ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ビビ子さんのおめめが…!

今日は昨日ねこねーさんが訪れた秩父夜祭のリポートでもしようかと
思っていたのですが、朝起きたらビビ子さんに異変がっ!
急遽、動物病院に出かける事態になりました。。

そんなわけで、予定変更。
昨日に引き続き、ビビちゃんの近況報告とさせていただきます。

昨日のブログでもご紹介したように、昨日までビボー全開で
この上なく元気だったビビ子さんは、昨日の夜、秩父夜祭を堪能した
ねこねーさんが夜遅く帰ってきた時も、いつもと変わらずご機嫌で、
カリカリも完食。これといった変化はなかったのですが。

今朝起きてみると、左のおめめがぴったり閉じられていて、
どうやら眼の調子が悪い模様。まぁ、でも目の具合が悪いのは、
たまにあるので、今回もゴミが入ったとか、そんな感じなのかと思って、
とりあえず置き薬のわんにゃん用目薬をさしてみたのですが、

あれ?ビビ子さん、いつもと明らかに見た目が違いますよ!
どーしちゃったの、これ?

vivian1_120416

うん、調子が悪いのは、ねこねーさんもわかるのですが、
いつもおめめが悪くなる時は目やにが出るくらいなのに、
今回は明らかにおかしなことになっちゃってますよ!

vivian2_120416

ビビ子さんがいうように、左のおめめの様子がパッと見でわかるほど
いつもと違うのです。こんな感じに目頭の部分の瞬膜が出たまま、
元に戻らなくなっているのです↓

vivian3-1_120416

おめめ部分のアップがこちら↓

vivian3-2_120416

えー、ビビちゃん、これヤバいんじゃない?
ねこねーさんが寝ている間に、何が起きたっていうの?

vivian4_120416

とりあえず、ビビ子さんもつらそうだし、
幸いにも獣医さんは至近距離だしということで、善は急げ!で
午前中に動物病院に行ってみました。

診断の結果、特に傷もついていないので、おそらくウイルス性のものだろうとのこと。
診察室に貼っていあったねこの病気のポスターのお写真が、
ちょうど似たような感じだったのですが、ビビ子さんはワクチン接種を
しているので、ワクチンでカバーしている病気の恐れはなし。

この手の病気は普通、外猫が他の猫から移されることがほとんどとのことでしたが、
ビビちゃんはベランダには出るものの、完全室内飼いでよそのにゃんこと
接触する可能性はゼロ。なにが原因でこうなったのかは不明なのですが、
とりあえず、ウイルスに効く目薬を処方してもらって、様子を見ることになりました。

いきなり病院に連れて行かれたビビ子嬢は、帰宅後、いささか不機嫌に↓

vivian5_120416

でも、獣医さんに診てもらってよかったでしょ!
ゴミが入っただけなら、ほっとけば治るかもしれないけど、
ウイルス感染は、ちゃんと治療しないと治りませんからね。

目薬を2種類もらってきたので、これを1日3回、1週間さしてみて
様子を見ましょう!きっとお薬が効いて、すぐによくなると思いますよ。

vivian6_120416

ちなみにこちらがその2種類の目薬です。
抗菌剤のロメワンは目の調子が悪い時に、過去に何度か処方されたことがあります。
もうひとつの副腎皮質ホルモン点眼剤は、今回お初かな?↓

megusuri_120416

目薬はしみるかもしれないけど、このまま放っておくと
ビビ子さんのビボーにも影響しますから。
ねこねーさんも1日3回、目薬をさし忘れないように頑張りますから、
ビビ子さんもビボーのためにしばらく堪えてくださいな。

vivian7_120416

さすが、ビビ子さん!
キラキラおめめのビボーを取り戻すためなら、目薬も我慢できますね♪

もしも目薬がきかずに、目が白っぽくなってきたりした場合は、
また連れてきてくださいと獣医さんには言われたので、
今後しばらくは症状の変化にも要注意ですが、今回は週末で
ねこねーさんが家に入られて早めに対応できたのは不幸中の幸いですね。
薬も早く効いてくれるといいんだけどなぁ。

ビビ子さんのおめめが1日も早くビボーを取り戻しますように!
ねこの神様、よろしくお願いいたします!


thankyou7.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 14:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1953-5f18b33d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>