ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今、ラリー君が熱いっ!!

一昨日の記事で取り上げたばかりですが、本日もふたたび、
英首相官邸のネズミ捕獲長、ラリー君の特集です。

Larry_Chief_Mouser
Photo: British Government / Open Government v1.0

個人的に驚いたのですが、
先日お伝えしたラリー君の現職留任のニュースは、
日本の毎日新聞時事通信なんていう、ちゃんとしたメディアでも
報道されていて、あら、まぁ、ラリー君!いつのまに出世しちゃって♪と
ねこねーさんは、訳もわからぬ親心に悶えまくってしまったのでした(笑)

「ねこねこNEWS」で初めてラリー君の記事を書いた時は、
日本語情報はほぼ皆無だったように記憶しているのですが、
今となっては、日本はもちろん、世界中にラリー君ファンがいるようで、
英首相の交代劇と同時に報じられたラリー君の関連ニュースは、
今日現在、関連ワードでGoogleのニュース検索にかけてみると、
ニャ、ニャンと、4,400件以上がヒット!

す、すごい、ラリー君。。
過去5年ばかり、ねこ関連ニュースを追い続けておりますが、
同じ内容でこれほどたくさんの記事がヒットすることは、初めてです!
英国に暗雲をもたらしたブレグジット(Brexit:英国EU離脱)ですが、
ラリー君に関しては、人気の追い風になったようですね♪

ここまでラリー君が注目された理由のひとつには、
キャメロン前英首相が、在職中の最後の議会の首相質問で、
こんなコメントをしたことも挙げられるのかも↓



動画は字幕付きなので、わかりやすいかと思いますが、
念のため、ざっくり訳しておくと…
(前半の会話は、前の議題の続きのようなので省略)

"The rumour that I don't love Larry. ..I do.
And I have photographic evidence to prove it."
「私がラリーを嫌いだというウワサですが…大好きなんですよ。
そのことを証明する証拠写真だってあるんです」

"Sadly I can't take Larry with me, he belongs to the house
and the staff love him very much, as do I."
「悲しいことに、ラリーを連れていくわけにはいかないのです。
彼はあの家の猫ですし、スタッフも彼のことが大好きなんです。
私と同じくらいにね」

なんだかもう、いいなぁ、英国の議会は(笑)
辞職する首相が最後にこんなユーモアをぶちかまして、
それを笑って受け止める議員のみなさまの微笑ましいことったら!
日本の霞ヶ関では、こうはいきませんからねぇ。。

ちなみに、キャメロン前首相の「ラリー君嫌い」のウワサについては、
過去記事でご確認ください↓

2013年9月30日:英首相官邸のラリーくんを救え!?

お茶目なキャメロン前首相は、ご自身のTwitterにも
議会で披露した「証拠写真」を投稿して、ラリー君好きをアピール↓


ここまでして疑惑を拭いさろうとしているところが逆に怪しい。。
なーんてことは、ねこねーさんは言いませんよ!
キャメロン氏は、きっとラリー君のいいパパさんだったに違いありません。
彼の疑惑は、これでキレイさっぱり流し去りましょう!

ラリー君のことをご存知なかった方のために、
彼の首相官邸勤務の初日の様子や、日常生活について
コンパクトにまとめた動画もご紹介↓



この動画の最後には、官邸に初めてやってきたテリーザ・メイ氏と
ラリー君の初顔合わせ(?)がさりげなく収められているのですが、
その記念すべき初対面に焦点を当てた動画がこちら↓



ラリー君、なにやら渋い表情です…(苦笑)

写真で再確認しておくと、首相官邸前でくつろいでいたラリー君は
いちおう、ちゃんと新首相のことを気にしている模様…↓
「誰だ、こいつは?」といった感じでしょうか。。

Larry-the-Downing-Street-cat-Below-R
Photo:Mirror

拡大写真がこちら↓

Downing-st-cat_071316
Photo:Mirror

じつは、このメイ新首相、ねこねーさんが探ってみた限りでは、
「猫アレルギー」である可能性が高いんですよね。。

こちらは、フォトジャーナリストが投稿した関連ツイート↓


「明らかにテリーザ・メイは猫アレルギーだ。
このことは、すべてを変えるよ。彼女は辞任しなくちゃ」

氷の女王(the Ice Queen)と呼ばれるメイ首相は、
なかなか手厳しい方のようですが、今やラリー君は世界の注目の的。
首相官邸のネズミ捕獲長の存在が、彼女の進退に大きな影響を及ぼすことは
百も承知でしょうから、アレルギーをこらえてでも、
ラリー君を追い出すことはないんじゃないかな。

そんなわけで、新たなご主人様になでなでしてもらうことは難しいかもしませんが、
メイ首相は、ド派手な靴を好まれることで有名です。もしかするとこれからは、
メイ首相の靴とラリー君のツーショットがメディアで取り上げられる機会が
増えるかもしれませんよ(笑)

TheresaMayWalk+Larry_0
Photo:Evening Standard

新しいママさんとの関係については不安がよぎるものの、
ラリー君には、彼のことを大事にしてくれる官邸のスタッフのみなさんが
ついていますから!官邸前を警備しているお巡りさんだって、
ラリー君のことを気にしてくれているんですよ。

こちらは、官邸前の車道に寝転んで異議申し立て(?)をしている
ラリー君を歩道に移動させようとしているお巡りさん(笑)↓


さらにラリー君は、4月に外務省に就任したネズミ捕獲にゃんこ、
パーマストン君との対面もすでに果たしているようで、
こちらの動画では、弱虫にゃんこのレッテルを貼られていたラリー君が、
新入りのパーマストン君を相手にかなりの男気を見せてくれています↓


この動画は、新聞にも取り上げられたみたいですね↓
ラリー君、かっちょいいー!


英首相交代で世界中から注目されることになったラリー君、
きっとこれからは今まで以上に、ラリー君のニュースがメディアに
取り上げられるようになるんじゃないかなぁ♪

最後は、ラリー君の歩く姿を撮影したこちらの動画をご覧いただいて、
今回のラリー君特集を締めくくりたいと思います↓


もちろん、「ねこねこNEWS」はこれからも、
ますます熱心にラリー君ネタを追いかけますよー!

関連記事はこちら↓
Evening Standard (7月12日):Claws come out as political rivals are caught in catfight on camera
Independent(7月13日):David Cameron faces backlash over leaving Larry the cat in Downing Street
Mirror(7月13日):David Cameron has confirmed he loves Larry the Cat very much - and the chief mouser won't be evicted
RT(7月13日):‘I love Larry the Downing Street cat & I’ll prove it!’ Cameron tells MPs
Atlas Obscura(7月12日):Everything We Know About the Cat Living at 10 Downing Street


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1809-3a76aa7f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>