ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

室生犀星の愛猫写真集「室生家には猫がゐて」

ここしばらく、なにげに読書熱が高まっているねこねーさんなのですが、
最近読んでいるのは自然科学系の本がメインなので、
そろそろ純文学系の小説とかも読みたいなぁと、思い始めていたりします。

そんな時に目に付いたのが、とあるねこ好きな文豪の新刊本。
といっても、そのお方の作品が新たに発売されたわけではありません。
このたび日の目を見ることになったのは、彼が愛した猫たちの姿を収めた写真集。

縁側があって、コタツがあるような、古き良き日本家屋で暮らす一家と
和猫たちの日常を銀塩写真に定着させた、モノクロ写真の写真集なのです↓

室生家_白と黒猫_HPキャッチ用
Photo:亀鳴屋

これは、ねこねーさんが愛してやまない萩原朔太郎
…のお友達の、室生犀星と彼の愛猫たちの写真をまとめた写真集
『室生家には猫がゐて』です。

もちろん、ねこねーさんは朔太郎同様、室生先生のことも、
愛してやまないのですよ。そのことは、5年前の過去記事で公言済み。
室生先生は、大のねこ好きですからね、以前取りあげた時は、
室生先生と愛猫ジイノちゃんのお写真を紹介させていただきました。

過去記事はこちら↓
2012年3月26日:室生犀星の猫

そんなわけで、今回新たに発売された室生家の猫たちの写真集は、
「室生犀星×お猫さまたち」という、好きなフレーバーが両方楽しめる
アイスクリームのダブル盛りみたいに感じられて、
ねこねーさん個人的には、かなりテンションがUP!

でもやっぱり、どちらかというと、これは室生犀星ファン向けの本で、
世の中の一般的なねこ好きさん向けじゃないのかなぁ…と
冷静に思ってみたりして。

そんなわけで、じつは「ねこねこNEWS」で取り上げるのも、
少々ためらってみたのですが、せっかくの機会なので、この際、
愛すべき室生犀星先生とにゃんこの関係について
ひとりでも多くの方に知っていただければと思い、
記事ネタとして採用させていただきました。

室生先生が、どんなお方かと言いますと、
ビジュアル的には、こんなお方↓

PK2017053102100152_size0
Photo:東京新聞

こちらのお写真は、軽井沢の別荘の庭でにゃんこと戯れる室生先生。
今回の写真集にも収められている1枚ですが、写真が小さいので、
お顔まではよくわからないかもしれませんね。

文学史の教科書で必要以上に貴公子オーラを放ちまくっている、
若かりりし日の朔太郎のプロフィール写真とは違って、室生先生は、
いわゆる美男子というのとは真逆のルックス。
でも、このお方の場合、それがまたいい感じなのですわ。

室生犀星氏のお人柄については、こちらのまとめ記事を参考にしてみてください↓
ねこねーさんも、ひさびさにその人となりを再確認して萌えました(笑)

NAVER まとめ(2016年3月19日):【文豪】萌える…!猫好きの作家・室生犀星が可愛すぎる

室生先生についての予習はこの辺にして、
本題の愛猫白黒写真集はというと…

室生先生の郷土である石川県金沢市にある自営出版社、
亀鳴屋(かめなくや)が手がけたこだわりの写真集でして、
室生先生のお孫さんである室生洲々子(むろうすずこ)さんが編集されたもの。
今回1,000部発行されたのですが、表紙違いの2種類の本が存在します。

ひとつが、かなりキャラが強そうなロン毛の黒猫をお膝に乗せた
幼少時代の洲々子さんの表紙バージョン↓

室生家_表紙黒猫_HP用
Photo:亀鳴屋

もうひとつが、室生先生の娘さんで随筆家の室生朝子さんがお膝に白猫を乗せて
その隣で、洲々子さんが無邪気に笑っている縁側ショット・バージョン↓

室生家_表紙白猫_HP用
Photo:亀鳴屋

いやあ、これはもう、どっちを選ぶかは、悩ましすぎて、選べないレベル。。
ファン泣かせだなぁ(苦笑) どっちかの写真が裏表紙とかじゃ、
ダメだったんですかね。いや、でも、あえて2種類表紙があるあたりに
貴重本らしさが醸し出されているのか。

中身のほうは、昭和という時代を色濃く写した室生家の貴重なお写真30枚と、
猫を題材にした犀星先生の詩が三編&童話「ねこのおばさん」、
さらに朝子さんの随筆(抜粋)も収録されているようです。

気になる方は、版元の亀鳴屋のHPをチェックしてみてください。
このHPから注文もできます↓

亀鳴屋室生家には猫がゐて

関連記事はこちら↓
東京新聞(5月31日):室生家には猫がゐて 犀星の孫が写真集

1部1,000円とのことなので、ねこねーさんも是非とも入手したいのですが、
金沢の室生犀星記念館軽井沢高原文庫塩原もの語り館でも販売している
とのことなので、できれば、金沢の室生犀星記念館を直接訪れて、
他の室生先生グッズとあわせて購入したいような。

室生先生の「ふるさとは遠きにありて思うもの」のフレーズじゃありませんが、
ねこねさんにとって「金沢は遠きにありて思うもの」だったりするので、
これまでなかなか行く機会が持てなかったのですが、兼六園も見ておきたいし、
金沢21世紀美術館も気になるし、今年あたり行ってみたいなぁ♪

とりあえず、旅の予定が具体化するまでは、ひさびさに室生作品でも読んで、
ニヤニヤするのが良さそうです。ねこ好きの皆さまも是非、
この機会に室生先生の愛らしさに開眼してみてください♪
青空文庫にも、たくさんの作品が公開されていますよー!


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこほん | 12:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お猫さまに癒される温泉宿を紹介!新刊本『ネコ温泉』

GW明けから、ねこねーさんは、いきなりお仕事テンパり気味。。
そんな本日は、早くも次のホリデーに向けて脳内逃避行してみたくなる
新刊本のご紹介です。

ねこ好きカメラマンの伴田良輔氏が写真と文を手がけた
お猫さまが主役の旅ガイド兼フォトブックが
5月1日に辰巳出版から発売されました。

タイトルは、その名もズバリ、『ネコ温泉』!↓

91hF08+RqmL
(c)TATSUMI PUBLISHING 2017.

「今すぐに 秘猫めぐりに出かけたい!」のコピーが効いてますね!
あのロバート・キャンベル氏も推薦文を寄せているなんて、気になります。

残念ながら、ねこねーさんは、まだこの本を読んでいないのですが、
Amazonの紹介ページによると、伴田氏が自ら宿泊してお猫さまたちと触れ合った
厳選19件の温泉旅館・民宿・オーベルジュ(宿泊できるレストラン)を
取り上げているようです。





   ネコ温泉

     伴田 良輔 (著)

     辰巳出版 (2017/5/1)
   [単行本](ソフトカバー)





(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

表紙は、赤バックに黒白にゃんこが横たわっているお写真で、
いまいち温泉宿らしい旅情感はありませんが、中身のほうは、
デザイン的にも読みやすいイマドキの旅ガイド仕様になっている模様↓

516+dbNQYWL
(c)TATSUMI PUBLISHING 2017.

海外でも最近は、看板にゃんこがいるお店を紹介するタイプの本が出版されていて、
「ねこねこNEWS」でも過去にいくつか取り上げさせていただきましが、
お猫さまがお出迎えしてくれる温泉宿のガイドブックなんて、
世界広しと言えども、きっと日本ならではですよね♪

身も心もゆったりできる温泉と、癒しの権化であるお猫さまとの組み合わせは、
まさに最強の癒し!実際に現地に足を運ばなくても、
この本を見ているだけで、リラックス効果がありそうです。

51I3zbOi6oL
(c)TATSUMI PUBLISHING 2017.

もちろん、看板にゃんこだけではなく、温泉宿の風情がわかるショットや
宿のおかみさんなどの人間を撮影したお写真も掲載↓

51fSY7BccIL
(c)TATSUMI PUBLISHING 2017.

吹き出しコメントやイラストも随所に配置して、
全体的に楽しんで読める工夫が満載なのもいいですね↓

511GawiJAKL
(c)TATSUMI PUBLISHING 2017.

今年はカレンダーの並びが悪くて、次の連休は7月半ばと
まだまだ先ですが、週末にサクッと行って帰ってくる温泉旅行も
全然アリだと思います。にゃんこと温泉のダブル癒しを満喫したい方は、
ぜひこの本を参考にしてみてください♪


関連記事はこちら↓
BIGLOBEニュース(4月18日):温泉でゆったり、猫をもふもふ。体も心もぽっかぽかな旅。「猫がもてなす温泉宿」を集めたフォトブックが、5月1日(月)、辰巳出版よりついに発売! 定価1,512円(本体1,400円)
T-SITEニュース(5月2日):猫がもてなす温泉宿を集めたフォトブック『ネコ温泉』、5月1日に発売


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「猫のお寺の知恩さん」4巻発売記念☆フォトコンテスト開催中!

こないだの週末に地元のTSUTAYAで、
コミックレンタル7泊8日・1冊50円キャンペーンを展開していたので、
『3月のライオン』の全巻借りをしてみたねこねーさんです。

今日から通勤電車の中で読み始めましたが、
やはり名脇役の川本家のニャーたちがいい味を出していますね♪

『3月のライオン』はカテゴリー的には青年マンガなのですが、
将棋という渋いモチーフを扱っているものの、絵のタッチとストーリーは
少女マンガチックで、ねこねーさんでもとっつきやすいマンガです。

ひさびさにコミックスを読み始めたので、
「ねこねこNEWS」でもマンガネタをご紹介しようと思うのですが、
今回取り上げるのは、『3月のライオン』同様、たくさんのニャーたちが暮らす
お寺を舞台にしたオジロ マコト氏が手がける少年マンガ。
現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の『猫のお寺の知恩さん』です。






    猫のお寺の知恩さん 1
    (ビッグコミックス)


    オジロ マコト (著)

      小学館
      (2016/8/30)
    [コミックス]



(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

といっても、いつものように、ねこねーさんは昨日ネットで関連ニュースを読むまで、
まったくこのマンガのことを知らなかったんですけど(笑)

でも、小学館のHPで試し読みができるようなので、
早速どんな感じなのか、探ってみました。

絵柄も嫌いタイプじゃないし、HPのキャラクター紹介のコーナーに掲載されている
にゃんこたちの表情がとてもいい!これは期待できるかも♪と思ったのですが、
おお…そう来たか!ひさびさに見た、男子高校生視線のちょいエロ少年マンガ。
ヒロイン役のおねえさん、知恩さんのオシリの大きさが、すべてを物語っています(笑)

物語は、地元を離れて田舎の高校に進学するために、猫がたくさんいる
遠い親戚のお寺に下宿することになった16歳の少年・須田源(すだ げん)君が
主人公のラブコメディ。そのお寺で同居することになる3つ年上のおねえさん、
古寺澤知恩(こてらさわ ちおん)さんに、思春期まっただなかの源君が
ドギマギ&モヤモヤするという、お話のようです。

というわけで、コミックスの描写の中には、
男子高校生らしい甘酸っぱいお色気要素がところどころに(笑)

第1巻の表紙でも、知恩さんは胸元の開いたタンクトップ姿で
腰のあたりをチラ見せしながら、無防備にお昼寝していたりするわけですな↓

news_xlarge_chionsan1
出典:コミックナタリー

2巻の表紙も、無防備部屋着の定番、短パン姿でお約束の体育すわり↓

news_xlarge_chionsan2
出典:コミックナタリー

3巻の表紙は、知恩さんちのにゃんこ、まゆげちゃんの存在感が際立っている
ねこ好きさんサービスカットなのですが、その背後には、洗濯物を干している
知恩さんが、顔よりもお尻が目立つ見返り美人風のポーズで佇んでおります↓

news_xlarge_chion3
出典:コミックナタリー

6月30日頃に発売される最新刊の第4巻の表紙では、
どんな知恩さん&にゃんこたちが拝めるのか、否が応でも気になるところですが、
今までに3冊出ているコミックスのAmazonカスタマーレビューは軒並み高評価。
作品紹介にも書かれているとおり、少年マンガと言っても「のどかでソワソワ」する
ほっこり度の高い「縁側ラブコメ」みたいです。

気になるねこ度合いについては、ちゃんと読んでいないのでイマイチわかりませんが、
おそらく『3月のライオン』みたいに、主役のふたりのドギマギストーリーが中心で、
にゃんこは控えめ、でも、ニャーたちがいい感じの味付けになっている、
といった感じなのではないでしょか。
それとも意外と、にゃんこ露出度多めだったりするのかな?

気になる方は、以下の小学館の公式サイトで試し読みした上で、
GWにでも読んでみてください↓

小学館 スピネット『猫のお寺の知恩さん』

で、ねこねーさんが今回一番にお伝えしたかったのは、
この『猫のお寺の知恩さん』関連のフォトコンテストについて↓

news_xlarge_chionsan_neko
出典:小学館 スピネット

じつは昨日から5月15日まで、コミックス第4巻の発売を記念して、
読者の皆様の愛猫ちゃんの写真を募集するフォトコンテストが開催されているのです♪

詳細は上記の小学館サイトおよび以下の関連記事のリンク先で
ご確認いただきたいのですが、晴れて大賞に輝いた2匹のにゃんこは、
『猫のお寺の知恩さん』漫画本編にエクストラ出演しちゃうそうです。

オジロマコト氏の描くねこ絵は、かなりリアルなタッチなので、
おうちの子の再現度は、バッチリでしょう。
他にも1名、イラスト賞として応募写真をイラスト化してくれる賞もあるみたいだし、
オジロ作品ファンのねこ飼いさんには、ぜひ応募していただきたいなぁ。

chionsan02_20170424
出典:小学館 スピネット

関連記事はこちら↓
コミックナタリー(4月24日):あなたの愛猫が「猫のお寺の知恩さん」に出演!フォトコンテスト開催

ねこねーさんは、まずは読み始めたばかりの『3月のライオン』を読破して、
『猫のお寺の知恩さん』のほうは、4巻目が出てからまとめ読みしてしようかな。
とりあえず、新刊の表紙イラストのにゃんこと知恩さんのポーズが気になる
ねこねーさんなのでした(笑)


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこほん | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>