ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ネズミ退治担当!にゃんこ船員の引退パーティー

昨日は30歳の超ご長寿にゃんこ、英国のウイスキー君の訃報をお伝えしましたが、
本日ご紹介するのも、カナダ在住のシニアなお方について。

といっても、ウイスキー君の年齢に比べれば、まだまだヤングな18歳(推定年齢)。
でも人間の年齢に換算すると88歳。米寿のお祝いをするほどの立派なご長寿です。

このたび米寿のお祝いならぬ引退パーティーを開催してもらったのが、
カナダ・ノバスコシア州の州都である港町、ハリファックス在住の
茶トラにゃんこ、エリック君↓

CO9Mpq2WIAIYQjW
Photo:Love Meow

何の引退なのかというと、じつは彼、先日までハリファックスにある
大西洋海洋博物館(Maritime Museum of the Atlantic)の展示の一部として
ハリファックス湾に停泊している装甲艦「CSS アカディア」で
ネズミ退治役を務めていたにゃんこ船員だったのです。

CNlppfZWEAAB4tF
Photo:Love Meow

しかも、勤続15年の超ベテラン!
ことの始まりは1999年、栄養失調の野良ねこだったエリック君と
CSS アカディアの管理を任されていたスティーブン・リードさんとの
運命的な出会いでした。

「ある夜、友達といっしょにハリファックスの通りをあるいていたら、
この猫が後をついてきたんだよ。行く先々、ずーっとね」と当時のことを
振り返るスティーブンさん。

Screen-Shot-2015-09-21-at-31727-PM
Photo:Love Meow

スティーブンさんは友達に「このチビは、アカディアの乗組員だった
(先代にゃんこの)クレアが、ネズミ退治の仕事をする気がないことを
知っているんじゃないか」…なーんていうジョークを言っていたそうですが、
そのジョークは実際、本当だったのかもしれません。

スティーブンさんに連れられてアカディア号に乗り込んだエリック君は、
即座にやる気を見せまくり、艦内をくまなくパトロールし、
ネズミ退治の即戦力として活躍したのでした。

こちらのお写真に写っているお方がスティーブンさんなのかと思いましたが、
ちょっと違うみたいですね。制服を着ているところを見ると、
博物館スタッフのひとりなのかしら?↓

COy45VBU8AAnj2z
Photo:Love Meow

「エリックは、まさに相棒、腕利きの同僚だよ。この船には
1981年から今まで計4匹のネズミ退治担当のねこ乗組員が雇われていて、
そのうち3匹を実際に知ってるけど、エリックがいちばん優秀だね。
有能で着実に仕事をこなすんだ」と、
彼の仕事ぶりはスティーブンさんも大絶賛!

CNBmQGZWIAAJd1q
Photo:Love Meow

スティーブンさんとエリック君は同僚として15年間をともに船の上で過ごしました。
エリック君は仕事をしているスティーブンさんに、ときどき「差し入れ」を
持って来てくれたようですが、足下に差し出されたそれが何か、
みなさんもお分かりですよね(笑)

「それは(友情を示すための)象徴的なプレゼントだよね。
だから、すごくうれしかったよ。でも、もらった瞬間はギョッとしたけど」
と、スティーブンさん。

こんなお茶目で可愛らしいねこ船員のことを、世の中の人も
放っておくわけがありません。その人気が仇となって、
エリック君は過去に3回も誘拐されたことがあるそうです。

こちらはシニアにゃんこになってからの「迷いねこ広告」なのかな↓
ビラには「シニアなので療法食を食べなくちゃいけない」旨も記載されています。

BuRst8pIAAAAFKq
Photo:Twitter

誘拐騒動も無事に一件落着し、ふたたびアカディア号に戻って来たエリック君。
いくら海の上の生活に慣れているにゃんこ船員といえども、
寄る年波には勝てません。エリック君の推定年齢は17〜20歳。
すでにここ数年はセミ・リタイアという感じで、
ゆるやかなシフトで任務に取り組んでいたようです。

さらに最近は、メラノーマ(黒色腫)を患い、左目を摘出する手術を受けることに↓
さすがに片目では、ネズミ捕りの任務を遂行するのも大変ですよね。。

B97496261Z120150904093538000GOMAOK8T10
Photo:halifaxcitizen.ca

もともと「エリック」という名前は有名なバイキングの名前からとられた
かっちょいいお名前だったのですが、片目を失って貫禄を増した彼の姿は
まるで海賊船の船長のよう。エリック君ファンのPhotoshipの達人が
こんな素敵なコラ画像を作ってくれました↓

erik-the-red
Photo:CBC.ca

そんな大人気のエリック君の現役引退パーティーが行われたのは、
こないだの日曜日。もちろん会場は、エリック君が務め続けたアカディア号の上。
主賓のご本ニャンは終始お昼寝をしていたようですが、
船上でエリック君の思い出話に花を咲かせるファンのみなさまの声には
きっと耳を傾けていたのだと思います。

こちらは「カナディアン・プレス」による引退パーティーの映像です↓
インタビューに答えているハンチング帽姿のおヒゲの紳士が
エリック君の相棒、スティーブンさんですね!



こちらは「buzz60」が報じた引退パーティーの映像です↓



スピーチがあったり、ケーキが準備されたり、
どうやら人間並みの本格的な引退パーティーだったようですね♪
エリック君は、おみやげもいっぱいもらえたのかな?

erik-the-redjpgsize_xxlargeletterbox
Photo:Love Meow

今までずっと船上暮らしだったエリック君ですが、今後は港を離れた内陸部で
同僚のスティーブンさんといっしょに暮らすそうです。

昨日ご紹介したウイスキー君は30歳まで元気でしたから、
現役を引退したとはいえ、エリック君の猫生もまだまだこれから!
スティーブンさんの良き相棒として、末永く長生きしてくださいね♪


関連記事はこちら↓
Halifax Citizen(9月4日):Erik the Red set to retire
TheChronicleHerald.ca(9月20日):Purrfect retirement party for ship’s rodent control officer Erik the Red
CBC.ca(9月21日):Erik the Red retires at Maritime Museum of the Atlantic party
Love Meow(9月21日):He’s Been a Ship’s Mouser Cat for 15 Years Since They Found Him as a Stray


thankyou3jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1507-167e5eeb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>