fc2ブログ

ねこねこNEWS

うち猫から世界の猫まで、ニュースなにゃんこをお届けします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

黒ネコのタンゴ、タンゴ♪

本日は9月6日で、「く(9)ろ(6)=黒の日」です♪

「ねこねこNEWS」的には、やはり黒猫ちゃんを特集したいのですが、
ちょっと趣向をかえて、歌もの企画にしちゃいます。

「黒猫の歌」といえば、やはりコレ、『黒ネコのタンゴ』でしょ!
かな〜り古い歌なので、若い人は知らないかも?
でもカバー曲もたくさんあるみたいなので、聞いたことはあるのかな?

ねこねーさんは、おじいちゃんが持っていた
ドーナツ盤のレコードを、チビの頃によく聴いていました。

今あらためて聴いても、とてもいい曲です。
黒猫ちゃん賛美とあわせて、男女の関係を描いているような奥深い歌詞を
小さな男の子の声で切なく歌い上げている名曲です↓


【昭和の名曲】

歌:皆川おさむ
作曲:フランチェスコ・パガーノ
日本語詞:見尾田みずほ 編曲:小森昭宏
1969年(昭和44年)10月5日発売




そして、こちらは現代版カバー。
バーチャル・シンガーのロボちっくな歌声とも不思議とマッチしています↓


【平成のカバー版】

歌:鏡音レン
ねこの声:初音ミク




この『黒ネコのタンゴ』、日本の曲だと思われがちですが、
じつは原曲はイタリアの曲なのです。ちょっと意外でしょ?
日本だけじゃなく、世界各国で歌われているスタンダードな名曲なのです。

イタリアのオリジナル版も動画が残されています。
こちらの歌い手は女の子。レトロなモノクロ映像でどうぞ↓


【イタリア語の原曲】

原題: "Volevo un gatto nero"(黒いネコがほしかった)
歌:ヴィンチェンツァ・パストレッリ
作曲:フランチェスコ・パガーノ
作詩:フランチェスコ・パガーノ、アルマンド・ソリチッロ、フランチェスコ・サヴェリオ・マレスカ



イタリア語なので、さっぱりわかりませんが、
じつは彼女が歌っている歌詞は、日本の歌詞と内容が全然違うのです。
タイトルも"Volevo un gatto nero"(黒いネコがほしかった)

オリジナルの歌詞の日本語訳の抜粋を引用すると…

本物のワニを
本物のアリゲーターを
僕は言ったよね、飼ってるって・・・
君に必ずあげるよ。
でも、男同士の約束だ
ワニは君にあげるかわりに
君はくれなきゃならなかったんだよね、
黒猫を・・・僕に

僕は黒い猫、黒い猫、黒い猫が欲しかったんだ
君が僕にくれたのは白い猫
やになっちゃうよ、我慢できない!
僕は黒い猫、黒い猫、黒い猫が欲しかったんだ
君は嘘つきだから
もう、遊んでやらない!

訳詞:河原廣之


上記の歌詞の続きは、こちらのリンクに掲載されています:
Volevo un gatto nero 黒猫のタンゴ(僕が欲しかったのは黒い猫)


なんと、ビックリ!全然違うやん…しかも、かなり強引な歌詞(笑)
原曲には、ワニのほかにも、キリン、インド象、動物園の動物たちなど、
いろいろな動物くんたちが登場しているんですね。

しかも、「物々交換」ならぬ「動物交換」の結果、
黒猫の代わりに白猫をプレゼントされちゃったわけなので、
黒猫ちゃんは、実際のところ、登場しない。。。

それが、海を渡って日本の歌になったときには、
恋人のイメージを重ねた黒猫へのラブソング、
ちょっとセクシーな大人の歌詞になるなんて。

ワニよりもキリンよりも黒猫が飼いたかった、
しかも白猫じゃダメという、この原曲の男の子のこだわりも、
子どもらしくてなかなか微笑ましい感じがしますが、
「こうなりゃ黒猫でも白猫でも 猫にはかわりないし 飼う事にするよ」
なんていう、白猫ちゃんには失礼な表現も…(苦笑)

原曲の歌詞は、このアニメ版を観ると、理解しやすいかも↓


【イタリア語・アニメ版】



白猫ちゃんも、黒猫ちゃんと同じくらいカワイイんだけどなぁ。
ワイルドな動物くんたちがいっぱいで、これはこれで楽しげな歌詞ですが、
でもやっぱり、ねこねーさんは、日本語版がいちばん好きかな。

あの大人っぽい歌詞を、時々声をひっくり返らせながら
一生懸命うたってる皆川おさむ少年の歌声が絶妙なんですよね。

原曲の歌い手のヴィンチェンツァちゃんも、皆川おさむ氏も、
大人になってから事件を起こして注目されてしまうなど、
ほろ苦い背景があったりするので、
余計に切なく感じられる曲でもあります。

皆川おさむさんは、今ではすてきなおじさまになられているようですね↓
zakzak あの人NOW!:皆川おさむ「黒猫のタンゴ」で260万枚の大ヒット

おうちに黒猫ちゃんがいらっしゃる方は、
今日は愛猫ちゃんに日本語版の『黒ネコのタンゴ』を歌ってあげてみてください。

ねこねーさんは、イタリア語版を覚えたい感じ♪
この曲、イタリア語で歌えるとちょっとカッコいいですよね(笑)


thankyou4

*ご訪問ありがとうございます*
「ねこねこNEWS」は毎日更新、奮闘中!

以下の3つのブログランキングに参加しています。
更新の励みに応援クリックしていただけると
とてもうれしいです。


★ランキング 参加中★ 今日もポチッとお願いします!
 にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 人気ブログランキングへ


♥クリック募金 応援中♥ こちらもポチッとお願いします!
The Animal Rescue Site

左のバナーのリンク先TOP画面の
Click Here to Give - it's FREE!
と書いてあるところをクリック!
あなたの代わりに、米国の動物愛護サイトのスポンサーが
シェルターに保護された ねこちゃん&わんちゃんの
ごはん0.6杯分を寄付してくれます。
スポンサーサイト



| ねこうた | 13:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちは(^-^)
黒猫のタンゴの昔のを私も知っていますよぉ~♪
一緒に歌っちゃいました(´▽`*)アハハ
でも平成のは知らなかったぁ。黒猫の漫画がとっても可愛い(^-^)
ですよねぇ。
にしても。。元の歌詞ビックリしました。
ワニはいらんしぃ~(´゚ c_,゚`)プッ
しかも黒猫じゃなく白猫だったから嘘つき呼ばわりの上、
遊んでやらないとは(´▽`*)アハハ
なんて自分勝手なやつなのだァ~超笑っちゃいます。
でも、こんな事を全く知らなかったから、
さっそくパパに教えてあげますよぉ~(´▽`*)アハハ
(´ー`)/~~☆彡☆彡☆彡

| TOMOママ | 2012/09/06 18:03 | URL | >> EDIT

こんにちわ(*^_^*)
黒ねこのタンゴは、
やっぱり初代がいいかな?
あの、いっぱいいっぱい的な歌声が、
魂の叫びのよですよね。

黒猫のタンゴは、聞いた時がほんの子供だったので、
本当に黒猫の事としか考えていませんでしたが、
そうですよね、大人になって聞くと、
猫のような恋人のことなんですよね、
しかも黒い猫ですもんね(^-^)

外国の歌のリメイクとはびっくりですが、
考えて見れば、当時フィンガーファイブしかり、
みんな外国の歌のリメイクでしたよね。
なる程な感じです。

| 大河ママ | 2012/09/06 19:03 | URL |

おぉ!さすがねこねこニュース!カバー範囲が広いっすね^^
リアル黒猫タンゴは当時大ブレークだった記憶がありますが、いまの僕にはニャーだけに初音ミクパターンに萌えてしまいます^^;
オリジナル版の女の子もレトロで可愛い(歌は下手ですね…)

今日もネコ学をしっかり学びました@ω@b

HIZAKI

| HIZAKI | 2012/09/07 01:04 | URL |

(* ̄m ̄)ウフッ 9月6日は黒猫さんの日たったのにゃあ!
イタリア語版の歌詞、おねえどっかでみたことあるって!
こんな動画もあったのにゃあ!
なんかとってもかっちょょくっておもしろいにゃあ♪
新しい黒猫のタンゴ!初音ミクちゃんがにゃんこちゃんなのにゃあ!@@!

| Gavi | 2012/09/07 09:41 | URL |

( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
日本の歌だと思ってました!!
つってもサビくらいしか聞いたこと
ないのですけどね(*;´艸`;;)。+゚
しかも歌詞も以外なもので・・・
これはじっくり聴かないとですね★

| non☆(@'ω'@)たん | 2012/09/07 13:37 | URL |

こんにちは

黒猫のタンゴ~ 可愛い曲ですよねぇ~
でもオリジナルの歌詞は ちょっと強烈ですね ふふ
黒猫にこだわりがあるようで・・・(=‘x‘=)
黒猫の日か・・・黒猫ジジを思い出します
黒猫は魅力的ですからね 体はビロードみたいだし
動きはしなやかで なめらか・・・
黒い顔に金色の目 忘れられませんね
白猫も とっても素敵ですけど へへ(^∇^)

| jibou | 2012/09/07 14:06 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://neconeconews.blog.fc2.com/tb.php/366-129bec9c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>