ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【台湾発】ライオンカットになるはずが…猫面仕様に!ジンジン君

GWが過ぎると、世の中的にはもう初夏ということで、オフィスや通勤電車の空調が
冷房に切り替わりますが、ねこねーさんは毎年この温度差にやられて体調不良に。

電車に乗っている時間が長いので、特に地下鉄の容赦ない強風冷房は
苦行としか思えない感じで、少しでも苦痛を和らげようと、
今日から夏用のショールを持参してみました。

鉄道各社は良かれと思って冷房を入れてくれているのだと思うのですが、
あそこまで冷やすさなくてもいいと思うんだけどなぁ。どうしても冷房の設定温度は
暑がりさん基準になるので、冷え性の人たちは我慢を強いられることになります。

ねこねーさん同様、冷房が苦手な皆さん、
今年も夏の寒さ対策を万全に、なんとか秋まで乗り切りましょう!

さてさて、全身をモフ毛に覆われているお猫さまたちも、
この時期は夏に向けての準備が開始される頃。

わが家でも現在、夏毛への切り替わり時期中のため、
いつも以上に大量の抜け毛が廊下に降り積もっております。
(4ニャンよりも、アフリカワシミミズクのガボちゃんの換羽が激しいです。。)

しかし、生理現象としての抜け毛だけでは、暑さ対策が不十分と思われる
ロン毛にゃんこの中には、飼い主さんの配慮で、夏用のモフ毛カットを
施される方もいらっしゃいます。

台湾在住のペルシャにゃんこのジンジン君も、その1匹。
飼い主のシェ・チェン・チェンさんが毎年ペットサロンでモフ毛カットを
お願いしてくれるので、蒸し暑い台湾でも快適な夏を過ごせています。

こちらが、ヘアカット済みのジンジン君のお写真↓
お顔のモフ毛はそのままで、ボディのほうはかなりスッキリしていますね。

JinJinGlooming6
Photo:Love Meow

ロン毛にゃんこの場合、お顔まわりと手足の先、尻尾の先っちょの毛を残して
全身を刈り込む「ライオンカット」にする子が多いのですが、ジンジン君も
去年は腕のいいトリマーさんに担当してもらって、いい感じのミニチュアライオンに
変身していたのでした。

この写真は、そんなサマーカットの成功例↓
尻尾の先は見えませんが、たてがみの長さが強調されて、ボディは涼しげです。

JinJinGlooming1
Photo:The Dodo

今年も数ヶ月前に、早々と夏に備えてペットサロンを訪れたジンジン君。
当然、今年も去年同様のたてがみ自慢のライオンカットになるはず…
だったのですが、なぜか、ボディのモフ毛といっしょに、たてがみも消失。

さらには、頭部のモフ毛まで丁寧に刈り込まれ、
にゃんこらしからぬ見た目の予期せぬ仕上がりになってしまったのでした。

その衝撃のお写真がこちら

          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓

JinJinGlooming2
Photo:The Dodo

えーーーーっ!ジンジン君、お顔がお面みたいなんですけど。。

ライオンカットとは程遠い、ニャンたる猫面仕様!
顔面部分だけに残されたモフ毛の違和感は、
まるでモフ毛レスのスフィンクスにゃんこに
ペルシャにゃんこのお面を合成したコラ画像のようです(苦笑)

JinJinGlooming4
Photo:The Dodo

どうして、こんなことになってしまったのか。。

じつは、今回は飼い主のシェさんが多忙だったため
ジンジン君はお友達がサロンへ連れて行ってくれたのだとか。
さらにヘアカットを担当したのは、別の街から来たという初めてのトリマーさん。

そのお友達からトリマーさんに説明があったのか、シェさんがあらかじめ
電話で伝えていたのかは不明ですが、今回も依頼内容は去年と同じ、
ごく普通のライオンカットをお願いしたはずなのに、
コミュニケーション不足だったのでしょうか。
はたまた、トリマーさんが独自のセンスを試したかったのか、
詳しいことはよくわかりませんが、とにかくジンジン君の自慢のモフ毛は、
顔面以外は全身キレイに刈り込まれてしまったのでした。

JinJinGlooming3
Photo:The Dodo

サロンにお迎えに行ったシェさんも、愛猫ちゃんの変貌ぶりには、ビックリ仰天!
といっても、ショックというよりも、笑い出さずにはいられなかったようです(笑)
もちろん、この姿を見たシェさんの旦那さんも大笑い!

でも、このお写真のジンジン君の表情をみると、明らかにご本ニャンは
ご自身の新しいヘアスタイルに「異議あり!」といった感じですよね(苦笑)

幸いにも、この猫面仕様のヘアスタイルは長続きせず、
数ヶ月たった今では、刈り込まれた部分のモフ毛がいい感じに生え揃い、
当初意図したライオンカットに落ち着いていたみたいです↓

JinJinGlooming5
Photo:The Dodo

今回のジンジン君の猫面カットは、あまりにも衝撃的でしたが、
そもそも、ライオンカット自体が、ちょっとコミカルなモフ毛スタイルですからね。
毛量が減って快適な夏を過ごせる一方で、恥ずかしい想いをしている子も
少なくないんじゃないかなぁ。

ご参考までに、サマーカットのまとめリンクです↓

NAVER まとめ(2016年10月5日):サマーカット・ライオンカットにした猫がジワジワくる

これって、にゃんこにしてみたら、夏になるたびにお母さんに
ホームバリカンで丸刈りにされてしまう小学生男子みたいな感じなのかなぁ。
ロン毛好きなねこねーさん的には、個性的なライオンカットよりも、
たてがみ自慢のナチュラルヘアのほうが好みなのですが。

ま、でも刈れるだけのモフ毛があるのは良いことです。
わが家のトトちんのおなかのハゲは、いまだにたいして良くならないんですよー!
悪化しているわけではないので、まだ安心ですが、やっぱりストレスなんですかねぇ。
そろそろ、おなかの毛並みを完全復活させてほしいんだけどなぁ。。


関連記事はこちら↓
The Dodo(5月12日):Cat Goes To The Groomer And Comes Back Looking Like This
Love Meow(5月14日):Persian Cat Goes to Get Haircut But Comes Back With an Unexpected Look...
らばQ(5月13日):「猫の顔以外の毛をカットしたんだけど、うーん、その…ごめん」落ち着かない写真


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 13:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2121-d4d9f8b0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>