ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【トルコ発】ねこ用バンガローが並ぶ快適キャットタウン

1月21日の記事で、にゃんこフレンドリーなイスラム教指導者がいる
トルコのモスクをご紹介しましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか。

過去記事はこちら↓
1月21日:【トルコ発】イスラム教指導者、モスクをにゃんこに開放♪

イスラム教の教え的に、トルコの方はにゃんこを大事にする傾向が強い
ようなのですが、そんなねこ好きさんが多い国らしい
ある特別な施設が、海外サイトで取り上げられておりました。

どうやらオリジナルの記事は、去年の6月頃にトルコのニュースメディアで
紹介されたようなので、掲載されているお写真が初夏っぽいのですが、
寒々とした冬の風景よりも、そのほうが良かったのかも。

それというのも、今回ご紹介する画像は、
トルコ黒海地方のサムスン県にある工業都市サムスンの森の中。
新緑の若葉を背景に並び建つ、外住まいのにゃんこ専用バンガローなのです↓

g_67663
Photo:Hurriyet Daily News

これは、街中のホームレスにゃんこの安全と快適性を向上させるために、
サムスン都市部自治体が2年に渡って建設したもの。路上でホームレス生活を
送っていた野良ねこたちを50匹以上保護して、去勢・避妊手術を施した後、
このキャットタウンの住猫として迎え入れたのだとか。

写真の茶トラちゃんの横っ腹のモフ毛が刈られて色がついているのは、
個体識別のためなのかな?ちょっと見た目はあれですが、
多くのにゃんこを管理する上では致し方ないのかも。

キャットタウンの入居条件は特になく、年齢制限や健康上の理由で
入居を断られてしまうにゃんこはいないようです。
もちろん、特別なサポートが必要な障害を持つねこにも、例外なく門戸は
開かれています。ここでは、どんなにゃんこも基本的にウエルカムなのです。

この森の中の保護施設のマネージャーで獣医師でもある
フセイン・エイディン(Hüseyin Aydin)さんは、ねこたちが里親のもとへ行く前に
このキャットタウンで病気やケガの治療を終わらせるように心掛けているとのこと。

それにしても、見てください、この素敵なバンガローを!↓

g_67668
Photo:Hurriyet Daily News

高床式のねこ小屋が並ぶ風景は、まるで森の中のキャンプ場です。
まるでムーミン谷のような自然あふれるメルヘン・ワールドには、
こんな感じの集合住宅も建てられています↓

g_67658
Photo:Hurriyet Daily News

三階建てで、お世話係のおねえさんが最上階のにゃんこを抱っこしやすい
ベストな高さ。お部屋はひとつひとつ個室になっていて、単独行動を好む
お猫さまには、ピッタリのアパートメントと言えそうです↓

g_67662
Photo:Hurriyet Daily News

ニャンといっても、この見晴らしのいい通路部分がいいですね♪
キャットタワーも兼ねた構造なので、上下移動を好むお猫さまの
ストレス発散にもなりそうです↓

g_67657
Photo:Hurriyet Daily News

しかも、管理人さんのケアも万全ですから
(このお写真の兄さまがフセインさんかな?)
万一、体調を壊してアパートから出てこれなくなっても安心です↓

g_67660
Photo:Hurriyet Daily News

キャットタウンの中には、バンガローやアパートだけでなく、
お猫さま用の歩道や橋などもバッチリ整備されています。
こうして見ると、高床式の小さなバンガローは、
猫神さまを祀るお社みたいにも見えますね(笑)↓

g_67661
Photo:Hurriyet Daily News

避暑地のような森の中のキャットタウンなら、真夏でも爽やかに過ごせそう♪
この施設はねこたちにとって五つ星ホテル並みだと
お世話係のフセインさんも言っています。

たしかにこんな素敵な場所なら、にゃんこバンガローの近くに
人間用のバンガローも建てていただきたいくらい。
森の中に勤務しているフセインさんも、きっと森林浴効果とにゃんこの癒やし効果の
Wパワーで、健全この上ない毎日を送られているんだろうなぁ↓

g_67664
Photo:Hurriyet Daily News

毎日長距離通勤で、サラリーマン天国の東京都心でデスクワークをしている
ねこねーさんには、うらやましい限りです。

冷暖房完備の街中の保護施設もいいけれど、
ねこねさーんがねこなら断然、森の中のバンガロー住まいを選びそう♪
将来的には、さらに多くの野良ねこたちを受け入れられるように
キャットタウンの拡大も予定されているのだとか。

キャットタウンにお住まいの茶トラちゃんも、満足げなこの表情↓
いいなぁ、幸せそうだなぁ♪

g_67659
Photo:Hurriyet Daily News

関連記事はこちら↓
The Best Cat Page(3月12日):A Small “Town” Built … Just for Homeless Cats!
The Best Cat Page(3月13日):“Cat Town” in Samsun Turkey, Brand New Photo Gallery – 13 PHOTOS
Hurriyet Daily News(2015年6月29日):A five-star town for cats


木々の緑を愛で、小鳥のさえずりに癒やされる自然の中での暮らしは、
猫にとっても人にとっても理想的。さらに、このキャットタウンのように
なに不自由ない生活環境で安心して暮らせるなんて、
社会的にさまざまな問題を抱える現代人にとっては、夢のようです。

ねこねーさんが暮らす埼玉県南部では、現在、飯能市の宮沢湖畔に
ムーミンのテーマパークが建設中(のはず)ですが、
このトルコのキャットタウンみたいな雰囲気の癒やし空間になればいいなぁ♪

でもって、テーマパークの片隅に、実際にお猫さま専用バンガローも建設して、
ねこねーさんがそこの管理人に就任するっていうシナリオは…ないかな?
うーん、さすがにそれは、夢のまた夢か。。

やっとのことで埼玉も、わんにゃんの殺処分減少に乗り出しつつあるようなので、
全国に先駆けて、にゃんこ版ムーミン谷計画を進めていただきたいのですが、
自然環境そのものを守るためには、お猫さまは小鳥や小動物の天敵だし、
管理面から見ても、いろいろとハードルが高いのでしょうか。うーん。。。

なにはともあれ、トルコの森の中のキャットタウンのように、
地方自治体の協力のもとで、にゃんこ保護に取り組める地域が
日本にひとつでも増えるといいですね。


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1683-08172757

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>