ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2017-02- | ARCHIVE-SELECT | 2017-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【ベラルーシ発】 氷点下18℃!凍結にゃんこを救え!

昨日は全国で最も早く、東京でソメイヨシノの開花宣言が行われました。
今年はしばらく気温の低い日が続くため、例年より長く桜を楽しめるようですが、
寒空の下でのお花見はなかなかつらいものがあるので、やはり早いとこ、
春らしい気候になってほしいですね。

今日はそんな春の足音にしばし耳を塞いで、極寒の地ベラルーシにズームイン!
氷点下18℃の道端で凍死寸前になっていた野良ねこちゃんの救出動画を
お届けしようと思います。

まずはいつもどおり、スクリーンショットで
簡単に解説させていただくと…

YouTubeに動画がアップされたのは、1週間ほど前なのですが、
凍結にゃんこが救出されたのは年明け直後の1月3日。
その子はまるで、道端で野ざらしになっているゴミのごとく、
車道の脇でうずくまっていたのです↓

freezingnika1.

車道は結構な広さで、一面雪に覆われており、
それなりに交通量があるのですが、誰も道端のにゃんこのために
止まろうとはしません↓

freezingnika2

運転中のドライバーは、凍死しかけている野良ねこの姿を
見て見ぬ振りをしていたというよりも、おそらく全身霜だらけの物体を
生きている猫だと認識しなかったのではないでしょうか。

そのため、小さな命は長い間、道端に放置され、
もはや生き物としての気配を消すまでに弱り切っていたのです。

そんな中、その子の姿にめざとく気づいたのが、この動画の撮影者のお兄さん。
霜だらけのにゃんこを車内に保護して、そのまま暖かな部屋の中へ連れて行き
モフ毛についた霜もキレイに落としてあげたようです。

タオルに包まれたにゃんこは、ほっとした表情をしています↓

freezingnika3

ほぼ全身凍りついた状態だった野良ねこちゃんですが、
どうやら命に別状はないようです。

動物病院に連れて行ったところ、生後6ヶ月の子猫であることが判明↓

freezingnika4-1.

ふさふさのロン毛が素敵なイケニャンですね♪
しかし残念ながら、そのロン毛で覆われた長いしっぽは
凍傷に侵されていて、途中から切断しなくてはならないことに↓

freezingnika4

凍てつく寒さから逃れたにゃんこは、
今度は、体の一部を失うという試練を味わうことに。
麻酔を打った後、自慢のしっぽを切断する手術を受けました↓

freezingnika5.

手術後、彼のしっぽは半分の長さに↓

freezingnika6-1

でも、術後のエリザベスカラー姿の子猫ちゃんは、元気いっぱい!
しっぽは短くなっちゃったけど、もう寒さに震えることもありません↓

freezingnika7

しっぽを半分も失ったことは、辛いことではありますが、
それと引き換えに命が助かったと思えば、諦めもつきます。

にゃんこのしっぽは、十猫十色。長い子もいれば、短い子もいるし、
曲がっている子もいれば、ほとんどしっぽがない子もいますから。
きっと、この子も、新しい短めのしっぽが気に入ることでしょう。

それに、終生の家族となる里親さんも、
彼の短いしっぽを「可愛い!」と言ってくれるはずです。
だって、この子は、まるごと全身、こんなに可愛らしいのですから♪↓

freezingnika8

手術から2週間後、子猫ちゃんはすっかり元気になりました。
持って生まれたロン毛にゃんこの美しさも宝石のように輝いています。
もう誰も、路上で凍てついていたゴミだなんて思いません↓

freezingnika8-2

動画の最後は、救出されたにゃんこからの
こんなメッセージで締めくくられています↓

freezingnika9

「僕の名前は、ニカ。人間に救出されて生き延びたんだよ。
新しい家族を見つけて、新しいおうちもあるんだ。
過酷な状況におかれた野良ねこたちの命を救ってくれた
すべての人たちに、僕は感謝の気持ちをを伝えたい。
みんなのことを抱きしめるよ、ニャンニャン、ゴロゴロ!!」

ニカ君、しあわせになれてよかったね!

霜の塊からロン毛の美猫に変貌したニカ君の救出動画は、
こちらのリンクでご覧ください↓



じつは、この動画を撮影したニカ君の命の恩人は、
去年の秋に「ねこねこNEWS」でご紹介したことのある
万歳にゃんこ、Pusik君のパパさんなのです。

過去記事はこちら↓
2016年9月5日:【ベラルーシ発】甘え上手の万歳にゃんこ、Pusik君

Pusik君も、もともとは瀕死寸前の健康状態にあったホームレスにゃんこ。
きっと彼の飼い主さんは、ねこの神様から、
にゃんこの救世主として指名された人物なんだろうなぁ。

今回保護されたニカ君は、Pusik君の弟にゃんこにならずに
別のおうちの子になったようですが、Pusik君の甘えぶりを見ると
それで良かったのかも、と思います。

というのも、相変わらず彼は、この上ないほど甘えん坊で
飼い主さんを独り占めしたくて仕方ないようなんですよ。

こちらは、2週間ほど前に投稿されたPusik君とパパさんの最新映像。
デレデレっぷりが止まらないったらありゃしない!↓



こんなおうちにイケにゃん子猫のニカ君が投入されたら、
Pusik君のヤキモチが心配ですから(笑)

ニカ君はニカ君で、新しい飼い主さんに思いっきり可愛がられて、
今までの野良ねこライフを帳消しにするほど素敵な猫生を送ってください♪


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこちゅーぶ | 13:41 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |