ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ねこ肖像写真家という仕事

長期連休明けの1週間、ねこねーさんは、なかなか休みボケが抜けなくて、
今週は長かったなぁ…でも、やっとのことで金曜日です♪

週末は、にゃんこたちをナデナデしながら、おうちでゆっくりDVD鑑賞でも
したいところですが、その前に、昨日ねこネタ探しをしている時に見つけた
ねこ関連の短編作品をご紹介したいと思います。

おそらくWEB用に制作されたものだと思うのですが、
ラリー・ジョンソン氏という米ルイジアナ州在住の動物写真家に密着した
ドキュメンタリー映像です。

動物写真家といっても、みなさんおなじみの岩合光昭さんのような
野良猫や野生動物をメインに撮影するタイプの写真家ではなくて、
彼の場合、その被写体のほとんどは、血統書付きの純血にゃんこ。

ラリーさんは、世界各地で開催されるキャットショーの会場を渡り歩いて
純血種のお猫さまたちをスタジオ写真風に撮影する、
ねこ専門の肖像写真家なのです。

ラリーさんの日常に密着したこのドキュメンタリーのタイトルは、
ズバリ、“purrtraitist (ねこ肖像写真家)”。“portraitist (肖像画家)”という単語に
“purr”という猫がのどを鳴らす単語をくっつけた造語ですね。

10分弱の長めの映像で日本語字幕なしなのですが、
おそらく英語を無視しても興味深く観ていただける内容だと思います。
こちらの映像を手掛けたのは、マーク・ゼメル監督。
撮影場所は、米ニュージャージー州パーシッパニーで
今年の1月に開催されたキャットショーの会場です。



動物を被写体にした写真を撮り続けて20年以上になる
超ベテラン・カメラマンのラリーさん。
この動画では、彼の仕事に対する姿勢が魅力的に表現されおり、
キャットショーの特別な雰囲気も感じられて、そしてもちろん、
被写体のにゃんこたちはどの子も特別に磨き上げられた美ニャンぞろいだし、
ということで、10分といえども、なかなか中身の濃い秀作だと思います。

せっかくなので、ラリーさんが撮影したお写真も、
参考にした記事から拝借して、いくつかご紹介させていただくと…

見返り美人風のブサカワにゃんこのポートレート↓
おシッポの毛並みのクオリティまでバッチリ再現されています。

11167-033
Photo:Larry Johnson / PetaPixel

昔なつかしのコミック『ホワッツマイケル』のマイケル風
二足立ち姿のベンガルにゃんこ。カメラ目線もいただきましたー♪↓

I-will-Show-you-my-spots-if-you-will-show-me-yours-11197-269
Photo:Larry Johnson / PetaPixel

1匹だけ撮るよりも確実に難易度が高いツーショット写真も
ラリーさんの手にかかれば、このクオリティです↓

Father-like-Son-11057-038
Photo:Larry Johnson / PetaPixel

さらに集合写真も、7匹全員カメラ目線という素晴らしさ!↓

A-Bloomin-Handfull-11068-096-FB
Photo:Larry Johnson / PetaPixel

相手が気まぐれなお猫さまとは思えないほどのお写真ですね。
さすが、プロのねこ肖像写真家です♪

ラリーさんご自身、ちょっと俳優のマイケル・ケイン氏を彷佛させる
伊達男風ルックスの絵になる紳士ですから、にゃんこにモテるだけでなく、
飼い主のおばさまがたにもモテモテだったりして(笑)

動画の冒頭部分で、
「(僕が撮る猫の写真は) ただの猫の写真じゃないんだよ。
“僕の猫”の写真になるんだ」と語っているラリーさん。
これからも、猫じゃらし片手に、モデルにゃんこの個性を引き出しながら
ステキなお写真をたくさん撮っていただきたいなぁ♪

関連記事はこちら↓
Peta Pixel(9月30日):The Life and Work of a Traveling Cat Photographer
Popular Photography(9月30日):Behind The Scenes With Pro Cat Photographer, Larry Johnson


thankyou5jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこちゅーぶ | 13:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1516-2f372cbd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>