ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

映画『ミリキタニの猫《特別篇》』鑑賞みやげ〜♪

ねこねーさんは、昨日はひさびさに都内へお出かけ♪
愛しのジュリーこと沢田研二さんのコンサートが夕方から
NHKホールで開催されるので、そそくさと渋谷へ向かったのでした。

渋谷といえば、先日ブログでお知らせした
ドキュメンタリー映画『ミリキタニの猫《特別篇》』が
上映されているユーロスペースがあるのも渋谷。
調べてみたところ、映画を観終わってから会場に向かうと、
ちょうど開演時間ちょっと前に到着できそうなので、
映画とライブをダブルで楽しんでしまうことにいたしました。

ちなみに映画の過去記事はこちら↓
8月10日:まさかの特別篇、公開!映画『ミリキタニの猫』

が、しかし…上映前に新作の短編映画の監督である
マサ・ヨシカワ氏のご挨拶があったりしたせいなのか、
上映が終了したのはライブ開演の15分前!
えー!HPには35分前に終わるって書いてあったのに、
まさかの20分押しっ!まさに文字どおり、顔面蒼白。。

ユーロスペースからNHKホールまでは、地図サイトのナビ検索によると
徒歩19分…ジュリーのライブは毎回、開演時間ぴったりに始まるので、
いや、これは、もう完璧に間に合わない!

せっかく映画は素晴らしかったのに、ライブに遅刻だなんて恨みますよー!
と、心の中で半べそをかきながらも、トイレにはしっかり寄って、
それから先、ねこねーさんは渋谷の街中をひたすら走りました(苦笑)

で、結果として、上映時間数分前に
NHKホールの座席に到着できてしまったという奇跡(笑)
どんだけ足が速いんだ、自分…というか、走れる靴で出かけてよかった!
みなさんも、大事なイベントに出かける際は、オシャレも大切ですが、
できるだけ走れる靴で出かけましょう!
世の中、何が起きるかわかりませんから!

これでジュリーのライブに遅刻していたら、今日のブログは
完璧に恨み節になるところでしたが、無事に映画とライブのハシゴに
成功したので、気持ち良く映画ネタに移れそうです♪

というわけで、はい、ビビ子さん。
昨日のお出かけのおみやげですよー!

vivian1_090416

昨日は、映画館で『ミリキタニの猫』を観てきたんですよ。
映画館で関連書籍を売っていたので、ビビ子さんにも改めて
ミリキタリおじさまの絵を見てもらおうと思って、買ってきたのです。

猫の絵が上手なミリキタニおじさまのことは、
うちにもDVDがあるから、ビビ子さんも知ってるでしょ?
わが家の階段に飾ってあるトラさんとカエルさんの絵を描いた人ですよ。

ユーロスペースは整理券制の入場なので、
ねこねーさんは整理券ゲットのために上映時間よりもかなり早めに
窓口に行ったので、関連書籍を購入する時間の余裕もあったのです。
昨日のあの状況では、上映後に購入するなんて絶対に無理でしたから、
映画を観る前に買っておいて本当によかった!

会場においてあった映画のチラシも、かなり凝った作りになっておりまして、
単館上映にしては気合の入ったA4二つ折り仕様!
ビビ子さんの豊満ボディを利用して中面を撮影させていただくと、
こんな感じに著名人の推薦コメントがびっしり掲載されています↓

vivian2_090416

そうえいえば、チラシの表紙に採用されているにゃんこの絵、
雰囲気がビビ子さんに似てますね♪

vivian3_090416

あら?姫さま、おかんむり…(苦笑)
チラシの撮影台にしちゃったのが、マズかったかな。。

なんとか、ビビ子さんには機嫌を直してもらって、
おみやげ本の方も撮影しちゃいましょうか。

vivian4_090416

そうなんですよ、ビビ子さんと一緒に読もうと思って、
関連本を2冊もまとめ買いしちゃいました!
あ、ビビちゃんは、本よりも足指のお手入れに夢中ですね。。↓

vivian5_090416

この正方形の2冊の本は、去年発行された
『ミリキタニの思い出』というタイトルのジミーさんの追悼画文集。
生前の彼のことを知っている方々が、その思い出を綴った本で、
もちろん、ジミーさんの作品も多数掲載されています。

vivian6_090416

そうですね、ビビ子さん。
ジミーさんは、かなり強烈な個性の持ち主だったようですが、
映画を見る限りでは、愛嬌のある方だし、生粋の芸術家として、
そして日系アメリカ人として、ご自身の信念を貫く姿に
心を打たれた人も少なくないのでしょう。

そのことは、今回の新作の短編映画『ミリキタニの記憶』からも、
ひしひしと伝わってきました。ねこねーさんも数年前にDVDで
初めて映画を観た時から、ずっとジミーさんのことが気になっていて、
この追悼画文集を読むのが今から楽しみなのです。

画文集の前に写っているA4の冊子は、この映画の鑑賞ガイド。
画文集とは別に300円で売っているのですが、
画文集を2冊まとめて買うと、このガイドも1冊もらえます。
内容的には、公式サイトとほぼ同じ内容とのことですが、
映画『ミリキタニの猫』ファンの方は、お求め安い価格だし、
1部持っていてもいいんじゃないかな。

ちなみに公式サイトはこちらです↓
ミリキタニの猫《特別篇》

さらに、今回新たにゲットしたスペシャル情報も!
マサ・ヨシカワ監督も昨日の上映前のスピーチでふれていましたが、
映画のチラシの裏側には、ミリキタリファンは見逃せない、
こんなお知らせが…↓

mirikitaniten_090416

ニャンと、10月21日からジミーさんの原画が展示される展覧会が
都内で開催されるとのこと!監督情報によると、年明けにも、
もうひとつ、別の展覧会が企画されているのだとか。
ねこねーさん的には、待ってましたー!という感じ。
これは今から期待大です♪

vivian7_090416

うーん、残念ながら、ビビ子さんがモデルの絵はないと思いますが、
ビビ子ちゃん似の三毛猫ちゃんの絵はありそうですよね。
ジミーさんの晩年の愛猫、ミコちゃんも三毛猫ですから♪

ジミーさんの描く猫絵はもちろんですが、
映画『ミリキタニの猫』は、いろんな意味で素晴らしい映画です。
10年前の上映時に観損ねた方も、今回初めて知った方も、
ひとりでも多くの方に観ていただきたいと心から思います。

ユーロスペースでの特別篇の公開は、9月15日(木)まで。
渋谷まで足を運べる方は、ぜひこの機会にお見逃しなく!


thankyou7.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 14:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1862-4fed1c4e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>