FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2020-04- | ARCHIVE-SELECT | 2020-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【トルコ発】ママ猫が病気の子猫を連れて、新型コロナ対応中の病院へ

GWの谷間にあたる金曜日、ねこねーさんは有休消化で今日はお仕事はお休み♪
とはいいながら、ブログ更新に取り掛かる前に少し働いてしまいましたが。。

昨年から年5日以上の年次有給休暇の取得が義務化されたので、
この連休中に消化しておかないとヤバそうなんですよね。
少なくとも5月いっぱいはテレワークが続きそうですが、
6月になって出社するようになったら、お休み取るのが難しそうだし。

でも、こうしている間にも医療現場では、
新型コロナ感染患者の治療にあたる医療従事者のみなさまが
感染リスクにさらされながら不眠不休で奮闘している。

しかも、新型コロナの患者さんだけでなく、事故や病気の急患にも
対応されているなんて。本当に頭が下がります。

さらに海の向こうのトルコのイスタンブールでは、
人間以外の急患を受け入れた医療スタッフの姿も。

もちろん、その人間以外の急患というのは、お猫さまです↓

EWn5tQcX0AESNdw
Photo:Twitter

ニャンと、野良ねこと思われる三毛猫ちゃんが、病気の子猫をくわえて
新型コロナ感染患者の対応に追われる人間用の病院に来院したのです↓

EWn5tQTXQAMuXg1
Photo:Twitter

病院の廊下で撮影されたと思われるママ猫と子猫ちゃん↓

EWn5tQZXsAEzk2y
Photo:Twitter

動物病院と間違えて入ってきたのか、それとも、ここなら我が子を助けてくれる
心優しい人たちがいるに違いないと確信してやってきたのか、ママ猫は
なんの躊躇せずに、感染症対策で重装備な病院スタッフの足元を横切って、
廊下から部屋の中へと歩みを進めます↓

EWn5tQXXsAAKYdt
Photo:Twitter

オリジナルのTwitter投稿はトルコ語なので、ねこねーさんには読めないのですが、
Google先生の力を借りると「今日、私たちは病院の緊急治療室にいました。
1匹のねこが口に我が子をくわえて急いでやってきました」と書かれているようです。

このお写真は、子猫が助けられた後に撮られたものなのでしょうか。
医療スタッフのみなさまに取り囲まれても、動じないママ猫。
まさに「母強し!」といった感じですね↓

EWndd6MU8AcVrhn
Photo:Twitter

新型コロナ感染者の対応だけでも大変なのに、にゃんこの急患にも
しっかり応じてくれるトルコの医療従事者のみなさま。

さすが、ねこ好き大国だけあって、人の命もねこの命も平等に扱ってくださる。
子猫を連れてきたママ猫に対しても、病院までやってきた労をねぎらうかのように
やさしくナデナデしてくれています↓

EWndd6cUYAEHnuh
Photo:Twitter

実際のTwitter投稿はこちらです↓



これらの写真についてはRedditでもシェアされたようで、
そこでのコメントによると、この病院で働いていたスタッフの中には
獣医さんもいたとのこと。ママ猫が連れてきた子猫ちゃんは、
その獣医さんによって適切に治療され、今では元気にしているみたいです。

もしかすると、このママ猫は、獣医さんがいることをちゃんと知っていて
この病院に駆け込んだのでしょうか?
だとしたら、ニャンたるお猫さまのシックスセンス!

病気の子猫ちゃんを救おうと思い切った行動に出たママ猫にも、
大変な状況の医療現場で小さな命に救いの手を差し伸べた
トルコの医療スタッフの皆様にも、心からの拍手を送りたいと思います。

あ、でも、にゃんこもコロナウイルスに感染するようなので、
巷のお猫さまたちは、むやみに人間用の病院を訪れないようにしてください。
困った時にはNNN(ねこねこネットワーク)の事務局に連絡して、
心優しい人間たちのもとへ派遣してもらってくださいね。

関連記事はこちら↓
Hindustan Times(4月30日):Cat carries her sick kitten to a hospital in Turkey, medics treat the little one. See pics

thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 13:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |