FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2019-12- | ARCHIVE-SELECT | 2020-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【カナダ発】認知症を患う88歳、にゃんこロボを抱きながら天国へ

今日は、わが家の窃盗未遂事件のリポートのために投稿を
ドタキャンしてしまった先週の金曜に準備済みだったネタをお届けします。
ハートフルなお話なので、別の海外メディアでも
昨日付けのニュースとして取り上げられていたんですよね。

カナダ出身のロバート・ワイアットさん(88歳)は、
玄孫(やしゃご)がいる高祖父、いわゆる「ひいひいじいさん」。
孫の数も多ければ、生涯でお世話した猫の数も多い大のねこ好きです。

10年前からレビー小体認知症を患っている彼は、
去年の夏からピーターバラ・リージョナル・ヘルス・センターに入院。
入院生活のお供として、また元気な時のように病室で猫を飼いたいと
娘さんのシェリルさんにリクエストし続けていたのでした。

シェリルさんがロバートさんのためにお迎えしたのは、
モフモフの肌触りに癒されるロボットにゃんこ。
認知症のお年寄りたちに熱愛されている高性能な猫型ロボットで、
ロバートさんに対しても、本物のお猫さま同然にハマりました↓

PRI_121085879
Photo:METRO

実際、ロバートさんは、このにゃんこロボットを自ら「バディ」と名付け、
最期まで本物のねこと思い続けたのです。今年の1月8日に病室で
家族に見守られながら、88年におよぶ生涯の幕を閉じた彼は、
その最後の瞬間まで腕にはしっかりバディを抱ておりました。

一時期は、9匹もの猫を飼ってたというロバートさん。
彼の人生にお猫さまは、空気同然に、なくてはならない存在だったのでしょう。

その頃は、ロバートさんが多頭飼いの飼い主さんだった時代の
写真が物語っています。

この写真も…↓

PRI_121085469
Photo:METRO

この写真も…↓

PRI_121085635
Photo:METRO

この写真も…↓

0_purrfect-goodby-465074
Photo:Cambridgeshire Live © Cheryl Yates /SWNS.COM

ねこたちと一緒のロバートさんは、心から幸せそうです♪

娘のシェリルさん(写真右)は、虹の橋を渡った愛猫たちの元へと旅立った
ロバートさんの晩年について、こう振り返っています。

PRI_121085825
Photo:METRO

「父は何度も何度も、どんなに愛猫たちがいなくて寂しいか、
入院してからも子猫と一緒に眠りたい、と繰り返し語っていたのです」

「父に猫ロボットをプレゼントできて、私はとても幸せです。
プレゼントをもらった時の父の反応は、何ものにも代えられないほど
貴重なものでした」

シェリルさんがロバートさんにプレゼントしたのは、
「Joy For All Cat 」というロボットタイプのおもちゃで、
ねこ好きのお年寄りの心のケアにも用いられている海外では有名な商品です。

こちらは「Joy For All Cat 」のPR動画↓



膝の上に置いたり抱っこしたりしながらナデナデするだけでリラックスできる
ロボットにゃんこは、愛らしい上にお世話もいらない、
まさに心の介護にはうってつけのアイテムといえそうです。

もっとも、リアルなお猫さまたちの反応は、イマイチみたいですけどね(苦笑)↓



シェリルさんからクリスマス・プレゼントとして
「Joy For All Cat 」を贈られたロバートさんは、本を読むときも
ロボットにゃんこのバディを片腕に抱いていたようですね。
それとも、これはバディに絵本を読んであげている写真かな?↓

PRI_121085795
Photo:METRO

シェリルさんを含め4人の継子がいるロバートさんは、
12人の孫と5人の曽孫、2人の玄孫がいる大ファミリーのおじいちゃん。
そんな彼の人生最後の願いは、ただふたつ。
それは「もう一度ねこを飼うこと」と「家に戻ること」。
そのうちのひとつを理想的なかたちで叶えてあげることができて、
シェリルさんも家族として思い残すことがないようです。

0_purrfect-goodby-465071
Photo:Cambridgeshire Live © Cheryl Yates /SWNS.COM

もちろん、ロバートさんご本人にとっても、
ご家族から贈られた最愛のにゃんこを腕に抱きながら、
この世に別れを告げられるなんて、幸せな旅立ちだったんじゃないかなぁ。

人生の最後の瞬間には、ロバートさんのように
お猫さまの癒しパワーを感じていたい。
そう思わざるを得ない、ねこねーさんなのでした。

関連記事はこちら↓
METRO(1月16日):Moment grandfather with dementia whose dying wish was to have a cat again is given a robotic feline
Cambridgeshire Live(1月20日):Cat-loving grandad with dementia gets robotic kitty to comfort him in his final days


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 14:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |