FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

プリンス・マイケル君、世界初のねこのライフガードになる!?

朝からまさかの大雨で、実施が危ぶまれたえ我が家のエアコン3台の交換ですが、
なんとか無事に、先ほど終了!雨も途中から止んで、作業していただいたお兄さんも
それほど濡れずに済んだようです。

しかしながら、1階のダイニングルームのエアコンの室外機が、コンクリートの土台に
埋め込まれていて取り外しできないという思いがけない展開になったり、2階の部屋の
レースのカーテンの裏に隠れた人見知りMAXのトトちんが、後ずさりしすぎて
網戸のネット部分が外れ、あやうく2階から落ちそうになったりするなど、
いくつかのハプニングも。

でも、取り付け工事を行ってくれたお兄さんが動物好きの方で、非常に良かった♪
お客さま大好きのアンチョ先生が、ねこねーさんの代わりにおもてなし係を
勤めてくれて助かりました。内弁慶のトトちんはもちろん、ビビ子さんとルビちゃんも
とっとと雲隠れしてしまいましたからね(苦笑)

せっかく取り付けたエアコンですが、すでに季節は秋の入り口。
暖房を入れる頃まで、その活躍ぶりを堪能することはなさそうです。

この先は、ブログのほうも秋めいたネタが多くなりそうなので、夏の余韻に
浸る意味でも本日はビーチで働くお猫さまの動画をご紹介したいと思います。

といっても、ご登場していただくのは、「ねこねこNEWS」ではおなじみの
イケメンユーチューバー、アーロン兄さまの相棒、プリンス・マイケル君です。
今回、彼はビーチで人命救助活動を行うライフガード(監視員)のお仕事を
にゃんことして初挑戦。その動機は、下心アリアリだったりするわけですが…

今回も実際の動画をご覧いただく前に、スクショ画像で導入部分の説明を
行わせていただきますね。

ビーチに置かれたデッキチェアの上でアロハ姿で夏を楽しんでいる
プリンス・マイケル君↓

PM_World'sFirstCatLifeguard1

彼の視線の先には、意中の美ニャンが…↓

PM_World'sFirstCatLifeguard2

どうにかして彼女の気を引きたいプリンス君ですが、ふと目を離した隙に
美ニャンはいなくなってしまいます。ちょうどそのとき、ビーチでは溺れそうに
なっていた人を助けた人間のライフガードが周囲の人々から拍手を送られており、
その足元には、先ほどの美ニャンの姿が…↓

PM_World'sFirstCatLifeguard3

彼女の表情からして、どうやらライフガードをかっこよく思っているような?↓

PM_World'sFirstCatLifeguard4

美ニャンに好きになってもらうためには、ライフガードになるのが一番!
タイミングよく「今週の金曜日にライフガードの適性テストを行います」と
書かれた告知がプリンス・マイケル君の目に止まります↓

PM_World'sFirstCatLifeguard5

早速、おうちに帰ってライフガードになるための作戦を展開!

PM_World'sFirstCatLifeguard6

庭でタイヤの代わりにタライを引いて鍛えてみたり…↓

PM_World'sFirstCatLifeguard7

お友達にゃんこに手伝ってもらって、水上特訓もこなす気合いの入れよう↓
(背後にチラ見えしているアーロン兄さまは、相変わらずイケメンです♪)

PM_World'sFirstCatLifeguard8

もちろん、目的は、ビーチの美ニャン振り向いてもらうため↓

PM_World'sFirstCatLifeguard9

プリンス・マイケル君の努力が身を結ぶかどうかは、
実際の動画でご確認ください↓



世界初のねこのライフガードになるという偉業を成し遂げた
プリンス・マイケル君ですが、助けた女性とラブラブになりすぎて、
意中のにゃんこには嫌われてしまったようですね。

しかしながら、ねこねーさんはプリンス・マイケル君の恋の行方よりも
気になることが!あニャた、太りましたね!

デッキチェアから身を乗り出すこちらのシーンでは、下っ腹がおっぱい風に
ボヨンと垂れ下がっているし↓

PM_WorldsFirstCatLifeguard10-1

タライの砂の上でジャンプするシーンでも、下っ腹の形がありえないフォルムに↓

PM_World'sFirstCatLifeguard10r

こちらのポーズなんて、完璧にメタボ認定レベル!↓

PM_World'sFirstCatLifeguard11

かっちょよく着こなしてほしかったライフガードのユニフォームも、
首元に段々ができています↓

PM_World'sFirstCatLifeguard12r

赤いベストの下の横っ腹も、やけにせり出していますからね↓

PM_World'sFirstCatLifeguard13

YouTubeで活躍しているプリンス・マイケル君は、
アーロン兄さんの実際の愛猫にVFXを駆使した存在なのですが、
もしや、リアル・プリンス・マイケル君、かなり増量しているのでは??

今回のライフガード編は最新作なのですが、8月に投稿された前作では、
たしかジムでトレーニングしていたはず。
もしや、プリンス君、ジム通いは三日坊主だったのな(苦笑)

秋になると、ますます増量傾向が高まりますから、ボディの管理も超注意ですよ!
シュッとしたほうが、美ニャンにももてますからね。

プリンス・マイケル君の過去動画と今後の展開は、
アーロン兄さんのYouTubeチャンネルでご確認ください↓

YouTubeチャンネルAaronsAnimals

さぁてと、ねこねーさんは、これから取り替えたばかりのエアコン周りの
壁掃除をしてしまわないと!

以前使っていた旧型エアコンは、薄型で横幅のあるタイプだったのですが、
新しいノクリアのエアコンはお掃除機能付きなので、横幅は狭くて
前にせり出しているタイプ。そのため、今までのエアコンのサイズに
くっきり跡がついてしまった壁の汚れがひどいのです。

断捨離大会も続行中なので、本日も家の雑用に追われそうです。
雨も止んだことだし、みなさまも三連休の最終日、有意義にお過ごしください。

thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこちゅーぶ | 13:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【フランス発】ほぼ同時!子猫の救助に向かった2人のムッシュー

本日も連休モードの動画1本勝負です。
昨日はロシアの路上で繰り広げられた神業的な子猫レスキュー劇をお届けしましたが、
今回も、絶妙なタイミングで路上から救出された海外の子猫ちゃん動画をご紹介。

続くときは続くもので、このたび発掘したのも、昨日のロシア男性に匹敵するレベル。
今年のにゃんこヒーロー大賞候補間違いなしの動画です。しかも、ヒーローは2人、
それぞれまったく関係のない、たまたま同じ道路を走っていたフランス人男性です。

こちらが、今回ふたりのムッシューのハートを射止めたモフ毛のかたまり↓
まだあどけない茶トラの子猫ちゃんですね。

justtwoguyssavingakittenslife1

思いがけなくドラマチックな展開を見せるレスキュー動画が投稿されたのは、
Twitter上。どうやら投稿主の方が、レスキューヒーローご本人ではない気配が
濃厚なので、動画の詳細は不明なのですが、登場人物の2人の男性が
フランス語で話しているため、おそらく舞台はフランスの郊外だと思われます。

いつものように、動画本編をご覧いただく前に、スクリーンショットで
解説させていただくと…

動画を撮影したのは、緑に囲まれた道路でバイクを飛ばしているライダー兄さんの
ウェアラブルカメラ。おそらくヘルメットに装着されているものなのでしょう。
そのため、撮影された動画は常にライダー兄さん目線。
こんな感じの走行シーンからスタートします↓

justtwoguyssavingakittenslife2

「No!」と叫んで、バイクを突然路肩に止めるライダー兄さん。
その後、なにやら大変なことが起きたような気配を醸し出している彼の
フランス語の独り言が展開されます。

バイクを降りて、来た道に向かって走り出す兄さま。
すると、目の前にも路肩に駐車している車が。車の運転席がおもむろに開くと…↓

justtwoguyssavingakittenslife3

運転席からドライバーの短パン姿の男性が慌てて飛び降りて来ました。
一目散に来た道に向かって走り出す短パンおじさん。
背後からバイカー兄さんが走り寄って来ることに気がつき、振り向きますが、
兄さんが大急ぎで走っている目的も、自分と同じと即座に判断↓

justtwoguyssavingakittenslife4

そのまま、バイカー兄さんと短パンおじさんは、ふたりそろって走りながら
遠くに見える対向車に向かって、手を振って注意を促します。
おじさんの声は「Stop!」、その後に発せられる兄さまの声は「No...」

兄さまのウェアラブルカメラには、車道の真ん中に点のように縮こまる
茶色い毛玉の存在がはっきりと映し出されています↓

justtwoguyssavingakittenslife5

2人のムッシューは、愛車を運転中、先行車と後続車の時差はあれど、ほぼ同時に
この子猫に気づき、それぞれ別々に車道にバイク/車を停め、子猫レスキューのために
走り出したのでした。

2人の男性が必死で走る様子を見て、子猫の近くまで走り寄っていた対向車も
車を停めてくれたようです。何事もなく、バイカー兄さまの両手の中に収まる
子猫ちゃん↓

justtwoguyssavingakittenslife6

しかも、この子、ぬいぐるみのような可愛さなのです♪
自分に何が起こっているのか理解不能といった表情で、ポカンとしている子猫ちゃん。
君は、やさしい2人のムッシューに命を救ってもらったのですよ!↓

justtwoguyssavingakittenslife7

この間も、ずっと優しい声でしゃべりたおしているバイカー兄さん。
車を運転していた短パンおじさんも、とっても優しそうな方です↓

justtwoguyssavingakittenslife8

短パンおじさんとフランス語で会話を始めるバイカー兄さん。
短パンおじさんも、ねこちゃんが大好きなのでしょう。
バイカー兄さんに抱えられている子猫ちゃんの頭をナデナデしています↓

justtwoguyssavingakittenslife9

バイカー兄さんの手の中から、短パンおじさんの手の中へ移動する子猫ちゃん↓
どうやら、この子の面倒は、短パンおじさんが引き受けてくれた模様。

justtwoguyssavingakittenslife10

その後も、2人の脇を2台の車が通過します。
子猫ちゃん、車にひかれる前にヒーローが現れて本当によかったね!

短パンおじさんは、子猫ちゃんを抱っこしたまま、愛車の中へ↓

justtwoguyssavingakittenslife11

短パンおじさんに「メルシーボクー(本当にありがとう)」と語りかける
バイカー兄さん。兄さんもこれで安心してツーリングを続けられますね♪

2人のムッシューが奮闘した実際のレスキュー動画はこちら↓


2人のねこ好きムッシューの一期一会の救出劇の会話の詳細は、
残念ながらフランス語がわからないねこねーさんにはお手上げ。。。と思いきや、
英語に訳してくれているありがたいTwitter投稿がありました!↓


英語訳がほしい方のために:

ヤバイ!道に小さなにゃんこがいる。マジか!
(彼は子猫を助けるために走る)
こっちにおいで、おまえさん、おいで。
かわい子ちゃん、ここで何をしているの?
*もう1人の男性の声は聞き取り不可能*
どうしてなんだろ。
今、この子を抱っこできてるけど、悲しいことに僕はアレルギーなんだ。



それに、この子をここに置き去りになんてできないよ!
かわい子ちゃん、君は何をしているの?
迷子になったのか、それとも捨てられちゃったのか?
僕たち、どうやって君を見つけたのかな?
この子を飼ってくれるんですか?
どうもありがとう、ムッシュー。
この子は僕のグローブにしがみついているんだ。気をつけて。
こんなところに子猫がいるなんて不思議だよね --(聞き取り不可能)
彼は可愛すぎるよ!
どうもありがとう!



良い1日を!さようなら!

この翻訳では、たくさんの😍😍😍が訳し切れていません。
なぜなら、彼の声のトーンは、とっても思いやりにあふれているから。


なんと、必死で子猫ちゃんレスキューにかけつけたバイカー兄さんが、
ねこアレルギーだったとは!!!

おそらく、短パンおじさんが現れなければ、この心やさしきバイカー男性は、
このまま子猫ちゃんを胸元にでもいれて、くしゃみを連発しながら
運転を続けたことでしょう。場合によっては、それが原因で交通事故を起こしてしまう
可能性もなきにしにもあらず。。短パンおじさんの出現は、ねこアレルギーの兄さまに
無理をさせないために、ねこ神様がアレンジしてくれたものだったのかもしれません。

なにはともあれ、昨日のロシア男性もそうですが、
小さな命のために懸命になってくれる殿方たちの、なんと頼もしいことよ。
ねこねーさんは昨日から「惚れてまうやろー!」を連発です(笑)
今年は、にゃんこヒーローの当たり年かもしれないので、この先も
にゃんこレスキュー動画には目を光らせなければ!

関連記事はこちら↓
The indy100(9月4日):Two men named 'heroes' after rescuing kitten from middle of road

thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこちゅーぶ | 12:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【ロシア発】危機一髪!車載カメラがとらえた神業級・子猫レスキュー

わが家は現在、断捨離ウィークエンド真っ只中!
なので、ブログのほうはサクッと簡単にYouTube動画1本勝負での更新です。
でも、この動画、思わず3度見してしまうくらいの拍手喝采な内容なのです。

まずは、いつものように動画のスクリーンショットでご説明させていただきます。
動画が撮影されたのは、ロシアのオムスク州サルガツキー地区にあるサルガツコエ。
とある男性の車のダッシュボードに取り付けられた車載カメラが捉えた
神業レベルの子猫ちゃん救出劇です。

横断歩道の手前で歩行者の通行待ちをしている先行車の左脇から
茶色いモフ毛のかたまりが姿が姿を現すところからスタート↓

ManSavesKittenintheNickofTime1

茶色いモフ毛は、そのまま、吸い込まれるように先行車の下へ…!
横断歩道の人通りは途切れて、前の車は今にも進み出しそうです↓

ManSavesKittenintheNickofTime2

慌ててクラクションを鳴らす車載カメラがついている車のドライバー。
間髪入れず、そのまま車を飛び出し、子猫が潜り込んだ先行車のそばへ駆け寄ります↓

ManSavesKittenintheNickofTime3

この時、前の車はすでに動き出しており、
車を飛び出した男性は右手で先行車をたたきながら、かがみこみ…↓

ManSavesKittenintheNickofTime4

左手で、目にも留まらぬ早業で子猫をキャッチ!しかもこの間も、
先行車は速度は遅いながらも動き続けているのです↓

ManSavesKittenintheNickofTime5

男性の即座の判断と瞬発力のおかげで、何事もなかった子猫ちゃん。
左手に子猫を抱えたまま、自分の車のほうに帰りかける男性↓

ManSavesKittenintheNickofTime6

でも、思うところがあったのでしょう。
停止した前の車のほうに、今一度振り返り「子猫がいたんだぞ、注意しろ!」とでも
言いたげな様子で、子猫ちゃんを先行車に向かって差し出す男性↓

ManSavesKittenintheNickofTime7

その後、男性は、安全な歩道に子猫をリリースし…↓

ManSavesKittenintheNickofTime8

何事もなかったように自分の車へと戻ります↓

ManSavesKittenintheNickofTime9

コマを割って説明すると、ありがちなにゃんこの救出劇のように思えますが、
とにかく、その瞬時の対応の「瞬時レベル」がハンパなくて驚嘆します。
おそらく、男性のアクションがあと1秒遅かったら、子猫ちゃんの命は
なかったことでしょう。

実際の動画は、こちらのリンクでご覧ください↓



神業レスキューを何度も観たい!という方は、決定的瞬間をリピートした
編集動画もあります↓ (関連記事にリンクしてあるPeopleのWEB上でも、
大きいサイズでご覧いただけます)




この男性は、個人的に現時点での今年のにゃんこヒーロー大賞です!
小さな命を大切にする気持ちも、実際に行動が伴わなければ意味がありませんからね。
とっさの判断に、その人の人間性が出るのだと思います。

あ、あと、運動神経も大事ですね!
ねこねーさんには、どう考えても、この神業はできそうにありませんから。。

それにしても、撮影された場所は、車が多くて心配です。
思いがけないヒーローの登場で命をつなぐことができた子猫ちゃん、
これからは道路を渡る時は、くれぐれも車に気をつけてくださいよー!

関連記事はこちら↓
People(9月10日):Man Risks Getting His Hand Run Over to Save Kitten About to Be Hit By Car
Good News Network(9月13日):Watch Driver Run into the Street So He Can Save Kitten From Moving Car Just in the Nick of Time

thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこちゅーぶ | 14:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>