ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

明日から4月!にゃんこ切手に注目っ!

本日は3月31日、年度末の最終日です。
桜もいよいよ満開に近づいて、心機一転の季節を盛り上げてくれていますね。

春休み中の学生さんたちの新スタートは、もう少し先ですが、
世の中的には、明日から新年度。4月1日からスタートするイベントや展覧会も、
もちろん、いろいろあるわけですが、本日は、その中から
少々マニアックな企画展をご紹介いたします♪

JR山手線の目白駅から徒歩3分のところに
「切手の博物館」があるのをご存知ですか?

4月8日に開館20周年を迎えるこの博物館で、
明日4月1日から、にゃんこの切手が一堂に会する企画展、
開館20周年記念「ふたたびのネコ」展が開催されます♪

なんでも、過去20年間でもっとも好評だった展示が、
2006年に開催した「イヌ年なのにネコ」展だったとのことで、
20(にゃんじゅう)周年の語呂合わせの意味もあって、
今回の「ふたたびのネコ」展の開催に至ったようです。

展示される切手は、約100カ国(地域を含む)800点余り。
目玉企画は、来館者がお気に入りのネコ切手に投票できる“美猫ブサカワ総選挙”。
世界のネコ切手60種が選手権にエントリーされているようですが、その中から、
切手の博物館のHPに掲載されていた4ニャンをご紹介させていただくと…



futatabinoneko_k-513
ブリティシュショートヘア
(モナコ 2014年)

futatabinoneko_k-514.
ペルシャ
(イギリス 1990年)

futatabinoneko_k-515
品種不詳
(キューバ 2007年)

futatabinoneko_k-512
シャルトリュー
(カンボジア 1988年) 

※画像の出典は、いずれも切手の博物館のホームページ


にゃんこ柄というだけでもラブリーなのに、ギザギザの縁取りに囲まれた
ミニチュア紙面がキャンバスになっているというだけで、
集めたくなる衝動にかられてしまうのは何故かしら?
切手の魅力の奥深さですねぇ♪


HPには、見返り美人風の、こんな見返り美ニャンの切手も…↓


futatabinoneko_k-516


これはどこの国の切手なのかなぁ?
切手の中には「République fédérale islamique des Comores」と
書かれているようですが…アフリカにある旧・コモロ・イスラム連邦共和国、
現・コモロのことなのかな?うーん、マニアックな。。

ねこねーさんは、コレクターというほどではありませんが、
じつはかなり切手が好きでして。こういうレアな切手を目にすると、
ワクワク感が止まらないんですよ。

目白の切手の博物館にも、もうずいぶん前から行きたいと思っているのですが、
今までなかなか行く機会がなく…

でも、今回の展覧会は、見逃すわけにはいきません!
桜が咲いているうちに、お花見のお散歩がてら、出掛けてみたいなぁ♪

展覧会の詳細は、切手の博物館のHPでご確認ください↓

切手の博物館企画展示:ふたたびのネコ展


それから、4月にはもうひとつ、にゃんこ関連の切手ニュースがあるんですよ。
「ねこねこNEWS」のFacebookページでは、すでにシェア済みですが、
リマインドの意味でブログのほうでも改めてご紹介しておきますね。

4月22日に日本郵便から、総勢20種類のにゃんこのお写真をデザインした
記念切手シートが発売されます♪

52円の10枚セットと82円の10枚セットの2種類がありまして、
それぞれの切手1枚ずつ、にゃんこのお写真が違うんですよー!

52円バージョンがこちら↓
nt_160223_cat02
出典:ねとらぼ

82円バージョンがこちら↓
nt_160223_cat01
出典:ねとらぼ

日本郵便のHPには、20種類のにゃんこの詳細説明まで掲載されています。
たとえば、52円切手の最初の3つはこんな感じ↓

52円郵便切手シート

(1)およびシート余白 スコティッシュフォールド

イギリス原産。スコットランドの農場で飼育されていた猫の中から、突然変異で耳が前方に倒れたものが生まれ、この猫種の起源となったと言われています。目はまん丸で、体型も全体に丸く、短い首で大きな頭を支えています。

(2)ロシアンブルー

ロシア原産。ロシアに生息していたブルーの美しい猫が起源になったと言われています。エメラルドグリーンの大きな目が特徴で、ほっそりとした体つきに、くさび形の小さな頭を持っています。横から見ると、ヘビが頭をすっと上げた姿勢に見えることから、「コブラヘッド」と呼ばれることもあります。

(3)メインクーン

アメリカ原産。起源には諸説あり、大きな体やその毛色からアライグマと猫の交雑から生まれたとする作り話もあります。大きくがっちりとした骨格や胴長が特徴で、セミロングの厚い被毛に包まれています。


切手の説明として、ここまで詳しく説明してくれちゃうだなんて、
いや、これはもう、関係者にマニアックなねこ好きさんがいるとしか思えない(笑)

保存用に1シートずつ、お友達へのお手紙用に1シートずつ、
と、ねこねーさんは少なくとも計4シートは買ってしまいそうなのですが、
この10枚セットというのがなかなかのクセもので、切手といえどもあなどれず、
まとめて買うと結構なお値段になってしまうんですよ(苦笑)。

でも、いざとなれば切手は換金できますから、
記念切手はのちのち価値があがる可能性も大いにあり得るし、
とりあえず買っておいて損ははないと思います。

買いそびれることがないように、今のうちに発売日を手帳にメモ、メモ…

関連記事はこちら↓
ねとらぼ(2月24日):眺めるだけでも癒やされそう 20匹の猫ちゃんの切手、4月に発売

ねこ切手関連ということで、
最後に「ねこねこNEWS」の過去ネタのリンクも張らせていただくと…

ずいぶん前の過去記事では、ねこねーさんのコレクションの
グラビアンスキーのイラスト切手をご紹介したことがありました。

2012年3月8日:グラビアンスキーのねこ切手・前編
2012年3月9日:グラビアンスキーのねこ切手・後編

いつみても、何度みても素敵なグラビスキーの切手。
切手の博物館の企画展でも、展示されているといいなぁ♪


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1699-81655f95

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>