ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【米国発】世界最大級のにゃんこ保護施設♪

最近は、世界各地で猫カフェがオープンしておりますが、
野良猫や捨て猫、飼い主を失ったにゃんこたちに
純粋に救いの手を差し伸べているのは、やはり
利益を度外視したNPOや動物保護団体の保護施設なのでしょう。

ボランティア活動として、にゃんこたちの命をつないでいくのは
苦労の連続だと思うのですが、今回、ネット検索をしていたら、
世界一大規模と言われる保護施設の記事を発見。

米カリフォルニア州パーリアのキングス・リバー・ロードにある
「ザ・キャット・ハウス・オン・ザ・キングス」では、現在、
700匹以上のにゃんこが集団生活をしています。
しかも、この施設で暮らすみニャさんは、
ケージを使用しない放し飼い状態で
じつに自由気ままに猫生を満喫しているのです。

猫の王国さながらの風景があまりに見事だったので、
「ねこねこNEWS」でもご紹介させていただきます♪
いずれも2013年の春に撮影されたお写真です。

保護施設らしからぬ普通のおうちっぽいリビングに、にゃんこが満載↓

slide_351314_3789334_free
Christina Gandolfo

ソファはもちろん、お猫さまが占領…↓

slide_351314_3789357_free
Christina Gandolfo

室内は至る所にねこちゃんが…↓
みんニャ、それぞれお気に入りのスポットがあるのかな?

slide_351314_3789318_free
Christina Gandolfo

お外も、もちろん、ねこだらけ↓

slide_351314_3789361_free
Christina Gandolfo

カリカリごはんも大量です(笑)いったい何匹分なんだろう。。↓

slide_351314_3789344_free
Christina Gandolfo

お水も飲み放題!でも、ここは水飲み場じゃなさそうですが(苦笑)↓

slide_351314_3789333_free
Christina Gandolfo

キャリーの数もハンパないですね↓

slide_351314_3789332_free
Christina Gandolfo

猫の王国は、猫好きさんたちの天国…ですよね↓

slide_351314_3789336_free
Christina Gandolfo

いくらちゃんとした保護施設でも、あまりに数が多いと
お世話やお掃除が行き届かなくて、不潔っぽくなりがちですが、
このキャット・ハウスでは、そんな心配はいらなそうですね。

これらの写真を撮影したのは、
ロサンゼルス在住の写真家、クリスティナ・ガンドルフォさん。
彼女のHPには、これ以外のショットもたくさん掲載されているんですよ:
CHRISTINA GANDOLFO

これだけ立派な保護施設となると、設立者のことが気になりますが、
このキャット・ハウスをたちあげたのは、
Lynea Lattanzio(リナイア?ラネイア?ラッタンツィオ)さんという
ひとりの女性。保護活動を始めたのは、20年以上も前のことです。

Lyneaさんが現在の施設があるキングス・リバー・ロードの
広大な土地に引っ越してきたのは、離婚してから2年後の1983年。

「子どものいないシングル・ウーマンが、
6エーカーもある土地にひとりで住んで、何をすべきなのか…」と
ずっと考え続けていた彼女は、9年後、父親の愛猫のマンクスが
天に召された時に、マンクスの子猫をもらい受けようと
地元のシェルターを訪れました。

しかし、彼女が引き取ってきたのは
マンクスではない雑種の子猫、計15匹!さらに
その年の終わりまでには、96匹のホームレスにゃんこを保護。
長らく自問自答を続けていたLyneaさんは、ついに
猫たちの保護活動というを天職に巡り会ったのでした。

1993年には獣医になる宣言をして仕事を退職。
にゃんこたちの去勢・避妊手術の医療費削減に成功し、
さらに愛車のメルセデス・ベンツや2カラットのダイヤモンドの結婚指輪も
猫たちのために手放しました。

1997年にはキャット・ハウスは、地元の地区制特例許可を受け、
公共施設として多くのボランティアや資金援助を得ることが可能に。
2003年には、さらに多くのボランティアや寄付金を得ながら、施設を拡大。
FIV感染にゃんこ専用のエリアも設け、さらなる充実を図りました…

キャット・ハウスのHPに書かれていた歴史を、ざっくり訳すと
こんな感じなのですが、いやはや、もう言うことはないですね。
Lyneaさん、素晴らしい!正真正銘のキャット・マザーです!

2008年にアップされたちょっと古い映像になりますが、
YouTubeにはリニアさんのインタビュー動画もアップされています↓



動画で観ると、さらに素晴らしさが伝わりますね。
施設には、わんこもいるだなぁ♪

おそらく、広大な土地に引っ越すことができるくらい
もともと裕福な方だったんじゃないかと推測されますが、
それにしても、ここまで思いきって猫たちに余生を捧げる勇気は
万人にできることではありません。

ねこねーさんも、無駄スペースが多い自宅とお庭を
生き物くんたちのために有効活用したいと常々思っているのですが、
都心までの出勤生活を続けていると、
家の片付けすら手が回らないくらいですからね。

いっそ、アラブの大富豪と一瞬結婚して、離婚して、
その慰謝料でにゃんこパラダイスを経営したい…なーんて
ありえない妄想をふくらませてしまいますが、
宝くじに当たるよりも無理な話(笑)

まだしばらくは、地道なリーマン生活を送ることになりそうです。。

広大なアメリカならではの、スケールの大きなにゃんこ保護施設。
日本でも過疎化して土地の余っている地域にご協力いただいて、
同様の施設ができるといいですね。

つい先日、わんにゃんの殺処分ゼロの行動計画が環境庁から発表されたので、
キャット・ハウスのような海外の成功例も参考にしていただきたいなぁ。

Lyneaさんの努力の賜物、
ザ・キャット・ハウス・オン・ザ・キングスのHPはこちら:
The Cat House on the Kings

関連記事はこちら↓
The Huffington Post(5月29日):The World's Largest No-Kill Cat Sanctuary Has Saved More Than 20,000 Feline Friends
One Green Planet(6月5日):The World’s Largest Cat Haven, Saving 24,000 Felines and Counting (PHOTOS)


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1024-2b85ba0d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>