ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【米国発】里親募集…じゃなくて雇い主募集!『働くねこ』プログラム

本日ご紹介するのは、ちょっと珍しいにゃんこの就職活動のお話です。
こちらが、その就活経験猫のフリッツ君。

cat+gal040416++01
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

彼が勤務しているのは、米ミネソタ州ミネアポリスのセント・ポールにある
芝生関連商品を取り扱うラミー・ターフ・プロダクツの倉庫です。

cat+gal040416++02
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

同社のマネージャー、ジム・トレンターさんは、
フリッツ君がやって来るまで、長らく職場に悩みを抱えていました。
倉庫で保管している商品(芝生の種)が入った袋を
しばしばネズミにかじられて困っていたのです。

問題解決のために彼が講じた手段は、ネズミ駆除業者に電話するのではなく、
ある風変わりなスタッフを雇うことでした。

そのスタッフというのが、このフリッツ君と同僚にゃんこもう1匹の
計2匹の元ホームレスにゃんこだったのです。

cat+gal040416++05
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

ジムさんが利用したのは、動物保護施設のアニマル・ヒューメイン・ソサエティ
(Animal Humane Society)が展開しているにゃんこの就職支援活動
「ワーキング・キャット・プログラム」。
これは、一種の里親募集プログラムなのですが、にゃんこの引き取り先は、
一般家庭ではなく、ネズミ退治を希望している企業。

人見知りが激しかったり、攻撃的だったりして、
ペットとして人間と共同生活を送ることが難しいにゃんこの救済策として
考え出されたもので、ネズミの被害に手を焼いている企業に、
ネズミ退治のプロフェッショナルとしてホームレスにゃんこを就職させる
画期的なプログラムなのです。

cat+gal040416++04
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

もちろん、雇い主は、ネズミ退治の報酬として
にゃんこスタッフに、屋根付きの寝床と毎日のごはん&お世話を提供し、
予防接種などの医療費も負担します。

cat+gal040416++09
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

倉庫に2匹のにゃんこ社員を迎え入れたジムさんは
「今までの社員の中で、いちばん優秀だよ」とご満悦。
「それに、いいことをしている気もするし。安楽死させられていたかもしれない
ねこたち居心地のいい住処を与えることができるんだから」

cat+gal040416++07
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

それこそが、このプログラムの狙いです。
愛猫ちゃんとして家の中で可愛がられる猫生は、もちろん理想的ですが、
にゃんこの個性は猫それぞれ。孤独を愛するお猫さまの中には、
人間の家族からのしつこいナデナデ攻撃に耐える日々より、
持って生まれた狩猟能力の高さを生かし、ネズミを追いかけて
ワイルドに生きる道を良しとする子も少なくないように思います。

倉庫の中のネズミさんたちには酷な話ですが…

cat+gal040416++08
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

この就職支援プログラムの場合、おうちの子になるのと違って、
テレビを観ながら、ふかふかのソファーでお昼寝することはできませんが、
にゃんこの活躍の場が広がったことは、喜ばしいことです。
倉庫の中は少々寒々としていますが、雨風も、冬の寒さもしのげますからね。

cat+gal040416++06
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

なんといっても、お給料代わりの毎日のごはんが確保できるのが、
いちばんの安心です。それに人間の上司も同僚も、いい人ぞろい。
従業猫の心身の健康に気を遣うのは、企業の役目でもありますから、
そのへんは、バッチリ守っていただけるはずです。

cat+gal040416++10
Photo:Renee Jones Schneider – Star Tribune

こんなふうに職場のみなさんといっしょにスリーショットが撮れちゃうなんて、
フリッツ君は、それほど人間嫌いでもないのかな?
それとも働いている間に、みなさんに打ち解けていったのでしょうか?

この適材適所なホームレスにゃんこの就職支援活動は、
人間嫌いのにゃんこたちの活躍の場を増やし、
そして何よりも、彼らの命をつなぐために注目すべきプログラムと言えそうです。

近年は衛生的になって、一般家庭ではめったにネズミの姿を
見かけなくなりましたが、ネズちゃんはいるところにはいますから。
フリッツ君のようなワイルドにゃんこの活躍の場は、
まだまだ広がる余地があるんじゃないかなぁ。

大昔から、にゃんこはネズミ退治役として
人間たちに大切にされてきた歴史がありますからね、
原点回帰のこのプログラム、日本でも適用されればいいですね。


関連記事はこちら↓
Minneapolis Star Tribune(4月4日):'Working cats' program gives felines a job and a home
The Inquisitr(4月5日):Cats At Work Pairs Stray Cats With Jobs And Places Them In A Forever Home
Minneapolis / St. Paul Business Journal(4月5日):The most adorable story about murderous cats you'll ever read

thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:58 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1705-4728fe8c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>