ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

英スーパー「モリソンズ」の守護猫、故ブルータス君の銅像計画!

本日ご紹介するのは、英国チェシャー州ソルトニーのスーパマーケットで
買い物客の心を癒し続けた愛されにゃんこ、ブルータス君のお話です。

335408_164330080321197_797223663_o
Photo:Facebook

ブルータス君は、英国の大手スーパーマーケットのひとつ、
「モリソンズ」で会うことができる町の有名にゃんこだったのですが、
多発性嚢胞腎を患い、多くの猫好きさんたちの祈りもむなしく、
先月16日に8年の猫生にピリオドを打ちました。

こちらは、生前のブルータス君のポートレイト写真。
愛らしいお顔をした、なかなかのイケにゃんだったようです↓



いつもこんなふうに、モリソンズの店先で
お客さんたちを出迎えてくれていたブルータス君↓



最寄りのスーパーのリサイクル回収コーナーにこんな子がいたら、
率先してリサイクルしちゃいますよね♪

ブルータス君は、地元メディアでも取り上げられいたようです↓



英国では、ブルータス君のようなスーパーマーケットのアイドル的にゃんこに
注目が集まることが少なくないのですが、「ねこねこNEWS」でも過去に
数にゃん、ご紹介しておりました。

過去記事はこちら↓
2014年6月20日:【追悼】テスコの通い猫・スコットランドのタイガー君
2015年1月15日:英国のスーパー在住にゃんこ、マンゴ君

タイガー君の場合は、スーパーのほかに飼い主さんの待つ本宅がある飼い猫、
マンゴ君は24時間スーパー暮らしの野良ねこ。と、それぞれ境遇は違っていましたが、
今回のブルータス君の場合は、タイガー君と同じ。ちゃんとお世話してくれる
飼い主さんがいて、Facebookページも運営してくれていたのです。

飼い主のクレア&アダム・オーウェンさんによるブルータス君のFacebookページの
フォロワー数は1万2,000人超え。そのため、虹の橋を渡ってしまった彼を惜しむ声も
数多く寄せられ、現在、モリソンズの店先にブルータス君の銅像を建てるための
クラウドファンディングまで展開されています。

にゃんこの銅像については、最近では、盗難騒動まで起きた
イスタンブールのトムビリ君のことが思い浮かびますが…

トムビリ像は、ご本ニャンに似ているとはとてもじゃないけど言えない、
残念なクオリティの銅像に仕上がってしまいましたが、今回のブルータス君の像が
実現したら、ぜひとも、素敵な見た目に仕上げていただきたいですね。

銅像計画の決定が待ち望まれる中、Facebookに投稿された
彼の生前のお姿をいくつかおさらいさせていただくと…

こちらは飼い主のクレアさんとのツーショットかな?
自転車のトレーニングに出かける前に、スーパーに立ち寄って
愛猫ちゃんの様子を見に来たときの1枚のようです↓



フリーペーパーの棚の上もお気に入りスポットだった模様↓
そんなところでまったりしていると、フリーペーパーと同様に無料と思われて、
お持ち帰りされちゃいますよ(笑)



もしかすると、ブルータス君には、わんこの妹がいたのかな?
店内にわんにゃんがいても怒られない英国のスーパーがうらやましい。。↓



もちろん、気が向けば、お店の外でくつろぐことも↓
個人的には背景の、英国らしい、なんともいえない空模様がたまりません(笑)



ブルータス君は、もちろん、店員さんからも愛されておりました。
こちらの2ショット写真、ブルータス君は少々ごきげんナナメなのかも?↓



そして、スーパーマーケットにゃんこのお約束の1枚。
キャットフード売り場の棚に収まって、はい、チーズ!↓



地元誌の表紙を飾ったこともあるブルータス君↓
首輪のチャームには、「腎臓病だから食べ物を与えないで」とのメッセージが
刻まれています。外歩きの愛猫ちゃんを心配する飼い主さんの思いやりですね♪



飼い主さんと町の人たちに素敵な思い出をたくさん残してくれたブルータス君。



虹の橋を渡ってしまったのは悲しいけれど、クラウドファンディングが成功して、
彼の銅像ができれば、今までと同じように、スーパーに買い物にくるお客様たちを
自分の分身で和ませることができます。

クラウドファンディングは、すでに目標金額5,000ポンド(約70万円強)の
46%まで達成しています。プロジェクトが終了するまで、まだ21日もありますから、
この感じでは、無事に銅像資金を集めることができるんじゃないかな?

ブルータス君銅像計画のクラウドファンディングサイトはこちら↓
JustGivingWeʼre raising £5,000 to have a statue of Brutus the Morrisons Cat made in his memory and placed in Morrisons, Saltney where he can still greet his adoring fans.

町の人たちのコメントがたくさん寄せられている
Facebookページはこちら↓
FacebookBrutus "The Morrisons Cat"

虹の橋を渡ってもなお、多くの人たちに愛されているブルータス君、
まさに、にゃんこ冥利に尽きますね。

関連記事はこちら↓
The Chester Chronicle(1月16日):Heartbreak as Brutus the Morrisons cat passes away
The Telegraph(1月27日):Beloved cat Brutus to be immortalised in Morrisons supermarket statue


thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2014-f84332e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>