ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ルビ+ビビ姉妹、2階へご帰還?

11月になってから、秋らしさを通り越して、朝晩はかなり冷え込んできましたが、
今日は比較的気温も高めの過ごしやすいお天気です♪
北海道でも20℃越えなんて、めずらしいみたいですね。
ですが、冷え性MAXのねこねーさんはすでにボア裏地付のコートを着用(笑)

オフィスの中は暖房がきいていて暑いくらいなのですが、
通勤帰宅時には、けっこう歩くので、厚手のコートでないと凍えてしまうんですよ。。

今からこんなに着込んでいたら、真冬になったら、どうするんだ?
といった感じですが、冬になったら毎年、足首までのロングコートです。
さらに寒くて仕方ない時は、薄手のコートをその下に着込むという
着膨れ状態になるのですが、本当は冷え性が緩和されれば、
そこまでしなくてもいいんですよねぇ。

今年の冬は、どうやら暖冬の可能性が高いようなのですが、
少しでも冷え性を直すために、今から地道に筋力アップに努めたほうが
いいのかもしれません。

じつは、わが家にも、ねこねーさん並みの冷え性にゃんこが1匹おりまして。
それは、ビボーの乙女のビビ子さん。

丸ぽちゃ体型のくせに、どういうわけだか寒さに弱く、
冬になると夜寝る時は、必ずねこねーさんのお布団の中に潜り込んでくるし、
こたつを設置すると、コタツ布団の下から出てこないし、
隙あらば、テレビの上で暖を取ろうとするし、
他のにゃんこと比べ物にならないほど、ポカポカ欲求が激しいのです。

最近はルビちゃんとアンチョ先生といっしょに、1階のダイニングルームに
入り浸っているビビ子さんですが、文化の日だったかな?
ちょっと前の冷え込んだ夜、ビビ子さんがいないと思って探しまくったら、
2階の乙女部屋のドーム型ベッドの中に、ちゃっかり収まっておりました↓

vivian1_110515

あらま、ビビ子さん!2階に戻って来たんですね!お帰りなさーい♪
ねこねーさんは、ビビちゃんが2階に帰って来るのを待ってたんですよ。
1階は2階よりも冷え込むので、きっと寒くなったら2階に来るんじゃないかと
予想していたんですが、まっ先に乙女部屋のドームの中に戻って来るとは!
やっぱりオープンタイプの猫ベッドより、ドームのほうがあったかいのかな?

それにしても、このドーム、3ニャンに上に乗っかられて、
ぺっちゃんこになっては復元し、またぺっちゃんこにされては復元し、の
くり返しで、ずいぶんヨレヨレになってしまいましたが、
作りがしっかりしているので、いまだに持ちこたえている優れものです♪

色合いもピンクベースの乙女部屋にぴったりなので、
なかなか他のものに買い替えられないでいるんですよねぇ。

vivian2_110515

ビビちゃんも、そう思う?
ずいぶんと潰れ気味で、カボチャみたいなカタチになってきてるんだけど。
やっぱり、そろそろ寿命かなぁ。

vivian3_110515

お!ビビ子チェック的には、まだまだOKなのかな?
ドーム型ベッドは、お値段的にも高めなので、できればこのまま
使い続けていただけると、ねこねーさんも助かりますよー!

ビビ子さんが、乙女部屋のドームベッドに潜り込んでいるちょうどその時、
姉妹にゃんこのルビちゃんはというと、やはり2階に戻って来ておりました。
ルビちゃんの場合、冷え性というわけではないのですが、
かなりのビビリっこなので、自分の隠れ家に戻って来たかった…
という意味合いのほうが強いみたいです。

というのも、ルビちゃんこ隠れ家というのは、ココ↓
ねこねーさんの寝室に置いてある簡易クローゼットの天辺部分。

rubian1_110515

屋根の部分も布なので、上に乗っかると、ちょうどハンモック状態に
なるのだと思います。新入りにゃんこのトトちんが2階に来るまでは、
ここがルビちゃんのお気に入りスポット=隠れ家だったのです。

rubian2_110515

うん、トトちんはカラダがどデカイから、さすがにそこまで登ろうとは
しないと思うよ。それに今、トトちんは1階のダイニングでお昼寝しているから
しばらくは2階に来ないはず。ルビちゃん、安心していいですよー!

rubian3_110515

ホントにホントに、ホントです。
ねこねーさん、ルビちゃんとビビ子さんが2階に戻って来てくれてうれしいなぁ。
最近は、トトちんも1階のリビングに出没する回数が多くなったことだし、
1階にいても2階にいても、トトちん遭遇率は同じですからね、
ルビちゃんも、前と同じように、2階でも寛いでくださいな。

と、まぁ、この時は、こんな感じで、なだめていたのですが…

じつは、昨日というか、今朝というか、またもや騒ぎが起きまして(苦笑)
昨日の晩は、それほど寒くもなかったので、3ニャン+トトちんは、
いつものようにダイニングルームで、各々まったりした夜を過ごしておりました。

ねこねーさんだけひとりきりなのは、寂しいので、
ビビ子さんに添い寝当番になってもらおうと思いまして、
冷え性のビビちゃんだけダイニングからピックアップ。
1人と1匹、ぬくぬくと深夜過ぎのベッドに潜り込んだわけですが、
明け方、ねこねーさんは、にゃんこの唸り声で目が覚めまして…

あれ、ビビ子さんかな?と思ったものの、
ビビちゃんは、ねこねーさんの隣りでビューティースリープを満喫中。
ということは、ルビちゃん?…どうやら、ベッドの脇のサイドテーブルの下に
いるようなのですが、唸っているということは、当然、その視線の先には
トトちんもいるのだろうなぁ…とベッドの中で意識を取り戻しつつ、
ぼんやり考えていたら、突然、ドタドタドタッーーーー!と
ルビちゃんらしきにゃんこが、すごい勢いで寝室から飛びだして行きました。

あーあ、ルビちゃん、せっかく2階まで来てくれたのに、
トトちんのせいで、また1階に戻っちゃったよー。と、まだベッドの中で
半分寝ながら残念に思っていると、階段のほうから断末魔のような悲鳴が!

さすがに心配になって、寝ぼけながら起きてみると、時刻は朝の4時半前。
ルビちゃん、頼む、こんな時間に騒がんでくれ。。と思いながら、
階段を降りてゆくと、そこには、すでにルビ子嬢の姿はなく、
乙女にゃんこが激昂してチビッたオシッコが派手に飛び散っておりました(苦笑)

おかげで、ねこねーさんは、朝の4時半から床の拭き掃除をする羽目に。
ご本ニャンはというと、すでに落ち着きを取り戻して、
ダイニングの椅子の上で、済ましてお座りしています。
そのすぐ上のテーブルには、ルビちゃんを追いかけていたと思われるトトちんが、
これまた「ニャにか問題でも?」とでも言わんばかりの表情で、
お座りしていて…怒る気も失せました。

平気な顔をしていても、ルビちゃんは内心、心臓バクバクのはずなので、
起床時間までのわずかの間、今度はルビちゃんを連れてベッドに戻り、
抱っこして眠ることに。

昨日は、ビビ子さんがトトちんに「鼻チュウ」しているところを
初めて目撃して「よしよし、いい感じ♪」と思い始めていた矢先だったのに、
まさかの、ビビちゃん、オシッコちびり事件。。

相変わらず、一歩進んで、二歩下がるといった感じのわが家のねこ事情ですが、
でも、ルビ+ビビ姉妹が2階に戻りつつあることだけでも
進歩していると認めたほうがいいのかな?

今日また家に帰って、オシッコが飛び散っていないといいのですが。。
ここしばらく、スプレー問題からも解消されて平和だったんだけどなぁ。
まったく、乙女心はわかりませんねぇ。とほほ。


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 13:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1550-54284e1b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>