ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【愛媛発】世界も注目!ねこまみれの島「青島」

東日本大震災から、今日で4年。
本日は、メディアでもさまざまま関連ニュースが取り上げられています。

4年前の今日の日を忘れないために、「ねこねこNEWS」でも、
関連記事をお届けしたい!と思ったのですが、ふさわしいねこネタが
なかなか見つからず…うーん。。

せめて今日は、海外ではなく、国内のニュースを取り上げて
日本のにゃんこ問題について真面目に考えてみようと思いまして、
東北とはまるで違う地域ですが…「猫の島」として有名な
愛媛県の「青島」にズームインっ!

本当は、「猫の島」としては宮城県の「田代島」のほうが有名で、
こちらのほうが震災関連の記事にしやすいのですが…

田代島と東日本大震災については、こちらのまとめ記事へ↓

NAVERまとめ(2014年4月27日)【リアル・猫の恩返し】猫の島 田代島 東日本大震災での壊滅の危機を救ったのはやっぱり猫まとめ

じつは、ちょっと前から、海外の複数のメディアで、
青島で暮らすにゃんこたちの写真が注目を浴びているのです。

海外サイトで取り上げられている写真というのは、
ロイター通信社のカメラマンが撮影した青島のねこたちの一連の写真。

パッと見、合成のようにも思える、こちらの迫力満点の
にゃんこの集合写真も、そのうちの1枚です↓

ad_161782930-e1425468534725
Picture: REUTERS/Thomas Peter

瀬戸内海に浮かぶ青島は、いわゆる「野良猫パラダイス」。
でも、あまりにねこたちの数が増え過ぎて、
さまざまな問題が生じていることも確かです。

上の写真のにゃんこたちも、モフ毛や顔かたちの類似性から、どう考えても、
兄弟姉妹、もしくはご親戚でしょう。と思わざるを得ない状況で。。

なかには、首輪をしているにゃんこもおりますが、
みニャさん、無防備な野良猫ライフを送っているうちに、
子孫繁栄しまくってしまった感が否めません。

船着き場のにゃんこ率もこのとおり…↓

aoshima-1
Picture: REUTERS/Thomas Peter

もちろん、これだけにゃんこが集まっていれば、
写真好きのねこ好きさんたちにとっては、見るところすべてがシャッターチャンスの
絶好のシチュエーションだとは思うのですが、

たとえば、こんな写真や…↓

ad_161757739
Picture: REUTERS/Thomas Peter

こんな写真は…↓

ad_161757645
Picture: REUTERS/Thomas Peter

猫カフェに行ってもなかなか撮れません。そもそも、島暮らしの野良猫たちは
猫カフェのにゃんことは顔つきが違いますからね。野性味あふれる猫らしさが、
青島ににゃんこ目当ての観光客を招き寄せているのでしょう。

とはいえ、家を出れば、ねこ、ねこ、ねこ…↓

ad_161757717
Picture: REUTERS/Thomas Peter

家の周囲にも、ぐるりと、ねこ、ねこ、ねこ…↓

aoshima-2
Picture: REUTERS/Thomas Peter

そして、おそらく、そんなねこたちのそばには、
カメラを構えた見知らぬ観光客がウロウロ…といった環境では、
島の人たちの平和な暮らしを守るのも難しいのだと思います。

ad_161757668
Picture: REUTERS/Thomas Peter

田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト徳之島や馬島のTNR活動のように、
大々的な取り組みが行われない限り、島のにゃんこの数は減りそうにありません。

これが自然と共に生きる野生動物の話であれば、おそらく生き物たちの
バランスは、自然の摂理のもと、いい感じに落ち着くのでしょうが、
人を頼りに生きていくしかないねこたちの世界では、
そういうわけにもいきませんから。

野良猫問題は、エサを与えれば無責任、飢え死にすれば、ああ無情、
保護したくても数には限界が…という悩ましさが常につきまといます。
ねこねーさんも、ブログで取り上げることくらいしかできなくて、
言いっぱなしになってしまうのが心苦しいのですが、
自分の目の前にある問題以外のことに目を向ける機会も
大切なのじゃないかな、と「3.11」の今日は特別に思ってみたりしています。

その地域の問題は、その地域の人がまず先に取り組むべきですが、
他の地域や他の国の人たちの協力がなくしては、解決できないこともあります。

にゃんこの世界に県境も国境線もありませんから、
世界中のねこたちがしあわせな猫生をまっとうできるように、
人としてできることをしてゆきたいなーと思います。

そんなわけで(どんなわけで?)、3月11日。
いつも以上に地域の問題に目を向けてみたかった、ねこねーさんなのでした。

関連記事はこちら↓
METRO(3月4日):Pussies galore: Japan’s cat island may have reached peak cat
ロイター(3月4日):ブログ:「猫島」を訪ねて
IRORIO(3月4日):猫好きにはたまらない島。愛媛県の青島には120匹以上、観光客も増加


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ

クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1310-ce43390d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>