ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ゴミ処理場で危機一髪!ピンチの子猫ちゃん救出劇

本日は今年最後の22日、ニャン・ニャン月イチねこの日ですね♪
お猫さまたちがもたらしてくれた今年1年のしあわせに感謝したい
プチ記念日ですが、今回お届けする海外ニュースでは、
そんな愛すべきお猫さまに救いの手を差し伸べてくれた
心やさしき人間たちにも拍手を送りたくなります。

米カリフォルニア州北部に位置するガルトのリサイクル・センターで、
先週の火曜日、1匹の子猫ちゃんの命が救われました。
映画のワンシーンにあるような絶体絶命の大ピンチから救われたのが、
こちらのあどけないチビにゃんこ↓

Kittensavedfromtrashcompactor
Photo:YouTube

じつはこの子、どういうわけだか大量のゴミに混じってゴミ収集車に乗せられて
このリサイクル・センターまで運ばれてきてしまったのです。
こちらはセンターに運び込まれたゴミの山↓

こんな雑然、混沌たる世界の中に生まれて間もないちっぽけなにゃんこが
紛れ込んでいても、なかなかひと目につくことは難しいと思われます。

Recycling-piles-in-Galt-JPG
Photo:KCRA/Tom Miller

ゴミといっしょに運び込まれてしまったチビにゃんこは、そのままゴミとして
リサイクルの仕分けをするベルトコンベヤーの上に乗せられてしまいます。
そして、そのベルトコンベヤーの先には、ゴミをひとかたまりにする圧縮器が
死の淵のような大きな口を開けてにゃんこを待ち受けているのです。

こちらがゴミに紛れたチビにゃんこを乗せながら、
あの世へのカウントダウンを始めていた恐怖のベルトコンベヤー↓

Conveyor-Belt-in-Galt-JPG
Photo:KCRA/Tom Miller

にゃんこの命は、もはや風前の灯火…処刑台へ続く道のようなコンベヤーの上に
乗ったまま、わけもわからず運ばれてゆく子猫ちゃんの存在に気づいたのは、
コンベヤーの脇で仕分け作業を担当していたオペレーターのトニー・ミランダさん。

猫の鳴き声に気づいたトニーさんが、声がする黒い袋を持ち上げてみると、
その下にはなんと生きた子猫ちゃんの姿がっ!
かなりのスピードで動き続けるコンベヤーに運ばれてゆくにゃんこを
彼はとっさにつかみあげ、無事に大切な命を救出することができたのです。

「ここには大量のゴミが運ばれてくるし、たくさんの機械も動かしている。
そんな中で、小さな子猫が生き延びているなんて驚きだよ。
今日はこの子のおかげで幸せになれた。まさに最高の気分だね」
と語るトニーさん。

いやいや、最高なのはトニーさん、あなたですから!

チビにゃんこの命をとっさに救ったゴミ処理場のヒーロー、トニーさんご自身による
救出現場の解説と実際のチビにゃんこの様子はこちらのニュースでご覧ください↓



トニーさんといっしょに動画の中に登場するもうひとりのおねえさんは、
センターで機械の操作を担当しているヘザー・ガルシアさん。
施設内に流れた館内放送を聞いて、子猫の存在を知ったヘザーさんは
ベルトコンベヤーのそばまで子猫ちゃんの様子を見に行き、
愛らしいにゃんこと遊んでいるうちに母性本能をくすぐられてしまった模様。

その日はそのままセンターのスタッフからミルクをもらったりして、
至れり尽くせりのもてなしをうけたチビにゃんこは、翌日には正式に
ヘザーさんの里子としておうちに迎え入れられました。

女の子だったこの子は、救出された資源回収施設(Material Recovery Facility )
の愛称である“The Murph”から命名されたマーフィーという名前も
つけてもらったそうです。

Survivor-Kitty-JPG
Photo:KCRA/Tom Miller

ゴミと同化していた小さな命が、今ではヘザーさんの宝物に♪

こんなに可愛い子がゴミといっしょに潰されてしまうことを考えると、
想像するだけでゾッとしてしまいます。ぺちゃんこにならなくてホント良かったね!

それにしても、マーフィーちゃんは強運の持ち猫だったのでしょう。
ベルトコンベヤーの上で見つけてもらえたことも奇跡ですが、
そこまで無事にたどり着いたことも、これまた奇跡。

ゴミ収集車の中はもちろん、大量のゴミといっしょに地面に下ろされたり、
コンベヤーに乗せるためにショベルカーに持ち上げられたりする間に
ケガをする可能性だってかなり高いのですから。

センターで働くみなさんも、ゴミ処理場に咲いた一輪の花のように
マーフィーちゃんをもてなしてくれたみたいだし、こんな可愛い子を
ゴミと一緒に捨てたのは誰だっ!と言いたいところをグッとおさえて、
ここはひとつ、ハッピーエンドで終わらせたいと思います♪


関連記事はこちら↓
KCRA Sacramento(12月15日):Kitten survives Galt recycling center, rescued just before falling into compactor
Daily Mail(12月16日):'It's just so cute': Adorable tiny kitten rescued from conveyor belt at California recycling center plant
ABC News(12月17日):'Kitten 'Seconds Away' From Death at Recycling Plant Rescued by Employee



thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1598-36fa982a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>