FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

祝・松本大洋氏が2度目のアイズナー賞受賞!『ルーヴルの猫』

昨日のブログでもお伝えしたねこねーさんちの自宅のiMac問題は、
かなりヤバい感じになっておりまして、外付けHDDにmacOSをインストールして
そいつを起動ディスクとしてご臨終状態のiMacを目覚めさせ、
その後に本体にOSをインストールできるように、容量大きめのファイルなどを
消去したりコピーしたりして減らして、再び本体にOSをインストール。

という、かなり面倒な手順を踏まなくてはならず、本体にOSを再インストールして
再び使えるようになったのは、すでに深夜1時過ぎ。。。

相変わらず、写真データが入った外付けHDDは認識されないままだし、
そもそも、写真データが入っていないのになんでiMacの書類データが
こんなにパンパンに詰まっているんだ??動画も保存していないのに??
という、あらたな謎も今後のために解明せねばならず、
とりあえず、なにかあると怖いので地元の電気店で4TBのHDDも追加購入。

でも、やっぱりHDDは壊れる宿命なので、クラウドにもあげておかないと
いかんよね、なのに、なんでOneDriveにはフォルダ内のデータが
保存されないの?いろんなデータが弾かれちゃって、まったく使い物に
ならないんだけど。。。やっぱり、Macユーザーは自腹切ってiCloudを
使わなきゃダメなの??うーん、月々の出費がかさむ。。。

と、昨日からデータ管理問題でストレスMAX状態なのですわ(苦笑)
在宅ワークで使っている会社貸与のMacbBookのデータ管理も
頭が痛い今日この頃だったのに、それに加えて家のMacの悩ましさも
際立ってくるとは。。。

こんな時は、束の間の現実逃避。ひさびさにマンガでも読みたいなぁ(遠い目)
という、ねこねーさんの心境にぴったりなお猫さま関連ニュースを発見!

4年前の新連載スタートのタイミングで「ねこねこNEWS」でもご紹介した
ことがある松本大洋氏の!『ルーヴルの猫』が、先月24日にオンラインで
開催された「第32回ウィル・アイズナー コミック・インダストリー・アワード」の
授賞式で、「最優秀アジア作品賞」を受賞しました!

Louvrenoneko_main
出典:PR Times

過去記事はこちら↓
2016年6月30日:待望の新連載!松本大洋『ルーヴルの猫』


どうやら、この賞はアメリカの最も権威あるマンガ賞のひとつのようですね♪
松本氏は、2008年にも『鉄コン筋クリート』で同賞を受賞しており、
今回が2度目という快挙!過去にこの賞を複数回受賞している日本人作家は、
いずれも巨匠レベルの方々ばかりで、手塚治虫氏、水木しげる氏、浦沢直樹氏、
小池一夫氏、大友克洋氏。松本氏は、6人目となります。

過去記事でご紹介したときは、連載開催時ということもあり、
内容がよくわからないまま取り上げさせていただいたのですが、
現在はすでに上・下2冊のコミックが発売されています。

不勉強なねこねーさんは、紹介するだけしておいて、いまだに読まないまま
なのですが、すでにコミックをお手に取られた方も少なくないんじゃないかな?






  ルーヴルの猫 (上)
   (ビッグコミックススペシャル)

   松本 大洋 (著)

   小学館 (2017/10/30)
 [コミック]




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)






  ルーヴルの猫 (下)
   (ビッグコミックススペシャル)

   松本 大洋 (著)

   小学館 (2017/10/30)
 [コミック]




(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)


ニャンとこの作品、オールカラーの豪華版まで出版されていました!
お猫さま好き、松本作品ファンの方には、うれしいお宝本ですね♪
お値段はお高めですが、アイズナー賞受賞作ということで、
思い切ってフンパツしちゃうのもありだとおもいます↓





   ルーヴルの猫
   オールカラー豪華版 (上)
   (ビッグコミックススペシャル)

   松本 大洋 (著)


   小学館 (2018/4/25)
  [大型本]


(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)






  ルーヴルの猫
   オールカラー豪華版 (下)
   (ビッグコミックススペシャル)

   松本 大洋 (著)


   小学館 (2018/4/25)
  [大型本]


(画像をクリックすると、AmazonのHPで詳細説明をご覧いただけます)

小学館のHPでは、このオールカラー豪華版のためし読みも可能です。
冒頭の15ページほど読むことができるので、「お猫さま×松本ワールド」の
世界観は十分に伝わりますよ!

「ためし読み」はこちら↓

小学館ルーヴルの猫 オールカラー豪華版


あーもう、Mac関連のもろもろの悩ましさから解放されて、
ついでに多忙続きのお仕事からも解放されて、マンガとか本とか、
映画とかドラマとか、観賞しまくる夏休みを過ごしたいなぁ。。

最近、時間がなさすぎて、Huleで見始めた「ウォーキング・デッド」も
シーズン2の途中で止まりっぱなしなんですよ。もうストーリー忘れちゃったし、
何よりも、サブスク費用がもったいないったらありゃしない!

やっぱりHuleは解約して、Amazon Prime1本にして、
その分の金額をデータ保存のクラウドサービスに回すほうが良いのかも。
今年の夏は在宅ワークで冷房代もかさむし、とりあえず家計の見直しから
はじめてみたいねこねーさんなのでした。


関連記事はこちら↓
PR Times(7月31日)『ルーヴルの猫』で松本大洋氏が二度目のアイズナー賞受賞! 本人からコメントが到着!!


thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこほん | 13:26 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/3301-8ceacf5b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>