FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2020-04- | ARCHIVE-SELECT | 2020-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【英国発】名物ねこパブ、営業自粛中のお猫さまたちは…

ついに日本では緊急事態宣言が全面解除されましたね!
とはいえ、まだまだ油断は禁物。新型コロナウイルスによる死者数が
世界で2番目に多い国となった海の向こうの英国でも、外出緩和政策に
踏み切っているようですが、いつもどおりの日常が復活するのは、
まだまだ先のようです。

そんな中、営業自粛中の英国のパブで暮らすお猫さまたちの近況が
海外メディアで報じられました。それは、猫カフェ並みにお猫さまが徘徊する
大衆酒場、ブリストルにある「Bag of Nails」です。

1_Philomena_0_DR_BRI_20200512-Weather002
Image: Dan Regan/BristolLive

カウンターの上もお猫さまたスペースになっている、ただならぬ
にゃんこ優先状態のお写真を見て、これはもしかすると過去に「ねこねこNEWS」で
取り上げたことがあるパブかも…と思ったら、やっぱりそうでした。

4年半ほど前にご紹介させていただいた、RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)から
ダメ出しをくらっていたお店ですね(笑)

過去記事はこちら↓
2015年11月13日:ねこカフェ…じゃなくて、ねこパブ in 英ブリストル

営業自粛中の今でも、お猫さまパラダイスになっていることを考えると、
その後も、店内にゃんこ支持派の得意客に支えられて、お猫さまパラダイス状態のまま
経営を続けてきたのでしょう。ところが、ここにきて、まさかの営業自粛。。。

お店暮らしのねこ店員たちは大丈夫なの?と心配になりますが、
ねこ好き店主のルーク・ダニエルズさんとスタッフさんたちが毎日お店に通って、
お猫さまたちのお世話をしており、お店の経営のほうもビールのテイクアウトが
順調で、この困難をなんとか乗り切っているそうです。

本日は、そんな自粛中の店内で撮影された「Bag of Nails」のねこ定員たちを
ご紹介したいと思います。お猫さまたちの血縁関係が少々ややこしくて、
記事を読みながら、ねこねーさんは家系図をメモってしまったほどでした(笑)

まずは、冒頭のお写真の説明から。
カウンターの上のつぶれかけのボックスの中で浮かない顔をしているのは、
フィロメーナちゃん。パブの裏手にある公園で生まれて保護された子です。

その息子が、こちらのイケニャン、ウォルフガング君。
生まれた時は、アルビノなんじゃないかと思えるほど白かったようですが、
だんだんモフ毛の色が濃くなってきたのだとか。
店内きっての「かまってちゃん」です↓

2_Wolfgang_0_DR_BRI_20200512-Weather010
Image: Dan Regan/BristolLive

そのウォルフガング君のいとこが、ラスプーチン君。
ご近所には彼のことを可愛がってくれているおうちがあり、定期的に通って
ブラッシングまでしてもらっているとのこと。ときどき、ものすごく毛並みが
手入れされた状態で、お店に戻ってくるようです↓

3_Rasputin_0_DR_BRI_20200512-Weather003
Image: Dan Regan/BristolLive

こちらのモルドールちゃんは、同じママ猫から生まれた三姉妹のうちの1匹。
3ニャンとも、全員名前は「モルドール」なのだとか(笑)
お店にいるより、お外が好きなアウトドア派のにゃんこです↓

4_Mordor_0_DR_BRI_20200512-Weather009
Image: Dan Regan/BristolLive

モルドール三姉妹のうち、特別に別名をつけてもらえたのが、こちらのお嬢さん。
さすがに3匹同じ名前だと混乱するので、モフ毛の模様が写真のソラリゼーション
みたいだったので、「ソラライズ」と命名してもらえた模様↓

5_Solarise_0_DR_BRI_20200512-Weather007
Image: Dan Regan/BristolLive

カウンターに置かれた有り余るほどのカリカリとおミスを前にして、きょとんと
しているのはジョーヴ君。お名前は木星の「ジュピター」から名付けられました。
同時に生まれた4きょうだいも、全員、惑星系のお名前なのだそうな↓

6_Jove_0_DR_BRI_20200512-Weather011
Image: Dan Regan/BristolLive

こちらが、その4きょうだいのうちの1匹、ルナちゃんです。
もちろん、お名前のもとになっているのは「ムーン」のお月さま↓

7_Luna_0_DR_BRI_20200512-Weather005
Image: Dan Regan/BristolLive

子猫のときに左目を負傷したルナちゃんは、何度も手術を受けたものの、
ご覧のとおり、今でも、おめめは白濁したままです。でも、ムーンストーンって、
ちょうどこんな感じの色ですよね。お名前どおりのすてきな個性だと思うなぁ♪

最後にご登場いただくのは、ルナちゃんの息子のモンキーフェイス君です↓

8_MonkeyFace_0_DR_BRI_20200512-Weather008
Image: Dan Regan/BristolLive

かなりインパクト強めのお名前ですが、店主のルークさん曰く、
「いい名前は使い果たした」からなのだとか(笑)
たしかに、これだけたくさんにゃんこがいれば、名前をつけるのも一苦労ですよね、

今回ご紹介したお猫さまたち以外にも、お店にはまだ数匹、
他のにゃんこが勤務しているようです。

早く自粛期間が終わって、お客さまたちに愛でてもらえる日がくるといいですね。
それとも、みニャさん、にゃんこ天国の今のままのほうがいいと思っているのかな?

なにはともあれ、英国も日本も、世界中のどの国でも、
1日も早くいつもどおりの毎日が戻ってくるといいですね。
今日から出社を再開したみなさん、手洗い&マスクを忘れずに!

関連記事はこちら↓
Bristol Live(5月24日):Meet the cats living in a Bristol pub during lockdown

thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 13:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |