ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

米大統領選スーパーチューズデー、トランプにゃんこも白熱!

うーん、まさかトランプ氏がここまで支持されるとは。。

日本時間の昨日から今日にかけて、アメリカの10を超える州で一斉に
大統領選の予備選挙などが行われる「スーパーチューズデー」を
迎えております。野党の共和党では、今頃、不動産王のトランプ氏が
勝利を確信して気炎を上げている頃かと思いますが…

「ねこねこNEWS」でトランプ氏関連の記事を取り上げたのは、去年の7月。
その頃は、まだ多くの候補者の中の色物候補のひとりに過ぎず、
ネットで検索しても情報が少なくて、ねこねーさんはブログを書くのに
資料不足で困ったように記憶しているのですが…

トランプ氏関連の過去記事というのは、例のアレです。
彼の個性的な髪型を真似たにゃんこ画像をご紹介した、こちら↓

2015年7月17日:米大統領候補へアが、にゃんこたちに大流行

このにゃんこたちによるパロディ企画はその後、
いつのまにか、こんなアイコンまでできていた模様。。↓

xgEQvrgz
Photo:Twitter

上記の記事でご紹介したInstagramやTwitterは、トランプ人気に拍車がかかり、
このたびの「スーパーチューズデー」で、ますます注目を浴びることに。

お猫さまたちの画像投稿が、トランプ支持を表明するためなのか、
反対派によるおふざけ投稿なのか、真相はよくわかりませんが、
とりあえず「いまが旬!」ということで、「ねこねこNEWS」でも改めて
トランプヘアのにゃんこたちの最新画像を取り上げておこうと思います。

いやぁ、それにしても、自前のモフ毛ヅラを頭の上に乗せられた
当のお猫さまたちは、トランプ氏のことをどう思っているのでしょうかねぇ。
とりあえず「我関せず…」といった感じかな(笑)↓



でも、みニャさん、この髪型にまんざらでもなさそうな子が多いんですよ(笑)
こちらのお方も、クールに写真撮影に応じています↓



巨猫らしきこの子なんて、ヅラ姿で瞑想しちゃってますから↓
暴言を吐きまくりの大統領候補とは、正反対の態度です。



凝った投稿になると、こんな感じの
「ミニチュアにゃんこ劇場」っぽいお写真も♪↓



壁に書かれているスローガンのひとつには、
「壁を築け!! 愛らしいチワワたちに我々の仕事を盗ませるな!」的な
ことが書かれてあります。バリバリのにゃんこ至上主義ですね(笑)

こちらのブサかわ系のお猫さまは、勢い余ってヅラ増量!
トランプヘアというよりも、リーゼントみたいになっております…↓



そして、トランプ氏ご自身を上回る強烈な個性を放っているのが、
お次のお猫さま…この髪型+こんな顔で睨まれたら、
思わず投票せざるを得ないという。。↓



最後は、トランプ氏ご本人とお猫さまのツーショット↓
ヅラの具合といい、表情といい、まさに、にゃんこ版トランプ氏ですね。



人間界では、トランプ氏を支持するのは中間層以下の保守的な白人層が
多いとのことですが、Instagaramに投稿されたお猫さまたちの写真を見ると、
にゃんこ界では、どうやら茶トラ層の支持率が高そうな気がします。

過激な発言がたびたびメディアで取り上げられているトランプ氏。
政治経験ゼロで、かなり強烈なキャラ&極端な思想の持ち主のようですから、
このままの勢いでアメリカの大統領になってしまうと、
個人的に、なにやらイヤな予感しかしないのですが…

かといって、ヒラリー・クリントン大統領が誕生したところで、
懸念点は少なくない…という声も聞かれますし。

ねこねーさんは、政治のことは、いまいち不勉強でよくわかりませんが、
今回の米大統領選の行方は、妙に気になっていたりします。

にゃんこのパロディ画像を見て笑っていられるうちはいいんですが、
米国と日本の関係を考えると、そう呑気なことも言っていられないような。。

とりあえず、トランプ人気に陰りが出るまで、今後もしばらく
自前ヅラ姿のにゃんこ画像の投稿が期待できますので、
人間界の選挙の行方を気にしながら、以下のSNSもチェックしてみてください↓

Instagramtrumpyourcat
Twitter:Donald Purrump@trumpyourcat

関連記事はこちら↓
The Telegraph(2月29日):Trump your cat: the most bizarre Instagram trend yet?
Daily Mail(2月29日):#trumpyourcat: Internet pranksters make their cats look like Donald Trump

個人的には、ノンポリなお猫さまたちの平和な日常に1票を投じたい感じですが、
投票するにも、今回は他国のことで、投じる票もありませんからねぇ。
はてさて、どうなることやら。。


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:29 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1670-0a80ec51

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>