ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

水頭症の白黒にゃんこ、ジーク君

今週末は、三連休ですね♪
ねこねーさんは、つい先日、その事実に気づいたので、
これといってお出かけ予定も立てていないのですが、
梅雨があける前に、いい加減、お庭と家の中をさっぱりさせたいので、
いつもの週末と変わらず、自宅で奮闘ですかねぇ(苦笑)

連休前ということで、ブログのほうもバカンスムードの
緩めの内容にしようと思っていたのですが、キープしていたネタの中に
ご紹介しておきたいにゃんこが埋もれていました。

それが、こちらの黒白にゃんこのジーク(Zeke)君です↓
このお写真が撮影された時は、まだ生後13週間だったのかな?

11201880_780614848717781_386867939113090598_n
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

今回参考にした元記事は、去年の秋に書かれたようなので、
今ではすっかり大人にゃんこに成長しているのですが、
ねこたちの保護活動をしているナンシー・リンチさんが
米テキサス州ダラスの動物保護施設でジーク君と出会った時は、
まだまだ小さな毛玉ちゃん。しかも、おでこがやけに広くて
目玉が飛び出た毛玉ちゃんだったのです。

11709713_781762121936387_4303830385141687850_n
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

ジーク君は、生まれながらに水頭症を患っているにゃんこでした。
水頭症というのは、脳脊髄液と呼ばれる体液が増加して
脳を圧迫する、ねこには珍しい病気です。

ナンシーさんが運営する保護団体、Kaley’s Place Rescue
Facebookページにジーク君の写真が投稿されたところ、
Super Heros Animal Hydrocephalus Societyという名前の
ニュージャージー州の保護団体にもそのことが伝わりました。
そこにはスーパー・ヒーローというカッチョいいお名前の
水頭症の先輩にゃんこがいたのです。

同保護団体のリサさんは、ナンシーさんに連絡をとり、
ふたりで協力してジーク君の水頭症と向き合うことに。

体重わずか14オンス(約400グラム)のジーク君は、
リサさんのもとへ向かうため、テキサスからニューヨークの
ラガーディア空港まで、勇敢にも飛行機に乗って旅することになりました。

10393865_781865661926033_1762989973131488078_n
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

じつは、このジーク君、水頭症だけでなく、
生まれながらに、おてても曲がっておりまして、
なかなかヘビーな障がいにゃんこなのでした。しかしながら、
彼にとっては、このボディ・コンディションが生まれた時からの
普通の状態。歩きにくいのも気にせずに、子猫時代から
元気に動き回っていたそうです。

とはいえ、見たからに長生きする確率が低そうな、
健全にゃんことは、まるで違って見えるジーク君。

安楽死させられる可能性もあったようですが、
同じく安楽死の危機に瀕した経験を持つ先輩にゃんこ、
スーパー・ヒーロー君と無事に対面し、晴れて彼の弟にゃんことして、
リサさんのケアのもといっしょに暮らすことになったのです。

11880416_796961117083154_396523113091981089_n
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

スーパー・ヒーロー君も、すっかり新しい弟君のことが気に入ったらしく、
ジーク君がどこかに行ってしまうと、自分の目が届く場所に連れ戻すべく、
おててでジーク君を優しくたたいて移動を促すこともあるのだとか。

12004795_812594452186487_109136876176665931_n
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

ヒーロー君もジーク君も、どちらも白黒にゃんこだし、
持病も同じということで、本当の兄弟みたいに見えますね♪

気になるジーク君の近況はというと…

Facebookを覗いてみたところ、
こちらは3週間前に投稿されたお写真ですが、ヒーロー君と
ビーチに遊びに行けるほと、元気いっぱいみたいです!↓



こちらは室内で撮影したツーショット↓
左がヒーロー君で、右がジーク君ですね。



ジーク君のロンパリ気味のおめめ&困った風のお顔は
そのままですが、チビにゃんこ時代のお写真と比べると、
おでこの出っ張りは解消されているみたいに見えます。
治療が効いているのかな?



先輩にゃんこといっしょにヘルシーライフを満喫しているジーク君。
そして、彼と同じ水頭症をもって生まれたスーパー・ヒーロー君。
2ニャンとも、会うべき時に会うべき人と出会えた、幸運の持ち猫です。

彼らのもとには最近また、別の幸運にゃんこがお迎えされたようですよ↓
どうやら今回もまた、はるばる飛行機に乗ってやって来た模様。



これまた、白黒にゃんこなんだなぁ(笑)
今度はおんニャの子で、名前はヘイリーちゃんといいます♪

彼女の近況とスーパー・ヒーロー君&ジーク君の日常については、
Super Hero's Animal Hydrocephalus Society (SHAHS)の
Facebookでご確認ください↓

FacebookSuper Hero The Hydrocephalic Cat and Zeke - SHAHS Non Profit Rescue Society

最後は、みなさんに幸福を届けてくれる
ジーク君の招き猫ポーズで締めたいと思います♪

11002587_784047968374469_4295847191263470010_n.
Image Credit: Super Heros Animal Hydrocephalus Society

小さな命をあきらめなかったナンシーさん、リサさんに敬意を表しつつ、
ハンデキャップに負けない黒白にゃんこたちを見習って、
ねこねーさんも逆境にめげず、毎日前向きに頑張ろうっと!


関連記事はこちら↓
Love Meow(2015年9月30日):Woman Rescues Kitten Born Special While Others Decided to Give Up
HeroViral(7月5日):No One Wanted This Kitten And The Reason Why Will Break Your Heart


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1800-89ff7d65

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>