fc2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

松屋銀座「トムとジェリー展」&「ノラネコぐんだん展」リポート!

令和時代も無事に幕開けして、スペシャルGWの10連休は後半戦に突入。
予定では、昨日までに家の中の片付けと衣替えetc.を終わらせて、
今日から庭&ベランダ仕事に奮闘するはずだったのですが、ToDo1つ目の
書類の整理がまだ終わらず、いまだにコタツも片付けられていない始末(苦笑)

2月に無印良品のファイルボックスをまとめ買いしたものの、結局、時間がなくて
空のボックスを並べただけの状態が続いてしまったので、なんとかして連休中に
雑然とした見た目の書類や小物をボックスの中にスッキリ納めたいのですが、
こんなに時間がかかるとは。。

でも、ここで挫けると、このまま年末まで片付かないままになりそうだし、
ネットにあがっている片付け上手なみなさまの画像を心の支えに、
今日も引き続き、整理整頓を頑張ろうと思うのですが、
個人的にもうひとつ、早いとこ済ませておきたいToDoがありまして。

それが、こちら↓

toto1_050219

トトちん、ナイスなツッコミですね♪
でも、行ってきたのは連休前のことなんですよ。

「ねこねこNEWS」でもすでに過去記事で開催情報をご紹介させていただいた
松屋銀座の「トムとジェリー展」と「ノラネコぐんだん展」。
開催翌日の会社帰りにふたつ同時に観ようと思ったら、まんまと時間がなくなって
「トムとジェリー展」しか観ることができなかったので、
会場リポートをお届けするのを控えていたのです。

過去記事はこちら↓
4月20日:松屋銀座で「トムとジェリー展」&「ノラネコぐんだん展」開催中!

その後、「ノラネコぐんだん展」も翌週早々に観に行けたのですが、
リポート写真をまとめる時間が取れなくて、ブログアップはズルズルと後回しに。
でも今振り返っても、かなりクオリティの高い展覧会だったと思います。

まずは「トムとジェリー展」の戦利品のお披露目から♪
昭和生まれのねこねーさんは、ちびっこ時代にテレビアニメを観て親しんだ
「トムとジェリー」ですが、平成生まれのトトちんは知っているのかな?

toto2_050219

そうなんですよ、このにゃんことネズミさんのコンビは、
いつも超絶バトルを繰り広げていて、一見、仲が悪そうに見ますが、
じつはとっても仲良しなんです。

金欠どまんなかのねこねーさんは、会場限定グッズのぬいぐるみに
心を引かれつつもグッと我慢。無難にポストカードとミニクリアファイル、
展覧会の公式図録を購入しました。

会場の構成は、「トムとジェリー」の生みの親のウィリアム・ハンナ氏と
ジョセフ・バーベラ氏の天才カートゥーン・コンビの活躍を掘り下げた内容で、
「トムとジェリー」以外の作品まで幅広く取り上げられています。

図録に掲載されているこちらの紳士2人組が、
ハンナ氏とバーベラ氏です↓

toto3_050219

こちらは会場入り口のボードですが、展覧会の副題にもしっかり
「カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ」と明記されていますね↓

tomandjerryten0_050219

会場内は基本的には撮影禁止なので、実際の様子を画像でお伝えすることは
できないのですが、映像作品が多いので、それらを丁寧に観ていると
思いの外、時間がかかります。とはいえ、飛ばし見するのはもったいない
貴重な映像が多いため、これから向かわれる方は、時間に余裕をみて
出かけることをおすすめします。

貴重な原画や制作現場風景が展示されている会場内には、
ところどころに撮影可能エリアが。こちらのトム&ジェリーの像もそのひとつ↓

tomandjerryten1_050219

背後に写り込んでいる原画や写真から、
会場の様子がお分かりいただけますでしょうか?

ちなみに、トムにつかまれているジェリーのお顔はこんな感じです↓
いつも強気のジェリーがめずらしく怯えていますね。

tomandjerryten2_050219

ほかにも、トム七変化の立体作品も撮影OK!
ジェリーにコテンパンにされて、しばしば体の形が変わってしまう
トムの様子を特集したコーナーです↓

tomandjerryten3_050219

顔面が埋め込まれたり、階段状になってしまったり、
それでも毎回元気に復活する不死身にゃんこの先駆け、トム。

tomandjerryten4_050219

これは、ネズミ穴を通過した後の様子かな?
見事なカマボコ型になっていますね。
こんな造形を展示するなんて、マニアックだなぁ(笑)↓

tomandjerryten5_050219

後半は、「トムとジェリー」で成功を収めた後のハンナ=バーベラ・プロダクションの
苦労話や別キャラたちが大集合!ねこねーさんも知らない激レアフィギュアたちも
勢ぞろいしていました↓

tomandjerryten6_050219

これは「宇宙家族ジェットソン」の宇宙船モデルですね。
個人的には、その背後に見える「チキチキマシン猛レース」の癒しキャラ、
ケンケンのほうが馴染みがあります↓

tomandjerryten7_050219

公式図録は、充実しまくりの展示内容をそっくりそのまま1冊にまとめたような
内容なので、「トムとジェリー」ファン、ハンナ=バーベラのファンは
間違いなくゲットしておいたほうがいいと思います。
図録には、複製原画のおまけもついていますよ。

そして、ねこねーさんが後日足を運び直したもうひとつの展覧会、
「ノラネコぐんだん展」のほうも、バッチリ図録をゲット!↓

toto4_050219

残念ながら、それも、ねこねーさんの自分用のおみやげです。
そのトートバッグに入っているのが図録なんですよ。

toto5_050219

トトちんのおやつ袋じゃなくて申し訳ないのですが、
「トムとジェリー展」に負けず劣らずグッズコーナーが充実していた
「ノラネコぐんだん展」では、トートバッグ付きの図録のほかに、
これまた物欲控えめにして、ポストカードとクリップを購入。

ねこねーさんは絵本好きでありながら、今まで工藤ノリコさんの作品は、
ことごとくスルーしておりまして、ノラネコぐんだんの作品をじっくり観るのも
恥ずかしながら今回がはじめて。じつは、個性的すぎる見ためのキャラ設定が、
ちょっと苦手だったのです。でも、今回の展覧会を観て、
思いっきり食わず嫌いしていたことが判明しました。

こちらが会場入り口の様子です。ずらりと並んでいるタラコくちびる風な
黄色いにゃんこたちが「ノラネコぐんだん」です↓

noranekogundanten0_050219

これまた会場内は撮影禁止なので、画像はお届けできないのですが、
「ノラネコぐんだん」シリーズの絵本の原画が200点ほど展示されています。
しかも、水彩絵の具で着色されている原画のキレイなこと、キレイなこと!
ものすごく繊細なタッチで驚嘆しました。

絵本のストーリーは毎回お決まりの展開なのですが、
絵本ごとに取り上げられるモチーフが、パンだったり、アイスクリームだったり、
いちいち美味しそうで、原画の美しさにも引き込まれて、
じっくり魅入ってしまいました。

絵本好きの方には、ぜひともおすすめしたい展覧会のひとつです。
「トムとジェリー展」と同じ期間に同じフロアで開催されていますので、
GWに松屋銀座に行かれる方は、ぜひ両方あわせてご覧ください。
どちらも、5月6日(振・月)までですよ!

でも、展覧会のグッズは、おうちの愛猫ちゃんへのおみやげとしては
ふさわしくないかもしれませんね。トトちんもグッズには目もくれずに
じゃらし遊びに夢中になっていますから。。↓

toto6_050219

くいしん坊なノラネコぐんだんは、トトちんとも相性がいいと思うんだけどなぁ。
トトちんの場合、ポストカードもノラネコぐんだんのイラストじゃなくて、
食べ物の絵柄じゃないとダメなのかな(笑)

toto7_050219

あ、そんな鋭いツッコミをして!
じつは、こんな具合に展覧会とかでグッズを購入してしまうと、
とりあえず、そのまま部屋の片隅に置きっ放しになることが多くて、
部屋が散らかる原因のひとつになっています(苦笑)

書類の整理をするのと同時に、グッズ類の整理もしておかないと!
10連休もあと残り半分、今日も部屋の片付けを頑張るぞー!

thankyou4.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| うちねこ | 14:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2841-901ed1e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>