FC2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【米国発】砕けた顎をボタンを使って治療!ミトンズちゃん

このところ、いい感じのねこネタを探すのに苦労しているのですが、
昨夜のネット検索時に米ニューメキシコ州アルバカーキにある動物福祉施設で
行われた子猫の手術を取り上げた記事が目にとまりました。

生後8週間の子猫、ミトンズちゃんの砕けてしまった顎を治療するために
複数の手術を行ったのですが、その際に使用した効果的なアイテムというのが、
ニャンと、ボタン!

118836452_3256973274394074_3881094702447056177_o
Photo:Facebook

手術を担当したAlbuquerque Animal Welfareに勤める獣医師の
ニコル・ヴィジル氏曰く、ミトンズちゃんが顎をケガした理由は、
バルコニーから落ちたのか、車にはねられたのか、はたまた走行中の車の中から
投げ捨てられたのか、具体的な原因は定かではないけれど、彼女の顔は実際、
潰れていて、それは落下が原因だと思われる、とのこと。

施設に連れてこられた時には生後5週間ほどの子猫だったミトンズちゃんは、
顎を閉じることができず、食べ物もうまく食べられないほどの状態だったのだとか。

かなり複雑なケースだったため、獣医学の中でも専門性の高い歯科と口腔外科の
医師たちの助けが必要になりました。

専門医たちは3Dイメージングでミトンズちゃんの顎関節に問題があることに
気づきました。それは、さらなる手術が必要なことを意味します。複数回の
手術を行うということは、それだけ費用もかさむということです。
資金援助を受けられたとしても、動物福祉の金額としては費用がかかりすぎるため、
彼らは、無償で手術を行うことを提案してくれました。

その手術で使用されたのが、ボタンだったのです。
ミトンズちゃんの顎を閉じて固定するために使われたボタンは、
不要な揺れを抑えるスタビライザーとして機能し、縫合糸で縫うことで
顎を閉じたままにすることができたのでした。

こちらのFacebook投稿に顎の部分のお写真もアップされているのですが、
お分かりになりますでしょうか?↓

An 8-week-old kitten is recovering after arriving at Albuquerque Animal Welfare with a crushed jaw. Doctors helped save...

Jami Seymoreさんの投稿 2020年9月7日月曜日


福祉施設の担当医のヴィジル氏は、こんな治療は今までみたことがないと
驚いたそうです。でも、専門医の先生たちは、ミトンズちゃんの顎は良くなって、
ボタンも取れるようになると確信していた模様。

ミトンズちゃんの顎はワイヤーで止められてはいるものの、ごはんを食べるのに
十分なだけ口を開けることができ、食欲も旺盛のようです。すくすく成長しており、
顎の様子も順調に良くなっているとのこと。

ニュース番組でも取り上げられたミトンズちゃんの映像は、
こちらのリンク先でご確認いただけます↓



里親を募集するまでにはまだ3、4週間ほどかかるとのことですが、
この感じなら、それまでに顎のケガもすっかり完治しているんじゃないかな。

費用節約のために採用されたものと思われるボタン作戦は、まさに画期的!
「その手があったか!」と思わせる医療界のライフハックですね。

とか言いながら、ねこねーさんは、イマイチ、ミトンズちゃんのお顔の
ボタンがどう機能しているのか、よくわからないのですが、お鼻の横の
ふたつの白いボタンと顎の下の黒いボタンの間に三角形に糸が通っていると
考えればいいのでしょうか?

なかなか斬新、というか、普通に考えるとちょっと怖い状態ですが、
顎が閉まらないよりかは、全然マシですね。

お鼻の横と顎の下のボタンも取れたミトンズちゃん。
ボタン付きのお顔も可愛らしかったので、この際、ボタンズちゃんに
改名するのもありなんじゃないかな?(笑)

関連記事はこちら↓
KRQE(9月7日):Kitten brought into Animal Welfare with crushed jaw, treated with buttons

thankyou2.jpg

*ご訪問ありがとうございます*

「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


クリック募金 応援中 こちらもポチッとお願いします!

The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
CLICK TO GIVE - IT'S FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトの
スポンサーがシェルターに保護された
ねこちゃん&わんちゃんのごはん0.6杯分を
寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこにゅーす | 02:06 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/3336-b3c1a513

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>