FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【追悼・さくらももこ氏】 架空にゃんワールド「ちびまる子にゃん」

東京・埼玉エリアは昨夜、ゲリラ豪雨と雷の大量発生で大変でしたね!
ねこねーさんは、ちょうど帰宅途中で電車に乗っていたのですが、
この世の終わりのような稲妻の頻発&落雷で、さすがにビビりました。。

あまりに雷がすごいので、自宅付近のことが気になって
電車に乗りながらスマホの雨雲レーダーのアプリを立ち上げて
空模様をチェックしようとしていたら、LINEニュースのプッシュ通知が…?

「さくらももこさん死去」の文字が目に飛び込んできて、一瞬、目が点。
雷以上の衝撃を受けました。でも、「ちびまる子ちゃん」の作者の突然の訃報に
ショックを受けたのは、ねこねーさんだけではないと思います。

ついこないだ、ヒデキ(西城秀樹さん)の追悼コメントを寄せていたばかりなのに。
静岡市のマンホールのふたが、ちびまる子ちゃん柄になるというニュースも、
たしか今月に入ってからだったような…まだまだお若い方だし、
病気の知らせも皆無だったので、普通に元気にされていると思っていたのに、
乳がんで闘病されていたんですね。

ヒデキについてのコメントをブログにアップされた時も、
おそらく体調は万全ではなかったのでしょう。
ねこねーさんも、母親を乳がんで亡くしているので、状況は想像できます。。

「ねこねこNEWS」でも、今日は無理やりねこネタにこじつけて、
さくらももこさんの追悼特集にしてしまいたい!と思ったのですが、
「コジコジ」はねこっぽいけど、謎の生命体という設定だし、
「ちびまる子ちゃん」でねこのネタってあったかなぁ???
と思って検索したところ、ドンピシャな画像がヒットしました↓

Co6cX9aXYAAjwIo
出典:Twitter

そういえば、まるちゃんたちのねこバージョンが存在していましたね!
その名も「ちにまる子にゃん」!「ねこねこNEWS」ではご紹介しそこねて
いましたが、2年前に世の中にお目見えしていたのでした。

もちろん、にゃんこになっているのは、まるちゃんだけではありません。
たまちゃんは「たまにゃん」に、花輪くんは「花輪にゃん」に、
野口さんは「野口ちゃん」に。みなさん、架空の「にゃんこワールド」で暮らす
ねこキャラに変身しているのです↓

20160803_chibimaruko_nyan_01
出典:chibimaru.tv © さくらプロダクション / 日本アニメーション

それぞれのキャラのそばに控えているのが、
そのキャラクターのモチーフとなっているにゃんこのようです。

「花輪にゃん」はブルーアイズのヒマラヤンがモチーフなのかな?
さすが、花輪くん!ゴージャスですね♪

名脇キャラたちも、もちろん、にゃんこ化!
左から順に、「永沢にゃん」、「みぎわにゃん」、「丸尾にゃん」です↓

20160803_chibimaruko_nyan_02
出典:chibimaru.tv © さくらプロダクション / 日本アニメーション

「永沢にゃん」の猫耳帽子の小ささに、
さくらももこさんのセンスが表れていますね(笑)

そして、「みぎわにゃん」がホワイトロン毛のペルシャなのは、
丸尾くんを想ってのことでしょうか(苦笑)

ツッコミどころが満載のねこキャラたちです。

こんな可愛らしい4コマ漫画も「ちびまる子ちゃん」のアニメの公式サイトに
アップされていました↓

chibimarukonyan4koma
出典:chibimaru.tv © さくらプロダクション / 日本アニメーション

花輪くんがロン毛にゃんこなのと同じくらい、まるちゃんが三毛猫なのも、
妙に納得できます。やっぱり日本の庶民的にゃんこの代表選手といえば、
三毛猫ですから♪

可愛らしい「ちびまる子にゃん」シリーズは、LINEスタンプも発売されています。
スクリーンショットではわかりませんが、これ全部、アニメーション付きなんですよ↓

chibimarukonyanline
出典:LINE STORE ©SAKURA PRODUCTION/NIPPON ANIMATION

個人的には、「みぎわにゃん」の「シャー!」と、
「丸尾にゃん」の「にゃんですと!!」が使いたくてたまりません。
あ、あと「まる子にゃん」の「う〜ん、いけずぅ」も(笑)

アニメーションが気になる方は、以下のリンク先で
スタンプをクリックしてみてください↓

LINE STOREちびまる子にゃん☆アニメスタンプ


今年の2月22日の「猫の日」には、「ちびまる子にゃん」のグッズ紹介の動画が
アップされていたようです。ぬいぐるみのまるにゃんたちも可愛いですね♪↓



こんな可愛らしいねこネタがあったのなら、もっと早くご紹介すればよかったなぁ。
まさか、さくらももこさんが亡くなった後に取り上げることになろうとは、
思いもしませんでした。

ねこねーさんは、少女漫画は「りぼん」派ではなく「なかよし」派なのですが、
そんな幼少期の漫画派閥に関係なく、「ちびまる子ちゃん」は国民的アニメとして
日本人の日曜日になくてはならない存在です。

ねこねーさんも、何度となく「サザエさん症候群」ならぬ「ちびまる子症候群」に
陥ったことか!本当に「早すぎる死」としか言いようがありません。

それにしても、やっぱり乳がんはあなどれません。
みなさん、年に1度の検診は、面倒がらずに必ず受けましょう!
ねこねーさんも母親のことがあるので、地元の病院で毎年マンモグラフィーと
エコーの検査を受けるようにしています。

最後に、さくらももこさんへ。
楽しくゆかいなまるちゃんと仲間たちの世界を、どうもありがとうございました。
これからもアニメ放送が続く限り、ねこねーさんは「ちびまる子症候群」に
悩まされそうです(笑)ご冥福をお祈りいたします。


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。


以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。
スポンサーサイト

| ねこにゅーす | 14:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2594-568e2e94

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>