ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

坊っちゃんを守れ!突撃にゃんこ☆タラちゃん

昨日はひさびさに、にゃんこのお手柄映像が世界中で報じられました♪

日本のメジャーなニュース番組でも報道されていたので、
ご覧になった方も多いかと思いますが、にゃんこ史上に残る
表彰ものの名シーンなので、「ねこねこNEWS」でも
遅ればせながらご紹介させていただきます。

米国在住の1匹のねこちゃんの活躍が話題になったこのニュース、
ねこねーさんは、会社の先輩からいち早く教えてもらったのですが、
帰宅後、日テレの「NEWS ZERO」でも流れていてビックリ!

慌ててインターネットで検索をかけたら、海外ニュースだけで
560件以上の関連記事がヒットしました。今朝改めて見てみたら、
すでに750件近くに増加!

ブログ用に毎日ねこニュースをチェックしていますが、
これだけ一斉に取り上げられるニュースは、なかなかありませんよ!

事件が起きたのは、米カリフォルニア州ベーカーズフィールド。
今回のヒーロー的な行動に賛辞が止まないそのにゃんこは、
地元紙では、早々と新聞の一面を飾ったようです↓

ninjacat
(The Bakersfield Californian via Newseum.)

なぜか見出しは「NINJA CAT(忍者にゃんこ)」になっていますが…(笑)
意味的には「にゃんこのヒーロー」って感じかな?

こちらのねこちゃん、名前はタラちゃんと言いまして、
ベーカーズフィールド在住のトリアンタフィロ夫妻に飼われている
6歳の女の子です。

夫妻の長男、ジェレミー君(4歳)はタラちゃんと大の仲良し♪
今週の火曜日、ジェレミー君が自宅の外の駐車場で自転車に乗って遊んでいると、
突然、近所の飼い犬がジェレミー君に襲いかかり、脚を噛んで自転車から
引きずり下ろしたから、さあ大変!

でも、監視カメラは目撃していました。ジェレミー君の一大事に、
矢のように飛んできた1匹のにゃんこ、タラちゃんの勇姿を…↓



「大好きな坊っちゃんの身に危険が…!」と思ったタラちゃんは、
相手がわんこであっても構わずに突撃っ!ジェレミー君から凶暴わんこを
追い払った後も、勇敢にもその後を追いかけていきます。

ニャンとも、アッパレな今回の救出劇。
忠誠心が強いわんこならともかく、
ぐーたら昼寝三昧の印象が強いにゃんこが、
ここまで勇敢にご主人ファミリーを守るとはっ!
世界が熱狂するのも納得です。

猫族のお株を一気にあげてくれたタラちゃん♪
この映像を観て、にゃんこに好印象を持つ方も多いんじゃないかなぁ。

じつは、この映像のオリジナル版は、
わんこに噛まれたジェレミー君の患部のショットが最後に含まれてたのですが、
かなりグロテスクな見た目で刺激的だったので、今ではオリジナル版は
YouTubeから削除されて、リンク動画もすべて非公開に。

上記の映像は、ジェレミー君のお父さんがオリジナル版の代わりに
YouTubeにアップした傷口ショットなしの再編集バージョンです。

ねこねーさんは、削除される前の映像も観ていますが、
一瞬の出来事とはいえ脚の傷はかなりの重傷。
えぐられたようになっていて、10針縫った後の状態ですら痛々しい感じです。

これがもし、タラちゃんの活躍がなかったら…わんこに噛み付かれたまま
引きずられて、さらに大変なことになっていたに違いありません。

ジェレミー君の傷の状態がどうしても気になる方は…
The Independentの記事にはオリジナル版からのスクリーンショット
(傷口の縫合前)が掲載されています。

もしかすると、これも削除されてしまうかもしれませんが、
以下のリンク先をこっそりチェックしてみてください【閲覧注意】↓
The Independent(5月15日):Cat saves boy from dog attack: Video shows family pet save child

なーんて書くと、ジェレミー君の容態が心配になっていまいますが、
今では傷口もバッチリ縫い合わせたので大丈夫!
今頃、用心棒のタラちゃんとおうちでまったりしていると思いますよ。

お次の映像は、事件発生後、治療を施した後のジェレミー君の様子。
ご自宅で撮影した映像なのかな、彼のそばには用心棒のタラちゃんが
寄り添っています。ジェレミー君のことが、本当に大好きなんですね♪↓



動画の中で、ジェレミー君も「彼女はヒーローだよ!」と
タラちゃんの活躍に感謝しています。
1人と1匹の絆は、今回の件でますます深まってしまいましたね♪

ジェレミー君が4歳、タラちゃんが6歳なので、
きっとタラちゃん的にはジェレミー君は自分の大事な弟とでも思っているのかな。
お姉さんとして弟を守るのは当然!ですもんね。

地元紙のWEBページにも、ジェレミー君ファミリーのお写真が
たくさん掲載されています(注意:スライドショーの最後の2枚は傷口写真)↓

The Bakersfield Californian (5月14日):Dog attacks boy, cat attacks dog, world cheers

元気になったジェレミー君が、事件現場でパパさんと話している映像も
アップされました。ママさんへのインタビューや、わんこの飼い主さんが
救急車を呼んでいる電話の声も収録されています↓



それにしても、ご近所さんちのわんこ
(ラブラドールとチャウチャウのミックス犬・8カ月)は、どうしていきなり、
ひとりで遊んでいたジェレミー君を狙って襲いかかったりしたのか…

残念ながら、そのわんこは、今では地元のアニマル・ケア・センターに引き取られ、
10日間の検疫を受けた後、安楽死させる予定なのだとか。
ドッグ・トレーナーさんのもとで更生させられればいいのに…難しいのでしょうか。

タラちゃんのお手柄でわんこの牙から救出されたジェレミー君。
にゃんこ贔屓の子になることは間違いありませんが、この先も
わんこへの恐怖心を抱くことなく、すこやかに成長していただきたいなぁ。

Yahoo! Japanの映像トピックスでも、タラちゃんの映像がアップされたようだし、
しばらくは日本でもこの話題が注目されそうですね♪

世界中で報道された今回のニュースですが、
参考にさせていただいた関連記事だけリンクしておきまーす↓

23ABC News(5月14日):WATCH VIDEO: Jeremy Triantafilo talks about cat who saved him from dog attack
Washington Post (5月15日):Cat attacks dog, saves boy — and makes her owners famous
Kansas City Star(5月15日):Hero cat saves boy from vicious dog, becomes Internet star
CNN.co.jp(5月15日):猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 12:47 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1004-31dd0ad6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>