ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スプレー犯ニャン捕物帳!

昨日の夜は、やけに風が強いと思ったら木枯らし1号が吹いていたんですね!
いよいよ冬のはじまりです。

今日も引き続き、強風続きで、この感じでは、お庭の落ち葉の掃き掃除は
どう考えても無理そうですね。。ひとまず、昨日のうちに
ギンナンの下処理を済ませておいて正解でした!
でも、この風だと、ギンナン、またいっぱい落ちているんだろうなぁ。。

強風のため、庭仕事が無理そうなので、今日は延ばしに延ばしていた
わが家のスプレー問題の犯ニャン逮捕までのねこねーさんの推理を
ブログにまとめてみたいと思います。いつも以上に長くなりますよー!

元野良ねこのトトちんが1週間の通い猫生活を送った後に、
ねこねーさんちにお迎えされたのは7月の最終日。
それからというもの、わが家の古株の3ニャン VS トトちんの対立構造が
できあがってしまったのですが、連日お決まりのようにスプレーされるように
なったのは、シルバーウイーク後。

それまでは、お風呂場の脱衣所のバスマットの上とか、時折やられることは
ありましたが、毎日ではなかったのです。おそらく、シルバーウイークに
今まで放置しっぱなしで使わないでいたダイニングルームを大掃除してから
室内環境の変化が引き金になって、 連日スプレーしたくなる気持ちに
スイッチが入ってしまったのでしょう。

問題は、4ニャンいるうちの、誰がスプレーをしているのかということ。

ねこねーさんが、真っ先に怪しいと思ったのは、
わが家のパトロール隊長にして最年長にゃんこのアンチョ先生↓

anchovy_102515


パトロール隊長は、縄張り管理がお仕事ですからね。
自分の縄張りに、新入りにゃんこのトトちんがやってきて、威厳のあるところを
見せつけなくちゃいけないと感じているのではないかと。

実際、アンチョ先生はトトちんを威嚇しながら教育しているようだし、
トトちんも、師匠であるアンチョ先生には逆らえないみたいで、
師匠に威嚇されると、反逆せずに縮こまっているのです。

でもなぁ、アンチョ先生はすでにトトちんからリスペクトされている気配だし、
それなのに、こんなに毎日スプレーして存在をアピールする必要があるのだろうか。
うーむ…決定的瞬間を目撃したわけではないし、
犯ニャンとして断定するわけにはいかないのかも。

というのも、トトちんも、こないだ手術はしたものの、
立派なタ◯タマを持っていた男の子。大きくなってからの去勢手術だと、
スプレー癖がなおらない場合もあるようなので、
その意味では、トトちんも怪しい…↓

toto1_102515

新しいおうちにやってきて、いちばん自分のニオイをつけたいと思っているのは、
おそらくトトちんだし、以前、トトちんがルビちゃんをものすごい勢いで
2階から1階へ追いかけて行った時も、廊下にオシッコが飛び散っていたし。

あの時は、ルビちゃんがビビってオシッコをチビッたのかと思ったのですが、
もしかしたら、トトちんが追いかけながらオシッコ爆弾をばらまいていた可能性も
限りなく高いわけで…うーん、やっぱりトトちんなのか!

カワイイお顔して、そこはやっぱり男の子!縄張り意識は強いのかもしれません。

が、しかし。
そんなねこねーさんの疑惑の目が、別のにゃんこに向けられる事態が
先日起こりました。それは、リビングルームのソファへのスプレー攻撃が
あまりにヒドいので、先週末、ソファのお掃除をしながら、リビングの断捨離にも
着手していたところ、4ニャン中、1匹だけがリビングで作業を続けるねこねーさんに
絡み続け…それが、こちらのお方だったのです↓

vivian1_102515

アンチョ先生もルビちゃんも隣のダイニングルームで爆睡しているのに、
ビビちゃんだけがソワソワと落ち着かなくて、リビングでオシッコの水たまりがある
床掃除をしていたねこねーさんのそばを行ったり来たり。うーん、怪しい!

ビビちゃんは、アンチョ先生の教育的威嚇とは別の意味の威嚇を
トトちんに対してぶちかましておりまして、それは「スケ番ビビ子」とでも
言いたくなるような、かなりの迫力の「シャーーーー!」なのです。

こちらは、階段の踊り場でトトちんを威嚇するビビ子さんの図↓

vivitoto_102515

これだけ迫力のある威嚇をしていれば、さらにトトちんを撃退したい想いが募って、
ソファにスプレーしまくる可能性もなきにしもあらず…
でも、ビビちゃん、生粋の乙女にゃんこなんだけどなぁ。ネットで調べると、
女の子でもスプレーする子がたまにいるって書かれているので、
ビビ子さんもそのレアケースなのでしょうか。

うーん、信じたくないけど、でもこのソファ周りへの異様な執着心は
どう考えても怪しい…とねこねーさんがモヤモヤしていたところ、
こないだの月曜日、物的証拠を押さえました!

リビングのお掃除をした後に、リビングとダイニングの間のドアを閉めたはずが、
まんまと別のドアから室内へ潜入されてしまった話は、過去ブログでチラッと
ふれてましたが、その時に撮影したのが、こちらのお写真↓

sofa1_102515

せっかくキレイに拭き掃除をしたソファの上に、またもや激しいスプレーの嵐!
そして、そこには犯ニャンのものと思われるモフ毛の固まりが…
よく見てみると、明らかに茶色い毛が混じっていますね↓

sofa2_102515

わが家で茶色いモフ毛の持ち猫は、三毛猫のビビ子さん以外にいませんから、
これは、ついに犯ニャン確定!トトちんに追いかけられて、ソファの上まできて
バトルった挙げ句に、スプレーしまくった…という感じでしょうか。

うーん、こうなったら、ビビ子さん要注意!ということで、
なんとか犯行現場を押さえたい!と思うと同時に、なんとかビビ子嬢の
荒ぶる乙女心を落ち着かせなくては!と思い、その日から集中的にビビちゃんを
ナデナデしたり抱っこしたり、いつも以上のお姫様待遇を心掛けました。

が、しかし。
またもや、ねこねーさん探偵の読みは外れたのでした。
ビビ子さんとは別の真犯ニャンが存在したことが判明したのは、木曜日の夜。

ビビちゃんのいたわり作戦が功を奏したのか、その日は帰宅しても、
どこにもスプレーされた形跡はなく…よしよし♪と思って、ねこねーさんは
夕飯の準備に取りかかったのですが、いざ、ごはんを食べようと思って
ダイニングテーブルのところへ行くと、あら?さっきまでなんともなかった
ダイニングの社長椅子の上が、なんだか濡れてる?

どう考えても、これはスプレーされたあと…でも、ここにはビビ子さんは
いなかったよね?いたのは、ルビちゃん???

ねこねーさんが、キツネにつままれたような思いを感じながら、
ルビちゃんの行方を探すと、ルビちゃんは、部屋の反対側の棚の上にある
ヒョウ柄ベッドの中に鎮座していました。
しかも、次の瞬間に信じ難いことが起こったのです。

え?まさか、もしかして、ルビちゃん踏ん張ってる?

なんと、ビビ子さんはねこねーさんの目の前で、ヒョウ柄ベッドの上へ
おしりからの成果物をリリース中…ひえぇぇーーーーーーーー!

このベッドの中には以前にも、おしりからの成果物が残されていたことがあり、
和室の入口の板の間と同様、ここもスプレー行為の一環としてターゲットに
されているんだなぁ、という認識はあったのですが、まさか、まさか、
その犯ニャンが、ルビちゃんだったとは!

rubian1_102515

ということで、まさかの大穴、ルビちゃんが犯ニャン確定です。。

トトちんへの乙女にゃんこの態度は、ビビ子さんが「スケ番風威嚇」だとすると、
ルビちゃんは「この世の終わりのような大袈裟な悲鳴」なので、
ルビちゃんのほうがトトちんへの恐怖心が強いのは明らかなのですが、
そのストレスが、まさかこんなに激しいスプレー行為としてあらわれるとは。

家中に自分のニオイをつけまくってなんとしてでもトトちんをこの家から
追い出したい!といった心境なのでしょうか。

ルビちゃん、ねこねーさん気づいてあげられなくてごめんね。
あまりに意外な真犯ニャンだったので、ねこねーさんも犯ニャン逮捕に
乗り出すよりも、ルビちゃんケアに全力を注がなければ!という想いが
強くこみあげてきてしまいました。

じつは、今回のリビングのソファへのスプレー攻撃は、
ほんとに頭が痛くなるほど凄まじかったので、犯ニャンが確定する前に
ねこねーさんはこんな秘密兵器をゲットしていたのです。

スプレー対策としては、とにかく徹底的にスプレーされたところをお掃除して
ニオイを消すことが大切!でも、オシッコの水たまりと違って、飛び散った分に
関しては、乾いてしまうとどこにスプレーされたのかが分かりにくく、
掃除し損ねてしまうことも多いのだとか。

そんな時に威力を発揮するのがブラックライト!

こちらの写真も、パッと見はなんともないように見えますが…↓

sofa3_102515

ブラックライトで照らすと、ご覧のとおり↓
矢印の部分に何かが飛び散った後がうっすらと浮かび上がっています。

sofa4_102515

にゃんこのオシッコだけでなく、わんこのオシッコもブラックライトで照らすと
光るようなので、オシッコ問題で悩んでいる方は、関連情報について
ネットで調べてみてください。

そして、もうひとつ、にゃんこ限定のスプレー対策として、
こんなものもゲットしておりました↓

feliway1_102515


にゃんこのお顔から出るフェロモンが含まれているスプレー「フェリウェイ」です。
この商品に含まれているねこの頬から分泌されるファイシャルフェロモンには、
にゃんこを安心させる効果があるそうなのです。

オシッコされて困るところに、このフェロモン入りの液体をスプレーすることで、
にゃんこの気持ちが落ち着いて犯行に至らない効果があるのだとか。

feliway2_102515


そうですね、ビビ子さん。
にゃんこのフェロモン入りの香水みたいなものですね。
でも、このフェリウェイの効き目には個体差があるようで、わが家で最初に
リビングのソファに試した時は、スプレーした量が足りなかったのか、
まったく威力を感じられず…まんまとオシッコまみれになっていました。。

でもその後、ルビちゃんが犯ニャンと判明した後に、
リビングの社長椅子にスプレーした結果、それからは同じ場所での被害は
起きておらず。さらに、別の場所での被害も今のところ、ないようだし、
もしかしたら、このフェリウェイのおかげなのかもしれません。

それにしても、うーん、真犯ニャンがルビちゃんだったなんて、
ねこねーさんは、いまだにショックです。。

アンチョ先生、疑ってしまってゴメンナサイ。
でも、ルビちゃんだけでなく、複数犯による犯行の可能性もありますから、
まだまだ安心はできないわけですが、とにかくこれからは、
トトちんとルビちゃんの関係改善もしくは2ニャンの距離を保つ努力に
励まなくてはっ!

ルビちゃんは、よくこんな感じでテーブルの下で
ビビ子さんといっしょにトトちんを監視していることが多いのです。
やっぱりストレスを感じているんだろうなぁ…↓

rubivivi_102515

警戒されまくっているトトちんはというと、
さすがに見られていることには気づいていると思うのですが…↓

toto2_102515

まぁ、トトちんの性格的に、それがストレスになっているとは思いにくい感じかな。
基本的にトトちんは、ねこねーさんのストーカーなので、
ねこねーさんが2階に移動すれば、つられて2階へついて来る良い子です。

ルビちゃんを意図的にターゲットにしているというよりも、
興味の対象は、ねこねーさんなので、その点では安心しています。

ルビちゃんも四六時中ピリピリしているのかというと、そんなこともなくて
トトちんと距離が離れていると全然平気そうにしているし、
ごはんもモリモリ食べるし、元気いっぱい!
時間が経てば、少しずつ状況は改善すると思いたいのですが、
これからは、ルビちゃんの様子には今まで以上に注意して、
乙女心をケアしてゆきたいと思います。

rubian2_102515

こんな感じにいつもしあわせそうにしていてくれるといんですけどねぇ。
猫一倍センシティブなルビアンちゃん、
トトちんの存在を早く克服してほしいなぁ。

長くなりましたが、これがねこねーさんちのスプレー問題の現状です。
ここ2、3日はいい感じにスプレーの再発がないので、
現状維持で頑張りたいところですね。

ずっとおうちにいて4ニャンを観察できればいいのですが、
平日はそうもいかないので、また月曜になると異変が起こるんじゃないかと
不安にかられますが…どうかわが家の平和が維持できますように。
にゃんこの神様、どうぞよろしくお願いします!

thankyou7jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 15:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1539-3cf2371d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>