなど、
今日は朝から世界的な大物著名人の訃報が届いておりますが、
スポーツにそれほど興味がないねこねーさんは、
昨日報じられた国内の訃報に心が揺さぶられていたりします。

それは、昭和時代にアニメにもなった大人気漫画『釣りキチ三平』の
作者として知られる漫画家、矢口高雄さんのニュースでした。

関連記事はこちら↓
NHK WEB(11月25日):「釣りキチ三平」 漫画家 矢口高雄さん死去

「釣りキチ三平」は、小学生の時にねこねーさんのリアル兄さまが何冊か
持っていたコミックがすごく面白くて、「おーれは釣りキチ三平だー」の歌詞で
始まるアニメソングもいまだに時々頭の中に流れるくらい、
個人的に強く記憶に刻まれていたりします。

10年ほど前にたまたま手にした「あなたの釣り」というタイトルのフリーペーパーが
矢口高雄氏と「釣りキチ三平」の特集で、その時も、思いがけなく三平と再会できた
ことがとてもうれしくて、改めて矢口氏の偉大さを痛感したねこねーさんなのでした。

そんなこともあって、なんとか「ねこねこNEWS」でも矢口高雄さんを追悼したい!
と、訃報を目にした瞬間に思ったのですが、それには、どうにかして
矢口先生関連のねこネタを探さなければならず…

しかしながら、矢口先生とにゃんことのつながりは、ねこねーさんが気合を入れる
ほどのこともなく、あっさり見つけることができたのでした。

その手がかりは、次女のかおるさんが矢口氏の公式Twitterにアップした
お別れメッセージの写真にも映り込んでいたのです↓


添付1枚目の棺が置かれた祭壇写真には、「釣りキチ三平」のパネルやフィギュア、
コミックなどといっしょに、壁に飾られたお猫さまの絵がはっきりと写っています。
どうやらこの三毛猫ちゃんは、矢口氏による直筆の愛猫の絵のようです。

矢口さんのおうちには、23歳という超ご長寿でこの世を去った
ナッコちゃんという三毛猫ちゃんがいたことがあり、過去には
彼女との思い出をまとめたエッセイ本まで出版されていたのでした↓

51oPF75VeAL
出典:Amazon

今でもAmazonでググると商品ページが出てくるのですが、入手困難なのか、
新品・中古品ともに定価よりかなり高い値段で販売されています↓




 
   三毛猫がくれた幸福
   ボクを癒してくれた
 「役立たず」のナッコ


     矢口 高雄 (著)

     講談社 (2010/9/28)
   [単行本](ソフトカバー)



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


矢口氏が名誉館長を勤めた横手市増田まんが美術館では、
今年の1月から3月にかけて「猫マンガ展」が開催されており、
ナッコちゃんの絵も展示されたようですね。

Twitterでも、矢口先生自らチラシを手にして告知されていました↓


次女のかおるさんによるTwitter投稿でも、
展示作品について解説されています↓


こちらは、矢口先生タッチで描かれた在りし日のナッコちゃんのスケッチ↓
先生には、本格的なねこ漫画も描いていただきたかったなぁ。


地元秋田のニュースチャンネルがアップした矢口氏の訃報映像には、
先生が尽力した横手市増田まんが美術館との関係も描かれています↓



ちょうど今、まんが美術館では、矢口高雄さんの画業50周年記念展が
開催中だったんですね↓

横手市増田まんが美術館 :【開催中】故郷清明 矢口高雄画業50周年記念展

うーん、観に行きたい!でも、さすがに秋田までは足を運べないので、
来年あたり、都内でも出張展示していただきたいなぁ。
関係者のみなさま、ぜひぜひ企画してください!

図書館の蔵書にも見当たらなかったので、すぐには難しいと思いますが、
ナッコちゃんについて書かれたエッセイ本も機会があれば、
ぜひ読んでみたいと思います。

とりあえず、ねこねーさんは「釣りキチ三平」を全巻ちゃんと読破するところから
矢口作品に向き合ってみたいですね。

矢口先生、虹の橋のむこうでナッコちゃんと再会したら、
彼女のために、天国で大きなお魚を釣りあげてくださいね。
ご冥福をお祈りします。


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 14:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

にゃんこだって癒されたい!「猫がゴロゴロよろこぶCDブック」

このところ、新型コロナの感染者数が増加傾向ですね。
空気が乾燥するこれからの季節はインフルエンザも流行しやすいし、
ますます警戒しなくては!と思うのですが、ねこねーさんは相変わらずの在宅勤務。

今年はインフルエンザの予防接種も受けておいたほうがいいかも…と
思っていたのですが、限りなく他者との接触がゼロなので、
予防接種をする意味は、ほとんどないのでは?と思い直したりしています。

とはいえ、家にいても風邪はひきますからね。
ここしばらく急激に空気が乾いてきたので、おうちライフの環境を整える意味でも
パソコン部屋や寝室の加湿器を忘れずにONにするようにしているのですが、
空気環境だけでなく、最近気になっているのが仕事をしながら聴いているBGMです。

ねこねーさんは静かすぎるところでは逆に集中しにくくて、
図書館みたいな無音状態は苦手。時計の音とか、庭から聞こえる鳥のさえずりとか、
(家の中から聞こえるオウムの絶叫はやめていただきたいんですけど。。)
ある程度生活雑音がある環境のほうが好きだったりします。

なので、音楽も流れていた方が仕事をしやすのですが、さすがに仕事中だと
歌詞が聴き取れる曲は、それはそれで耳障りなので、たいていアレクサ にお願いして
クラシック音楽とかピアノ曲とかをかけてもらっているのですが、毎日聴いていると
似たような曲ばかりになっちゃうんですよねぇ。

もしかすると、ねこねーさんの背後のソファーでお昼寝しているトトちんも、
モーツァルトとかショパンの曲をばかりだと、さすがに飽き飽きしているんじゃ
ないかなぁ…と思ってみたり。

ねこねーさんの在宅勤務用にいいかどうかは別にして、
最近こんなお猫さま用のCDブックが発売されたとのことで、
ちょっと気になりました↓

nekogagorogoroyorokobuCDbook_main
出典:PR Timess

プレスリリースによると、「日本で初めて科学的な実験を経て、リラックス効果が
確認されたねこ用のヒーリングミュージックを収録した本」とのこと。

お猫さま用のヒーリングミュージックは、「ねこねこNEWS」でも過去に
海外ネタをご紹介したことがありますが、日本国内で実験された音楽は
今までなかったのかな?

過去記事はこちら↓
2016年10月20日:お猫さまに癒しの音楽を〜『Music for Cats』大ヒット中!
2018年8月23日:カナダのウィスカスが開発!ねこ専用ラジオ局「Calm Cat Radio」


こちらが、このたび発売されたお猫さま用CDブックのPR動画です。
ゴロゴロ音多めの『Music for Cats』よりも、
人間向けのヒーリーングミュージックに近い印象なのかな?↓



すでにAmazonでも発売されていますが、
まだカスタマーレビューはアップされていないようですね。





  猫がゴロゴロ
  よろこぶCDブック


   高木佐保 (著), 響介 (その他)

   サンマーク出版 (2020/10/21)
  [単行本]




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

ちゃんとしたアルバム仕様の音楽CDではなく、
収録曲も2曲のみのCDブックなので、癒し音楽だけでなく、
本のほうに掲載されている最新のネコ研究をもとに執筆された
お猫さまの暮らしを充実させるヒントなどにも興味がある方向けの
アイテムなのかもしれません。

こちらは著者のひとり、響介氏のTwitterに9月下旬にアップされた予約開始時の
投稿です。ストレス値の比較グラフも掲載されているようですね↓


11月11日までTwitterのフォロー&投稿キャンペーンも行っているので、
期間までに入手された方は、ぜひキャンペーンのほうにも応募してみてください↓


わが家のお猫さまたちにも癒しの音楽を聴かせてあげたいところですが、
在宅勤務用のBGMのことを考えると、癒し系の曲ばかりにしてしまうと、
まったりしすぎちゃって作業効率が落ちるような気も。

Spotifyのプレイリストも、いまいち自分好みのものがなくって、
結局いつも、歯医者の待合室みたいな音楽になっちゃうんですよねぇ(苦笑)
在宅ワーク中のBGMについては、おうちオフィスをシェアをしている
トトちんやビビ子さんのご意見も聴きながら、引き続き、考えてみようかなぁ。

関連記事はこちら↓
PR Times(11月5日):【ねこ心理学者が本気で作った】ねこ専用ヒーリングミュージックBOOK発売!『猫がゴロゴロよろこぶCDブック』おすすめ猫グッズが当たるキャンペーンもスタート!
J-CASTニュース(11月8日):ねこ心理学者が本気で作った ゴロゴロ喜ぶミュージックBOOK♪


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>