ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛猫ちゃんが運んだ手紙に、思わずホロリ…

年明けから連日、ねこねーさんちのにゃんこ模様をお届けしてきた
「ねこねこNEWS」ですが、そろそろ巷のねこ関連情報にも
目を向けてみたいと思います。

新年一発目のねこニュースは、昨年末に米国のソーシャルニュースサイト
Redditにアップされた心温まる投稿について。

その内容は、可愛らしいにゃんこの写真…かと思いきや、
こんな感じの便せんに書かれたお手紙の写真なのです↓

Sd6HqmM
Photo:imgur

“My girlfriends cat came home with this note today.”
(今日、彼女の猫がこのメモを付けて家に帰って来たんだ)

というタイトルと共に掲載されたこの手描きのお手紙には、
最後にねこの顔のようなイラストも描かれていますね。

手紙の本文をまるっと引用させていただくと…

“I don’t know who this cat belongs to, but she comes and visits us every few weeks. She’ll meow outside our backdoor until we let her in; she [winds] herself around our legs; walks around the house like its hers; waits at the fridge until my husband and I feed her bologna. She doesn’t like soft cat food very much! We look forward to her visits. We lost our 21 year old cat this year.”


(この猫の飼い主が誰だか分かりませんが、この子は2、3週間ごとにわが家に
やって来ます。家の中に入れるまで、勝手口の外で鳴き続けているのです。
私たちの脚に絡みついたり、自分の家のように部屋の中を歩き回ったり、
夫と私がボローニャソーセージをあげるまで冷蔵庫の前で待っていたりします。
ウエットタイプのキャットフードはあまり好きじゃないのね!
この子が来ることを待ち遠しく思っています。
21歳だった私たちの猫は、今年、虹の橋を渡ってしまったの。)

最後の一文に、思わずホロリときてしまいます。。
ねこ飼いさんだったら、このお手紙を書いたご夫妻の気持ちが
よくわかるんじゃないかなぁ。

ちなみに、よそさまのお宅にあがりこんでソーセージをおねだりしているのは、
こちらの写真のナラちゃんです↓

4P0NNWZ.
Photo:imgur

自分のうちの子が知らない家にあがりこんでいる事実を知らされると、
飼い主さんは少なからず冷や汗が流れることと思いますが、
こんなふうにペットロスのご夫妻の心を癒しているのなら、
少しくらいの浮気は許してあげたくなりますね。

2、3週間に1度と言わず、毎日のように遊びに行かせたいくらいですが、
もしかすると、このナラちゃん、お手紙のご夫妻以外のお宅にも
お邪魔している可能性がなきにしもあらず…かな(苦笑)

ナラちゃんが伝書鳩ならぬ伝書猫の役目を果たして、
訪問先のご夫妻と飼い主さんカップルとの交流が始まると素敵ですね♪
今年のねこ関連ニュースは、こういういい話が多い1年だとうれしいなぁ。

関連記事はこちら↓
Mirror(12月31日):Cat owner stunned when pet returns home with a touching note in its collar
Love Meow(1月3日):Cat Went to Visit Neighbors and Came Home with This Note attached to Her
iHeartCats.com(1月5日):Friendly Cat Unknowingly Brings Joy To Grieving Neighbor


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 12:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1614-12859f5d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>