ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【カナダ発】 獣医さんが動画で説明!正しいねこの扱い方

ねこ雑学的な内容が大好物な「ねこねこNEWS」ですが、
たまにはリアルに役に立つ情報も取り上げようと思いまして、
本日は、海外で話題になっている獣医さん動画をご紹介しようと思います。

タイトルは直訳すると、
「プロっぽく猫を持ち上げる方法 - 獣医による猫の扱い方アドバイス」
(How to pick up a cat like a pro - Vet advice on cat handling.)

helpful-vancouver-vet
出典:Helpful Vancouver Vet / CBC News

ご登場いただくのはカナダ・バンクーバー在住の獣医師、
ユーリ・バースティン氏です。
ちなみに上記の参考画像のかわいこちゃんは、
彼の別の動画に出演しているモデルにゃんこです。

今月1日にバースティン氏ご自身のYouTubeチャンネルにアップした
「How to pick up a cat like a pro - Vet advice on cat handling.」
(プロっぽく猫を持ち上げる方法 - 獣医による猫の扱い方アドバイス)
というタイトルの動画が、再生回数320万回越えの大ヒットに!

これといってエンターテインメント性が高いわけではない、
極めて真面目な動画なのですが、ねこ飼いさんたちが
本当に求めている動画は、きっとこういう動画なんだろうなぁ。

ドクター・バースティンによる丁寧な解説は、ねこねーさんも勉強になりました!
英語スピーチ全開の7分近い長尺動画なので、
なかなかに難易度が高いのですが、言葉を無視しても、
なんとなくわかってもらえるんじゃないかと思って、
本日のブログに採用させていただくことにいたしました♪

とはいえ、動画だけ貼り付けて終わりにするのは乱暴すぎるので、
例のごとく、スクリーンショットで本編のポイントだけ解説〜!

こちらの紳士が、バースティン先生です。
にゃんこモデルを引き受けてくれたのは、
黒白にゃんこのクラウディアちゃん(1歳)。

まず最初に、にゃんこの脇の下に手を入れて、ボディをぶらぶらさせたまま
持ち上げるのは、よくありません。

お猫さまに接するときは、自分の握りこぶしの匂いを嗅がせてから、
あごの辺りをこちょこちょします。ボディをなでなでして、
にゃんこを落ち着かせてから、片手を胸のあたりに、
もう片方の手をおなかに当てがって、持ち上げます↓

helpful-vancouver-vet1

それから自分の体に、お猫さまのボディを引き寄せて安定させ、
前足をこんなふうに手のひらの上に乗っけてあげると良いそうです↓

helpful-vancouver-vet2

これなら、猫パンチを浴びる心配もありませんね♪
にゃんこ自身の「逃げ出したい!」という気持ちも、
こうすることでなくなるようです。

爪を切ったり、薬をあげたり、単純にそこにとどまらせたいときには
なにはともあれ、にゃんこを上から手で押さえつけること↓

helpful-vancouver-vet3

英語では、「squish(押しつぶす)」って言葉を使っていますね。
これ、この動画のキーワードみたいですね。

タオルがあれば、タオルでお尻を包んで押さえつけてもいいようです。
一般的にお猫さまは、この押さえつけられた状態がハッピーなのだとか。

helpful-vancouver-vet4

そして、次は上級編とも言える「フットボール・キャリー」の説明です。
緊急事態で、超急いでにゃんこを運ばなくてはならないときに便利な方法です。

やり方は、とっても簡単♪
アメフト選手やラグビー選手がボールを抱えて走るような感じで、
お尻を正面に、頭を下向きにして、お猫さまを小脇に抱えれば、できあがり!↓

helpful-vancouver-vet5

ここでもやっぱり、自分の体ににゃんこのボディにsquishさせることが重要です。

ここで、にゃんこモデル交代!
クラウディアちゃんの次にご登場いただくのは、
プチメタボの男の子、パイレーツ君(14歳)です。

パイレーツ君は、「ショルダー・キャット」のデモンストレーションの特別要猫です。

パイレーツ君のように肩の上に乗るのが大好きな子は、
肩に乗せて移動させるのがいちばんみたいです。
ちょっと身をかがめるだけで、肩の上に自ら乗ってきてくれます↓

helpful-vancouver-vet6

もちろん「ショルダー・キャット」でも、squishさせることを忘れてはいけません。
自分の体ににゃんこのボディをぴったりと密着させていれば、
背中のほうに移動してしまったり、ひっかかれる心配もありませんからね↓

helpful-vancouver-vet7

この方法なら、ハーネスを着用すれば、このまま街中へお散歩にも出かけられます。

こちらが、ドクター・バースティンによる実際の解説動画です。
バースティン先生の素敵な笑顔も合わせてお頼みください↓
(英語字幕を表示させると、内容がわかりやすいかもです)



専門家による解説動画にしてはめずらしく、
この動画はカナダのニュース番組で取り上げられるほど注目されているようです。
番組では、ドクター・バースティンへのインタビューも放送されました↓



ねこねーさんはまだ見れていないのですが、
バースティン先生のYouTubeチャンネルには、ほかにも獣医さんならではの
にゃんこ関連のテクニックが紹介されています。
お時間のある肩は、ぜひそちらのほうもチェックしてみてください↓

YouTubeチャンネルHelpful Vancouver Vet

関連記事はこちら↓
CBC News(5月12日):Don't know how to hold a cat? Vancouver's YouTube vet offers pro tips
Globalnews.ca(5月14日):Vancouver veterinarian’s how-to video on cat handling goes viral



thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこちゅーぶ | 14:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドリアン VS ねこ

このところ、腰は痛いわ、仕事は詰まり気味だわ、雑用は多いわで、
お祝いモードに切り替われないまま、週が明けてしまったのですが、
実は1週間前の火曜日は、わが家のウロコインコのビッケちゃんのお迎え8周年、
水曜日は、ルビ+ビビ姉妹のうちの子記念日10周年だったのです。

6月になれば、ねこねーさんのドタバタぶりも少しは落ち着くと思うので
(腰痛も良くなっているといいなぁ。。)ビッケちゃんと乙女にゃんこたちの
お祝いは、来月あらためて開催しようと思っています♪

ルビちゃんとビビ子さんも、わが家の庭の片隅で生まれてから、
もう10年も経つんですねぇ。その後、トトちんという、食いしん坊な弟分が、
やはりお庭から保護されて家族に加わりましたが、じつは、ルビ+ビビ姉妹に
妹にゃんこができたら、ぜひ付けたい!と、ねこねーさんが心ひそかに思っていた
名前があったのです。

それはルビアン、ビビアンときたら、「アン」つながりで…

ドリアンちゃん!

はい、あの強烈な匂いで有名な果物の王様、ドリアンと同じ名前です(笑)

なんで、いきなりこんなことを思い出したかというと、
ちょっと前にネットにアップされたドリアンの匂いを嗅いだお猫さまの動画が、
話題になっているのです。それが、こちら↓

While leaping out of bed during a less than perfect week, Sam realizes it's only Wednesday and ponders many of his life choices.


うーん、すごい威力だっ!しかも、マンガのようなリアクション!
この子は、今年の「リアクション王選手権・にゃんこの部」で、
間違いなく優勝することでしょう。

未来のうちねこ候補に「ドリアン」という名前をつけようと思いながら、
じつはねこねーさんは、まだドリアンを食べたことも匂いを嗅いだこともありません。
ロンドン留学中は、中華街で売られているのをよく目にしましたが、
結局、機会がなくて、いまだに未体験なのです。

でも、動画のにゃんこの反応を見ると、怖いもの見たさ、ならぬ、
怖いもの嗅ぎたさで、一度はその殺人的な匂いを一度は体験してみたい!


こちらのグレーのモフ毛のお猫さまも、思わず吐き気を催すほどですから…↓



ほかにも、思わず「オエッ!」となってしまうお猫さまが続出。
おトイレタイムの後のようなリアクションをする子も、少なくないようです↓



でも、そこは「果物の王様」との異名を持つだけのことはあります。
なかには、おいしそうにドリアンをたべているツワモノにゃんこも↓



果物の中には、ブドウみたいに、にゃんこに与えてはいけないフルーツが
存在しますが、ドリアンは大丈夫なのかな?

トゲトゲ状態のまるごとドリアンにうっとりするお猫さまの姿も
動画に収められています↓



そして、今回はじめて知ったのですが、「猫山王(Cat Mountain King)」
という品種のドリアンが存在するんですね!しかも、高級品種だそうです。

こちらの動画は、「猫山王」を食らうお猫さまの図↓
かなり美味しいのか、トトちん並みの食欲を発揮して、夢中になって食べています。



そして、これがネットで見つけた海外の「猫山王」販売サイトのイメージ写真↓

mao-shan-wang
Photo:Jojo Durian

こんな感じのパッケージに入れられて売られているようです。

#maoshanwang packed #fresh #heyjojosg #durians #durianseason

Jojo Durianさん(@heyjojosg)がシェアした投稿 -


こんなのみつけたら、ねこ好きさんなら、臭くても買っちゃいますよね♪
ってか、マジで食べてみたいんですけど!

来月開催予定のビッケちゃん&ルビ+ビビ姉妹のお祝い会の
メインディッシュは、もしかするとドリアンがいいのかも!と
いきなり思いついてみたねこねーさんです(笑)

が、しかし、国内で購入するドリアンのあまりの値段の高さに、前言撤回!

やっぱり、無難にスペシャルねこ缶とかにしましょう。。
でも、4にゃんはともかく、フルーツ大好きのビッケちゃんやオウム君たちには、
いつかドリアンを食べさせてあげたいなぁ♪


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこちゅーぶ | 12:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鳩と猫 なかよし動画特集!

「ねこねこNEWS」で過去に何度も取り上げているお猫さまと異種動物たちの
なかよし動画特集、今回、満を持してお送りするのは、ハトさんの巻♪

ちなみにこちらのイメージ画像は、
実際になかよしなハトのホーマー君とにゃんこのヘンリー君です↓

HomerandHenry
Photo:Nothing To Do With Arbroath


お外暮らしの野良ねこたちに獲物扱いされがちな鳥族の代表格が
ハトたちだったりするのですが、もちろん本日ご紹介する映像は、
すべて攻撃ショットはなし!それどころか、ビックリするほどラブラブな
にゃんことハトさんの凸凹コンビが多数登場します。

まずは、巣皿の上でヒナ鳥ならぬ子猫ちゃんを保護している
ハト母さんの映像から↓



なんということでしょう!
飼い主さんが子猫に向かって手を伸ばすと、ハト母さんが母性愛むき出しで
威嚇しまくり!完璧に子猫ちゃんを我が子扱いしております。

でも、いったいどうして、にゃんこがハトの巣に潜り込んだのか。。
もしかして、この子、卵から生まれたのかな(笑)

お次は、かなり激しくジャレあっているにゃんこ&ハトさん。
パッと見、ハトがねこに襲われているようにも見えますが、
ハトのほうも明らかにお猫さまとのレスリングごっこと楽しんでいるようです↓



続きまして、よく公園とかで見かける灰色の羽根のハトではなくて、
シラコバトっぽいのハトさんが登場。かなり有名なねこ動画なので、
「ねこねこNEWS」でも過去にご紹介したことがあったかもしれません↓



お昼寝中のにゃんこの耳元で、これでもかというほど、
笑い声のようなふざけた鳴き声を浴びせまくるハト(笑)
ねこねーさんもひさびさに観ましたが、微笑ましくって大好きな動画です♪

次の映像も、上記の動画と同じハト&ねこコンビですね↓
いつも窓辺でいっしょに過ごしているなかよしコンビなんだろうなぁ↓



にゃんこたちとの仲良しぶりもさることながら、
飼い主さんと絆の強さに驚かされるのが、以下の動画に登場するハト、モリー君↓



動画の説明によると、生後4週間の頃から飼い主さんが我が子のように育てたために
ここまでなつくことができたようです。特にトレーニングをしたわけでもないのに、
手乗りインコレベルのなつき方!もしかするとハトたちは、コンパニオンアニマルとして
最適なのかもしれません。

一方、映画の中の世界のように、ビジュアル的に完璧なのが、
こちらの白鳩ちゃんと黒猫ちゃん。窓1枚を挟んだふたりの関係は、
ディズニー映画の物語にでも展開しそうな雰囲気です↓



最後は、人慣れ&わんにゃん慣れしているハトさんたちのコンピレーション動画。
10分ほどの長尺映像の中に、お犬さまは5匹ほど登場していますが、
圧倒的ににゃんこの登場率が高いですね!↓



にゃんこは、わんこと違って獲物扱いされる恐れもあるというのに、
それでも、ハトたちがお猫さまになついてしまうというのだから、すごい!
これもひとえに、お猫さまの度量の広さなんだろうなぁ。

あ、でもハトさんたち、にゃんこたちがおなかをすかせている時には
近寄っちゃダメですよ!これはもう、本当にダメ、ぜったい!

じつは、ねこねーさんは、レース鳩の飼育&繁殖に情熱を注ぎまくった
亡き父ちゃんの影響で、個人的にハトには思い入れが強いのです。

改めてこうして、にゃんことハトさんの仲良しシーンを見てしまうと、
おうちに1羽、お迎えしたくなっちゃいますね♪
笑い上戸のシラコバト(?)とか、わが家の4ニャンに負けないふてぶてしさの
元気で明るい子がいたら、前向きに検討してみようかな?


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。

| ねこちゅーぶ | 13:53 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>