FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【英国発】外務省のパーマストン君、瀕死説が流れる!?

なにやら仕事が詰まってきたので、移動中にブログ用のねこネタ探しを
してしまおうと、帰宅途中の電車の中でちょっくらググってみたところ、
思いがけないニュースが飛び込んできました。

「ねこねこNEWS」読者の中にもファンが多いと思われる
英国首相官邸のネズミ捕獲長ラリー君…の好敵手、外務省勤務のタキシードにゃんこ、
パーマストン君が、今まさに死の淵にいるというではあーりませんか!!!

20271596-0-image-a-30_1572253653002
Photo:Daily Mail

持ち前のハンター能力を遺憾なく発揮して、外務省のオフィシャル
にゃんことして、ネズミ捕りの任務をそつなくこなしていたパーマストン君。

ネズミのみならず、人間や猫の一人や一匹くらい、さりげなく
あの世送りにしてしまいそうなにゃんこ版007的な雰囲気を漂わせている、
あのパーマストン君が、まさか、そんな…

でも、前回パーマストン君のことをブログで取り上げたのは、
すでに1年以上前のことだし、にゃんこの1年は人間の4年に換算されますから、
その間、なにが起こってもおかしくはないですね。。

過去記事はこちら↓
2018年6月15日:【英国発】外務省のパーマストン君、マル秘(?)情報公開!

ねこねーさんが目にした英国のタブロイド紙
「デイリー・メール」の見出しは、

「外務省の猫、パーマストンは、"死の扉”の前におり、
最期の日々を高官の家で過ごしている」

という、目を疑いたくなるような内容で、記事の本文のほうでも、

「彼はここ数週間、前線を退いており、
現在は残り少ない余生を平和に過ごしている」

なんて書かれてありまして、さらには、「パーマストン死亡説」が
ロンドンの官庁街であるウエストミンスターを駆け巡り、
外務省の情報筋も「彼は生きてはいるが、とても弱っている」と
語ったとか、語らないとか。

えー!なにそれ!あの英国の諜報猫にでもなれそうなパーマストン君が、
交通事故とかならまだしも、弱って瀕死状態って、どういうこと?
と思い、慌ててTwitter検索をしてみたところ、とりあえず、
ご本ニャンの公式Twitterでは、最新の投稿でこのウワサを全否定↓


健康状態の悪化についてのリポートは事実無根ですが、フォロワーのみなさん、
心配してくれてありがとう。僕は健康で幸せにしていて、
そして延長した休暇を楽しんでいルところです。
さらなる近況報告も、まもなくできると思います。



あー、良かった!とりあえず、安心しましたよー!
公式Twitterにアップされた安否確認を読んでホッとしたのは
ねこねーさんだけではないようで、このツイートには今現在で、
すでに1,000近いコメントが寄せられています。

ダンディなイケにゃんのパーマストン君には、ファンが多いですからね。

20271576-7621119-image-a-29_1572253652999
Photo:Daily Mail

しかも、彼は見た目だけでなく、ネズミ捕りの腕前もかなりのもの。
彼のおかげで外務省はネズミフリーのクリーンな職場を保てているのでしょう。

20273560-7621119-image-a-39_1572256828642
Photo:Daily Mail

ネズミ捕りをさぼりがちの某ラリー君と比較されることもしばしばで、
数年前には2ニャンのガチバトルが激写されて話題になったことも↓

20273584-7621119-image-a-40_1572257013772
Photo:Daily Mail

さらには、ねこねーさんがチェックをサボっているうちに、
アヒルの親子を襲撃し、ママアヒルの目の前でひな鳥を奪い去るという
にゃんこながらに無情とも思われる衝撃のシーンを激写されていた模様。。↓

20275810-7621119-image-a-41_1572260929946
Photo:Daily Mail

パーマストン君、今回の件は、もしやアヒルちゃんの呪いなのでは・・・?
あ、でもパーマストン君は元気なんでしたっけ?

瀕死説が流れた後にTwitterが更新されて、とりあえずひと安心ですが、
火のないところに煙は立たないと言いますからね、今後もしばらくは、
パーマストンの公式Twitterを要チェックですよ!↓

TwitterPalmerston@DiploMog

関連記事はこちら↓
Daily Mail(10月28日):'Poorly' Foreign Office cat Palmerston is at 'death's door and seeing out his final days at home of a senior official'


thankyou3.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 12:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/3022-ebfd9ee6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>