ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【追悼】ジョージ・A・ロメロ監督 ゾンビとねこ特集! 

三連休明けの本日は、ねこねーさんの趣味と独断でお届けする、
勝手に追悼特集です。といっても、今回追悼したいのは、
ネットで話題の有名にゃんこではありません。

ゾンビ映画の巨匠にして生みの親、ジョージ・A・ロメロ監督
一昨日の7月16日に、77歳の生涯に幕を閉じました。

ホラー映画好きでもないのに、ときどき無性にゾンビ映画が観たくなる
ねこねーさんといたしましては、親愛なるお猫さまたちにもご協力いただいて、
大巨匠の旅立ちを偲ぶ意味で、ゾンビがらみの追悼特集を
お届けしないわけにはいきません。

にゃんことゾンビ、個人的には、なかなか相性がいいように思うんですよね。
もともと、お猫さまは、100%肉食ですし、ミステリアスな雰囲気を漂わせているし、
時と場合によっては凶暴化するお方も少なからずいらっしゃいますしね。
「猫に九生有り」っていうことわざがあるくらいですから、
死んでも死なないゾンビとにゃんこは、ある意味、同族なのかもしれません。

さらに、ゾンビ以外の何ものにも見えない、
こんな表情をしてくれれちゃう子もいるわけですし(笑)↓

zombie-cat-09
Photo: zombieplace

調べれば、ゾンビ関連のねこ動画のひとつやふたつ、
あるんじゃないかと思ったところ、思ったとおり、YouTubeで検索してみると
再生回数かなり多めのゾンビねこ動画がいくつかヒットしました。

まずは、人間のゾンビに立ち向かうにゃんこ戦士たちの物語。
お猫さまたちの可愛らしさもさることながら、スプラッタ度もかなり高めなので、
この手の映像が苦手な方はご注意ください↓



続きまして、サムネ画像からいきなり血みどろなこちらの動画は、
大ヒットゾンビドラマシリーズ『ウォーキング・デッド』のパロディ・バージョン。
その名も『ミャウイング・デッド(The Meowing Dead)』↓



ロメロ監督ご自身は、『ウォーキング・デッド』シリーズについては否定的だった
ようですが、ねこねーさんは、こんなにゾンビが気になるくせに、
まだ一話も『ウォーキング・デッド』を観たことがないんですよねぇ。

どちらかというとギャグだかホラーだかよくわからない
B級ノリの低予算ゾンビ映画が好きだったりするので、
超話題作の『ウォーキング・デッド』はビミョーかも、と思ったりするのですが、
現在、アマゾン・プライムで見放題になっているようなので、夏の肝試しがてら、
30日間の無料体験で一気に観まくるのもアリかなぁ、なーんて思っていたりします。

あら、いけない!今日はロメオ監督の追悼でしたね!
引き続き、趣味と独断のにゃんこゾンビ動画をご紹介したいと思います。

このあたりから、ねこねーさんの大好物のB級路線に突入しまーす♪

画面に映るのは、いかにも怪しげな動きを見せる黒白にゃんこ。
背後から飼い主さんが声をかけると…↓



リアルにゃんこではなく、ぬいるぐみになると、いきなりB級感が増しますね。
でも、嫌いじゃないなぁ、こういうの(笑)

お次も、ぬいぐるみ(パペット)のゾンビにゃんこが登場するのですが、
すでにサムネ画像でお分かりのように、このゾンビにゃんこは
ちびっこが観たら、おそらくトラウマレベル。。
わんこたち、よくこんな不気味なゾンビに襲いかかったなぁ↓



不気味なパペットゾンビの後は、可愛らしいイラストの歌ものを♪

「ミャウ、ミャウ」と連呼される曲に合わせて登場するのは、
サラ・ブラウン氏が手がけた丸顔のゾンビにゃんこのイラストです。
POPで可愛らしいテイストなのですが、描かれている内容は相当グロい!(笑)
ねこねーさんお気に入りの1本です♪↓




ゾンビにゃんこと言えば…

2年半ほど前に「ねこねこNEWS」で、埋められたお墓の下から這い出してきた
リアルにゃんこのストーリーをご紹介したことがあるのですが、
覚えていらっしゃいますか?米フロリダ州在住の黒白にゃんこのバート君です。

過去記事はこちら↓
2015年1月29日:奇跡の生還!お墓の下から生き返ったにゃんこ

このニュースが報道された当初は、バート君は、彼が死んでしまったと思って
埋葬した飼い主さんの元を離れて、地元の動物保護団体で治療を受けることに
なていたのですが、その後、飼い主さんのいかがわしさが取りざたされ、
結局、今では、バート君は、元の飼い主さんの元へは戻らずに、
新しい里親さんのおうちで暮らしているようです。

「ゾンビ・キャット」と呼ばれたバート君のその後の様子は、
こちらのニュース動画にまとめられています↓



片目は失ってしまったけれど、ボディもふっくらして健康そうだし、
バート君、ゾンビ状態を脱することができて、良かったですね!

そして、ゾンビにゃんこ特集の最後を飾るのは、ロメロ監督の映画とは
まったく関係のない、ファンシー系のキャラクターのご紹介♪

ねこねーさんはまったく知らないでいたのですが、
LINEスタンプ等で大人気の、今をときめくイラストレーター、
かなへいさんもゾンビ猫を描いていたんですね!
しかも、去年の9月まで『きょーふ!ゾンビ猫』というタイトルで
テレビアニメが放映されていたなんて…

これくらいゆる可愛ければ、ホラー系が苦手な方でも大丈夫なのでは?
関連グッズも、相当可愛いことになっています↓


なんだか最後は、ロメロ監督の追悼らしからぬ感じになってしまいましたが、
ジョージ・A・ロメロ監督、あなたがいなければ、
人を食いまくり、さらなるゾンビを増殖させる恐怖のゾンビ像は誕生しなかった!

ご冥福をお祈りします。
(ゾンビにならずに、安らかにお眠りください)


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこちゅーぶ | 13:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2184-f45c44ab

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>