ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

新春☆お出迎え風景

お正月休みも三が日を終えると、いきなり最終日なんですねぇ。
明日から出勤で、またちゃんと朝起きられるか、不安が募るねこねーさんですが、
おうちの4ニャンはというと、いつもどおりの毎日のほうが決まった時間に
ごはんがもらえて好都合みたいです。

お休み中は、朝寝坊なねこねーさんの都合にあわせて、
カリカリのお給仕が気まぐれタイムでしたからね。
それに、今年は年末はクリスマス会でお友達が大勢くるし、
大晦日も宿泊客がいたりして、人見知り傾向の強いアンチョ先生以外の
3ニャンにとっては試練が続きましたから、これでやっと平和な毎日が
戻って来るといった感じでしょうか。

それにしても不思議なのが、来客時は特に予告していなくても、
玄関のドアをあけたとたんから、にゃんこたちは引き潮状態。
ねこねーさんだけの時はみニャさんでお出迎えしてくれるのに、
知らない人の声や気配で姿が見えなくてもわかるのでしょうか。

元旦もお友達といっしょに池袋に向かう時は姿を隠していたみニャさんですが、
ねこねーさんが帰って来た時には3ニャン総出で玄関先で出迎えてくれました↓

anchovivitoto1_010416

ルビちゃんもトトちんが来る前までは、アンチョ先生たちといっしょに
お出迎えしてくれたのですが、今はトトちんが玄関先に来てしまうので、
残念ながら近付きません。

でも、来客中は雲隠れしていたルビちゃんも、ねこねーさんの帰宅時には
ちゃんとダイニングルームのキャットタワーに舞い戻っていました。
知らない人を感知するにゃんこセンサーは、やはりかなり正確そうですね。

さてさて、お出迎え時にねこねーさんの目の前を陣取っているトトちんですが、
本当はパトロール隊長のアンチョ先生のほうが、お出迎え一番乗りの確率が
高いのです。でも、後から来たトトちんがいつもどっしりねこねーさん前を
押さえてしまうので、最近はすぐに奥へ引っ込んでしまうことが多くなりました。

今回も巨匠は若手にねこねーさんを譲って、早々と退散です。
一方、ビビ子さんは、お出迎えついでに大好きな壁さんへごあいさつ↓

anchovivitoto2_010416

ビビちゃんは、ねこねーさんの帰りがうれしいせいか、
いつもここでゴロニャンモードに突入するんですよね(笑)
どうやら壁の角の部分が気持ちいいみたいです↓

anchovivitoto3_010416

意外にも人見知り体質だったことが判明したトトちんですが、
家では、ねこねーさんのストーカーと化しているので、
お出迎えを覚えるのも早かったですね。

ビビ子さんはまだ壁さんとラブラブですが、トトちんもやっとのことで
奥の間へ退散。さ、ねこねーさんも靴を脱いでごはんにしようっと♪
と思っていたら…

anchovivitoto4_010416

一度退場したアンチョ先生が戻って来て、トトちんを迎え撃ち!
あーあ、また始まりましたよ。。

anchovivitoto5_010416

もう、ふたりともやめてくださいよー!
アンチョ先生もトトちんとベッドシェアできるくらいに距離が縮まったはずなのに、
そんなふうに手をあげるなんて大人げないですよー!

anchovivitoto6_010416

トトちんも師匠をもっとリスペクトしてくださいっ!
やっぱり男の子は、いつまでたっても手が焼ける子どもみたいなのかなぁ。
それに比べて、ビビ子さんは、さすがおしとやかなビボーの乙女。
落ち着いてますねぇ♪

anchovivitoto7_010416

アンチョ先生、せっかく体を張って焼きを入れても、
弟子くんにはあまり効き目はないようですから、
老体にむち打って無理をしないでくださいよ(苦笑)

ビビ子さんのいうように、今年は4ニャンで
ケンカ知らずの仲良し家族を目指してください。

正直なところ、いちばんの問題はトトちん嫌いが一向になおらない
ルビちゃんなのですが。。でも、他の3ニャンが仲良くしていれば、
ルビちゃんも少しずつトトちん慣れしてくると思うんだけどなぁ。

今年も4ニャンの個性が際立つドタバタ劇は続きそうです。
みニャさんのお出迎えを励みに、ねこねーさんも明日からのお仕事頑張ろうっと!


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 12:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1611-84d25d40

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>