ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ねこねーさんちの鳥さん初公開♪

待ちに待った週末、お天気がいいのは良いけれど、
暑いですねぇ…もうそろそろ扇風機を出さないとダメかなぁ。

おうちの3ニャンも、日射しがギラギラしているベランダは避けて、
みニャさんそれぞれに室内の涼しいところでグダグダになっています。

アンチョ先生は、いつもどおり、
ねこねーさんのベッドの上で行き倒れ状態に…↓

ancho1_053114

これでは、にゃんこたちの素敵ショットは望めなさそうなので、
ねこねーさんは鳥部屋のお掃除に没頭することに。

いちおう、このブログは「ねこねこNEWS」なので、
おうちの鳥さんたちの紹介は、3ニャンと同じ空間で暮らしている
ウロコインコのビッケちゃんだけに限定していたのですが、
昨日の記事にも書いたとおり、ねこねーさんちにはビッケちゃん以外にも
鳥好きだった亡き父ちゃんが残して行った大物の鳥さんたちがおりまして。

今日は思い切って、その鳥さんたちを公開してしまおうかなぁ♪
今朝はお天気がいいので、ベランダで水浴びをさせてみたので、
その時に撮影したお写真を初公開でーす!

どの子もベタ慣れの手乗りではないので、カゴに入ったままで
見づらいかと思いますが…

まずは、ピンクの羽根がチャーミングなクルマサカオウムのキューちゃん↓

que_053114

父親は、わんこ以外のペットには名前をつけていなかったので、
オウムさんたちの名前は、父ちゃん亡き後、ねこねーさんが勝手につけました。
キューちゃんは、「キュウ、キュウ」鳴くので、キューちゃんです。

お次は、キバタンのキバちゃん↓

kiba_053114

世の中のキバタンは「キバちゃん」と呼ばれている子が多いんだろうなぁ(笑)
ねこねーさんも、もっと別の名前をつけてあげたかったのですが、
父親が「キバ、キバ」呼んでいて、ご本鳥も「キバ、キバ、キバチャーン」と覚えて
おしゃべりするので、そのまま「キバちゃん」と呼び続けることに。

キバちゃんは毛引きになってしまっていて、胸と背中の毛がハゲチョビン。。
なかなか治らないのですが、悪化もせず…気分転換にオモチャをいれても、
恐るべき破壊王なので、オモチャは一瞬でゴミに変わります(苦笑)
毛引きするヒマもないほど、夢中になれるオモチャがあればいいのですが
なかなか難しいですね。。

キバちゃんの後ろにチラ見えしているのが、キバタンよりもひとまわり小柄な
コバタンの豆太くん、通称まめちゃんです↓

mameta_053114

キバちゃんに比べて、小さいからまめちゃん…安易なネーミングですが、
なんとなくキャラにあっているような気がします。

小さいのがいるということは、大きいのもいるということで…
鳥部屋の中には、ほかにも大物の鳥さんが2羽おりまして、
キバちゃんよりも、かなり大きなタイプのキバタンが、こちらのエルくん↓

eru_053114

デカいので、Lサイズの「エルくん」です(笑)
この子は、ベタ慣れではないけれど、ねこねーさんのお膝に乗るのが大好きです。
フン切りがない大型のカゴに入っているので、カゴも汚れてしまっているのですが、
ご本鳥の羽根並みはピカピカ。見た目も堂々としていて、とってもハンサムくんです。

そして、もう1羽…これまた問題児のタイハクオウム、アイアイくん↓

aiai_053114

アイアイくんのお名前も、「アイアイ」と鳴く鳴き声から命名。
タイハクオウムは、ものすごく甘えん坊なので、いつも隣にいて遊んであげるくらいが
理想的だと思うのですが、お勤めガールのねこねーさんには、まず無理な話。

アイアイくんは、毛引きではありませんが、自分の翼を右脚で握るクセがあるので、
右の翼はボロボロです…こないだ、わんこ用のステンレスケージに入れ替えてからは、
快適そうにしていますが、止まり木のネジをゆるめてしまったり、
餌入れを外してしまったり、怪力なのでヒマにまかせていろいろやってます(苦笑)

去年までは、この他にも、もう1羽、父親が残していったアオボウシインコの
ジャージャーくんがいたのですが、おなかの調子を壊して☆になってしまい…
大型インコやオウムさんたちは、長生きするタイプの鳥さんたちなので、
個人的にお世話しきれなかったことがかなりショックで…それ以来、
鳥さんたちとの時間をちょっとでも増やそうと、鳥部屋の大掃除をしてみたり、
空気清浄機を設置してみたり、アイアイくんのカゴを買い替えてみたり、
以前より鳥さんたちのお世話に力をいれているのです。

ちなみに空気清浄機は、きいているんだか、きいていないんだか。。。
これだけ白色オウムばかりがいると、羽根から出る白い粉(脂粉)の量が
ハンパなく、1日たてばビックリするほどフィルターまっ白…
空気清浄機が壊れないのが不思議なくらいです(苦笑)

鳥部屋には、この大きなオウムたちのほかに、ちび鳥が1羽。
コキンチョウのオスが1羽だけいます。ペアでいたのですが、メスのほうが先に他界。
この子たちも父親が飼っていたので、正確な年齢は不明ですが、
おそらく10歳以上なんじゃないかなぁ。平均寿命は越えていると思うのですが、
ものすごく小食なのに、ものすごく長生き。
周囲のオウムたちの絶叫にたえながら、まだまだ長生きしていただきたいなぁ。

というわけで、ねこねーさんちは、かなりの鳥王国なのです。
もちろん、にゃんこ命なのは変わりませんが、小さい頃から
鳥好きの父ちゃんのおかげで、鳥に囲まれて大きくなったので、
鳥さんたちは、そばにいるのが当然といった存在なのです。

ancho2_053114

そうですよ、鳥さんたちのほうが、ねこねーさんやアンチョ先生より
ずっと前からこのおうちに住んでいるんですからね。
夜中に鳥部屋のドアを勝手にあけて、様子を伺いに行くのは
遠慮してくださいね。足跡でバレてますから。

それはそうと、鳥さんたち、ベランダで水浴びして気持ち良さそうだったなぁ。
これだけ天気がいいと、水浴びしてもすぐ乾くからいいですね。

アンチョ先生たちも、そろそろお風呂の季節かな♪
明日にでもシャンプーしようか、シャンプー!

ancho3_053114

あ、イヤなのかな、やっぱり(笑)
予定では、3ニャンはGWにでもお風呂に入れる予定だったんですけどね。
先延ばしになってしまって…梅雨に突入する前に実行したいんだけどなぁ。
まずは、アンチョ先生からキレイさっぱりしていただこうかな♪


thankyou6.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 14:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1019-dc98509b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>