FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【タイ発】愛猫の真菌感染症の対策として!ターメリック大作戦!

天気予報の雨降り予報を見事に覆し、昨日は気温も控えめで過ごしやすい
行楽日和となりました。ねこねーさんはお友達といっしょに、今月いっぱいで
94年の歴史に幕を閉じてしまう東京都豊島区の遊園地「としまえん」で、
束の間の夏休み気分を味わってきました♪

束の間といっても、開園直後から夜の花火までたっぷり楽しんだ1日コース。
事前予約のみの入場制限があったにもかかわらず、園内はそれなりに混んでいて
乗ろうと思っていたジェットコースター系のアトラクションは、残念ながら、
時間切れでひとつも乗れず。。

としまえんの詳しい感想は、時間があれば、後日改めてリポートさせていただこうと
思うのですが、園内には、インドカレー屋さんがあるんですよね。
休憩タイムに入ったそのお店で、インド料理のおつまみとビールを飲みながら、
早く知っていれば、ヴィーガンのねこねーさんでも利用しやすかったのに!
としまえん、もっと遊びにくればよかった!といまさらながらに思ってしまいました。

今回のブログは、としまえんのインドカレー屋さんからねこネタへ、
インド料理つながりで無理やりつないでみようと思うのですが、
本日ご登場いただくタイ在住のお猫さまは、なんと全身、カレーの香辛料で
おなじみのターメリックで染め上げたまっ黄色なモフ毛仕様。
コラ画像かと思うほどのイエローキャット、ニャのです!↓

118224807_107741231051108_3807964466901882238_o
Photo:Facebook

もしかして、これは、飼い主さんがお猫さまを無理やり染めちゃった
虐待系のお写真なのでは?と思ったのですが、どうやら今月上旬にお伝えした
日本のユーチューバーさんの「米ぬか大作戦」のように、お猫さま想いの
ちゃんとした理由があった模様。

過去記事はこちら↓
8月6日:粘着剤ベタベタの激おこ子猫ちゃん救出!米ぬか大作戦っ!

でも、パッと見、こんな不自然にまっ黄色なにゃんこを見たら、
面白半分に染められちゃったとしか思えませんよね↓

พ้วงเอ้ยยย
คนอยากรู้ว่าจะหายไหม
เปิดเพจไปเลยละกัน

ตุ้มเม้งแมวแพนด้า&คาพ้วงแมวเชื้อราさんの投稿 2020年8月22日土曜日


このにゃんこの飼い主さんのところにも、なんで愛猫が黄色いのか、
多くの問い合わせがあったものと思われます。
タイ語の投稿文は、ねこねーさんにはまったくわからないので、
Facebookの翻訳機能を利用して日本語化してもらうと、
上記の投稿にはこんなことが書かれていました↓

なんてことだ.
人々は回復するかどうかを知りたがっています.
ページを開けよう.


おそらく「ページを開けよう」というのは
「Facebookページを立ち上げよう」という意味だと思われます。

一昨日の8月22日に開設されたばかりのこのFacebookページには、
すでに何枚ものイエローキャットのお写真が投稿されています。

全身の様子がわかるこちらの画像でも、あきらかに違和感のある黄色いモフ毛が
際立っています。茶トラ模様のにゃんこの毛色を「黄色」と表現することがありますが、
こんなピカチュー色の黄色のお猫さまは実際には存在しません。

คูมยาย กำลังจะทายาให้
ดูจากสายตาคาพ้วง ก็รู้เลยว่าชอบมากๆๆ

ตุ้มเม้งแมวแพนด้า&คาพ้วงแมวเชื้อราさんの投稿 2020年8月22日土曜日


この投稿に添えられているメッセージを自動翻訳機能で訳してみると…

クヤおばあちゃんが薬を塗るところ.
目から見た後, 私はそれがとても好きだと知っています./p>


ちょっと謎めいた翻訳になっていますが、イエローキャトの後ろ側、画面の右側に
チラ見えしているのは、「クヤおばあちゃん」であることがわかります。
そして、この「薬を塗るところ」というのが、ポイントです。

インドカレーの原料として欠かせない黄色いスパイス、ターメリック。
日本語で表記するとウコンですね。で、このターメリックは、かなり素晴らしい働きを
するスパイスとして知られておりまして、特に注目すべきは、活性成分である
クルクミン。炎症を軽減して、老化を遅らせるスーパーフードだったりします。

その効能は、人間だけでなく、お猫さまにもあらわれるようで、
じつはこのイエローキャットは、参考にした英語の記事によると、
真菌感染症のためにモフ毛クオリティがダウン。おてての内側にもハゲができて
しまったので、ターメリックをまぶすことによって治療したみたいなのです。

その証拠がこちらのお写真↓

117983488_108274650997766_3278941233154602354_o
Photo:Facebook

上の写真では、にゃんこのおてての地肌が痛々しく見えてしまっていますが、
モフ毛がターメリック色に染まった下のお写真は、いたって健康そう。
ハゲていない部分のモフ毛クオリティもあがっているように見えます。


มาค่ะพี่ๆ
หนูจะเล่าให้ฟัง ทำไมอยู่หนูถึงโดนย้อมแมว
ใช่ค่ะ พี่ๆอ่านไม่ผิด
โดนย้อมจริงๆค่ะ
สาเหตุ​หลักๆเลย มาจากเชื้อราเเมวค่ะ
ปล.ขอบคุณ​กระเเส แชร์กันนะคะ
หายไหมไม่รู้
กำลังรักษา​ค่ะ 5555555

ตุ้มเม้งแมวแพนด้า&คาพ้วงแมวเชื้อราさんの投稿 2020年8月22日土曜日


自動翻訳の精度がいまいちなので、謎文になっていますが、
上記の投稿には、このようなメッセージがタイ語で添えられています↓

さあ行こう, 姉妹.
なぜ私があなたにそれについて話すのですか? 猫を染めた.
はい, 姉妹. 正しく読みました.
本当に染められた.
主な理由は, 母の菌から.
追伸. シェアしてくれてありがとう
回復するかどうかわからない
私は癒される. あはは


日本語訳から推測するに、母猫から真菌に感染したということなのでしょうか?
Facebookアカウントがないと見られないかもしれませんが、上記の投稿の
写真の中には、歯ブラシを使ってクヤおばあちゃんが白猫ちゃんにターメリックを
塗っている画像も含まれています。

最初は患部だけに塗ったので、シロ茶にゃんこのぶちねこのようになっていましたが、
全身に処置を施したほうがいいと判断したのでしょう、その後、猫耳からおしっぽまで
くまなくターメリック・コーティングを施した結果、世にも奇妙なイエローキャットが
誕生したというわけです。

処方したお猫さまが白猫ちゃんだったので、ターメリックのイエローが
他のモフ毛カラーのにゃんこより余計にきれいに出たのも注目された理由です。
純白のモフ毛時代のにゃんこも、もちろん素敵ですが、レモンイエローの
ターメリックカラーも見慣れてしまえば、奇抜を通り越して、
縁起が良さそうで個性的!↓

ย้อมแมวของจริง
ปล.ย้อมขมิ้นรักษา​เชื้อราเเมว
หายไหม ยังไม่รู้
แต่ที่รู้ๆ เหลืองเเล้วไม่หาย😂

ตุ้มเม้งแมวแพนด้า&คาพ้วงแมวเชื้อราさんの投稿 2020年8月22日土曜日


投稿文の自動翻訳は…

本物の猫染め
追伸. ターメリック染め. 母の菌をごちそう.
消えちゃったの? 私は知らない
でも, それは黄色で, 消えていないことを私は知っている.


うーん、これまた、なかなかに謎めいた訳ですね(苦笑)
「消えちゃったの?」は菌のことを指しているのか?それとも、なかなか落ちない
ターメリックカラーの黄色のことを指しているのか?文脈からすると前者かな??

そして、もちろんこのカラーのお猫さまにはお約束とも言える
ピカチューネタも投稿↓

หลังจากที่พ้วงแมวเชื้อรา
ได้ออกสู่สายตาประชาชน
ผู้คนอย่างล้นหลามบอกว่า
เหมือน ปิกกาจู
เหมือน...

ตุ้มเม้งแมวแพนด้า&คาพ้วงแมวเชื้อราさんの投稿 2020年8月22日土曜日


猫の菌の後
それは一般の人の目に出ている
圧倒的な人々が言う
ピカチュウみたいに
ナガの赤ちゃんみたいに
今日はフィルターを使って写真を編集.
ピカチュウになるには赤い色を塗る.
写真をカットして. 実際, それは菌です.


飼い主さんは、ここでも何度も「菌」を強調していますね。
見た目の奇抜さから、虐待まがいの処方と勘違いされる人が多いのでしょう。

お猫さまのモフ毛へのターメリック処方については、
ねこねーさんも今回初めて知ったのですが、愛猫ちゃんに試そうと思った方は、
まずは獣医さんに相談してからにしたほうが良いかもです。

ターメリック自体は、カレーに使われているくらいなので、害はないと思いますが、
人間とにゃんことでは、体の構造がいろいろ違いますから、まずは専門家に
聞いてみたほうが安心と言えそうです。

ねこねーさん個人的には、最推し映画のひとつ、インド映画の『バーフバリ 』で、
興奮して暴れ出した象をおとなしくさせるためにバーフが大量のターメリックを
象の頭の上からどっさり落とすシーンが、まっさきに思い浮かびました(笑)

ターメリックにゃんこの画像を見ていたら、インドカレーが
食べちゃくなっちゃったなぁ。カレー用のスパイスを切らしているので、
あとで通販サイトで注文しようっと♪


関連記事はこちら↓
Mothership(8月23日):Thai woman ends up with brilliantly yellow cat after using turmeric remedy for its fungal infection

thankyou1.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 12:50 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/3321-0f458486

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>