ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【ロシア発】謎めいた山猫、マヌルにゃんこの保護区誕生!

昨日の夜から急に涼しくなりましたね。
ねこねーさんは、今まで薄手のブランケット1枚で寝ていたのですが、
昨夜はさすがにそれでは風邪をひくと思って、押入れから羽毛布団を
引っ張りだしてきました。にゃんこたちも寒かったのか、
ルビちゃんとビビ子さんが、早速布団の中に潜って添い寝してくれました♪

今日の日中も少々肌寒い感じだし、いよいよ秋の到来ですね。
前回、チンチラペルシャ12ニャンのモフモフ軍団を取り上げた時は、
予想外に暑くなってしまいましたが、今日ぐらい涼しいと
モフモフも紹介しがいがあります(笑)

でも、本日ご登場いただくのは、
チンチラペルシャとは正反対のかなりワイルドなお方です。
それはこちら、中央アジアに生息する山猫の一種、マヌルネコ
英名は「Pallas's Cat」または日本名と同じ「Manul」といいます。
「マヌル」というのは、モンゴル語で「小さいヤマネコ」の意味だそうです。

Pallas'scat1_100716
Photo:Atlas Obscura

マヌルネコについては、ねこねーさんが上野動物園で撮影したお写真を
過去記事に掲載したことがありますが、ずんぐりむっくりとしたボディと
ふてぶてしいお顔がなんとも言えない、個性的なワイルドにゃんこなのです。

過去記事はこちら↓
1月24日:上野動物園のマヌルにゃんこ・2016♪

ちょっとポケモンめいたキャラ度の強い山猫さんですが、
準絶滅危惧種に指定されている希少なネコ科動物。
ほとんど人前に姿を現さない、引きこもりがちなライフスタイルを好むために
その生態は、謎のベールに包まれたまま。。

そんなミステリアスなマヌルネコについて、もっと研究しようではないか!
という動きが、先ごろ行われた国際会議で本格化したようで、
晴れてマヌルネコの保護と研究を行うための特別区域が
正式に設けられることになりました。

場所は、ロシアのアルタイ山脈に位置する自然公園、
Sailyugemsky Nature Park内の32平方キロメートルのエリア。
以下のGoogle Map上の赤いマーカーが、その自然公園がある場所です↓

nature-park-e1475762827250
Source:Lonely Planet

ちょうどカザフスタンとモンゴルが隣り合う接点のロシア側になりますね。

シベリア南部、モンゴル、中国の岩場の多い草原に暮らすマヌルネコは、
1日のうちのほとんどを穴ぐらの中で過ごし、外に出るのは、おなかが減って、
ナキウサギの狩りに出かける時だけ。

まさにレアポケモン並みの遭遇率の低さが災いして、マヌルネコに関するデータは
過去30〜40年もの間、更新されることがなかったというのです。

新たに設けられた保護区にも、何匹のマヌルネコがいるかは不明。
調査の手始めとして、まずは生息数の確認から行うとのこと。

ねこねーさんは、マヌルネコは上野動物園にもいたりするので、
けっこうメジャーなワイルドにゃんこなんじゃないかと思っていたのですが、
これは思った以上の不思議生物のようですね。

Pallas'scat2_100716
Photo:Atlas Obscura

保護区には早速15のカメラが設置されたようで、
マヌルネコの日常的な姿が日々記録されているみたいです。

こちらが現地で撮影された映像の昼バージョンと夜バージョン↓

Pallasscat_inside_day
Photo:Sailyugemsky Nature Park / The Siberian Times

Pallas'scat_inside_night.
Photo:Sailyugemsky Nature Park / The Siberian Times

普段はきっと、この調査員のおねえさんがのぞきこんでいるような
穴の中に潜んでいるのでしょう。うん、たしかにこれでは、
目撃される確率は極めて低そうです↓

Pallasscat_inside_hole
Photo:Sailyugemsky Nature Park / The Siberian Times

アルタイ地方に生息するマヌルネコの数については、11月に発表予定。
いったい何匹くらいいるのかなぁ?新たに作られるデータベースは、
オンライン上で公開されるそうなので、マヌルネコ好きの方は、
来月になったらググってみてください。

以下のお写真は、アルタイ共和国へ向かう調査旅行で撮影されたもの↓

Pallas'scat_iinsidegv
Photo:Altai Biosphere Reserve / The Siberian Times

荒涼とした山並みを背景にした、眼光鋭いマヌルネコ。
でも、やっぱりどことなく愛嬌があって、
山猫好きにはたまらないお顔をしています♪

Pallas'scat_inside4
Photo:Altai Biosphere Reserve / The Siberian Times

やっとのことで、本格的な調査がはじまったマヌルネコの生態。
調査の内容がある程度まとまったところで、ぜひBBCやNHKあたりに
ドキュメンタリー番組を制作していただきたいなぁ♪

最後は、マヌルネコの生息数が増えることを願って、
マヌルネコのベビーたちの動画2本で締めたいと思います。

みんニャ、モグラみたいにモコモコしていて可愛いですよー♪↓





関連記事はこちら↓
The Siberian Times(10月4日):Pallas's cats to get their own 'palace' in Siberian mountains
Atlas Obscura(10月5日):The World's Fluffiest Wildcats Are Getting Their Own Park
Lonely Planet(10月6日):World’s fluffiest feline to get its own nature park in Siberia


thankyou5.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1895-4f18a050

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>