ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

棒ノ嶺・単独登山でお疲れモード。。

今日からGW後半がスタート!
みなさん、すでに旅行に出掛けたりしている頃でしょうか?

ねこねーさんは、今日は朝から冬物ニットのお洗濯。
明日は雨みたいなので、今日中に洗うものを洗って、
衣替えを終えてしまいたいところです。

ブログのほうは、先週の土曜日、
4月30日に出掛けた今年最初の登山リポートです。
ねこねーさんの個人的な山の覚書なので、写真多めで失礼します。

今回もいつものように山仲間の幼なじみと出かける予定だったのですが、
お友達の膝の具合がなかなか良くならず、でもこの時期に山に登らないのは
もったいない!ということで、ひとりでお山に向かうことに。

でも、いっしょに行ける人がいるといいんだけどなぁ…と思って、
急なお誘いで難しそうなのは百も承知で、お友達3人ほどに
声をかけてみたのですが、別の山に登るからNG、お仕事があるからNG、
登山靴が壊れちゃったからNG…と見事に全滅。。

登山の場合、体力的なこともあるので、これ以上、
他のお友達を誘うのも気が引けて、結局、ねこねーさんは生まれて初めて
単独登山を行うことにいたしました。

というと、大げさですが、出掛けたのは、おそらく今まで登った山の中で
家からいちばん近いところにある東京都と埼玉県の境目に位置する棒ノ嶺。
このお山、東京では「棒ノ折山(ぼうのおれやま)」、
埼玉では「棒ノ嶺(ぼうのみね)」と異なる名前で呼ばれています。
標高は969メートル。今年最初の足慣らしには、ちょうどいいでしょ♪

と思ったものの、甘かった。。

登山当日の夜から、足がかなりの筋肉痛!
日頃の運動不足+超ひさしぶりの登山ということで、
全身なまっていたところに、1000メートルに満たないものの、
沢登りあり、鎖場ありの、なかなかハードなルートでして、
翌日も体が痛くて、思いっきり二度寝…

ベッドから起き上がることがでないねこねーさんを心配して
様子を見に来たビビ子さんとトトちんのお写真がこちら↓

vivitoto1_050316

ビビちゃん、ねこねーさんは完全に全身ボロ雑巾のようです。。
もうちょっと横になっていていいかなぁ。

vivitoto2_050316

そうなのです、昨日のお山は思いがけず、登り応えがありましたよー!

まずは、最寄駅から電車に乗って飯能駅へ。
そこからバスに乗って「さわらびの湯」のバス停で下車。
バス停のそばにある農産物直売所では、ツバメさんが出迎えてくれました♪

bounomine1_050316

まだヒナの姿は見えなかったので、これから子育てに励むところでしょうか。

bounomine2_050316

ツバメさんたちに別れを告げて、いざ登山口へ。
まずは、名栗湖方面へ進みます。
途中、野生のフジがきれいに咲いているところを通過↓

bounomine3_050316

名栗湖のほとりに建設されている有間ダムをぐるっと回ったところに
登山口があります。

bounomine4_050316

登山口を入るとすぐ、こんな感じの山道が続きます↓
この季節は、木漏れ日も気持ちいいですね。

bounomine5_050316

山の中は、春の息吹があちこちに。
可憐なヤマブキのお花や…↓

bounomine6_050316

若草色に輝くシダの群生↓

bounomine7_050316

まもなく行くと沢もあるので、
マイナスイオンもばっちり吸収できますよ♪↓

bounomine8_050316

これは、チャルメルソウの一種かな?↓

bounomine9_050316

足場はかなり岩がゴツゴツしていて、この後には沢登りも続くので、
やはり登山靴でないと難しそうです。

bounomine10_050316

肝心の沢登りの現場は、ねこねーさんも夢中で登ってしまったために
どうやら写真を撮るのを忘れたようで…(苦笑)
唯一、沢の上から下を見下ろして撮った写真がこちら↓

bounomine11_050316

本当はもっとダイナミックな感じで、登り甲斐があるんですよ!

沢登りの途中で、ホッと気持ちを和ませてくれたニリンソウ↓

bounomine12_050316

この可愛らしいグリーンは、ネコノメソウの一種かな?
調べてみたら、イワボタンという植物で、
別名ミヤマネコノメソウとも呼ばれているようです↓

bounomine13_050316

ひっそりとオーラを放っていた紫色のお花↓
名前はなんていうのかなぁ…ねこねーさんもいい加減、
山野草のガイドブックを買わないと!

bounomine14_050316

この時期のお約束、スミレの群生も紫色のお花が可愛らしいですね↓

bounomine15_050316

この岩茸石まで来たら、頂上まであとわずか↓

bounomine16_050316

この巨大な岩は、上に登って写真を撮ることができるのですが、
ねこねーさんは今回ひとりだったので、残念ながら記念撮影ならず。
次回お友達と来た時は、写真を撮ってもらおうっと♪

岩茸石を過ぎたら、地図上では頂上はすぐそこ…のはずだったのですが、
いやはや、なんの!ここから先がかなりの登り道で…
騙された感がハンパなかったですよ、まったく!

途中、謎の毛虫さんの写真を撮って癒されました(笑)↓
それにしても、変な子ですね、この子。なんの幼虫なのかなぁ?

bounomine17_050316

やった、頂上!と思ったら、
次に現れたのは、ゴンジリ峠からの眺望です↓

bounomine18_050316

うん、でもこの見晴らし、今度こそ頂上はすぐそこに違いない!
と信じて、先を急ぐものの、またもや頂上は万里の先の気配。。

やられた…と思いながら、踏ん張ること10分強…
10時50分くらいについに登頂!この頂上からの見晴らしには、
裏切られることはありませんでした♪

1000メートルほどの山頂にしては、
この展望は上出来なのではないでしょうか↓

bounomine19_1_050316

山によっては、見晴らしは良くても頂上が狭くて
お弁当を食べるのにイマイチなところも少なくありませんが、
棒ノ嶺はその点、広さも十分なので、お天気が良ければ、
かなり気持ちのいいランチタイムを過ごすことができます。

残念ながら、ねこねーさんのお目当てだった、
頂上の1本桜は、さすがにもう全部お花が散った後でした↓

bounomine19_050316

ちょっと前に激しい風雨の日もあったし、
山桜といえども、GWまで咲いているのは難しいのかな。

頂上にある別の桜の木でかろうじて咲いていたお花の写真がこちら↓
来年は、桜の見頃を狙って登山したいなぁ。

bounomine20_050316

いつもなら、山頂ではお友達とおやつを分け合ったりして
ゆっくり過ごすのですが、今回はひとりだったので、ランチも簡単に
昨日の残りのパスタを詰めてきたもので済ますことに。

うーん、でもこうしてマイペースで山に登って、
ひとりで山頂でランチを楽しむのも悪くないなぁ♪と思いながら、
パクパクとパスタを食べていると…

bounomine21_050316

何やら視線を感じる…ん?しかも、声をかけられたような?
と思ったら、なんと、ビックリ!会社の山好きな上司が、
ニコニコしながら、そばに立っているではあーりませんかっ!

どうやら、奥さまとふたりで頂上のベンチに座っていたところ、
桜の写真を撮ろうとしてうろついていたねこねーさんに気づかれたようで…
それにしたって、まさかのドンかぶり。。。

じつは前回、お友達と尾瀬に行った時も
1日違いで尾瀬に行かれていたりして、その時も奇遇だなぁ…と
思っていたのですが、まさか本当に頂上で鉢合わせることになるなんて!

だんまり続きの単独登山のはずが、まさかの知人との遭遇と相成りまして、
頂上で写真を撮ったり、撮られたりする、思わぬ展開になりました。

予想外の出会いに驚きを隠せないまま、ねこねーさんは
ご夫妻に別れを告げて、ひと足先に下山ルートへ。

帰りは行きとは違うルートをひたすら下るわけですが、
後日の上司コメントによると、この下山が辛かった…とのこと。
たしかに結構な高低差のある足場を降り続けるので、
注意して歩かないと、つま先や膝への負担がかなりきます。

ねこねーさんの今日まで続いている太ももの激しい筋肉痛も、
きっとこの下山が原因だったんだろうなぁ。

途中、また謎の虫さんの存在に励まされ、
とにかくひたすら先を急ぎました↓

bounomine22_050316

こんな感じのなかなかの傾斜を、足場に注意しながら下ります↓

bounomine23_050316

木の根っこが自然の階段みたいになっていて、
足場のストッパーの役目を果たしてくれている一方で、
つまづきやすくもあり、注意深く進みました↓

bounomine24_050316

それにしても、すごい根っこ!植物のたくましさを感じます。
そして、自分の体力のへなちょこさも痛感。。
久々の登山で、ねこねーさんも危うく下山途中に膝を痛めるところでした。

無事に里のほうに降り立ったのは、13時すぎ。
橋の下には川遊びを楽しむ家族連れの姿が。
このあたりは川遊びスポットとしても有名なので、
山に登らない方でもファミリーで十分に楽しめますよ↓

bounomine25_050316

もちろん、登山の締めは、温泉です♪
スタート地点にほど近い「さわらびの湯」に到着したのは13時20分↓

bounomine26_050316

ねこねーさんが着いた時は、運良く空いていたのですが、
お風呂からあがる頃には続々と訪問客が訪れて、洗い場もいっぱいに。

おそらく登山客が下山する時刻が、ちょうど重なる時だったのでしょう。
温泉をゆっくり満喫したい方は、早めに下山する方が良さそうです。

風呂上がりはいつも通り、ビールでも飲んでゆっくりしたいところですが、
ひとりで飲んだくれているのもなんだし、バスが混むといやなので、
売店でお友達へのおみやげだけ買って、急いでバス停へ。

近場の登山ということで、家に着いたのも17時前と
まだまだ明るい時だったので、アフリカワシミミズクのガボちゃんの
お散歩にも行けそうだったのですが、なにせ足が棒のようになっていて、
ガボちゃんのお散歩は勘弁してもらうことにいたしました。

そして、その翌朝も、疲れてぐったり…と言うわけだったのです。
山疲れでなかなか起きられないねこねーさんの上では、
ビビ子さんがトトちんにお説教する事態に…↓

vivitoto3_050316

あー、ビビちゃん、怒らないでいいですよ!
ヘタレのねこねーさんが悪いんですから。
もう起きますから、ケンカしないでくださいよー!

ビビ子さんにドヤされたトトちんは、この表情…↓

vivitoto4_050316

うん、うん、わかってますよ。
トトちんも、ねこねーさんのことを心配してくれているんだよね。
でも、おなかのほうも心配ですから、みんなでキッチンに行って、
朝ごはんにいたしましょう!

と言ったものの、アーーーーーーーッ!

太ももの筋肉痛が痛いの、なんのって!
特に階段を下りるときは、悲鳴です。。

今日になって、やっと少しマシになってきましたが、
まだしゃがむ時はシンドイですね。。やっぱり定期的に山に行って
鍛えないとダメだなぁ。今回の単独登山も悪くなかったし、
棒ノ嶺くらいの近さなら、普通の週末にひとりでサクッと
登ってくるのにちょうどいいかも♪

と思っていたら、ねこねーさんが登った翌日に、
棒ノ嶺の登山途中に滑落で1人死亡とのニュースが。。。

最近は登山ブームで、山岳事故も多発していますから、
GW中に山へ行かれる方は、くれぐれもお気をつけて!

ねこねーさんもできれば、もう1度くらい連休中に山に行きたい
ところですが、この筋肉痛ではとてもじゃないけど無理みたい。
GW後半は、おとなしく家で過ごすことにいたします。

みなさんも貴重な連休、有意義にお過ごしください♪


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 14:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1736-3d67974c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>