ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2018-05- | ARCHIVE-SELECT | 2018-07- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

クマラ降臨!映画『バーフバリ 王の凱旋』絶叫上映 in 新宿

まだ6月だというのに、梅雨が明けてしまいましたね。。
おうちの4ニャンと鳥さん&お魚たちのためにも、
できるだけ猛暑期間は短いと助かるのですが、まさかこんなに早く
夏まっ盛りに突入するとは。ねこねーさん自身も暑いのは苦手なので、
この先、どうして毎日過ごそうかと、すでにうんざりしています。

が、しかし、今年の夏は、ねこねーさんには
暑さに負けていられない理由があるのです!

vivian1_063018

あ、ビビ子さん!
いいタイミングに、いいツッコミをありがとうございます♪

ねこねーさんは昨日は会社をお休みして、
ビビちゃんの前にあるタンバリンとサイリウム(発光時は緑色)、
そしてTwitter投稿のデータをお借りして手作りした
白鳥フラッグを持って、夕方、そそくさと新宿へ向かったのでした。

vivian2_063018

ごめんね、ビビ子さん。
まさかの梅雨明けで、おうちの中は暑かったよね。
でも、ねこねーさんも新宿の某所で、
外の暑さに負けないほど熱狂していたんですよ♪

ねこねーさんが向かったのは、映画館。
新宿ピカデリーで昨日開催された映画『バーフバリ 王の凱旋 完全版』の
絶叫上映に初参戦してきたのです!

bahubali1_063018

じつは先週末、ここしばらく「観たい!観たい!」と思っていた
『バーフバリ』二部作の吹き替え版を、ついにネット配信で鑑賞しまして
どっぷりどハマり(笑)

あ、ちなみに『バーフバリ』っていうのは、インド映画です。
といっても、歌って踊ってゴージャスな雰囲気全開で展開される
ボリウッド映画とは違います。どんなにこの映画が素晴らしいかについては、
SNSやらネットで語りまくられておりますので、気になる方は
ぜひ一度『バーフバリ』でググってみてください。

ねこねーさんは、個人的には映画は辛口批評な傾向が強いと自分では
思っているのですが、『バーフバリ』に関しては映画を観た直後から、大興奮状態に。
こんなの、映画『シン・ゴジラ』以来です。

興奮冷めやらぬうちに、とりあえず絶妙なタイミングで売り出された
絶叫上映のチケットをゲット!会社帰りに映画館に「完全版」のパンフレットだけを
買いに走り、さらには勢い余って「ユリイカ」のバーフバリ特集号まで
Amazonで買ってしまったという、我ながら驚きの熱狂ぶりなのです(笑)

でも、まだ映画のほうは、先週末にネット配信で吹き替え版を1回観ただけ。
絶叫上映に参加するのは、時期尚早なのでは…という一抹の不安があったものの、
しかしながら、今回の絶叫上映はいつもとはワケが違う。

今回の上映は、映画の中の癒しキャラ的な名脇役、
クマラ・ヴァルマ役を演じた俳優、スッバラージュさんの舞台挨拶付きなのです!

いやー、もうこれは行くしかないでしょ!というわけで、
迷っているうちに金曜の夜の回が完売してしまったので、
あわてて夕方の回を購入して、ついでに会社も休むことに決定!(笑)

そして昨日、タンバリンをシャンシャンさせて、サイリウムで「ジャイホー!」
しながら、思う存分『バーフバリ』を満喫した後、ついにスッブこと
スッバラーッジュさんは舞台に姿を現しました↓

subbaraju1_063018

素晴らしいことに、この舞台挨拶は動画&写真撮影OK!
ねこねーさんは、かなり後ろのほうの席だったのですが、
ガチな望遠レンズ&一眼レフを持参したので、なんとかスッブさんの素敵な笑顔を
みなさんにご紹介できるレベルに撮影することができました。

はい、こちらが身長195cmの超モデル体型&イケメン天使のスッブさんです↓

subbaraju2_063018.jpg

『バーフバリ』の出演者は、軒並み背が高いのですが、
その中でもスッブさんは、いちばんのノッポさん。
主役のバーフバリを演じたプラバースさんの189cmを
さらに6cmも上回る抜群のスタイルの持つ主なのです。

四捨五入して2メートルという大男なのに、両手でマイクを持ってしまう可愛らしさ。
しかも、笑顔がまぶしすぎる!!!

subbaraju3_063018

そして、お人柄もこの笑顔を裏切らない、絵に描いたような「いい人」全開!
この映画の中で着たクマラ用の衣装もわざわざ今回の来日のために持参して、
2年ぶりに袖を通してくれたのだとか。ファンサービスも神レベルの
本当に素敵なお方なのでした。

こちらのショットは、通訳さんの話を聞くために身を屈めている
スッブさんなのですが、よく観ると、ねこねーさんのカメラに
視線があっているような??↓

subbaraju4_063018

思わずアップにしたい衝動にかられ、ついでにフォトショ・マジックで
通訳さんにも消えていただいたお写真がこちら↓

subbaraju5_063018

あら、素敵♪思った通り、視線バッチリいただいていますよー!
(と、思い込むことにします♪)

ファンサービスの神のスッブさんは、この後、映画の中のキメポーズを再現↓

subbaraju6_063018

このポーズがどこで使われているかがわからない、そこのあなた、
今すぐ『バーフバリ』を観ましょう!

あ、でも、できればスッブさんが登場していない第一部の『バーフバリ 伝説誕生』から
二作続けて観るのがおすすめです♪

subbaraju7_063018

笑顔が素敵なスッブさんの降臨で、かなりの数の日本在住のマヒシュマティ国民が、
クンタラ王国のクマラ・ヴァルマ推しに傾いてしまったことは間違いないでしょう。

ちなみに、ねこねーさん的には、
主役のバーフバリが論外にカッコイイことは置いておいて、
それ以外のキャラの中では、クマラももちろん好きですが、
どうしてもカッタッパが外せない♪

シニア好き&坊主好きのねこねーさんは、もう初見の頃から
カッタッパにキュンキュンなのです。ああ、いつの日か、ご本人を前にして、
シヴァガミのように叫びたい。カッタッパー!

というわけなので、次はカッタッパ役のサティヤラージさん、
ぜひぜひ来日してください♪

なんだかもう、今日の記事は、ねこブログらしからぬ状態に陥ってしまって
『バーフバリ』デビューを果たしていないねこ好きさんたちには恐縮なのですが、
いちおう、昨日の絶叫上映では、ねこネタもいくつか仕入れてきました。

こちらは、上映会場だった新宿ピカデリーのロビーの様子。
3月9日の記事でご紹介した映画『猫は抱くもの』のパネルが設置されていました↓

nekodaku1_062018

4面仕立ての大掛かりなパネルで、別の面にはモニターや…↓

nekodaku2_062018

お猫さまのお写真がいっぱいのフォト展のコーナーも↓

nekodaku3_062018

さらには、こんな新作映画のチラシもゲット!↓

tabineko_062018

新作映画に関しては、後日改めて取り上げさせていただこうと思います。

今のところは、ねこねーさんの頭の中は『バーフバリ』一色なので、
しばらくは、ねこ映画よりも『バーフバリ』関連のインド映画のほうを
探りたかったりして(笑)

今日もこれから、また動画配信で『バーフバリ』二作をおさらいしてしまう予定です。
そうそう、明日は1日で映画館の料金がお安くなりますから、
『バーフバリ』未体験の方は、これを機会にマヒシュマティ国民に
なってしまうのも良いですね。

ねこねーさんも、また名画座の二本立てか何かで、
スクリーンでバーフバリを拝みたい♪
絶叫上映も、また機会があったら参戦したいなぁ♪

vivian3_063018

そうですね、ビビ子さん!
次に参戦するときは、衣装のほうもインドの王族のお姫さまのように
インドっぽいオシャレをしなくっちゃ!

とりあえず、今日はこれからまたおうちで『バーフバリ』の上映会ですから、
気分を盛り上げるためにインドカレーでも作るかな(笑)
バーフバリ、ジャイホー!


thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 16:13 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>