ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「耳炎」という名前の耳なし白猫、オウタイティス君

本日は、11月にご紹介できなかったこぼれネタを…

海外メディアでは、ひと月前に取り上げられていたようですが、
ねこねーさんとしたことが、すっかりスルーしてしまっていたようです。

それが、こちらの強面の白猫、オウタイティス君↓

ofotitis
Photo:Instagram

あれ?このお写真、にゃんこの写真としてはなんか変???
と、なんとなく違和感を感じるのは、オウタイティス君の頭が
妙につるんとしているから。

じつは彼は、ドラえもんと同じように両耳のないにゃんこなのです。

ドラちゃんは、昼寝をしている間にネズミに耳をかじられてしまって
あのようなつるんとした頭になったのですが、オウタイティスの場合、
耳なしにゃんこになった理由は、彼のめずらしいお名前にヒントがあります。

オウタイティス(Otitis)の意味は「耳炎」。
彼はひどい外耳腫瘍のために今年の1月に両耳を切断せざるを得ませんでした。
両耳を失うだけでも悲劇ですが、彼の場合、
耳の病気が原因で住む家と家族も失うことに。

外耳腫瘍を患ってしまったオウタイティス君は、もともと飼い猫だったのですが、
以前の飼い主さんが耳の手術費をまかなうことができずに、飼育を断念。
動物愛護施設に保護されることになってしまいました。

すでに10歳と歳も若くなく、しかも両耳がないとあっては、
新たな飼い主を見つけるのは極めて困難…と思われていたのですが、
ねこの神様はオウタイティス君のことを見捨てませんでした。

米メリーランド州のタウソン大学の学生、モリー・リヒテンウォルナーさんが、
耳なしにゃんこに一目惚れしたのです。

Weekend snuggles with mom today! #AdoptDontShop

Otitisさん(@adventuresofotitis)が投稿した写真 -


保護ペット探しサイトのPetFinderでオウタイティス君のことを知ったモリーさんは、
保護するなら、障害のある子にしようと決めていたと言います。
彼女はご両親が飼っていた耳の聞こえない牧羊犬を
トレーニングした経験を生かしたいと思ったのです。


オウタイティス君をお迎えする前に、学校の勉強や仕事のことも考えて、
果たして自分がちゃんと彼のお世話をできるのかどうか、
モリーさんは相当悩んだそうです。1月から連日のようにWebサイトで
オウタイティス君のことを眺め続けたモリーさんですが、
彼の里親はなかなか見つからず、ついに3月に一大決心をして
オウタイティス君の里親になることにしたそうです。

I need to be snuggling my human at all times, even if that means sitting on her knees #adoptdontshop

Otitisさん(@adventuresofotitis)が投稿した写真 -


オウタイティス君のお名前を決めたのも、このモリーさん。
「意味のある名前をつけたかったの」という彼女は、
「オウタイティスの名前が『耳の感染症』という意味だということは
わかっているのよ。でも、耳に嚢胞ができていなかったら、
私は彼と出会うことができなかったのだから」と愛猫ちゃんとの
運命の糸を引き寄せた病気のことをポジティブに考えているようです。

Recovering from Monday like 💤 #adoptedcat #adoptdontshop #adoptionrocks #catsofinstagram #rescue #ilovemycat #catstagram #cats

Otitisさん(@adventuresofotitis)が投稿した写真 -


「多くの人は 'special needs' (援助を必要とする障害)という言葉に
怖気付いてしまって、シニアな猫の里親になろうとはしないけど、
オウタイティスをお迎えしたことは、私の人生において最高の出来事なの」


笑顔がステキなモリーさん。聴力を失ってしまったオウタイティス君ですが、
モリーさん笑顔を見るための視力はあります。彼は相変わらず仏頂面ですが、
きっと心の中では、モリーさんに負けないくらい満面の笑みのはず。

耳なしにゃんこのオウタイティス君のお写真は、モリーさんが立ち上げた
こちらのInstagramでチェックできます↓

Instagramadventuresofotitis


関連記事はこちら↓
boredpandaWoman Adopts Earless And Deaf Senior Cat Everybody Ignored, And Later He Saves Her
Love Meow(11月4日):Woman Takes a Chance on Earless Senior Cat While Others Pass Him By, A Day After Adoption...
Daily Mail(11月29日):Beautiful cat which lost BOTH its ears to infection after being abandoned has found a new home and internet fame thanks to his own Instagram account
ロケットニュース24(11月15日):ドラえもんみたいな “耳なしニャンコ” にできた新しい家族! 不安障害に苦しむ飼い主さんをお守り中なのニャ!!

モリーさんが言うように、これも耳の病気が叶えたご縁。
巡り合うべくして出会った1人と1匹なんだろうなぁ。
この先もふたり仲良くしあわせな毎日を過ごしていただきたいですね♪


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/1956-86d1c3e1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>