ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ライダーのおねえさん、子猫ちゃんの命を救う!

ついに、やりましたっ!
ここのところ、ずっとねこねーさんを悩まし続けてきた
わが家のスプレー問題の犯ニャンを昨夜、現行犯逮捕いたしました!

いやぁ、長い道のりだったなぁ。まだ問題そのものが解決されたわけでは
ありませんが、犯ニャンがわかれば、対処の仕方も変わってきますからね。
大きく一歩前進といったところでしょうか。

ねこねーさんの予想を裏切る真犯ニャンで、いまだにビックリしているのですが、
この件についてのリポートは、週末にでもまとめてお伝えさせていただきますね。

とりあえず、今日のところは、別の話題でブログを更新。
米国で九死に一生を得た子猫ちゃんの救出劇についてご紹介いたします♪

今回の命拾いをしたのは、こちらの茶トラのチビにゃんこ↓

10-21-15-rescued-kitten-in-helmet
Photo:imgur

子猫ちゃんがヘルメットの中に収納されているのには訳があって、
じつは、この子を助けたのは運転中の女性ライダー。そして、その一部始終を
記録していたのが、このヘルメットについているGoProのカメラというわけです。

YouTubeにアップされた実際の動画を観ていただければ、
説明は不要かと思います。交差点のど真ん中にいきなり降って沸いた
チビにゃんこを、とっさに救出したライダーのおねーさんの勇気と行動力に
拍手喝采の記録映像です↓



うーん、何度観ても素晴らしいっ!
おねえさんが子猫ちゃんを救出した後に一時的に子猫を預けた
青いシャツの女性もナイス・サポート!といった感じですよね。

この動画の解説欄にも書かれているのですが、
どうやら、このチビにゃんこは、動画の12秒過ぎくらいから映っている
赤いクルマからこぼれ落ちたように見えます。

ライダーのおねえさんの書き込みによると、すでにこの赤いクルマの持ち主を
突き止めたようで、自分の連絡先をクルマの持ち主に伝えたようなのですが、
まだ連絡がないとのこと。

おねえさんは、このチビにゃんこが赤いクルマの女性の飼い猫なのか、
それともエンジンルームかどこかに隠れている間にクルマが動き出して、
交差点で落っこちてしまったのか、そのあたりについて確認したいようです。

絶体絶命のピンチから救われた子猫ちゃんのその後はというと…

今では命の恩人のおねえさんのおうちの子になっているようです。
これ以上の里親さんはいませんから、本当に強運の持ち主なんでしょうね。

男の子であることが判明したチビにゃんこは、おねえさんから
スキッドマーク(Skidmark=タイヤのスリップ痕)という名前を
つけてもらいました。いかにもライダーらしいネーミングセンスです♪

おねえさんのYouTubeチャンネルE511には、
スキッドマーク君の近況動画もアップされているんですよ。

おねえさんの顔を見上げる甘え顔のスキッド君。幸せそうだなぁ↓



おねえさんのおててにジャレまくるスキッド君。子猫の可愛らしさ全開です!↓
これは、おねえさんのほうもメロメロですね♪



関連記事はこちら↓
The Telegraph(10月21日):Motorcyclist adopts kitten after saving it from certain death on busy road

はぁぁ、いい映像を見せていただきました!
きっとこういうのを運命の出会いっていうんでしょうね♪

そして、たまたまヘルメットに装着していたGoProとYouTubeのおかげで、
この奇跡の救出劇の感動を世界中のみんなと共有できるという素晴らしさ。
世の中、捨てたもんじゃない、とわけもわからず勇気づけられてしまう
ねこねーさんなのでした(笑)

唯一、動画に映っている赤いクルマの存在が気掛かりですが、
悪意のある行為ではなかったと思いたいですね。
うん、そうであってほしい、絶対に。

ライダーのおねえさんの里子になったスキッドマーク君、
この際、おねえさんといっしょに旅に出られるように、
バイク乗りのにゃんこになる特訓にも励んでいただきたいなぁ。
末永く可愛がられてくださいよー!


thankyou5jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこちゅーぶ | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1537-3b98943b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>