ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

まさかの特別篇、公開!映画『ミリキタニの猫』

週末に胃痛に見舞われて絶不調だったねこねーさんは、
どうやら、完璧に夏風邪を引いたらしく、
昨日はずっと熱っぽい感じが続いておりました。

職場から家に帰るまで、倒れないでいるのがやっとの状態だったのですが、
帰宅後に飲んだ薬が効いてきたのに加え、思いがけないニュースを知って
なんだか急激に元気になったような気がします。

そのニュースというのが、本日ご紹介する
映画『ミリキタニの猫』の特別編の公開です!

mirikitani_tokubetuhen1

『ミリキタニの猫』は、リンダ・ハッテンドーフ監督の
2006年のドキュメンタリー映画で、日系アメリカ人画家の
ジミー・ミリキタニ・ツトム氏の日常に密着した作品です。

こちらの個性的なおじいさまが、ミリキニタ氏です↓

mirikitani_tokubetuhen2

彼は2012年の10月に他界されたのですが、
「ねこねこNEWS」では、そのわずか1か月ほど前の
2012年9月11日の記事で彼の映画をご紹介していたのでした。

もう4年も前なので、ご存じない方がほとんどかもしれませね。
ねこねーさんは、本とセットになった映画のDVDを持っていて、
どういうわけか、ミリキタニ氏の直筆の絵まで自宅に
飾ってあったりするんですよー(笑)

詳しくは、過去記事をご覧ください↓
2012年9月11日:反骨の猫絵マスター・映画『ミリキタニの猫』

ミリキタニ氏の虎とカエルの絵は、今でもわが家の
階段スペースに飾ってあって、毎日目にしているので、
個人的に彼の作品にはとりわけ思い入れが強いのですが、
そんな彼の映画の特別編が、まさか今頃になって公開されるなんて!

ねこねーさんは妙にテンションが上がって、
熱まで上がってしまうところでした(笑)

どうやら新作は21分の短編で、タイトルは『ミリキタニの記憶』。
監督・製作は『ミリキタニの猫』のプロデューサーを務めた
Masa氏です。上映時間は短いものの、『ミリキタニの猫』撮影前の
ミリキタニ氏の過去に迫った内容のようで、ねこねーさん的には
非常に興味をそそられるわけです。

東京では、8月27日(土)から渋谷のユーロスペースで
『ミリキタニの猫』と『ミリキタニの記憶』の2本立てが
上映される模様。こちらは今回の上映の予告編です↓



ねこねーさんは『ミリキタニの猫』のDVDを持っているので、
わざわざ映画館まで行かなくてもいつでも映画を観れるのですが、
新作の短編映像は、この機会を逃したらいつ見られるか
わからないしなぁ。映画館のスクリーンでひさびさに
『ミリキタニの猫』を観るのも悪くないと思うので、
渋谷まで観に行きたいと思っています♪

ミリキタニ氏の絵は、色遣いがなんとも言えず良く、
線の感じも独特で、特に彼が書くねこの絵は優しさに溢れていて
大好きです。描こうと思っても、なかなか描けない猫絵だと思います↓

mirikitani_tokubetuhen3

映画の公式HPは、まだ準備中の箇所も多いのですが、
今後は彼の絵や写真もアップされるようなので、気になる方は
チェックしてみてください。

公式サイトはこちら↓
ミリキタニの猫《特別篇》



thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこむーびー | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1837-17b16668

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>