ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今年も元気いっぱい!ちびっこシジュウカラの旅立ち♪

ずいぶんと暑くなってきましたね。油断すると、ベランダの鉢植えが水切れして
すぐにぐったりしてしまいます。週末は1日2回くらい水をあげられますが、
平日はそういうわけにもいかず…暑さに弱い植物は、今のうちに
日陰がちの場所へ移動させたほうが安全そうです。

おうちのみニャさんも、こう暑くなってくると、ベランダよりも家の中のほうが
快適みたいなのですが、ブログアップの都合上、ビビ子嬢にベランダでの撮影に
協力していただきました。とはいえ、やっぱり直射日光の下では、乙女のビボーに
悪影響があるといけませんから、シェードの日陰でまったりしていただくことに↓

vivian1_052117

ビビ子さんに外に出てきてもらったのは、じつは聞きたいことがあるからなんだけど。
ビビちゃん、今日のベランダ、昨日と何かが違う気がしない?

vivian2_052117

さすが、ビビ子さん!答えのツボを押さえていますね♪
そうなのです、昨日までベランダでよく聞こえたシジュウカラが子育てする声が
今日はまったく聞こえない…

vivian3_052117

ビビちゃん、昨日の出来事もちゃんとわかっていたんですね。
そうなのです、毎年恒例のわが家の庭木の巣箱を使ったシジュウカラの子育ては、
早々と昨日で終了。昨日は巣立ったばかりのヒナたちが、
しばらくベランダ近くの木の上で大騒ぎしながら遊んでいたのでした。

ねこねーさんが巣箱での営巣に気づいたのは、たしか2週間前の週末だったかな?
今年はまったく巣作りの気配がないので、そろそろ巣箱をのぞいてみようかと
思っていた頃に、巣穴に飛び込む親鳥の姿を目撃。

その時は写真が撮れなかったので、1週間後の先週末に、撮影を試みたのでした。
こちらが、年季の入った巣箱です↓

shijukara1_052117

はじめて設置したのは2013年の春ですから、今年で5年目。
毎年、この巣箱からヒナたちの鳴き声が聞こえてくると、
ねこねーさんは小躍りしたくなるほどうれしくなります。

先週末は、ヒナたちに与える虫を持ち帰ってきた親鳥の姿をなんとか撮影↓

shijukara2_052117

鳴き声を耳で聞くだけじゃなく、目でも子育てを確認できて、
安心していたのでした。

今週末も、できれば子育てに奮闘する親鳥の姿を写真に撮ろうと思っていたのですが、
朝起きると、パソコン部屋の窓の外からも、ヒナ鳥らしき声がする。
巣箱は設置していないものの、もしかしたら、良さげな場所を発見して
別のシジュウカラが子育てしているのかも?

と思ったのですが、その声の主は、こないだまで巣箱の中にいたはずの
ちびっこシジュウカラたち。どうやら昨日の早朝に、巣立ちしたようでした。

警戒心ゼロのちびっこたちは、ベランダの隣の木の上で兄弟鳥たちを相手に大騒ぎ。
至近距離であるにもかかわらず、緑が生い茂っているので、
撮影は難しかったのですが、それでもなんとか撮れたショットがこちら↓

shijukara3_052117

口の周りが黄色くって、巣立ちしたばかりの若鳥であることが良く分かります。

隣の建物の雨樋に飛び移ったヒナ鳥↓

shijukara4_052117

見ていてこっちも楽しくなるくらい、鳴きながらぴょんぴょんと移動して
はじめてのお外ライフを満喫しているようでした。

この子は、確実にカメラを意識していますね↓

shijukara5_052117

兄弟鳥のツーショットも撮影できました↓

shijukara6_052117

全部で何羽いたのかなぁ。
いやぁ、しかし、チョウチョの羽化直後もそうですが、巣立ったばかりのヒナたちは
人間を怖がらないので、すごく近くまで来てくれて、かわいさ100倍です♪

shijukara7_052117

ねこねーさんがベランダの脇でカメラ片手に奮闘していたら、1羽だけ、
ベランダの手すりのほうまで飛んで来てくれた子がおりました。
物干し竿のすぐ奥の園芸ネットに止まってポーズをとってくれたお写真がこちら↓

shijukara8_052117

いかにも好奇心旺盛といった感じの表情がたまりません♪

このあと、ヒナたちはお庭のほうへ飛んでいって、しばらく庭木で遊んでいましたが、
それぞれ大空へ向かって旅立っていったようです。

夕方にアフリカワシミミズクのガボちゃんのお散歩をしている時にも、
あちこちからシジュウカラの鳴き声が聞こえていたので、もしかしたら、
その声の主は、うちの庭育ちの子だったのかもしれません。

ちなみに、お散歩中には別のヒナ鳥を発見!
川沿いを歩いている時に、カルガモの親子に気づきました↓

karugamo1_052117

この川、ねこねーさんが小学生の頃はヘドロまみれで悪臭漂うドブ川だったんですが、
いつのまにか魚が住めるほどキレイになって、毎年カルガモの子育てが目撃できます。
今年は8羽のヒナが生まれたみたいです。

karugamo2_052117

こないだまで愛鳥週間でしたが、まさにこの時期は、ヒナ鳥が生まれる季節。
ねこねーさんは、会社の最寄駅近くの信号機の備品(?)の中で
巣作りしているスズメも知っています。都会のどまんなかでたくましく生きている
野鳥たちの姿からは、人間たちも元気をもらえるんじゃないかなぁ。

特にシジュウカラは、灰皿の中とか、大砲の中とか、意外な場所で
巣作りしていることもあるので、いつもと違う鳥の鳴き声が聞こえたら、
耳を澄ませて巣の場所を探してみてください。
もしかしたら、巣立ちの瞬間を目撃できるかもしれませんよ。

おめでたいシジュウカラの巣立ちですが、巣箱から漏れ聞こえるヒナたちの声に
耳を澄ませていたビビ子さんは、ちょっと寂しいみたいです↓

vivian4_052117

そうですね、ねこねーさんも、本音を言えば、寂しいかなぁ。
でも、後で巣箱のお掃除をしますから、親御さんたちがまた巣箱に戻ってきて
今年2度目の巣作りを始めてくれるかもしれませんよ。

それに、巣立ったヒナたちも、きっとまたお庭に遊びに来てくれるはず!

vivian5_052117

鳥さん好きなビビ子さんのためにも、できれば、お庭にもっと巣箱を
設置したいところですが、シジュウカラは縄張り意識があるので、
2個目の設置は難しいみたいです。以前トライしたのですが、
2個目はいつまでも空き家でしたから。

でも、シジュウカラと同時期に、別の種類の鳥さんが巣を作ってくれる可能性は
多いにありますからね。今までにもわが家の庭では、メジロ、ヒヨドリ、キジバトの
巣が確認されています。

というのも、お庭があまりにワイルドで、ほとんど雑木林状態(苦笑)↓

shijukara9_052117

うーん、さすがにヤバいな、コレ。。鳥たちは大喜びですが、これでは木陰になった
植木たちがどんどん枯れてしまうので、巣箱が空き家になったこの機会に、
庭木の剪定も進めなくては!今日の午後は、いつも以上に庭仕事を頑張りますよー!

お天気に恵まれた週末、みなさまも有意義なひとときをお過ごしください♪


thankyou7.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| うちねこ | 13:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2125-84b9b2bf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>