FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

後脚フェチ垂涎!ねこのパーツ写真集『ねこのおみあし』

存在そのものが愛らしいお猫さまですが、熱烈なねこ好きさんたちの中には、
にゃんこのある特定のボディパーツをこよなく愛する方々もいらっしゃいます。

猫耳とか、肉球とか、お口まわりのマズルとか、全身萌え神様である
お猫さまのボディは、部位ごとに見ても、それぞれ魅力的なのですが、
来月、にゃんこのある部位のショットばかりを集めた写真集が
株式会社パイ インターナショナルから発売されます。

その名もズバリ『ねこのおみあし』!!!↓

d12505-317-771738-0
Photo: PR Times

はじめ、この表紙の写真を見た時、「おてて(前脚)にしては、なんか変?」
と思って改めて見直してみたところ、タイトルの「おみあし」表現に気づいて、
なるほど、ナットク!よく見ると、写真には、しっぽもいっしょに写っています。
完璧にこれは、おみあし、つまり後脚ですね。

ねこのボディパーツとしては、おてて信仰者のほうが多そうなのに、
あんよのほうで攻めてくるなんて、なんてマニアック!
と思ったら、これ、すでに同じ出版社が発売している
『ねこのおてて』写真集に続く、シリーズ第2弾なんですね!

うんうん、ねこねーさんもこの写真集は知っていますよ!
本屋さんで手にとって、かなり心惹かれた1冊なのですが、
巷のねこ好きさんたちも同じように感じていたようで、
この『ねこのおてて』は大好評につき、最近、重版されたようですね♪






   ねこのおてて

    パイ インターナショナル (編集)

    パイ インターナショナル
    (2017/2/9)
  [単行本](ソフトカバー)




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


そして、11月10日に出版される新刊本が、こちらの『ねこのおみあし』です↓
おしゃれな正方形フォーマットなのも、『ねこのおてて』同様、いい感じ。






   ねこのおみあし

    パイ インターナショナル (編集)

    パイ インターナショナル
    (2017/11/10)
  [単行本](ソフトカバー)




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


ねこねーさんも、かなりのねこのおてて好きなのですが、
おみあしのほうは、今まであまり意識したことがなかったかも?

あ、でも、わが家のビボーの乙女のビビ子さんが、おトイレ中のねこねーさんの
お膝の上に抱っこされると、かならず後脚をピーンと伸ばして、両足指を
全開にさせるのですが、その光景を見るのは至福の悦びです(笑)

ということは、やはり世の中的にも、ねこねーさんみたいに
無意識のうちににゃんこのおみあしを愛でまくっているねこ好きさんたちは
少なくないんだろうなぁ。

これからご紹介する『ねこのおみあし』収録写真にキュンとしてしまったら、
あなたも立派なおみあしフェチです♪ 「おみあし教」の踏み絵的な萌えまくり写真を
写真集の見開きレイアウトのまま、いくつか掲載させていただくと…

あえて後脚を上にしてレイアウトした絶妙は下半身ショット↓
おしっぽの立派さにも注目したい、ロン毛フェチにもたまらない2作品です。

omiashi_sub1
Photo: PR Times

そして、出ました、おねこさまお得意のおまたパッカン・ショット!↓

omiashi_sub2
Photo: PR Times

大事なところが丸見えの前からのショットも良いのですが、
哀愁の背中越しにV字に広がるおみあしの角度を愛でるのも、
これまた、たまりません♪

そして、後脚フェチを唸らせる正統派なおみあしショットがこちら↓

omiashi_sub3
Photo: PR Times

短足系の白猫ちゃんと、脚長系の靴下グレーにゃんこ。
甲乙つけがたい2画面構成、あなたはどちらがお好みですか?

あんよ以外にも見どころ満載なのが、こちらの床の上でのごろにゃんショット群↓

omiashi_sub4
Photo: PR Times

こうして見ると、なんだかロン毛にゃんこが多い印象ですが、
やっぱりロン毛のほうがフォトジェニックなのでしょうか?
写真集全体では、どういうモフ毛バランスになっているんだろ?
個人的にちょっと気になります。

とどめの見開きショットは…おみあしフェチというよりも、
完璧におしりフェチ風なお写真が並んでいます↓

omiashi_sub5
Photo: PR Times

左側の黒白にゃんこなんて、奇跡のモフ毛柄としか言えない
素晴らしいおしりをしています。「バックシャン」という言葉は、
この子のために存在しているとしか思えません。

はぁぁ、どうやら、ねこねーさんも重度のおみあしフェチみたいです(笑)
でも、告白してしまうと、おみあしはおみあしでも、ねこねーさんは、
にゃんこの内股(内腿)フェチ度が高いので、先ほどご説明した
お膝の上のビビ子さんの後脚を伸ばした時の内股とか(特にうす茶色のモフ毛部分)、
おしゃれなトラ模様がついているトトちんの内股とか、太ももの付け根付近の内側が
大好物だったりします♪

なので、『ねこのおてて』、『ねこのおみあし』に続くシリーズ第3弾は、
『ねこのおまた』がいいなぁ♪と勝手に想像しているのですが、ダメでしょうか。

すでに別の出版社から発売されているにゃんこのタマタマ写真集『にゃんたま』は、
行き過ぎな気がしてあまり好きではないので、『ねこのおてて』シリーズ路線の
おまたバージョンがあるとうれしいんだけどなぁ♪

あ、でもマズル好きでもあるので、第3弾は『ねこのおくち』でも良いかも♪

おねこさまのボディパーツをあれこれと想像しているだけでも、
こんなに幸せになれるだなんて。にゃんこは、やっぱり、全身萌え神様ですね!


関連記事はこちら↓
PR Times(10月16日):TV、SNSで話題沸騰!大好評の「おてて」に続く、ねこのパーツ写真集シリーズ『ねこのおみあし』発売!


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト

| ねこほん | 13:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2276-232092c0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>