ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

シジュウカラ、巣立ちましたっ!

今週末も、お天気は良好。まさにガーデニング日和ですね♪
ぼちぼち、バラの花を愛でるのにふさわしい季節になりました。
ねこねーさんも、アフリカワシミミズクのガボちゃんのお散歩途中に
よそのおうちのお庭のバラたちに癒されております。

ねこねーさんちのバラは、お庭の樹木や家の前に建っているアパートの関係で
日当たりがイマイチ。おまけに、ねこねーさんの手抜き管理のせいで
毎年苦戦を強いられているのですが、ベランダに植えたキングローズは、
さすがに強健種だけあって、たくさんのつぼみをつけてくれました。

ちょっと前から咲き始めているのですが、
小ぶりながら濃いピンクのお花は、なかなか存在感があります↓

vivian1_051516

今朝は早速、ビボーの乙女のビビ子さんとバラちゃんの美の競演の
お写真を撮ろうと思ったのですが、モデルさんの機嫌がすこぶる悪く…↓

vivian2_051516

ビビちゃん、どうしたの?
ビビ子さんの好きなピンクのバラちゃんですよ!
せっかくキレイに咲き始めたんだから、ビビちゃんも
お花ちゃんと一緒にポーズを取ってくださいよ。

vivian3_051516

あら…ジェラシーですか?

vivian4_051516

もう、ビビ子さんってば。。
無邪気なバラちゃんたちを威嚇しないでくださいよ!

ベランダは、ビビ子嬢の焼きもちのせいで険悪なムードですが、
お庭のほうでは昨日、よろこばしい出来事がありました。

庭木に取り付けた巣箱でシジュウカラが子育てをしていることは、
すでに過去記事でお伝え済みですが、昨日は朝からお庭で
シジュウカラの鳴き声が騒がしく、どうもいつもとは違う鳴き方なんですよ。

ねこねーさんの経験上、この騒がしさは、ちびっこシジュウカラが
巣立ちをした直後、初めて体験する外の世界を兄弟そろって
満喫している時の歓喜の鳴き声である可能性が非常に高く。

おそらく早朝に、無事に巣立ったのではないかと思って、
カメラを持ってお庭に飛び出してみると…

あ、やっぱり!親鳥とは違う、警戒心ゼロのシジュウカラが何羽も
庭木の上でぴょんぴょんと跳びまわっておりました。

なんとか証拠写真を押さえたいと思ったものの、
木の下から撮影せざるを得ない状況なので、
なかなかいいアングルを狙えず、こんなオシリショットとか↓

shijukara1_051516

下からあおったこんなショットの連続…↓

shijukara2_051516

わが家の庭木は、かなり鬱蒼としているので、
シジュウカラの声はすれども姿は見えず。葉っぱの下に隠れてしまって、
どこに何羽いるのか、把握するのが難しかったのですが、
運良く低めの枝に止まってくれた時に撮影したお写真がこちら↓

shiukara3_051516

くちばしがまだヒヨッコ仕様で黄色いのがわかりますか?
こっちの写真の方が見えやすいかな?↓

shijukara4_051516

なんとか、ヒナの巣立ちショットは撮影できたものの、
結局、全部で何羽いたのかは不明。お庭に響き渡る歓喜の声の
合唱からして、少なくとも4、5羽はいた感じでしょうか?

shijukara5_051516

ぴょんぴょんと枝から枝へ、木から木へと移り渡る
ヒナっこたちのお尻を追いながら、いつもは足を踏み入れない
ワイルドエリアでも撮影を続けていると、ん?

なんだか、見てはいけないものが、視界に映ったような?

もしかして、もしかすると、まさか、そんな…

ねこねーさんのイヤな予感は的中。。
なんと、かなり大きめのスズメバチの巣が
軒下からぶら下がっているではあーりませんかっ!↓

hachinosu1_051516

ひえぇ、マジですか。。
確かにときどき、お庭やベランダでスズメバチにお目にかかることは
ありましたが、いつも1匹だけなので、おそらくどこか遠くの巣から
やってくる偵察隊のうちの1匹なんだろうなと思っていたのですが…

まさか、うちの庭に巣があったとは。。

巣がぶら下がっているのは、今となっては廃墟以外の何物でもない、
その昔、ねこねーさんの父ちゃんがレース鳩を飼育していた頃に
建てたハト小屋のうちのひとつです。

父ちゃん亡き後、解体するのもお金がかかるし、
とりあえず放置したままになっているのですが、まさかここが
スズメバチのヘッドクォーターになっていたとは。。

hachinosu2_051516

でも、この巨大な巣、昨日観察した感じだと、
スズメバチの出入りは全くなくて、
今では使われていない可能性が大。

使用中であれば、駆除したほうがいいのでしょうが、
すでに空き家なのであれば、とりあえずこのまま放置でしょうか。

ってか、もし使用中で、ねこねーさんが巣のそばの庭木の剪定でもして
巣にぶつかってしまったりしたら、大変なところでした!

庭木のお手入れをする前には、周囲の状況も含めて
現状把握しておくことが大事ですね。

というのも、シジュウカラの若鳥を追いかけている時に、
こんな別の鳥の巣も発見したのです↓

torinosu_051516

これもすでに使用済みのようなのですが、
シジュウカラの巣箱を取り付けてあるブナの木にも、こんな感じの
鳥の巣が作られていたし、以前、別の木を剪定した時も
使い終わったメジロの巣がくっついていたし。

どうやら、わが家の庭木は、知らない間に鳥さんたちに
活用されまくっているようです。

昨日は、シジュウカラの若鳥だけでなく、どいうわけだか、
いつもは姿を見せないスズメも1羽、騒ぎまくっておりました↓

suzume_051516

さらに、どう考えても子育て中としか思えない
虫さんを加えたムクドリの姿も↓

mukudori_051516

ムクドリについては、明らかにヒナの声も聞こえていて、
ねこねーさんの家の前のアパートのどこかに巣が作られている
可能性が強いのですが、どれだけ探してもそれらしきものはなく、
もしかすると、アパート寄りにあるうちの庭木の上なのかな?
と思って、これまた観察してみたものの、結局、
鳴き声の出処は不明のまま。

でもまぁ、とにかく、どこかすごく近い場所で、
元気にヒナが育っていることは間違いなさそうです。

スズメの異様な騒ぎぶりも、もしかしたら巣作りやヒナが
関係していたのかもしれません。

いや、それにしたって、わが家のお庭、ワイルドすぎます。。

ねこねーさんの家もそうですが、近年、昔からこの地に住んでいる
敷地の広いおうちでは、相続やらなんやらで、庭を区分けして
アパートを建てることが多く、この辺りもずいぶん新築のアパートが
増えて、土のあるお庭が減ってきてしまいました。

わが家はその点、夏になると庭から生まれたセミもうるさいほど
鳴きまくるし、下手すると、庭仕事途中にカブトムシの幼虫に
遭遇することもあるほど、自然そのもの。

単純に、ねこねーさんの手が回らずに、
お庭のワイルド化が進んでいるだけなのですが、
でも、ここまで鳥さんや虫さんに愛されてしまうと、
庭木を剪定しまくって、こざっぱりさせるのも気が引けてしまいます。

あ、でも、さすがにスズメバチの巣は、
ちょっと勘弁していただきたいですけど(苦笑)

そんなこんなで、昨日はお庭のワイルドさに呆気にとられた1日でした。
日が暮れかけて、ベランダの戸締りをしようと思って家に戻ると、
トトちんが手すりの上に鎮座しておりました↓

toto1_051516

そんな端っこに座っちゃって、トトちん、落っこちますよ!

toto2_051516

あら、トトちんもシジュウカラのチビっこが騒いでいたのに
気づいていたのかな?

わが家はチョウチョさんも遊びに来ますからね、
ベランダにいても、いろんな鳥さんや虫さんを観察できて、
にゃんこ的にもハッピーなのでしょう。

ねこねーさんもワイルド環境は嫌いじゃないので、
この自然豊かな環境は維持していきたいのですが、
都心への通勤ライフを続けているねこねーさんには、
どう考えても、この家は荷が重すぎるというか、なんというか。
お庭のお手入れする時間が足りなすぎて、困ります。
植物の生長する勢いに、人間が完璧にに負けていますから。。

あー、もう早いとこ脱サラして、庭仕事に没頭できる生活を送りたい。
宝くじ、当たらないかなぁ(笑)


thankyou7.jpg
*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 13:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1748-e1a2f563

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>