FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

クールなママ猫+元気ありすぎの5匹の子猫ギャングたち

夏バテ+睡眠不足で土曜日を棒に振ってしまったねこねーさんは、
週末こそ早く寝よう!と思いながらも、またもや夜更かし。。

そもそも、久々に頑張った庭仕事が雑草伸びまくりで、思いのほか
手強くて、埼玉県知事選の投票に出かけたのも日が暮れてから。
予定が全部後ろ倒しになってしまって、結局、毎度ながらの
丑三つ時を過ぎてからの就寝と相成ったのでした。。

さすがにこのままではいかんと思い、9月からは心機一転で、
隙間時間に利用しながらToDoを行ってヘルシーライフを目指そうと
作戦を練り直しているところなのですが、とりあえず、こんな時は、
にゃんこ補給をするに限ります(笑)

夜更かししながら見つけた萌えまくりの子猫動画をお送りします。
すでに「ねこねこNEWS」で2度ほど取り上げさせていただいた
家ねこ&外ねこ入り混じりのトルコ在住の大所帯、ねこ好きさんには
たまらないYouTubeチャンネル、walter santiさんの最新動画です。

過去記事はこちら↓
2017年7月11日:前向きに生きる命のために!ママ猫の子育て支援&野良ねこSOS
2019年5月23日:6時間の留守中に、外猫13匹が不法侵入&カリカリ盗み食い!

今回は説明するまでもないのですが、とりあえず、いつもどおり、
まずは動画のスクリーンショットで解説させていただくと…

にゃんこ専用部屋と思われる空間の中で、
のっけから縦横無尽に転げ回る子猫たち↓

patientmother+5activekittens_082319-1

お部屋には、チビにゃんこたちのために、各所にクッションやマット、
隠れ家用のペットキャリーガ置かれています。ドタバタと遊びまわる
子猫たちのそばで、クールな顔をして香箱を組んでいるのがママねこです↓

patientmother+5activekittens_082319-2

きょうだい同士でじゃれまわるだけでは遊び足りず、
ママねこにも飛びかかるチビにゃんこ。が、しかし、
ママねこの動かざること山の如し。クールだなぁ。。↓

patientmother+5activekittens_082319-3

広い部屋の中を、勢い余って壁に突撃したりしながら
暴れまくる子猫たちをよそ目に、ママねこはゆったりと移動。
子猫は全部で5匹いるみたいですね↓

patientmother+5activekittens_082319-4

いやー、それにしても、チビにゃんこたちの、無尽蔵のエネルギーは、
一体全体どこから湧いて出てくるのでしょうか?
ねこねーさんも分けてもらいたいくらいです(苦笑)

ペットキャリーも、中に入るだけでは物足りず、
よじ登ったり落っこちたりして、大はしゃぎ!↓

patientmother+5activekittens_082319-5

そんな我が子のドタバタ劇を静観しているママねこ。
すでに神の境地です。。↓

patientmother+5activekittens_082319-6

で、最後は、お約束の遊び疲れてバタンキューの図。
この展開は予想していたものの、可愛過ぎて、もうメロメロです♪↓

patientmother+5activekittens_082319-7

ゼンマイが切れたかのように爆睡モードに突入した子猫たちの上に、
容赦なく座ってしまうママねこ。さすが、5匹を産んだだけの貫禄ですね(笑)↓

patientmother+5activekittens_082319-8

ねこ好きさんならニヤニヤしながら見入ってしまうこと必至の子猫動画はこちらです。
見ているだけで、元気が出ますよ!↓



こんな絵に描いたような幸せ満点のお猫さま親子ですが、
実は、この幸せをつかむまでには、かなりの苦労があったようです。

上記の動画では、ママ猫がほとんど動かないのでわかりにくいのですが、
じつはこのお母さん、後ろ脚の骨の異常のために正常に歩くことができないのです。
投稿主さんに助けを求めにきたママ猫と子猫の保護までの一部始終は、
426万回再生されたこちらの動画で確認できます↓



どうやらママ猫は、かなり前に後ろ足を骨折していて、
適切に治療がされなかったために、骨折した部位の周囲に
本来あるべきはずではない骨が形成されてしまい、獣医さん曰く、
今となっては手の施しようがないとのこと。

切断することも選択肢のひとつだというほどの重い障がいですが、とりあえず
まだ歩けているし、今すぐどうにかする必要もないというのが救いです。

今はまだ子育て中ですしね、頼りにできる人間とも出会えたことだし、
ママ猫には、ひとまず現状維持でチビにゃんこの成長を見守っていただきたいですね。

それにしても、お猫さまは、助けを求めるべき人をちゃんと知っているですね!
にゃんこの洞察力の鋭さには、改めて感心してしまいます。

個性豊かなにゃんこたちのドラマが展開されるwalter santiさんの
YouTubeチャンネルは、見どころ満点!
バックナンバーを探りたい方は、夜更かし注意ですよ(笑)

YouTubeチャンネルwalter santi


thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこちゅーぶ | 13:22 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/2957-cd478e00

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>