FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< 2020-05- | ARCHIVE-SELECT | 2020-07- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

無邪気なトトちん、野生に還る。。

今日は水曜日で平日ですが、例外的に「うちねこ」ネタをお送りしようと
思います。今回のお話は闇に葬ってしまおうかとも思ったのですが、いちおう、
記録を残す意味でもブログにアップしておこうかなぁと思いまして。

じつは昨日、在宅ワークなのをいいことに、いつもより大幅に
朝寝坊してしまったねこねーさんは、大慌てで着替えてから、
毎朝しているように換気の意味で2階のベランダのサッシを開けて、
オウム部屋の鳥さんたちのお世話を手っ取り早く済ませてから、1階へ。

キッチンで4ニャンのごはんの準備をしようと階段を降りて行くと、
目の前の廊下に何やら怪しげな物体が…↓

mukudori1_061020

目を疑ってしまったのですが、それは息絶えた鳥さんの姿。
お外を飛び回っているはずのムクドリさんだったのです↓

mukudori2_061020

手に取ると、まだほんのり暖かくて、首もやわらかい。
死んだばかりの状態でした。

え、でも、なんで?1階の窓は開いていないし、
2階の窓だって、ついさっき、ベランダを開放したばかりなのに??

でも、どう考えても間違って部屋の中に入ってきてしまったとは思えず、
よく見ると、背中の尾羽の上のあたりに出血している傷口が…↓

mukudori3_061020

それほど多くもありませんが、廊下には鳥の羽根も散らばっていました↓

mukudori4_061020

これは、わが家の4ニャンのうちの誰かが犯ニャンですね。。
ああ、なんてことを!

ムクドリさんはみた感じ、若鳥のようなので、おそらくこの春、
巣立ったばかりの子なんじゃないかと推測されます。
そして、それはたぶん、わが家で育ったあの一家のうちの一羽なのではないかと、
ねこねーさんは思うわけです。

ブログではご紹介し損ねていましたが、先月、在宅ワークをしている間に
家のものすごく近くからピヨピヨ音が連日聞こえていた時期があったのです。
どこかに巣をつくったのだろうなと思って、探してみたものの、
音がするあたりの木の上には巣のような物体は見当たらず。

でも、家の裏手で、餌を運ぶムクドリの親鳥の姿を目撃。
警戒されてしまって、巣に入る瞬間を抑えることができず、巣のありかを
探すのにかなり手間取ったのですが、そのムクドリの親御さんは、
思いがけないところで子育てをしていたのです。

ねこねーさんが、家の裏のパトロールをしたときに気になっていた
外階段の下からぶら下がっていた枯れ草。
その枯れ草が、じつは巣の一部だったのです↓

uraniwa_0610

ムクドリさんたちは、外階段の踊り場の下の部分の縁の上に巣をつくったようで、
家の中から見ると、ちょうどアフリカワシミミズクのガボちゃんがいる
2階の玄関の外側、矢印の先っちょにあたる部分の下に、
ピヨピヨ軍団が位置していたのでした↓

gabo_0610

コンクリートの隙間から、ヒナたちの黄色いくちばしを確認できたので、
そこに巣があったことは間違いありません。
ただ、狭い隙間から覗き見ただけなので、何羽のヒナがいたのかは不明。
ある日、ぱったり鳴き声が聞こえなくなったので、全員無事に巣立ったのだと思って、
安心していたのですが、こんな形でそのうちの1羽を目にすることになるなんて!
もちろん、廊下に転がっていた子が、その時のヒナであるとは断定できませんけど。

わが家のベランダにはメダカがいる睡蓮鉢がいくつもあるので、ヒヨドリさんたちが
水浴びにくることもたまにあります。
昨日の朝も、このヒヨドリは水場に来ていたのでしょう。
そして、運悪くそこに現れたのは、ベランダに雑草をつまみ食いにきたトトちん。。。

最初は、セミ捕り名猫のルビちゃんが犯ニャンである可能性も考えたのですが、
羽根は廊下だけではなく、キッチンの床にもが散らばっていたのです。

そして、そのキッチンの床の上では、トトちんがまったりしていました。
…犯ニャン決定ですね(苦笑)↓

toto1_061020

ちょっと、トトちん。
あニャた、罪のないムクドリさんをあやめましたね。。

toto2_061020

今回は、ほんとに問題大ありですよー!
ダメでしょ、あんなことしちゃ!
もう、ねこねーさんは朝からショックですよ。。

ルビちゃんと違って、トトちんが体も大きいし、メタボだし、
野鳥を仕留める俊敏力はないと思っていたのに、
野生が目覚めちゃったんですかねえ。。

toto3_061020

ダメ、パシッとしちゃ!
もう鳥さんが目の前にいても襲わないでください。約束ですよ!

toto4_061020

その気持ちだけで十分ですよ。
それに、ねこねーさんは毎日、トトちんのしあわせそうな姿を目にするだけで
たっぷり贈り物をもらってますから、鳥さんを持って来てくれなくても全然OKです。
ってか、鳥さんハンターにはならないでほしいなぁ。。

毎日お家の中でまったりライフを送っているトトちんでも、
これだけの殺傷能力があるのですから、貴重な野生動物が野良ねこちゃんたちの
手にかかって数が少なくなっているというニュースは、やはり本当なのでしょう。
弱肉強食の野生界において、お猫さまたちはかなりの名ハンターですからね。

でも、毎日カリカリがお給仕されるトトちんは狩りをする必要がありませんから、
もう家の中に鳥さんを連れて来ちゃダメですよ!ベランダで襲ってもダメ!
もちろん、おうちの中のガボちゃんや、ウロコインコのビッケちゃんを
獲物扱いしてもダメですからね。

これをきっかけに、野生に目覚めちゃわないといいのだけど。
大丈夫かなぁ。。


thankyou3jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| うちねこ | 15:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |