ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2017-02- | ARCHIVE-SELECT | 2017-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

明日開催!LGBT限定「保護猫/りんご猫セミナー」@ネコリパ中野店

本日は昨日に引き続き、
ネコリパこと株式会社ネコリパブリックさん関連の話題をお届けしたいと思います。
明日開催される、ちょっと趣向の変わった週末イベントのお知らせです。

ringonekoseminar_sub1
Photo :PR Times

ネコリパブリックさんは、
「2022年2月22日までに日本の猫の殺処分ゼロに」する目標を掲げ、
猫カフェ経営を通して、にゃんこと暮らすおしゃれなライフスタイルを提案したり、
地域の保護猫団体さんと協力しながら里親探しをするなど、
精力的な活動を幅広く展開しています。

以前は、岐阜・大阪を本拠地として活動していたネコリパさんですが、
2015年から東京でも保護猫カフェをオープン。
現在は、御茶ノ水店、中野店、池袋店の3店舗を営業していて、
メディアへの登場回数も増えているので、ご存知の方も少なくないと思います。

ringonekoseminar_main
Photo :PR Times

ビジネスとしても「自走」できることを目指しているので、事業展開も積極的。
ねこたちを幸せにするためのユニークなアイデアを続々とカタチにしており、
昨日ご紹介した「ホゴネコ応援プロジェクト」も、その一例ですね。

今回取り上げさせていただくのは、明日開催されるLGBT限定の保護猫セミナー。
LGBTとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、
トランスジェンダー(Transgender)の頭文字から名付けられた
セクシャルマイノリティの方の総称で、日本でもニュースなどで
ごく自然に使われるようになって、ずいぶんと定着してきましたね。

なんで今回の保護猫セミナーが、LGBTの方のみを対象にしているのかというと、
訳ありにゃんこがお相手だからです。猫エイズに感染している保護ねこたち
についての啓発および里親マッチングというのが、今回のお題です。

ねこ好きさんなら、にゃんこの病気のひとつに「猫エイズウイルス感染症」
正しくは「猫後天免疫不全症候群」というものがあることをご存知かと思います。
この猫エイズは、人間のエイズと同じで、ウイルス感染後、
すぐに発症するわけではありません。免疫力を維持しながら飼育すれば数年、
長ければ10年以上も、飼い主さんとしあわせに暮らすことができるのです。

そんな猫エイズ感染猫たちだけのために去年の7月にオープンしたのが、
ネコリパブリック中野店。ネコリパさんでは、里親が見つかりにくい
猫エイズ陽性のにゃんこたちを「りんご猫」と呼び、
中野店を拠点にその理解を深める活動を続けているのです。

今回のセミナーで、LGBTへのアプローチを試みているのは、
他の人たちに比べてセクシャルマイノリティの方は、
ヒトエイズを取り巻く問題への関心が高い傾向があるから。

人間のエイズは、もちろんLGBTの方だけの病気ではないのですが、
その歴史からして、ゲイの方との関係が深い病気だったりするので、
LGBTの人たちがエイズウイルスに感染しているりんご猫たちのことを
より身近な問題として受け止めることができるのではないか、
という発想を拠り所にしています。

りんご猫は、他のにゃんこへウイルス感染の恐れがあるため、
猫エイズ陰性の子たちとの同居はできません。
りんご猫だけ別室に分離して飼育しなくてはならないので、
すでに猫を飼っている方の家にお迎えするのは、なかなか難しいのが現状です。

一方で、ねこを初めて飼う人の中には、「エイズ」という言葉に
抵抗を感じる方も少なくなく、りんご猫たちの里親探しは難航しがち。

そのような事情を考慮すると、
人間のエイズについて関心が高いLGBTの方に猫のエイズについても
正しく知っていただき、りんご猫たちのしあわせづくりのお手伝いをお願いできたら、
それはとても素敵なことだなと思います。他とは違う事情を抱えたもの同士、
人と猫との絆もより一層深まりそうですしね♪


こちらのお写真は、ネコリパさんの猫カフェの様子↓
どの店舗の写真なのかは不明ですが、
明るい店内は、お猫さまたちがいきいきと過ごせる工夫がいっぱいです。

ringonekoseminar_sub4
Photo :PR Times

カフェ以外のスペースでも、しばしばイベントが行われているようで、
こちらは11月に原宿で開催された「保護猫文化祭」の模様↓

ringonekoseminar_sub3
Photo :PR Times

ねこ関連グッズの販売もあったのかな?
ねこ好きさんたちが集って、まさに和気あいあいといった感じですね。

ringonekoseminar_sub2
Photo :PR Times

ネコリパブリック中野店で明日開催されるLGBT限定の
「保護猫/りんご猫セミナー」は、定員8名のこじんまりしたもの。
まずは少人数でじっくり理解を深めてもらう企画意図なのでしょうか。

直前のご紹介になってしまって、恐縮ですが、
セミナーに関心のある方は、こちらの関連記事で詳細をご確認ください↓

PR Times(2月15日):【HIVじゃなくてFIV? 猫にもエイズってあるの!】LGBT限定の保護猫/りんご猫セミナー、3/11に中野で開催


また、中野店にいる実際のりんご猫たちについては、
ネコリパのHPで確認できますよ↓

公式HPネコリパブリック

HPの「ネコギャラリー」のページにある「店舗」の項目の
「東京 中野」のアイコンをクリックすると、
りんごマークのついたお猫さまたちのお写真が拝めます。
みニャさん、愛らしいですね♪

エイズキャリアのにゃんこも、そうじゃないにゃんこ同様、
しあわせに生きる権利があります。

LGBTの方とりんご猫とのマッチング企画が功を奏して、
1匹でも多くのりんご猫たちが、愛情に満ちた素敵な飼い主さんと巡り合って、
1日でも長い猫生を満喫できるといいですね。


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 14:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |